ポトフ 皿。 ポトフの献立・付け合わせ27選!コンソメスープに合うおかず・副菜は?

簡単リメイクで二度おいしい!ポトフの華麗なる変身術7選

ポトフ 皿

ウインナー• ベーコン• ジャガイモ• さつまいも• 玉ねぎ• ピーマン• ニンニク• キャベツ• ブロッコリー• セロリ 肉類はウインナーを主に使いますが、鶏肉やベーコン(ブロック)も美味しいですね! 濃い緑色があると綺麗なので、ブロッコリーは茹でておいてから後で入れるといいです。 さつまいもはあまり入れたことなかったけど、入れてみると甘くって美味しいですよー。 ただし、思ったより火が早く通るので煮崩れに注意です! カブも同じことが言えますね。 煮崩れないようにだけ気にしておいてください。 ポトフの具材の切り方は? 私の場合は、なるべく大きく具材を切って、圧力鍋か保温鍋でポトフを作っています。 大きめに切ることでしっかり「食べる」スープになるので満足感が違います。 大きく切ると時間がかかるので手間にはなりますが、そんな時の味方は圧力鍋。 ホクホク野菜を楽しみましょう。 調理時間を短縮したい場合は小さく切ってさっと作れるようにしておくといいですね。 ポトフの具材を入れる順番は? ポトフの具材を入れる順番ですが、硬くて煮崩れにくいものから入れるのが基本です。 ウインナーははじめに入れると思いがちですが、あまり長く煮ると弾けて皮が割れちゃうので、他の具材がある程度に得てから入れ、長時間煮込まないようにします。 ブロッコリーは一緒に茹でると崩れてしまったり色が悪くなってしまう原因になるので、あらかじめ茹でておいてから後入れ作戦でいきましょう。 レシピによっては先に具材を炒めてからスープを入れるものもあります。 炒めることで煮崩れも防げるし、香ばしさもでて美味しいのでおすすめ。 何も考えずに全てを同時に入れてもポトフって出来上がりますのであまり神経質に順番を考える必要はありませんが、ジャガイモのように煮崩れると崩れるものがある場合は注意してくださいね。 ポトフの具材で変わり種といえばこれ! ポトフって美味しいけど、毎回おんなじだったらちょっと飽きちゃうこともありますよね。 普通のポトフを何かアレンジできないか?と思い、ポトフに使える変わり種具材を探してレシピ検索をしていたところ、こんなのも入れるんだ!と感じた具材がありました。 それがこちら! 具材が揃ったら作りたいおすすめレシピ ポトフのレシピはいろいろありますが、おすすめのものを紹介しますね! まずはたくさんレシピを紹介してくれている「栄養士のれしぴ」さんのレシピ。 ベーシックな王道レシピならこれ! そして次は りんご入りのレシピも紹介しておきます。 いつものポトフに飽きたらぜひチャレンジ! お次はつくれぽ沢山、ウインナーで作る子供も喜ぶポトフです。 我が家ではきちんとウインナーの数を人数分きちんと分けれるように入れるようにしています。 ポトフに入ったウインナーがいつも取り合いなんです・・。 ずるいって言われないように、あらかじめ対策が必要です! キャンプに行った時もポトフをよく作るんですけど、ウインナーが一番便利でよく入れています。 まとめ 心も体もほっこりなポトフ! 具材パターンを変えれば、飽きずになんども食卓に出すことができますね。 コトコト煮なければいけないけど、作り方自体は簡単。 いつものメニューに取り入れていろんなポトフを作ってみてくださいね。

次の

フランス流ポトフの作り方&食べ方

ポトフ 皿

