手足 唇 病 かゆい。 手足口病で目やに・周りがかゆい&充血や腫れ・痛みも?!赤ちゃんと大人でどう違う?

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足 唇 病 かゆい

手足口病は主に夏場に赤ちゃんや幼児などの子供に流行する手足口病ですが、子供だけの病気ではなく大人にもうつりますのでそれぞれの症状や期間などをまとめました。 スポンサーリンク 手足口病について知ろう! 症状は 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10という病原体に感染すると、手足口病というそのまますぎる名前のように、手、足、口の中などに発疹や水疱ができます。 主に5歳以下の乳児幼児に発症します。 潜伏期間は3日から6日で、この期間でも他人にうつります。 このため、1人感染者がいると、幼稚園などの保育施設で爆発的に広がります。 通常発熱がありその後発疹や水疱が出てきます。 赤ちゃんの場合口内の発疹や水疱の影響で よだれが増えることが多いようですね。 熱は 37度から38度程度出ることが多いです。 発疹や水疱が出る部位は• 手のひら• 足の裏• ひざの裏• おしり• 口のまわり• 口の中、喉(口内炎) が多いですが、唇、手の甲やふともも、背中などにも出る場合もあります。 手だけ、足だけ、口だけ、おしりだけなど限定的な部位に症状が出ることがあります。 子供の場合は口の中以外は痛みは伴わないことがほとんどです。 子供は口の中の水疱ができると痛みが出るため、食事を嫌がるようになります。 水などを飲んだだけでも痛いので、食べたり飲んだりすることを嫌がりますが、手足口病は下痢を伴うこともあるので、脱水症状には十分注意してください。 お子さんの好きな食べ物を少量ずつでも飲ませたり食べさせたりしてあげてくださいね。 熱は通常2日から3日で下がり発疹や水疱も3日から4日でなおります。 大人の症状は 乳児幼児だけの病気だと思われがちですが、大人にもうつります。 発熱は40度以上になることも。 大人が感染すると 手足の発疹や水疱が痛くなるケースが多いようです。 その他に 頭痛、悪寒、筋肉痛や指先のかゆみが出て1,2か月後に爪がはがれてしまうこともあるんです。 大人の場合は治るまで一週間程度かかってしまうようです。 大人の方が重症化しやすいようですね。 妊婦が感染した場合は 妊娠中は免疫力が低下しているため手足口病に感染しやすくなるようです。 妊婦特有の症状や胎児への直接の影響はないとされていますが、 高熱や手足の発疹や水疱の痛みによるストレスが胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、まずは感染しないように細心の注意が必要ですね。 感染経路は 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(幼児のおむつ交換のときなどにウイルスが手に付いて、その状態で食器などを触り口に入ってしまう感染)があります。 咳やくしゃみによる飛沫感染、子供の場合遊んでいると友達との接触も多いですから感染者からウイルスが感染しやすいです。 大人の場合はおむつ交換のときなどの感染が多いです。 治療方法は 現在のところ手足口病の特効薬はありませんので、それぞれの症状に対処療法をしていくことになります。 発熱、発疹や水疱があっても子供が元気な場合はお家で様子を見ましょう。 口内の発疹や水疱を痛がり、飲まず食わずだと脱水症状になる恐れがあるので、 こまめに水分を補給してあげてください。 ぐったりしていたり、頭痛などを訴えたときは小児科を受診してくださいね。 おたふくかぜや水ぼうそうとは違い、手足口病は出席停止にはならないので熱が下がって元気なら、幼稚園に登園しても良いのですが、医師や園と相談してからの方が安心です。 スポンサーリンク 予防方法は 咳やくしゃみでうつることが多いのでマスクをすることが大事ですね。 でも子供はマスクを嫌がることが多いですから、こまめに石鹸を使って手洗いさせる、うがいをさせるなどをしっかり覚えてもらいましょう。 しかし、幼稚園などの保育施設に入っている子供はほとんど一度はかかる病気だと言えますので、症状が出ても慌てずに様子を見て必要なら小児科を受診しましょう。 お子さんが手足口病になったときの予防は 体調がよければ看病していてもほとんど大人に感染することはないのですが、妊娠中で免疫力が低下していたり、自分が病み上がりだったり疲労していたりすると感染の可能性が高まってしまいます。 その予防のためには• マスクをつける• 食器などを共用しない• おむつ交換のあとなど石鹸でしっかりと手を洗う• おむつを捨てる際もビニール袋に密封してから捨てる をしっかり行うことが重要です。 お子さんの症状が治っても 便の中にはウイルスが1か月程度は排出されるので継続して注意が必要です。 まとめ 発熱がありそのあとで発疹や水疱が出てくることが多いですが、お子さんが元気なら心配し過ぎずに様子を見ましょう。 数日後には治ります。 元気がなかったり、水も飲まないときは小児科を受診しましょう。 日ごろからの手洗いやうがいが感染の予防になりますので、しっかりと行いましょうね。 スポンサーリンク.

