毎日 新聞 将棋。 名人戦・順位戦

名人戦・順位戦

毎日 新聞 将棋

第91期棋聖戦五番勝負で史上最年少のタイトル挑戦を決め、別室の記者とオンラインで記者会見する藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2020年6月4日午後8時28分、玉城達郎撮影 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言が解除され、公式戦から遠ざかっていた藤井聡太七段(17)が過密日程を勝ち抜き、第91期棋聖戦五番勝負で最年少のタイトル挑戦を決めた。 挑戦者決定が4日、開幕局は8日で、その間わずか4日間。 異例のスピード開幕だが、1976年以降の公式記録を調べてみると、今回と同様に、挑戦者決定から4日後に開幕したタイトル戦があった。 それは、79年3月に行われた名人戦。 初めて4人が同率首位に並んでのプレーオフに突入した。 プレーオフは3月1、6、9日と行われ、米長邦雄永世棋聖が森雞二九段を破って挑戦者となり、中原誠十六世名人との第1局が始まったのが挑戦決定から4日後の13日だった。 七番勝負は中原が4勝2敗で防衛を果たしている。 将棋ファンの中で挑戦者決定がずれ込んだタイトル戦として思い出されるのは、大みそかに挑戦者が決まった91年度の王将戦だろう。 この時も、同率首位に4人が並び、谷川浩司九段がプレーオフを制して挑戦を決めた後、開幕局は92年1月16日に行われている。 通常、タイトル戦は挑戦者決定から開幕局まで約1カ月の間隔がある。 主催者はポスター作製や立会・解説の棋士などの手配を行い、対局者は作戦をじっくり練り、タイトル戦用の和服を新調したりもする。 逆に、挑戦者を決めるトーナメントやリーグの最終結果が出てから開幕まで最も間隔が空いたタイトル戦は、今月21….