スポンサードリンク ポトフの材料は何がオススメ?具材の切り方をご紹介!フランスの家庭料理の定番 「 Pot-au-feu ポトフ 」は、牛肉やソーセージなどを大きめにカットした玉ねぎやニンジン、セロリなどお好みの野菜と共にじっくりコトコト煮込んだ料理です。 味付けは塩や黒コショウなどの香辛料を使っているので、とってもシンプルで優しい味わいがします。 日本でポトフを食べる際にやりがちなのが、具材とスープを1皿に盛ってしまうことです。 本場フランスでは、 スープはスープ皿に注ぎ、大きめの具材は食べやすいサイズにカットしてから、お皿に盛り付け、マスタードや塩を添えて食べるのが正しいポトフの食べ方となっています。 そのため、冷蔵庫に余っている食材や賞味期限の近い食材を使ってポトフを作るお母さん方も大勢おり、日本では主婦の味方として大活躍しています。 そんなポトフですが、具材を大きめにカットするので非常に煮込み時間が長く、手間暇のかかる料理なのです。 しかも、具材を小さくカットしてしまうと野菜が柔らかくなり過ぎてしまいますし、反対に大き過ぎると火が通りにくくなってしまうので、カットする食材の大きさはとても重要になります。 そこで、今回は ポトフをおいしく作るための野菜の選び方と切り方をご紹介したいと思います。 ポトフにオススメの野菜とは? 野菜たっぷりで栄養満点な優しいフランスの家庭料理「ポトフ」は、冷蔵庫にある食材で作ることができる煮込み料理です。 しかも、嬉しいことにポトフの材料は決まったものがないので、野菜室に残っている食材ならば何でも使用することが出来ちゃいます。 そこで、今回はポトフに入れるとおいしいオススメの野菜をご紹介したいと思います! 白菜 鍋料理の定番食材「白菜」は、水分がたっぷり含まれているので、ジャガイモやニンジン、たまねぎなどの他の野菜たちと一緒に煮込むことで美味しくなります。 ジャガイモ ホクホク感が堪らないジャガイモは、煮込み料理に定番です。 ビタミンCも豊富に含まれているので、美容効果が得られます。 ブロッコリー ジャガイモ同様、ビタミンCがたっぷり含まれています。 シチューなどにもよく使われる煮込み料理の定番食材の1つなので、ポトフにもオススメです。 セロリ 食物繊維&カリウムが豊富に含まれているセロリは、お通じやむくみの改善に効果的です。 セロリは本場フランスのポトフでも使われているので、ポトフとの相性は抜群です。 ニンニク ベーコンなどに含まれるビタミンB1の吸収を促進させるニンニクはストレスを蓄積させないようにする働きがあるので、ポトフのほっこりする優しい味わいにぴったりです。 そのため、 具材として使用する野菜たちは大きめにカットして、じっくり中まで火を通して作るのがポイントです。 ですが、長時間煮込むための時間が確保できない方やガス代が心配というお母さんも多いはず! そこで、時短で作れる絶品ポトフの作り方&野菜の切り方をご紹介します。 コンソメやブイヨンなどの洋風だしは味を整えるために使用しますので、大さじ1杯以上でも構いません。 セロリもザックリカットしておきましょう。 まとめ 今回はポトフをおいしく作るための野菜の選び方と切り方をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 ポトフは病弱で小食だったポーランドの作曲家・ショパンも愛した料理でもあります。 ココロとカラダを芯からポカポカ温めてくれる素朴で懐かしい味わいのポトフを食べて、今年の冬を健康的に乗り切ってみてはいかがでしょうか。 こちらのバナーからご覧下さい。 スポンサードリンク.

次の

ポトフのカロリーは高い?糖質制限には向いている?

