あんたの夢かなえたろか ピアノ。 『さんま・玉緒の夢スペ』広瀬すずも思わず涙する“奇跡の漁師ピアニスト”

あんたの夢をかなえたろかの番組・さんま・玉緒が話題

あんたの夢かなえたろか ピアノ

1月13日(月・祝)よる9時〜10時57分放送『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP 2020』広瀬すずも思わず涙・・・!楽譜も読めない、ピアノも弾けなかった漁師が、52歳から7年間、ピアノを猛特訓!憧れのフジコ・ヘミングの前で、たった1曲だけ弾けるようになった超難曲「ラ・カンパネラ」を披露し、7年分の思いをぶつける!フジコの反応は・・・!? 夢に年齢は関係ない・・・感動作!|auテレビ. Gガイド このページはJavaScriptを使用しています。 JavaScriptをonにしてください。 TBSでは、1月13日(月・祝)よる9時から『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP 2020』を放送する。 日本ゴールドディスク大賞やクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、共演した多くのアーティストから絶賛される、世界各国で公演を行う世界屈指のピアニストだ。 男性はこれまでクラシックに全く興味がなかったが、7年前にフジコが弾く「ラ・カンパネラ」に運命的に出会い、「この曲を弾きたい!」と決意。 ピアノを弾くことも、楽譜を読むことすらも出来なかったが、1日8時間の猛特訓を7年間行い、超難曲といわれる「ラ・カンパネラ」を覚えたのだ。 「絶対に叶えられない夢かな」と語る男性に、番組がサプライズでフジコとの対面を実現!憧れのフジコ・ヘミングの前で、プロですら敬遠する超難曲「ラ・カンパネラ」を披露することに。 男性は7年間の全てをピアノでぶつける・・・!果たして猛特訓の成果は!? そしてフジコの反応は!? スタジオ中が感動に包まれた夢の舞台を、どうぞお見逃しなく!.

次の

広瀬すずも思わず涙!還暦間近の漁師ピアニストが長年の夢叶え......

あんたの夢かなえたろか ピアノ

「さんま・玉緒のお年玉」「あんたの夢をかなえたろかSP」でフジコ・ヘミングさんにピアノ演奏を聴いてもらえる夢が叶ったカンパネラおじさん(徳永さん) 2020年1月13日のTV、 「さんまの夢叶えたろか」に出ていた 【すごい人】のお話です。 徳永義昭さんという 現在59歳の 漁師さんです。 独学で 7年ピアノを練習し、 「ラ・カンパネラ」というとてもむずかしい曲をマスターされました。 ピアノを始めた きっかけは、テレビで フジコ・ヘミングさんの演奏するピアノ曲「ラ・カンパネラ」を聴いて、とても感動したからだそうです。 パチンコで70万負けて、パチンコをやめ、やることがなくなったタイミングだったからだとしても、なかなかそうなる方はいないのではないでしょうか。 「ラ・カンパネラ」という曲はフランツ・リストが作曲した 超絶技巧を要する、とても難しい曲です。 プロも避けて通る曲とのことです!! ピアノの先生をされている 奥様も、徳永さんが初め、「ラ・カンパネラ」に挑戦すると言った時、「無理、無理、わたしでも弾けないんだから」と言ったとのこと。 番組では、 『フジコ・ヘミングさんに自分の弾く「ラ・カンパネラ」を聴いてほしい』という夢が叶っておられました! 「カンパネラおじさん」のピアノ独学練習法 ユーチューブの「光る鍵盤」動画を使う わたし、「ラ・カンパネラ」という曲は聴いたことはありましたが、 普通の人が挑戦する曲だなんて、思いもしませんでした。 先入観ってこわいですね・・・ 練習方法は ユーチューブ動画の「光る鍵盤」を見て 楽譜が読めなかったので、 動画を止めて一音一音、確認して練習したそうです。 そんな気の遠くなる作業、よく続けられたな〜と、 感心すると同時に 感動!!してしまいました。 漁師をしながら、「ラ・カンパネラ」の練習を7年間も続けている この方の、独学を初めて 半年後の動画を拝見しましたが、半年後とは思えないほどお上手でした。 ある程度、弾けるようになったら、練習をやめてしまいそうな気もしますが、ずっと練習を続けているそうです。 ノリ漁師の徳永さん、漁から帰ってからの練習は、 手がかじかんで、手が動くようになるまで時間がかかるそうです。 ピアニストって手をとても大事にしているイメージがありますが、本職がノリ漁師さんだから、そういうわけにも行かないんですね! そういうエピソードを聞いてしまうと、ますます感動してしまいます。 独学で「ラ・カンパネラ」を弾いてみようという発想!! 先入観を捨てる 先入観ってこわいですね! わたしに どんな先入観があったかというと・・・・ これから、大変そうなことを身につけるときに、徳永さんの頑張りを思い出したら、頑張れそうです!! テレビを通じて流れてきたピアノの音は、心に染みるような優しい音色でした。 楽譜が読めないのに、他の楽器にも挑戦?? この徳永さんは、 「アルトサックス」や「バイオリン」も弾けるようになったようです。 そして、 「マジック」、手品ですね! 演奏の前にマジックを披露されることもあるそうです。 ご本人も忘れていたピアノ歴?? 高校時代に付き合っていた彼女がピアノの道に進むか悩んでいたときに、1ヶ月だけ、こっそり練習した成果を彼女に見せて、「人間、やる気になれば何でもできる」と話されたそうです。 その彼女が今の奥さんのようです。 まとめ(「カンパネラおじさん」(徳永義昭さん)に学ぶこと) 何事も、やりたいと思ったことはやってみる! 人間、できないことはない! 「自分にはできないだろう」という先入観は捨てる! 毎日少しずつの進歩でも、すべてを犠牲にして、頑張れば、成し遂げられないことはない! カンパネラおじさんは、わたしのこれからの人生に大きな影響を与えてくれる方となりました 🙂.

次の

さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP|TBSテレビ

あんたの夢かなえたろか ピアノ

『さんま・玉緒のお年玉!あんたの夢をかなえたろかSP2020』(TBS系)が1月13日(月・祝)に放送される。 明石家さんまと中村玉緒の名コンビで贈る恒例のお正月番組も今回で26年目。 日本全国から集まった1万件を超える夢の中から「長年思い続けた夢」を実現する。 今回は夢をかなえるため、世界的ピアニストのフジコ・ヘミングが出演する。 フジコは、1999年に発表したファーストCD「奇蹟のカンパネラ」が200万枚超えの大ヒットを記録。 日本ゴールドディスク大賞やクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、共演した多くのアーティストから絶賛される、世界各国で公演を行うピアニストだ。 男性はこれまでクラシックに全く興味がなかったが、7年前にフジコが弾く「ラ・カンパネラ」に運命的に出会い、「この曲を弾きたい!」と決意。 ピアノを弾くことも、楽譜を読むこともできなかったが、1日8時間の猛特訓を7年間行い、超難曲といわれる「ラ・カンパネラ」を覚えたという。 「絶対にかなえられない夢かな」と語る男性に、番組がサプライズでフジコとの対面をセッティング。 憧れのフジコの前で、プロですら敬遠する超難曲「ラ・カンパネラ」を披露することに。 男性は7年間の全てをピアノでぶつける。 スタジオが感動に包まれた夢の舞台は必見だ。

次の