寝る と 鼻 づまり。 鼻づまりで眠れなくなるのは何故?|知りたい!市販薬

鼻づまり解消法!鼻炎20年の私がやってる3つの即効解消法!

寝る と 鼻 づまり

鼻づまりはなぜ寝るときに起こるのか? 普段はそんなに鼻づまりしない人でも寝るときに鼻づまりになることがあります。 その理由は何なのか知りたいですよね。 実は、 3つの理由があるんです。 むくむことで鼻腔がせまくなるために鼻詰まりを起こします。 起きるタイミングは、お風呂の時や寝る前にお酒を飲んだりしたときです。 そのために鼻が詰まりやすくなります。 血管を広げやすくなる副交感神経は、鼻の血管も広げてしまいます。 副交感神経は、リラックスしているときや睡眠中より活発に働きます。 活発化することで圧迫してしまうために鼻詰まりが起きます。 鼻づまりを解消するには寝る時の寝方で解消! 鼻詰まりを解消するには、 寝る寝方を変えれば解消されますよ。 枕の位置が低いと鼻詰まりを起こすことをお伝えしました。 逆に考えれば枕を高くし、血流を緩めることで鼻詰まりが起きにくくなるという形になります。 鼻詰まりをしないためには寝方にも注意しなければなりません。 真上に向いて寝るのと横に向いて寝るのとどちらがいいと思いますか? 正解は横に向いて寝るほうがいいんです。 真上に向いて寝る場合は、鼻の位置が高くなりますよね。 そのため、鼻詰まりがしやすい形といえます。 横向きで寝れば、空気の通りはしやすくなるので鼻づまりがしにくくなりますよ! 実際に横向きで寝ると鼻詰まりが解消されたかたもいるようです。 タオルを濡らしレンジでチンするとやけどする可能性もありますので注意あしてくださいね。 強めに刺激してみてくださいね。 詳しくは下記で紹介しています。 メンソールは、鼻どおりをよくするだけでなく楽にしてくれます。 薬局でお手頃価格で購入できますので是非! 鼻腔を広げるテープもおすすめですよ。 玉ねぎの匂いはつーんとしますよね。 玉ねぎの匂いをかぐことで、涙も出てしまいますが鼻どおりもよくなります。 玉ねぎの匂いを嗅ぐ方法は最終手段と思っておいてください。 スポンサーリンク 両方の鼻づまりの時の解消は? 両方の鼻詰まりが起きているととてもつらいですよね。 鼻詰まりの解消法は基本的には、片方の鼻が詰まっているときの解消法と同じになります。 ホットタオルで鼻の上をおさえ温めるのが一番解消しやすい方法となります。 ホットタオルでなくてもホッカイロなどがあればそれで温めるのもありですよ。 もしくは鼻の穴を刺激してみてください。 個よりを使って刺激することでくしゃみが出れば多少の改善は見られます。 両方の鼻づまりの解消法は、脇の間にペットボトルをはさむ方法です。 両方詰まっている場合は、両方の脇の下に挟みます。 片方ずつの場合は、詰まっているほうと反対側のわきに挟みます。 こちらの方法は、ホットタオルや息を止めて解消する方法と一緒にするとより効果が得られます。 落ちない程度に挟むことが大切です。 意外に難しいので力まない程度にやってみてくださいね。 脇の間に挟むことで、血流をよくすることができます。 血流が良くなれば、鼻詰まりも改善することができますよ! 慣れるまでは難しいと思いますので何度か練習してみてください。 鼻づまりを今解消したいときは? 鼻詰まりを今スグに解消したいときは、 ツボ押しもしくは、小鼻を引っ張る方法がが有効的ですね。 特に準備するものがないので、手軽にすぐにどこででもできます。 小鼻を引っ張る方法は、空気の流れをよくするだけでなく鼻詰まりも解消できます。 両方の小鼻を持ち外側に向いて引っ張ってみてくださいね。 何度かすることで、改善されますよ! 鼻詰まりになると頭もいたくなるし、つらいですよね。 簡単にすぐに今解消できる方法を知っていればすぐに楽になれますね。 それ以外の方法としては、「 息を止める」です。 やり方はコチラ。 天井を5秒程度みたあとはゆっくりおへそを5秒ぐらい見る気持ちでしてみてください。 こうすることである程度改善されます。 3回ぐらい繰り返してみてください。 息を限界まで止める方法で鼻づまりを改善した方は、意外に多いんですよ。 難しいものではないので是非試してみてくださいね。 鼻づまりに効果があるツボと押し方 鼻づまりに効果があるツボは、「 迎香(げいこう)」と「 鼻通(びつう)」です。 「 迎香」は、小鼻の右上あたりの位置になります。 その位置を強く刺激することによって、 鼻どおりはよくなります。 「 鼻通」は、小鼻の右下あたりのツボになります。 指の腹で指圧することによって鼻どおりが良くなり、鼻づまりは解消されます。 ツボ刺激は、何か準備することがあるわけではないのでどこででもすることができます。 鼻づまりしている方はぜひ試してみてくださいね。 ツボ刺激は、優しく押すのではなく強めに刺激をするようにしてください。 痛いぐらいが良いです。 意識して強めにしてみてください。 今回ご紹介した方法で少しでも鼻詰まりが解消されるとよいですね。 ご紹介した方法を試してみてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