ポトフ 皿

まず基本的なポトフのレシピをご紹介します。 今回使用するのはあくまでも目安の材料なので、野菜は冷蔵庫にあるものと変えても大丈夫です。 ポトフは材料さえ切ってしまえば、あとは煮込むだけで簡単に仕上がるので、忙しい日の献立にぴったりです。 材料(4人分)• ウィンナーソーセージ 7本• 玉ねぎ 1玉• じゃがいも 3つ• きゃべつ 4分の1個• ブロッコリー 2分の1個• 水 800ml• 固形のコンソメの素 2つ• 粒マスタード 適量 ポトフのレシピ• 1きゃべつを大きめのざく切りにする。 玉ねぎは芯を外さずに4等分に切る。 じゃがいもは半分にする。 ブロッコリーは房から外しておく。 2大きめの鍋に切ったブロッコリー以外の野菜と水・コンソメの素を入れる。 3沸騰してから15分程中火から弱火で煮込む。 4ウィンナーソーセージとブロッコリーを入れて5分煮込む。 5器に盛り付け、お好みでマスタードを添えて完成。 お好みで粗挽き黒コショウを振っても風味がまして美味しいです。 また、ソーセージを厚切りベーコンに変えても美味しく作れます。 健康的な栄養バランスのために、成人だと一回で手のひらサイズのタンパク質を摂取することが望ましいとされています。 しかし、ポトフに含まれるタンパク質はウィンナーやベーコンなどが殆どで、量が足りているとは言い難いです。 そこで、たりないタンパク質を補うためにも魚や鳥などの料理を選ぶことをおすすめします。 炭水化物についても同様で、ポトフ単品では育ち盛りのお子さんのいる家庭では炭水化物が不足してしまいます。 バゲットやパスタなどを献立に盛り込み、栄養バランスを整えましょう。 ポトフを煮込んでいる間に簡単に調理できます。 またガーリックの香りが、ポトフに良く合います。 今回のレシピではバゲットを使用していますが、厚切りのトーストでも美味しく仕上がります。 お好きなパンでアレンジしてみて下さい。 材料(2人分)• フランスパン 2分の1本• オリーブオイル 20g• バター 20g• にんにく 1かけ• 乾燥パセリ 適量 レシピ• 1深型の耐熱容器にバター・オリーブオイルを入れ、レンジで溶かす• 21に、にんにくをすりおろし、混ぜておく• 4オーブントースターで軽く焦げ目がつくまで焼く• 5仕上げに、好みで乾燥パセリをふりかけて完成。 ポトフの煮込んだ野菜の他にフレッシュな野菜を食べたいときにおすすめです。 切って混ぜるだけなので手軽ですし、モッツァレラチーズでタンパク質も補うことができます。 トマトはプチトマト、チーズは丸いタイプのチーズにすると、可愛らしい付け合わせになります。 材料(すべて適量)• トマト• モッツァレラチーズ• オリーブオイル• ハーブソルト• バジル• ブラックペッパー レシピ• 1トマト・モッツァレラチーズを好みの大きさに切る。 2ボウルに1を入れ、オリーブオイルをかける。 32にハーブソルトを入れ、ざっくりと混ぜる。 4更に盛り付け、バジルを散らす。 5好みでブラックペッパーをかけて完成。 少し甘めのケチャップ味に仕上げるとポトフとの相性も良いのでおすすめです。 お子さんに大人気の味ですし、たくさん作っておくとお弁当のおかずにもなるので作りおきにもおすすめです。 材料(ミートボール20個分)• 合いびき肉 200g• 牛乳 大さじ3• パン粉 大さじ2• 塩・コショウ 適量• 1ボウルにパン粉と牛乳を混ぜ入れ、柔らかくしておく。 21に合いびき肉と塩・コショウを入れ、よく混ぜる。 32を丸めて並べておく。 5煮汁が半分程度に減り、ミートボールに火が通ったら完成。 ボリュームのあるおかずで、メニューとしても見栄えもよく、タンパク質もしっかり摂ることができます。 もちろん、こちらもコンソメスープとの相性が良いです。 