次の

データで見る将棋:藤井七段が初めてではなかった「挑戦決定から4日後」のタイトル開幕

毎日 新聞 将棋

観戦記 [ ] 明治時代から現代に至るまで新聞社主催のいわゆる新聞棋戦では、新聞にプロの対局(時にはアマ)の棋譜が掲載される。 この棋譜に対局者の紹介、対局の模様、指し手の解説等を加えた記事を観戦記と言う。 テレビやインターネットといった伝達手段が発達していなかった時代には、観戦記はプロ棋士と一般のファンとの間を結ぶ唯一の伝達手段であり、それだけ観戦記の役割も大きかったとされる。 観戦記者の仕事 [ ] 観戦記者は、棋戦が行われる会場に詰めて、プロ棋士の対局を観戦し、対局者の様子や対局の雰囲気を記録することが主な仕事である。 ただし、棋戦の主催者(所属記者、あるいは委託を受けた者)以外は対局開始・終了時やなどを除いて対局室に入れないため 、その場合は対局中控室でモニター越しに棋戦を観戦する。 また控室等で他の棋士達の検討を聞き、取材もする(新聞棋戦の場合は対局ごとに解説役の棋士が付く、あるいは等の棋士が解説を行うことも多い)。 タイトル戦などは長時間の滞在となるため、時にはや等ほかのことに興じる場合もある。 対局の終了後は感想戦で対局者の読み、指し手の解説等を取材して、観戦記を執筆する。 一口に観戦記者と言っても、や文筆家など色々なタイプが存在するが、新聞・雑誌の記者とフリーの記者が最も多い。 作家や文筆家は基本的にタイトル戦などの大きな勝負のみのゲスト執筆者である。 新聞記者・雑誌記者は主に自分の社が主催する棋戦の観戦記を執筆する。 フリーの記者には新聞記者・雑誌記者のOBも多い。 過去の観戦記者 [ ] (氏名右はペンネーム) 記者• …記者(将棋観戦記者の元祖、相撲記事も担当)• ()…記者(将棋)• (天狗太郎)…将棋史についての本多数• …作家出身の観戦記者、に執筆(将棋・囲碁)• (「栄」)…作家出身の記者(将棋)• (読売新聞囲碁・初代/三代覆面子)• (読売新聞囲碁・二代目覆面子)• (読売新聞囲碁欄・四代目覆面子)• (読売新聞囲碁、五代目覆面子)• (読売新聞囲碁欄、六代目覆面子、山田虎吉)• (毎日新聞囲碁欄、筆名:芦屋伸伍)• (朝日新聞囲碁欄、筆名:白鳥人、囲碁)• (朝日新聞囲碁欄、筆名:阿修羅)• (将棋欄では「龍」、囲碁欄では「」)…家庭部記者(朝日新聞の観戦記者のペンネームは、漢字一字の場合が多い)• ()…記者(将棋)• …記者、後にフリー(将棋)• …元読売新聞記者、フリー 将棋。 囲碁の観戦記者として名高いの息子• (朝日新聞「牧風」名義、囲碁・将棋)• (記者ではなくフリー。 アマチュア将棋強豪(元アマ名人)、朝日新聞将棋欄で「酔象」 名義で担当)• (記者ではなくフリー。 アマチュア将棋強豪。 朝日新聞将棋欄で「玉虫」名義で担当)• (神戸新聞将棋記者。 筆名:原田史郎)• (三社連合将棋記者)• (筆名:信濃桂、三社連合将棋・囲碁記者。 『将棋世界』『将棋マガジン』の編集者出身)• (毎日新聞、囲碁・将棋観戦記者)• (囲碁)• (囲碁・本名は堀田護)• …将棋、フリー(かつて朝日新聞でのペンネーム「紅」。 (共同通信社、将棋・ボクシング)• (囲碁、フリー) プロ棋士• (将棋)• (香取桂太)…元『』編集長• (三象子)将棋• (陣太鼓)…独特の口語文。 新聞の観戦記に2つ図面を載せることを考案した。 (将棋)• (仏法僧)将棋• …は高柳の内弟子時代、のまで観戦記を届けるのが日課だった。 (将棋)• …ととの5番勝負第一局を30日間連載して話題になった。 (将棋)• (将棋)• (囲碁)• (将棋) 作家・文筆家• (将棋)• (将棋)• (囲碁・将棋)• (将棋)• (囲碁・将棋)• (将棋)• (将棋)• (元・中日新聞記者)• (囲碁)• (将棋)• (囲碁)• (囲碁)• (囲碁)、毎日新聞・本因坊戦。 のち、ノンフィクション作家に。 (将棋) 主な観戦記者 [ ] 記者• …文化部記者(将棋)• …読売新聞文化部記者(将棋)• …学芸部記者(囲碁部OB)。 将棋・囲碁ともに観戦記を執筆。 …文化部記者(将棋)• …文化グループ記者(将棋)• (毎日新聞編集委員・囲碁アマチュア強豪。 弟の金沢東栄もアマチュア強豪)• (「春秋子」、朝日新聞囲碁観戦記者)• …フリー。 元編集長。 …フリー。 元・将棋女流アマチュア名人。 将棋がメインだが囲碁の観戦記も担当。 …フリー。 元編集部員。 …フリー。 元将棋部・学生名人。 …フリー。 元記者。 のライセンスを持つ。 …フリー。 元二段。 一時期芸能界に身を置いていた。 …フリー。 元新進棋士奨励会三段。 妻は女流棋士の。 …フリー。 元新進棋士奨励会出身。 …劇作家、脚本家。 読売新聞囲碁欄など。 …フリー。 朝日新聞囲碁欄。 お茶の水女子大学囲碁部OG。 …フリー。 囲碁ライター、スポーツライター。 …フリー。 将棋の元女流棋士。 …フリー。 元、現在「」編集部。 …フリー。 将棋中継記者。 チェス [ ] 将棋や囲碁と同じく、専門誌のライターや新聞社に所属する記者が担当することが多い。 また大会に参加していない選手やなどが書くこともある。 世界選手権などの大会でテレビやネット中継がある場合、音声による解説も担当することがある。 また海外の新聞社ではチェスの記事はスポーツ欄に掲載される(チェスはであるため)。 脚注 [ ].

次の

第23回全国将棋寺子屋合宿

毎日 新聞 将棋

この「観戦記」によって、読者は対局の詳細な様子を知ることができます。 「観戦記」は 1)棋譜(新聞社によっては、悪手・好手・疑問手などの記号付き) 2)指し始めの図 3)指し終わりの図 4)本文 5)新聞社や掲載日によっては、途中図・変化図 で構成されています。 1局の将棋を数日~十数日にわけて毎日掲載されます。 (普通、囲碁欄と並列に掲載される) 指し始めの図は、前日の指し終わりの図と同じです。 その日の指し終わりの図までの指し手が棋譜に記されています。 本文には、対局者・対局場の様子・雰囲気、棋譜に現れない変化・定跡との対比などが書かれています。 執筆者は、新聞社の担当記者、将棋ライター(元は奨励会に所属していた人が多い)、プロ棋士(現役・退役ともに居ます)が一般的です。 たまに、将棋に造詣が深い文学者・小説家、学者などが書く場合もあります。 「観戦記」は、いわば主催者による「公式詳細レポート」と捉えればよろしいかと。 これ自体、「連載」の読み物として読んでも面白いですが、棋力向上の教材として活用する方法もお勧め。 「指し終わりの図」から翌日の指し手や展開を予想する方法です。 いわば、「指し終わりの図」を「次の一手」問題として考えるということ。 これを毎日やっていると、自分の考えとプロ棋士との読みが対比でき実力がアップするとのこと。 米長邦雄(現連盟会長)がお勧めのトレーニング法と、大昔どこかで読んだ記憶があります。

次の