私の【鼻づまり解消法】夜寝るとき鼻が詰まる原因はアレルギー?自律神経?|ココカラウェブ

寝る と 鼻 づまり

Topics• 夜寝るときの鼻づまりが起きる原因は? 夜眠くなると、鼻づまりが起きて眠れない、こんな経験されている方は多いのでは? 鼻づまりを起こす原因は大きく分けて4つあると言われています。 機能的な問題 アレルギー性鼻炎を持っている 2. 構造的な問題 鼻の骨の構造に問題がある 3. 器質的な問題 鼻腔内に腫瘍、ポリープがある 4. 心因的な問題 鼻は通っているのに、鼻づまりを起こしてしまう 2. については、耳鼻科で治療をしていると思うので、それに沿って、改善していきましょう。 の心因的な問題については、ストレス性の可能性があります。 ストレスが溜まると、思わぬところに、影響がでるのです。 この場合は、原因ストレスを解消する必要があります。 また、脇の下にこぶしを押し挟むことで、交感神経を刺激し、血管を収縮させ、鼻の粘膜異常を抑えることができます。 そして、1. のアレルギー性鼻炎ですが、「寒暖差アレルギー」によって、アレルギー性鼻炎を起こしている可能性があります。 真冬に入る前のこの時期は、朝と昼の気温差が激しかったり、真冬になると外と室内の温度差が激しかったりと、体は刺激を受けています。 その刺激により、粘膜の血管が広がり、むくむことで、鼻づまりが起きてしまうのです。 夜眠れない鼻づまりの解消法とは? 寒暖差によって起こる、アレルギー性鼻炎の簡単な解消法は、鼻を温めること。 温めることにより、血行が良くなり、むくみがとれると言われています。 温かいタオルを当てたり、カイロを当てたりしても良いですが、そのまま寝てしまうことを考えると、カイロは低温ヤケドの心配があります。 寝る前に、温かい飲み物を飲み、蒸気で粘膜を温めておくと、効果も続き、眠りやすくなります。 鼻づまりを恐れて、水分を控えてしまう方が多いですが、むくみを取るには、水分が必要です。 十分な水分が循環することで、むくみが取れるのです。 そして、簡単な解消法については、メンソール配合の軟膏を胸に塗るのも有効です。 揮発した成分が鼻をスースーと通してくれます。 鼻の下や、鼻の穴の中に、直接塗る人がいますが、鼻の粘膜は刺激を受けやすいため、鼻ニキビや、ポリープの原因となりかねません。 眠りを妨げる鼻づまりを解消するツボは? 鼻づまりの解消には、ツボを押すことが解消につながります。 ツボは4つ。 ・迎香 げいこう 鼻の穴の真横にあるくぼみで、人差し指の先で、両方をグルグルと回し押します。 ・鼻通 びつう 鼻筋の中央あたりの横にあるくぼみで、親指と人差し指で、鼻筋をつまんで上下にさするように押します。 ・晴明 せいめい 目頭と鼻頭の間に位置しています。 親指と人差し指でつまんで押し込むように揉みます。 ・合谷 ごうこく 手の甲側の、親指と人差し指の間で、骨の根元あたりのくぼみです。 鼻がつまると、どうしても口を開けて寝る事になり、喉を痛める原因となります。 とくに、乾燥している時期は、痛めやすいので、気を付けなければいけません。