あっさり目の味付けがお好みなら、仕上げのソースの代わりに大根おろしをのせるといいでしょう。 材料(2人分)• 合いびき肉 250g• 玉ねぎ 1玉• オリーブオイル 大さじ1• パン粉 大さじ4• チューブにんにく 適量• 牛乳 大さじ4• 塩 小さじ2分の1• コショウ 適量• ケチャップ 大さじ3• ソース・醤油 大さじ1 レシピ• 1玉ねぎをみじん切りにし、オリーブオイルを入れたフライパンで炒める。 2玉ねぎがきつね色になったら、取り出して粗熱をとる。 3ボウルに牛乳・パン粉・にんにく・塩・コショウを入れ、軽く混ぜる。 43に合いびき肉と炒めた玉ねぎを入れ、しっかり混ぜる。 5形を整え、フライパンで弱めの中火で3分焼く。 6焼き色が付いたら裏返して蓋をして、9分蒸し焼きにする。 7竹串を刺して、肉汁が透明ならバンバーグを取り出す。 8フライパンに残った油に、ケチャップ・ソース・醤油を入れ煮立たせる。 9皿に盛ったハンバーグにソースをかけて完成。 こってりとしたタルタルソースが、ポトフとよく合うので箸が進みます。 使用する鶏肉は、ももでも胸でもお好みで大丈夫です。 また、画像では1枚肉を使用していますが、一口大に切ってあるものを使用しても大丈夫です。 材料(4人分)• 鶏肉 4枚• 小麦粉 適量• 卵 1つ• A(南蛮酢)しょうゆ 大さじ4• Aお酢 大さじ5• A砂糖 大さじ6• B(タルタルソース)ゆで卵 1つ• B玉ねぎ 4分の1個• Bケチャップ 小さじ2• Bマヨネーズ 大さじ5• B塩・コショウ 適量 レシピ• 1鶏肉に塩・コショウをふり、小麦粉をまぶす。 21に溶き卵をつけ、油で揚げる。 3Aの材料を耐熱容器に入れ、レンジであたためておく。 4揚げた鶏肉を、3に漬けしっとりさせる。 5Bの材料を、それぞれ刻んで混ぜ塩・コショウで味を整える。 64を皿に盛り、5を掛けたら完成。 生姜の風味が食欲をそそります。 しっかりと味付けされた豚肉はジューシーでポトフのおかずにぴったりです。 今回は厚切りの豚ロースを使用していますが、タレが絡むのがお好みなら薄切りの豚肉でも美味しく仕上がります。 材料(3枚分)• 厚切り豚ロース 3枚• 小麦粉 適量• オリーブオイル 少々• 白ワイン 大さじ1• 塩コショウ 少々• 2豚肉の脂身に包丁で切れ目を入れ、塩コショウをふる。 32に小麦粉をまぶし、油を引いたフライパンで焼き目をつける。 4豚肉を返し、白ワインを入れて蓋をして弱火で2分蒸す。 5豚肉を取り出し、油を軽くキッチンペーパーで拭き取る。 61をフライパンに入れ、煮立たせる。 7皿に盛りつけた豚肉に、ソースをかけたら完成。 タンパク質を補えますし、コンソメスープとの味の相性もバッチリです。 このメニューに使用する魚は白身魚なら、鯛でもスズキでもなんでも大丈夫です。 魚の味が淡白なので、少し濃い目に味付けするのがポイントです。 材料(2人分)• 白身の魚 2切れ• バター 20g• 小麦粉 大さじ2• 塩・コショウ 適量• 1白身魚の両面に塩と胡椒をふる。 210分ほどおいたら、全体に小麦粉をふりかける。 3フライパンにバターを10g入れ、溶かす。 4白身魚を、皮目から中火で焼く。 5こんがりと焼き色が付いたら、裏返して火を弱める。 6魚が焼き上がったら、皿に置く。 7魚を焼いたフライパンに、残りのバター10gを入れ、弱火で溶かす。 9皿に盛り付けた白身魚に、ソースを回しかけたら完成。 付け合わせのガーリックトーストとの相性もよく、芳ばしい香りが食欲をそそります。 エビのほかに、マッシュルームやイカなどお好みの具材を入れても美味しいです。 しらすを入れると旨味もアップします。 材料(2人分)• エビ 15尾ほど• にんにく 3かけ• オリーブオイル 適量• ハーブソルト 適量 レシピ• 1小さめのフライパンに、下処理したエビを並べる。 