小池百合子無能。 【小池百合子】巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能|日刊ゲンダイDIGITAL

【五輪延期決定までだんまり】コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子、「無能確定」の安倍晋三

小池百合子無能

小池百合子都知事の実家は、芦屋市の貿易商 小池百合子都知事の、 父親は、 兵庫県芦屋市に住む実業家でした。 兵庫県芦屋市といえば、 お金持ちの住む町として有名ですね。 資産家がたくさん、住んでいます。 また、 芦屋市という 住所にも、相当なブランド力があると思います。 小池百合子都知事の父親・小池勇二郎 小池百合子都知事の 父親は、 神戸市で衣料関連の貿易商を営んでいたそうです。 父親の名前は、 小池勇二郎さんといいます。 政治が好きな方で、 自宅では国際政治の話とか、そんな話ばかりしている人だったそうです。 こんな 父親がいたら、 みなさんどうでしょうか? 頭は良さそうですが、 正直扱いに困る感じもしますね。 まあ、そんな 父親の影響を受けたからなのか、 現在の、 小池百合子東京都知事の存在があるのかもしれません。 小池百合子の実家の兄弟姉妹と家族構成 小池百合子都知事の 実家の兄弟姉妹の家族構成についても 書いておきましょう。 小池百合子都知事の兄弟姉妹については、 三人兄弟の長女ということです。 つまり、 三人兄弟の長女ということで、 父親の 連日連夜に渡る政治談議を、 もっとも熱心に聞いていたことが想像されますね! そんな、 父親のもと育った、 小池百合子都知事でした。 小池百合子都知事の学歴 もちろん、こんな堅苦しい、 父親でしたから、 教育熱心でもありました。 小池百合子東京都知事の、 学歴を見ればよく分かります。 芦屋市岩園小学校、 甲南女子中学、 甲南女子高等学校 関西学院大学社会学部、 カイロ大学 と、すごい学歴コースを歩んでいます! 小池百合子都知事の出身校から、父親の資産家だったのが分かる? 中学・高校は、 甲南女子学園とのことです。 甲南女子学園といえば、関西圏屈指のお嬢様学校として有名ですので、 とても、 父親は 資産家だったのでしょうね。 それで、 関西学院大学に入るも中退して、 カイロ大学に留学しているわけです。 関西学院大学も、 甲南女子学園と同じく、 資産家の子弟が通う学校として、有名です。 そこから、 カイロ大学に留学ですから、 どれだけ 教育費がかかっているのでしょうか! やはり、 小池百合子東京都知事の、 父親と母親は、 相当教育熱心で、 資産家だったと、考えられるでしょうね。 そもそも、当時カイロ大学に留学した人なんて、 日本人で何人もいなさそうですよね。 小池百合子の父親・小池勇二郎が選挙に出馬 そんな、 資産家家庭でお嬢様育ちの 小池百合子都知事は、 順風満帆に、学園生活をすごしていたのですが、 ある日、転機が訪れます。 父親・小池勇二郎さんが、 選挙に出ると言い出したのです。 もともと、政治が好きでしたからね。 小池百合子都知事が甲南女子高校生の頃の話です。 小池百合子の父親は落選 小池百合子都知事の、 父親・小池勇二郎さんは、 石原慎太郎が主宰する「日本の新しい世代の会」の推薦を受けて、 旧兵庫2区から衆議院議員総選挙に立候補したそうです。 しかし、あえなく落選しているのです。 ちなみに、小池百合子都知事と、石原慎太郎元都知事には、深い「因縁」のようなものがあります。 こちらの記事も参照にしてみてください。 小池百合子都知事の両親もエジプトへ その後、 カイロ大学に留学した、 小池百合子都知事でした。 実は、この頃、 小池百合子都知事の、 父親と母親も、 一緒にカイロに来ていたようなのです! 小池百合子の父親の事業に転機が… なんでも、 小池百合子都知事の、 父親は、選挙で落選したからかなのか分かりませんが、 事業がうまくいかなくなってしまったらしいのです。 それで、 取引先の関係もあって、 カイロに行ったようなのです。 小池百合子都知事の母親は? 小池百合子都知事の 母親の名前は、小池恵美子さんといいます。 小池百合子都知事の 父親が事業がうまくいかなくなって、 カイロに行ったと先ほど書きましたが、 カイロでは、 小池百合子都知事の、 母親が家計を支えたようです。 父親に代わって、今度は、 母親の出番というわけです! 小池百合子の実家はエジプトで… 小池百合子さんの実家は、 エジプトで、日本料理店を経営していたそうです。 そして、 小池百合子都知事が カイロ大学から日本へ帰国してからも、 両親は、 カイロに日本料理屋の事業のために、 カイロに残ったそうです。 国際的な家族ですね! 小池百合子の父親・母親は、娘の活躍に… 小池百合子都知事の、 父親も、母親も 近年まで存命だったようです。 娘さんの活躍ぶりを見て、 かつて政治を志した 父親は、 さぞ満足されたのではないでしょうか? 小池百合子都知事の結婚・夫・子供は? また、 小池百合子都知事の結婚や子供についても、 少し触れてみます。 小池百合子都知事は、カイロ大学の3年生の時に、3歳年上の日本人男性と結婚していたとのことです。 しかし、早々と離婚をされたようです。 それ以降、結婚はしていないようなので、 子供はいないみたいです。 というわけで、 小池百合子都知事は、独身で子供はいないということになりますね。 ということで、 小池百合子都知事の実家・父親・母親・家系図のことなどをお送りしました。 関連記事.