次の

鼻づまり解消法!鼻炎20年の私がやってる3つの即効解消法!

寝る と 鼻 づまり

鼻腔で空気の通り道がなんらかの理由でふさがれると鼻詰まりが起こります。 その理由で考えられるのは次のようなものです。 1鼻腔の粘膜の腫れ 炎症やアレルギーによって腫れが起こっている状態です。 原因となる病気には、鼻炎・副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎、妊娠性鼻炎があり、他に点鼻薬の常用による腫れがあります。 2鼻汁 鼻汁が溜まると空気の通り道が狭くなります。 鼻の粘膜の腫れを伴うことがほとんどなので、鼻詰まりがより悪化します。 原因となる病気には、鼻炎・副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎があります。 3軟骨や骨によって空気の通り道が狭くなっている 鼻中隔が大きく彎曲していたり、鼻中隔の外側にある下鼻甲介が分厚いことなどによって空気の通り道が極端に狭くなっている状態です。 原因となる病気には、鼻中隔弯曲症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎があります。 4鼻茸など、鼻腔にできものがある 副鼻腔の骨の中の粘膜や鼻粘膜が炎症で弱くなると、やがて粘膜が腫れてきます。 水を注入されたように粘膜がやわらかく腫れる組織変化を起こしたものが鼻茸であり、副鼻腔から空気の通り道である鼻腔に飛び出すことにより、鼻詰まりを起こします。 鼻茸は腫瘍ではありませんが、薬を服用することで完全に消失する可能性は少なく、手術による摘出が必要となります。 また、特に片方の鼻だけに存在する場合は、良性腫瘍である乳頭腫の可能性があり注意が必要です。 原因となる病気には、副鼻腔炎による鼻茸、乳頭腫、血管腫があります。 5鼻腔に異物が入っている ティッシュの切れ端などが鼻腔内に残っていることで、鼻詰まりが起こっています。 食事中、くしゃみをした拍子に米粒などが鼻腔に入ってしまうことによるものもあります。 異物が入ったまま放置すると、炎症を起こし、強い鼻詰まりや鼻汁の症状が現れます。 幼児の場合は、親が気付かない間に思いもかけないものを詰めていることは珍しくありませんので注意が必要です。 原因となるのは、ティッシュの切れ端などですが、幼児の場合にはごく小さなおもちゃや食べ物などが入っている場合もあります。 6鼻と喉をつなぐ鼻咽喉に腫れがある 鼻と喉の間にある咽頭扁桃が生理的に肥大したアデノイドという病気が代表的なもので、これは3歳~6歳頃までに大きくなり、その後徐々に小さくなっていくと言われています。 大人の場合、まれですが鼻咽腔にがんがある場合もあります。 原因となる病気には、アデノイド、鼻咽腔血管線維腫、上咽頭がん、その他の腫瘍があります。 年代にかかわらず多いのはアレルギー性鼻炎による鼻詰まりです。 世代によって特徴的に多くなるは、乳児期のアデノイド、大人の肥厚性鼻炎や鼻中隔弯曲症、副鼻腔炎です。 青く濃度の高い鼻汁が出る• 鼻汁が喉に回る• 痰や咳が出やすくなった• 片方だけ鼻詰まりする• 左右が交互に鼻詰まりを起こす• 鼻血を伴う鼻詰まり 青く濃度の高い鼻汁が出たり、鼻汁が喉に回り痰や咳が出やすくなった場合には、副鼻腔炎の可能性があります。 片方だけ常に鼻詰まりを起こしている場合には、鼻中隔弯曲症の場合が多く、片方だけに鼻茸ができている可能性もあります。 左右が交互に鼻詰まりを起こす場合は、鼻中隔弯曲症が疑われます。 鼻血を伴なう場合には、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎のほか、鼻内腫瘍の疑いもあります。 