アトマイザー アルコール。 株式会社ヤマダアトマイザーand香水容器メーカー

100均のスプレーは「アルコール消毒液」の容器に使える?入れ物がないときの代用品!

アトマイザー アルコール

目次 アルコール対応の国産スプレーボトル 株式会社ヤマダアトマイザー(本社:東京都江戸川区)は創業1958年の老舗で、アトマイザー・パフュームボトルの企画・製造・販売を行っている会社です。 そのため、アトマイザーにはこだわりを持って製造されています。 アトマイザーはもともと香水用のものですが、殺菌・消毒のためのアルコール・エタノールなどを入れることもできます。 本体は安全性を考えてガラス製になっています。 落下などの衝撃で破損することもあるため、その点にだけ注意が必要です。 実際に使っての感想は? 以前、100均のスプレーボトル(アルコール非対応)を買ったことがありますが、スプレー噴射の弱さにがっかりしました。 押しても押しても少量の液体しか飛ばないため、使いづらかったのです。 その点、ヤマダアトマイザーのスプレーボトルの方がスプレー時の噴出力が強く、1プッシュでも多くの量を手に取ることができます。 さすが、香水容器を長年作っておられるだけのことはあります。 10mlというボトルサイズも持ち運びにちょうどいいサイズで、カバンの小ポケットなどにもすっぽり入って便利です。 10mlと聞くと少なく感じますが、実際に使ってみると意外と長持ちし、家族全員で一日中使っても、数日以上使える量です。 詰め替えについては後ほど説明しますが、これについても非常にスムーズに行え、労力が苦になりません。 外出時には、どうしても他人と共用する部分に触れてしまいます。 扉の取っ手、手すり、ショッピングかご・カート、エレベーターのボタンなど、他の人たちと共有する箇所は感染リスクが高い場所です。 詰め替えセット内には、シリマー(注射器のようなもの)、スポイト(注射針のようなもの)、詰め替えノズル、折りジョーゴ、目印シールがついています。 香水の詰め替えには、詰め替えノズル、折りジョーゴを使いますが、消毒液を入れる際、主に使うのはシリマーとスポイトです。 シリマーの先端にスポイトをつけ、ねじのように軽く回して装着します。 これでスポイトをしっかり固定できます。 スポイトで適量を消毒液の容器から吸います。 消毒液については、水で薄めて使うタイプのものもあるため、規定の容量で希釈します。 アトマイザーへ移します。 水で希釈が必要なものも、同じ方法で容器へ移し、アトマイザーを手で振って混ぜます。 念のため、アトマイザーに目印シールを貼っておきます。 同じシールを消毒液のボトルにも貼り、中身を他のものと混同しないようにします。

次の

100均のスプレーは「アルコール消毒液」の容器に使える?入れ物がないときの代用品!

アトマイザー アルコール

目次 アルコール対応の国産スプレーボトル 株式会社ヤマダアトマイザー(本社:東京都江戸川区)は創業1958年の老舗で、アトマイザー・パフュームボトルの企画・製造・販売を行っている会社です。 そのため、アトマイザーにはこだわりを持って製造されています。 アトマイザーはもともと香水用のものですが、殺菌・消毒のためのアルコール・エタノールなどを入れることもできます。 本体は安全性を考えてガラス製になっています。 落下などの衝撃で破損することもあるため、その点にだけ注意が必要です。 実際に使っての感想は? 以前、100均のスプレーボトル(アルコール非対応)を買ったことがありますが、スプレー噴射の弱さにがっかりしました。 押しても押しても少量の液体しか飛ばないため、使いづらかったのです。 その点、ヤマダアトマイザーのスプレーボトルの方がスプレー時の噴出力が強く、1プッシュでも多くの量を手に取ることができます。 さすが、香水容器を長年作っておられるだけのことはあります。 10mlというボトルサイズも持ち運びにちょうどいいサイズで、カバンの小ポケットなどにもすっぽり入って便利です。 10mlと聞くと少なく感じますが、実際に使ってみると意外と長持ちし、家族全員で一日中使っても、数日以上使える量です。 詰め替えについては後ほど説明しますが、これについても非常にスムーズに行え、労力が苦になりません。 外出時には、どうしても他人と共用する部分に触れてしまいます。 扉の取っ手、手すり、ショッピングかご・カート、エレベーターのボタンなど、他の人たちと共有する箇所は感染リスクが高い場所です。 詰め替えセット内には、シリマー(注射器のようなもの)、スポイト(注射針のようなもの)、詰め替えノズル、折りジョーゴ、目印シールがついています。 香水の詰め替えには、詰め替えノズル、折りジョーゴを使いますが、消毒液を入れる際、主に使うのはシリマーとスポイトです。 シリマーの先端にスポイトをつけ、ねじのように軽く回して装着します。 これでスポイトをしっかり固定できます。 スポイトで適量を消毒液の容器から吸います。 消毒液については、水で薄めて使うタイプのものもあるため、規定の容量で希釈します。 アトマイザーへ移します。 水で希釈が必要なものも、同じ方法で容器へ移し、アトマイザーを手で振って混ぜます。 念のため、アトマイザーに目印シールを貼っておきます。 同じシールを消毒液のボトルにも貼り、中身を他のものと混同しないようにします。