次の

【小池百合子】宇都宮氏の主張は真っ当 小池圧勝なんてとんでもないぞ|日刊ゲンダイDIGITAL

小池百合子無能

5月末に発売された石井妙子さんの著書「女帝 」が評判を呼ぶ中、6月12日に小池百合子・東京都知事は18日告示予定の挙に立候補を表明した。 「東京大改革2. 0」を掲げ、来月の都知事選への立候補を表明しました。 この4年間、皆様のご協力もをいただきながら、情報公開、待機児童や女性活躍、受動喫煙対策など、人に焦点を当てた政策を実現してまいりました。 政策の詳細は後日発表。。 — 小池百合子 ecoyuri 小池都知事の他、日弁連の元会長・宇都宮健児氏、熊本県の元副知事・小野泰輔氏、NHKから国民を守る党の立花孝志党首なども立候補する意向を表明しているようだ。 同日、作家のさんはTwitterにて 東京都の知事をまた小池百合子がやるの? 東京都民てバカの集まり? 小池さんというのは、政治家としては無能な上に、人間としてはそれ以下やと思うよ。 とツイートを行った。 なんとも辛辣なツイート、反響を呼び14日の時点でおよそ2万の「いいね」を集めていた。 「公約達成ゼロでよく選挙に出れますよね」 「誰ならいいの?」 「百田さんやってください」 といったような返信が寄せられていたようである。

次の

小池百合子 [結婚歴]現在の夫は韓国人&子供はデマ!噂の真相は?