2スライスしたにんにくを1に入れ、オリーブオイルを浸るまで入れる。 3ハーブソルトを好みの量ふりかけ、弱火で煮る。 4エビに火が通ったら完成。 こちらも簡単ですが、見栄えのするメニューです。 画像のように、サラダ感覚のカルパッチョならビネガー系のドレッシングを使えば、材料を混ぜるだけで完成します。 使う魚は、サーモンだけでなくその時の旬のお魚にしても大丈夫です。 材料(すべて適量)• サーモン• ベビーリーフやサラダ菜など好みの野菜• ビネガー系ドレッシング レシピ• 1ベビーリーフなど好みの野菜とサーモンをボウルに入れる。 2ビネガー系ドレッシングを好みの量入れ、全体の味が馴染むように混ぜる。 3皿に野菜を先に盛り付け、次にサーモンをキレイに盛ると完成。 洋食の定番メニューでポトフとの栄養バランスも良く、おすすめです。 炭水化物だけでなく、エビでタンパク質を補えます。 生米からの調理ですが、意外と簡単に美味しくできるのでぜひ挑戦してみて下さい。 材料(3人分)• コメ 2合• むきえび 200g• 人参 3分の1本• ピーマン 1つ• バター 大さじ1• コンソメ 小さじ3• 水 360cc• 塩コショウ 適量 レシピ• 1米を研ぎ、水気を切っておく。 2野菜を細かいみじん切りにし、バターを入れたフライパンで炒める。 3弱火にし、1を入れ透明になるまで炒める。 43に水とコンソメ、塩コショウを入れ、強火で炊く。 5沸騰したら、エビをちらし入れ弱火にして蓋をする。 610分たったら火を止め、蓋をしたまま7分ほど蒸す。 7軽く混ぜ、味を整えたら完成。 トマトの爽やかな酸味がポトフに合うのでおすすめです。 コンソメの味付けなので、献立に統一感も出ます。 今回は豆乳を使用していますが、代わりに牛乳を入れても美味しいです。 材料(2人分)• 1コメ 1カップ• 2トマト缶 1缶• 3玉ねぎ 2分の1個• 4オリーブオイル 大さじ1• 5コンソメ 2つ• 6豆乳 400cc• 7粉チーズ 適量• 8塩コショウ 適量• 9パセリ 適量• 10にんにく 1かけ レシピ• 1米を研いで水を切る。 2玉ねぎ・にんにくをみじん切りにする。 3熱したフライパンにオリーブオイルをいれ、2を全体に透明になるまで炒める。 41を入れ、コメが透き通るまで炒める。 5トマト缶を入れ、混ぜ合わせたらコンソメと牛乳を入れてなじませる。 6すこし弱めの中火にし、蓋をして15分蒸し焼く。 7器に盛り、粉チーズやパセリをトッピングしたら完成。 ステーキのお供というイメージがありますが、すこししっかり目の味付けにすると、ポトフとも良く合います。 今回はお肉なしのレシピですが、お好みでお肉を入れても美味しいです。 材料(2人分)• ごはん 茶碗2杯分• にんにく 10g• オリーブオイル 適量• 1にんにくをみじん切りにする。 2フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを炒める。 3香りが立ってきたら、ご飯を加える。 5器に盛り付け、乾燥パセリをふりかけて完成。 大人から子供まで人気のあるメニューで、卵のふんわりした優しい味がポトフと相性が良いです。 上にオムレツが乗っているタイプは、見た目もよく、卵がふわっとするのでおすすめです。 材料(2人分)• 卵 4つ• ご飯 茶碗2杯分• 鶏肉 80g• 玉ねぎ 4分の1個• 牛乳 大さじ2• 乾燥パセリ 適量• バター・塩コショウ・ケチャップ 各適量 レシピ• 1鶏肉と玉ねぎをさいの目に切る。 2フライパンにバターを入れ、1を炒める。 3玉ねぎに火が通ったら、ご飯を入れほぐしながら塩コショウを入れる。 43にケチャップを入れ、切るように混ぜる。 5パセリを加え、チキンライスを形を整え皿に盛る。 6ボウルに卵と牛乳・塩コショウを入れ溶きほぐす。 