次の

アルコール対応のスプレーボトル(日本製)を買った! 詰め替えセットも!

アトマイザー アルコール

キッチンやダイニングの掃除から、浴室やクローゼットのカビ予防、水気を嫌う家電の掃除まで。 家じゅうの掃除に幅広く使えるのが「アルコールスプレー」。 その手軽さから、家事のプロたちにも愛用者が増えつつあります。 「除菌ができるうえ、揮発性が高く、使ってしばらくしたら成分は飛ぶので、子どもやペットがいる家庭でも安心して使えます」と話すのはナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさん。 その効果から、家庭で簡単に手づくりできる方法まで、くわしく教えてもらいました。 手軽に使えるから掃除が苦手な人にもぴったり! 一度使ったら手放せない!アルコールスプレー1本で家じゅうスッキリ 「とくに、雑菌やカビの繁殖を抑えたい冷蔵庫や浴室の除菌にも大活躍。 皮脂汚れもよく落とすので、裸足で歩いたあとの、床のベタつき落としに使ってもさっぱりします」 揮発性があるから、あとに残らず、二度ぶきは不要。 1本あれば家じゅうで大活躍する万能洗剤は、使ってみない手はありません。 掃除が苦手な人にもおすすめです。 手軽なうえ、コスパがよいのもメリットです。 「除菌、消毒作用は高いのですが、このまま使うと溶解作用が強すぎて家具のニスがはがれたり、プラスチック製品が溶けることがあるので、日常の掃除用には向きません。 先に消毒用エタノールを入れるとカップが傷むことがあるので、必ず水を先に入れること。 消毒用エタノールに「IP」とあるものは、添加物が含まれているため酒税がかからず割安。 効果は変わらないので、掃除用におすすめ。 2:耐アルコールのスプレーボトルに入れる アルコール耐性のあるスプレーボトルに1を注ぐ。 アルコールNGのボトルがあるので、入れる前に商品の注意書きを必ず確認しましょう。 作業するときは換気をよくし、気をつけておこなってください。 消臭や虫よけ効果のあるハッカやティーツリーは相性バッチリ! アロマオイルを混ぜるときは、消毒用エタノール500mlのボトルにアロマオイル20滴を入れ、フタをしてよく振ります。 あとは上記と同様に水で薄めればOKです。 「出先で手を洗えないときなど、ちょっとした汚れ落としに便利です」 アトマイザーはアルコール耐性のあるものを使ってください。 どちらも水で薄めて掃除に使えますが、消毒用エタノールの方が安価なうえ、手に入りやすいのでおすすめです。 まず目立たない場所で試してからお使いください。 革のソファやニスで塗装した家具には使えないのでご注意ください。 まな板や包丁などの除菌には、キッチン用アルコールスプレーなど、専用の市販品を使いましょう。 でも、掃除に使うと、アルコール以外の糖分などが残ってしまい、変色などの原因になることも。 保存ビンやお弁当箱の消毒など、口に入れるものの除菌には向いています。 掃除や洗濯を科学的に解説するナチュラルクリーニング講座が好評。

次の