次の

あおいまる

手足 唇 病 かゆい

手足口病とは Q1 手足口病とはどのような病気ですか? A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。 Q2 どのようにして感染するのですか? A2 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。 理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。 また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。 Q3 どのような症状が出ますか? A3 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。 発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。 ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。 しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。 (特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 )また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。 手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。 予防対策について Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか? A4 手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。 また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。 これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。 前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。 しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。 これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。 国内及び世界の発生状況について Q6 日本での発生状況は? A6 毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。 過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。 手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。 Q7 世界での発生状況は? A7 手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。 温帯地域では、主に夏に発生します。 EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。 マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

次の

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足 唇 病 かゆい

アスクドクターズ監修医師 この記事の目安時間は6分です• 手足口病は英語でも「hand, foot and mouth disease」と名前が付けられているように、手(手のひらなど)と足(足の裏や足の甲など)、そして口の中に発疹や水ぶくれ(水疱)ができるのが特徴です。 しかし、 近年では、発疹が体の広い範囲に出る傾向があります。 手足口病の発疹は、中央が白く抜けて周囲が赤くなります。 大きさは2ミリから3ミリ程度です。 発疹がよく出るのは足の裏や手のひらですが、最近は太もも、膝や脚の表面などにも見られます。 また発疹の大きさも均等ではなく、大小さまざまな大きさのものが見られます。 子どもの場合は発疹や水ぶくれには特に痛みやかゆみはありませんが、気になって触ったりしてそこから雑菌が入り込んでしまうと、化膿してしまうことがあります。 また、 大人では発疹が出来ると痛みをともないます。 発症すると唇の裏やほおの裏、舌の裏などの粘膜に水ぶくれができます。 水ぶくれが破れてしまうと、びらんや潰瘍状の口内炎になります。 子どもの手足口病では、皮膚にできるような発疹が痛むということはほとんどないのですが、口内炎になると痛みがひどくなり、特に子どもでは食事をとるのを嫌がるようになります。 食事で刺激のあるものを食べたりするとしみることがあります。 しかし食事をとらないままでは脱水症状を起こす恐れがありますから、水分の補給はしっかり行いましょう。 刺激のあるものを避け、おかゆや野菜スープなど柔らかくて薄味な食事を検討するとよいでしょう。 大人が手足口病を発症した場合、口の中だけでなく、唇や舌にも発疹や水ぶくれができることがあります。 水ぶくれが破れてしまい出血したり、膿んだりして痛みます。 口が開けられない、食事が満足にできないなど生活に支障が出ることもあります。 手足口病の発疹が手足、口の中以外に見られる例が増えています。 顔に発疹が出るのは珍しいですが、ないわけではありません。 手足以外にもお尻や脚、背中など体の広範囲に発疹が出ます。 子どものお尻では、膨らんだような発疹になります。 また大人では唇にも水ぶくれができることがあります。 そこから出血したり膿(うみ)を出したりして、痛みを伴います。 手足口病にかかると、身体じゅうあちこちに発疹ができるため、跡が残るのではないかと心配になることもあるかと思います。 ただ、 子どもの患者の場合は、皮膚の新陳代謝が活発なため、跡が残ることはあまりありません。 大人でも、ほとんどの場合は手足口病の完治とともに発疹がなくなり、元通りの肌に戻ります。 ただし、発疹がかさぶたになった場合、きちんとケアしないと跡が残ることがあります。 まず、かさぶたを無理にはがすのは絶対にやめてください。 跡が残る可能性が高まります。 跡を残さずにかさぶたを治すには、絆創膏でかさぶたをおおうのが効果的です。 また、ワセリンやヘパリン系物質などを使って保湿し、傷口が乾かないよう保つことも有効です。 子どもの場合、かさぶたが気になってかいたり触ったりしてしまうことがありますが、できるだけ触れないことが跡を残さずきれいに治すことにつながります。 「 ヘルペスウイルス」という種類のウイルスは乳幼児に感染しやすく、水ぶくれのような発疹が表れます。 発疹は2ミリから3ミリの大きさの薄紅色で、手足口病と似ていますが、 ヘルペスでは主に背中やお腹などの体幹部に表れ、顔や頭皮、手足へと広がります。 ヘルペスの発疹には痛みがともない、また同時に高熱が出ます。 単純ヘルペスウイルスというウイルスが原因で起こる「ヘルペス性歯肉口内炎」は乳幼児での発症が多く、口の中や唇に水ぶくれや口内炎ができるのは手足口病と似ています。 しかし、 ヘルペスの場合、口内炎だけでなく、同時に歯肉炎を起こします。 手足口病では、通常は歯肉炎を起こすことはありません。 またヘルペス性歯肉口内炎は発熱をともない、39度以上の高熱が何日も続いたりします。 食事もできないほど口の中に痛みを感じることがあります。 水疱瘡は「水痘・帯状疱疹ウイルス」という種類のウイルスが原因で発症する感染症です。 手足口病は典型的には手のひらや足の裏、口の中を中心に発疹が表れます。 これに対し「水疱瘡」の発疹は背中や腹など、体幹を中心に発疹が表れます。 ただし最近では手足口病でも太ももや腕、体幹部など広範囲で発疹が出ることが多く、また発疹の大きさもバラバラで、一見すると水疱瘡と区別がつかない場合も多くあります。 確定診断には「抗体(体の中にできたウイルスなどに対抗するための武器のようなもの)」の検査をする必要があります。 水疱瘡では発熱や倦怠感を伴うことが多いですが、手足口病では発熱することはあまりなく、高熱になることもありません。 どちらも子どもに多い病気ですが、大人がかかると重症化しやすいので、発疹が出たらまずは受診して検査してもらいましょう。 【医師による医療ページ評価 - Doctors Review】• 手足口病関連の他の記事• 手足口病の発疹や口内炎症状についてご紹介しました。 子供やご自身が手足口病のような症状になって不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

次の