7熱したフライパンに1人分の卵液を加え、ふんわりとしたオムレツを作る。 8皿に盛ったチキンライスにオムレツをのせる。 9もう1人分オムレツを同様に作り、皿に盛ってケチャップをかけたら完成。 こんがりと焼けたチーズは、ポトフとの相性が良いですし、子供も喜んで食べてくれます。 きのこは多めに入れると、きのこから出汁が出て風味がアップし、更に美味しくなります。 材料(1皿分)• ごはん 茶碗1杯分• 鶏肉 80g• しめじなどきのこ類 適量• 玉ねぎ 4分の1個• ピザ用チーズ 適量• 薄力粉 大さじ1• 牛乳 200ml• 塩コショウ・コンソメ• バター 20g レシピ• 1オーブンを200度で予熱しておく。 2玉ねぎを薄くスライスする。 3きのこ類を好みの大きさにカットする。 4鶏肉を1センチのさいの目に切る。 5フライパンにバターを入れ、溶かしたら玉ねぎを炒め、次に鶏肉・きのこ類の順で炒める。 6中火で薄力粉を加え、ダマがなくなったら牛乳を2回に分けて入れる。 7塩・コショウ・コンソメを入れて味を整えたら、火を止めてご飯を混ぜ入れる。 8耐熱皿に7を入れ、ピザ用チーズをのせたらオーブンで200度20分焼く。 9こんがりと焼けたら完成。 お肉と香味野菜たっぷりのミートスパゲティは栄養バランスもよく、ポトフの献立におすすめです。 炭水化物とタンパク質を同時に摂ることができます。 材料(2人分)• パスタ 2人分• 塩 適量• 玉ねぎ 2分の1個• にんにく 1かけ• 人参 2分の1本• オリーブオイル 大さじ1• 合いびき肉 150g• 薄力粉 大さじ1• トマト缶 1缶• 塩コショウ 少々• コンソメ 小さじ2 レシピ• 1パスタを茹でておく。 2野菜をみじん切りにし、オリーブオイルを入れたフライパンで炒める。 3しんなりしてきたら、合いびき肉を入れ、色が変わってきたら薄力粉を加える。 4塩コショウ・コンソメ・トマト缶を加えて煮込む。 5とろみが付いてきたら、茹でたパスタを皿に盛り、ソースをかけて完成。 生クリームを使用することで、わりとこってりとした味付けになっているので、ポトフとこの一皿だけでも大満足です。 あっさりの味付けにしたいときは、生クリームの代わりに豆乳や牛乳を使用してください。 材料(1皿分)• パスタ 1人分• トマト缶 160ml• 玉ねぎ 4分の1個• オリーブオイル 適量• にんにく 1かけ• 塩・コショウ 適量• 生クリーム 50cc• バター 大さじ1• ブラックペッパー 適量 レシピ• 1パスタを茹でておく。 2フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りがするまで炒める。 3玉ねぎを加え、しんなりしたらトマト缶と塩・コショウを入れる。 4沸騰させながら5分ほど煮込んで水分を飛ばす。 5とろみが付いてきたら生クリームとバターを入れ更に煮詰める。 6茹でたパスタを、ソースの入ったフライパンに入れ混ぜる。 7器に盛って完成。 ナスとトマトがジューシーに仕上がり、ソースがパスタと絡んでとても美味しいです。 野菜の美味しさがポトフとの味の相性も良い一皿です。 トマトがお好きな方は、生のトマトを追加して作っても美味しく仕上がります。 材料(2人分)• トマト缶 1缶• なす 2本• ベーコン 適量• にんにく 1かけ• オリーブオイル 大さじ3• コンソメ 小さじ2• 塩 小さじ2分の1• はちみつ 小さじ2• ブラックペッパー• パスタ 2人分 レシピ• 1ナスは一口大、玉ねぎとにんにくはみじんぎりにする。 ベーコンは好みの大きさに切っておく。 2フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、香りがしてきたら玉ねぎとナスを入れて炒める。 3ナスに火が通ってきたらベーコンを加え、トマト缶を加える。 