これはあくまでも目安ですので、原因を正確に知って正しい治療を受けるためには、耳鼻咽喉科での診察や検査が必要です。 診察では、視診の他、必要に応じてレントゲン検査、CT検査、血液検査、ファイバースコープや電子スコープによる検査を行います。 アレルギー性鼻炎による肥厚性鼻炎 内服薬 アレルギーの治療薬の抗ロイコトリエン薬、抗トロンボキサンA2薬という、鼻詰まりに効果的な薬が開発されていますので、これを数週間以上、指示通りに飲むことで鼻詰まりがかなり改善するケースが増えています。 点鼻液 一般的にはステロイドの点鼻液を使用します。 ステロイドには抵抗を感じる方が多いのですが、ステロイド点鼻液の場合、ほとんど副作用の心配がないといわれています。 常用することで鼻詰まりが悪化してしまうのは、血管収縮剤の点鼻液です(薬剤性鼻炎)。 処置とネブライザーによる治療 鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗ヒスタミン剤を行き渡らせます。 ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみにまで届けますので、点鼻薬を使うより高い効果が得られます。 ただし、通院して受ける必要があります。 こうした薬や処置による治療で効果が見られない場合には、手術を検討する必要があります。 また、こうした治療を受けてもアレルギーが根本的に治ることはないので、治療を中断すると鼻詰まりが再発します。 手術は根本的な原因を解消するものですので、再発と治療を繰り返すより結果的に治療にかける時間や費用を抑えられる場合もあります。 手術 粘膜を減量する鼻腔粘膜焼灼術、アレルギーに関与した神経の過敏性を押さえる後鼻神経凍結手術、切断手術、さらに粘膜の奥にある骨を削る粘膜下下鼻甲介骨切除術が可能です。 副鼻腔炎による肥厚性鼻炎 内服薬 粘膜が一時的に腫れている場合には、抗炎症剤を内服することで効果が出る場合があります。 点鼻液 一時的に鼻詰まりを解消する必要がある場合には、ステロイドの点鼻液を使用します。 ステロイドには炎症を抑える強力な作用があり、ある程度の効果が期待できます。 処置とネブライザーによる治療 鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗生物質を行き渡らせます。 ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみまで届けますので、点鼻薬を使うより高い効果が得られます。 副鼻腔炎による肥厚性鼻炎の鼻詰まりでは、効果にかなり個人差があります。 以上の薬や処置によって鼻詰まりが治らない場合、手術を検討する必要があります。 手術 副鼻腔炎の炎症がある場合には鼻内副鼻腔手術を行い、必要に応じて鼻粘膜焼灼や粘膜下鼻甲介骨切除を行って鼻腔内の空気を通りやすくします。 副鼻腔炎による鼻茸 内服薬 マクロライド系抗生物質、抗炎症剤など副鼻腔炎の内服薬を1~3ヶ月程度服用することで鼻茸が縮小することがあります。 ただし、効果には個人差が大きく、ほとんど効果が現れない可能性もあります。 処置とネブライザーによる治療 鼻汁を吸引して鼻内を清掃し、ネブライザーで鼻内にステロイドや抗生物質を行き渡らせます。 ネブライザーは耳鼻咽喉科にある治療機器で、コンプレッサーによって霧状になった薬剤を鼻腔のすみずみまで届けます。 炎症を抑えるという観点から見れば鼻茸の縮小に効果がある可能性はありますが、ほとんどの場合限界があります。 以上の薬や処置によって鼻詰まりが治らない場合、鼻茸を切除する手術を検討する必要があります。 手術 鼻茸だけ切除する場合と、副鼻腔炎の手術と鼻茸切除を同時に行う場合があります。

次の