小池百合子無能

先週金曜、定例会見を終えた東京都の知事が、一目散に向かった先は議員会館。 の代表と意見交換するためだった。 玉木によると、議題はコロナ対策に充てる地方交付金の配分。 財政力が考慮されるため、ゆとりのある都は感染者が多いのに配分額が少ない点を改善して欲しいとの陳情を受けたという。 告示が迫る都知事選の話し合いは「全くありません」と玉木は記者に答えたが、額面通りには受け取れない。 玉木は先月18日、コロナ対応を巡り「現場の司令官である知事を、応援することはあっても足を引っ張るようなことをやっていいのか」と発言。 小池支援に含みを持たせた。 また、希望の党で小池と共同代表を務めた経緯もある。 小池は1日、の逢坂誠二政調会長とも意見交換。 野党第1、2党の幹部と会談を重ねる狙いは、知事選に向け、いまだ統一候補を立てられない野党の分断、「敵か、味方か」を分けるためのリトマス試験紙なのではないか。 常に自分の敵か、味方かを明確に区別。 つくり出した「敵」を徹底的に攻撃し、闘う姿勢を見せることで大衆にも「敵」への憎悪を植えつける。 その憎しみのパワーを自らの支持へと昇華させるのが、小池の常套手段だ。 前回4年前の都知事選から今まで嫌というほど見せつけられてきた。 緊急事態宣言に伴う休業要請の対象業種を巡り、西村コロナ担当相を「敵」と見なし、「社長かと思ったら、天の声がいろいろ聞こえて中間管理職になった感じ」と世間の同情を買おうとしたのは記憶に新しい。 それまで小池も政権同様、五輪開催にしがみつき、コロナ対策は二の次。 それも決裁の手順を無視し、記録を正確に残さない形で、専門家会議の議事録すら残さない政権と同じ穴のムジナだ。 対応が出遅れたせいで、医療崩壊寸前という決定的な失政を犯した責任は棚上げし、五輪延期が決まった途端、一転とは開いた口がふさがらない。 小池は記者会見やテレビ行脚を重ね、自ら出演するCMまで作って「強いリーダー」を演じてきた。 CM制作につぎ込んだ都民の血税は約9億円。 目に余るコロナと電波の選挙利用だ。 まさに風見鶏知事の本領発揮。 彼女は一切、定見など持たず、ひたすら機を見るに敏なだけ。 いつだって自分にとって都合のよい側ばかりにつく。 、、……。 政界進出以来、小池は傍らに身を置く権力者をコロコロ代え、自分に都合のよい側に立ち続けた。 彼らに引き立てられることで着々と出世。 「政界渡り鳥」「権力と寝る女」とヤユする男社会全体を「敵」に見立てて、自分の「味方」を増やし、権力の階段を駆け上がってきたのである。 敵への復讐のためだけに権力を行使する女帝 「彼女は常に自分ありきではないでしょうか。 自分の言動が世間にどう受け取られるか、それによる『効果』だけを計算している。 政治家として、自分が生じさせた現実に対する責任を引き受けないように見えます」 そう語るのは、足かけ3年半、100人を超す関係者に取材を重ね、小池の実像に迫った著書「 」(文芸春秋社)を上梓したばかりのノンフィクション作家・石井妙子氏だ。 こう続ける。 「彼女の政治の源泉は『復讐』です。 過去に見下された『敵』を見返すために権力を行使する傾向があります。 その代表が石原慎太郎元都知事。 彼女の父親は昔、政治家になりたくて、国政への出馬歴もありましたが、その父親は石原さんの選挙を手伝ったことがあった。 しかし石原さんはそんな彼女の父を相手にしなかった。 その恨みが都知事就任後、石原さん追及の百条委員会設置につながったと思います」 小池はメディアも徹底して敵と味方に分断する。 総選挙直前の2017年9月、希望の党を結党したばかりの定例会見で小池から「排除」発言を引き出したジャーナリストの横田一氏が言う。 「あれ以来、会見で小池氏から一度も指名されなくなりました。 私に限らず、批判的な質問をした記者を彼女は敵とみなし、二度と当てません」 本紙記者も小池にやられた口だ。 4月6日の会見で五輪延期前のコロナ対策の不手際を問うと、小池は「オリンピックとの関係で御紙においては、そういう論を展開されているのかもしれませんが、それは全く関係がございません」とケンカ腰。 以来、指名されていない。 1面見出しに「小池 森退治」と書いた紙面を脇に抱え、わざわざメディアに見せるように登庁したのだ。 自分に都合のよい時だけ利用し、都合が悪くなれば排除する。 彼女の本性が如実に表れている。 昨年末から先週金曜まで私が参加した27回の会見で、10回以上も指名された記者が複数います。 4年前の知事選で公約に掲げた「満員電車ゼロ」「待機児童ゼロ」など「7つのゼロ」は「達成ゼロ」。 昨年4月の会見で「ペット殺処分ゼロを1年早く達成した」と言い張ったが、この発言には裏がある。 環境省が老齢や攻撃性のある犬猫などは「殺処分の数から除く」と基準を変更。 実際には146匹を殺処分しながら、都は「ゼロ」と見なしただけだ。 小池はその事実を伏せ、殺処分ゼロを強調したのである。 築地市場の豊洲移転も嘘の典型だ。 一度は「築地にも市場機能を残す」と約束。 実行しないことを追及されると「そんなことは言っていない」とシラを切り、自分の発言をなきものにした。 そして嘘に嘘を重ねた最たる例が、前出の石井妙子氏の新著で再燃した「カイロ大学卒」の学歴詐称疑惑である。 再び石井妙子氏が語る。 「自分の過去に対して平気で嘘をつく人は、未来に対して嘘をつくことにも抵抗がない。 その結果、期待した人々を裏切っても何とも思わないのです。 敵をつくり、強い言葉で攻撃し、民衆をあおる彼女の手法に、拍手喝采を送った側にも問題があります。 思えば長く続いた閉塞感から、国民が『強い』リーダーを求め続けたのが平成の時代でした。 コロナ禍で再び閉塞感が強まる中、政治家としての彼女を生み出した責任を考えるべきです」 出回る醜聞。 今なお独自の休業要請を強いながら、緊急事態宣言の解除と同時に協力金を打ち切る冷酷。 何よりも五輪延期で生じる数千億円もの追加費用の無駄。 この金をなぜ、都民の生活に使えないのか。 それでも有力な対立候補は不在で下馬評は圧勝ムード。 しかし、出馬を表明した元日弁連会長の宇都宮健児氏の主張は全てまっとうだ。 PCR検査拡充、休業補償の徹底、カジノ誘致反対、専門家の判断を仰ぎ、早い段階で五輪中止を決める。 「五輪の予算を使えば都民の命を救える」との訴えは傾聴に値する。 地味ながら、小池よりははるかにマトモな候補だ。 とにかく、小池圧勝なんて、とんでもない。 その阻止こそが、今度の都知事選の最大の焦点である。

次の