4沸騰してきたらコンソメを入れて溶かす。 5煮詰めたら、塩とはちみつを加え、味を整える。 6茹でたパスタにソースを絡め、器に盛って完成。 ピリリと刺激的で、にんにくの良い香りが食欲をそそるペペロンチーノは、優しい味のポトフととても良く合います。 にんにくがポイントなので、焦がさないように注意して下さい。 材料(3人分)• パスタ 3人分• 塩 適量• 顆粒コンソメ 小さじ2• 赤唐辛子 1本• にんにく 2かけ• オリーブオイル 大さじ3 レシピ• 1パスタ鍋に塩と適量の水を入れ、パスタを茹でておく。 2赤唐辛子の種を取り、輪切りにする。 にんにくはスライスする。 3フライパンにオリーブオイル・にんにく・赤唐辛子を入れ、弱火で香りが出るまで炒める。 43にパスタの茹で汁をお玉一杯分入れる。 5火を止め、茹でたパスタを加えたらトングでしっかりと混ぜる。 6塩・コンソメを加えて味を整えたら完成。 このパスタは和風でもバター風味なので、ポトフと一緒に食べると美味しいです。 使用するきのこは、できれば数種類ブレンドしたほうがそれぞれの旨味がでて美味しくなります。 材料(3人分)• パスタ 3人分• お好みのきのこ類 適量• ベーコン 2枚• オリーブオイル 大さじ1• バター 10g• にんにく 2かけ• 醤油 大さじ3• 万能ねぎ 適量 レシピ• 1フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくの香りがするまで炒める。 2香りがしてきたら、きのこ・ベーコンを入れバター醤油で味を整える。 3茹でたパスタを2に入れ、よく混ぜる。 4器に盛り、ネギを散らすと完成。 ほうれん草が、パスタと絡んで優しいおいしさなので、ポトフとも相性も良いです。 ベーコンは、お好みでカリカリに焼き上げてからこのレシピで作っても美味しく仕上がります。 材料(2人分)• パスタ 2人分• ほうれん草 1束• バター 20g• にんにく 1かけ• ベーコン 適量• 顆粒コンソメ・ハーブソルト 適量 レシピ• 1パスタは茹でておく。 2ほうれん草は、パスタと同じ鍋で茹でて水気を切る。 3茹でたほうれん草を、一口大に切る。 4フライパンにオリーブオイル・にんにく・ベーコンを入れ炒める。 54にほうれん草を入れ、パスタを加えて和える。 6コンソメ顆粒・ハーブソルトで味を整えて完成。 ポトフとは違うじゃがいもの食感が副菜で楽しめます。 レンジを使うと、じゃがいもに早く火が通って、かなり時短で仕上がるのでもう一品欲しいときにおすすめの副菜です。 材料(2人分)• じゃがいも 3つ• ベーコン(ウィンナーでも可) 適量• 玉ねぎ 2分の1個• 顆粒コンソメ・塩コショウ 適量 レシピ• 1じゃがいもは皮をむいて一口大に切る。 2スチーマーにじゃがいもを入れ、500wのレンジで4分加熱する。 3玉ねぎとベーコンを好みの大きさに切る。 4フライパンにオリーブオイルを入れ、3を入れて炒める。 5玉ねぎに火が通ったら、2を入れコンソメ・塩コショウで味を整えて完成。 和風のおかずですが、胡麻の香りとコクのある味わいがポトフと合います。 ほうれん草の胡麻和えは、お弁当のおかずにもなる副菜なので作りおきにもおすすめです。 材料(3人分)• ほうれん草 1束• 1ほうれん草を、茹で水気を切っておく。 2水気を切ったほうれん草を、一口大に切る。 ポトフの付け合わせは栄養バランスを考えて組み合わせましょう ポトフは野菜とお肉の美味しさを一皿で味わえる料理です。 しかし単品では栄養バランスが足りないので、魚やお肉のおかずを献立に加えるといいでしょう。 パスタなどで炭水化物を補うのも、お子さんのいる家庭では大切です。 また野菜をもう一皿加えたいときは、ご紹介した簡単な野菜の副菜を添えると栄養バランスが整います。

次の