タクシー コロナ。 新型コロナウイルス禍でのタクシー業界の現状と対策とは?

MKタクシー運転手の新型コロナ感染確認 うどん店店員1人も陽性、京都市内|社会|地域のニュース|京都新聞

タクシー コロナ

タクシー業界では乗務員不足が慢性化 タクシー業界では乗務員不足が慢性化している。 もちろん日本全体で労働人口が減少していることも影響しているが、タクシー業界に対して「低収入」「長時間労働」というイメージを持つ若者が多いことが主な要因の一つとして挙げられるだろう。 事実、タクシー乗務員の年収はほかの職種と比べて低めだ。 東京ハイヤー・タクシー協会がまとめた資料によれば、全産業における男性労働者の年収とタクシー乗務員の年収では250万円以上の開きがある。 タクシー乗務員になりたい若者が減り、タクシー会社が人材を確保できなければ、保有しているタクシー車両をフル稼働させることができない状況が続く。 そして、車両稼働率が低下すれば収益もどんどん減っていく。 タクシー会社の場合、新人教育はなかなか大変であり、新人ドライバーが熟練の乗務員のように売上を高められるようになるには、かなりの時間を要する。 業界トップの存在となっている同社は地方のタクシー会社を次々とグループにおさめ、最近では子会社である第一交通サービスが三重のタクシー会社を買収したことでも話題になった。 今回の買収が人手確保を直接的に目指すものであったかは定かではないが、買収したタカモリタクシーは車両数27台、従業員数44人の規模で事業を展開しており、三重県内における同社グループの勢力は確実に強まった。 新型コロナウイルスが業界再編の動きを加速? ここまで説明したのがタクシー業界における「これまで」の業界模様だが、新型コロナウイルスの感染拡大によって業界再編の動きが今後はさらに加速することが考えられる。 訪日外国人に多く利用されていたタクシー会社の場合、渡航自粛や入国制限の影響で売上の落ち込みが著しい。 日本に住む日本人も外出を自粛しつつある上、濃厚接触などを嫌ってタクシーで移動しないケースも増えている。 言うまでもないが、こうした状況はタクシー会社の業績を悪化させる。 そのため、業界再編の動きが加速する可能性が高くなってくるのだ。 売上が低い時期が1年間続いてもキャッシュフロー的に耐えられる会社は、タクシー業界に限らず決して多くはない。 逆風の中にいるタクシー業界 人手不足に加え、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、タクシー業界はいま逆風の中にいる。 特に新型コロナウイルスの終息はまだ終わりがみえない。 再起に向けたモチベーションを維持できず、売却という道を模索するタクシー会社の経営者も少なからず出てくるだろう。 ちなみにタクシー業界では配車アプリの再編も進んでいる。 配車アプリは業界最大手のJapanTaxiを筆頭に、DeNAやソニー、DiDi、Uberなどが展開しているが、このうちJapanTaxiとDeNAのタクシー配車事業が合流することになったことは記憶に新しい。 アプリ数が増えていけば、いずれは再編が進んでいく。 将来的な「改革」も業界再編の引き金に 最後にもう一つだけ、業界再編が加速する可能性に関する視点を提供して記事を締めくくろう。 タクシー業界はいまさまざまな改革に取り組んでいる。 「ダイナミックプライシング」(変動料金制)や「乗り放題タクシー」「相互レイティング(相互評価)」「事前確定運賃」「相乗り」などだ。 このうち既に事前確定運賃は国が解禁しており、導入しているタクシー会社もある。 乗り放題タクシーもいずれは解禁されていくかもしれない。 こうした改革はいずれも利用者の満足度の向上につながるものだが、小さなタクシー会社はこうした新たな改革のスピード感についていけないケースも考えられる。 そして業界の革新から取り残されていけば、必然的にその会社のタクシー利用者は減っていくだろう。 コロナショックにより改革がスピードアップするタクシー業界 人手不足や収益悪化により、業界再編が進むタクシー業界ではさまざまな施策が検討されている。 それらの改革への対応が遅れるタクシー会社が淘汰されることは、将来的な可能性として十分に現実となり得る話だ。 こうした改革については導入に向けた実証実験も各地で実施されつつある。 今後の動きにも要注目だ。 文・岡本一道(経済・金融ジャーナリスト).

次の

【第6話】 タクシーの新型コロナウイルス対策を緊急取材!

タクシー コロナ

タクシーという狭い空間は果たして大丈夫なのか?という不安をいだいた人は少なくないのではないか。 現状、明確にタクシーを感染源とした感染者は報告されていないが、果たしてタクシー事業者はどういう対策をしているのか。 447台もの車両と約1200名のドライバーを擁する日本最大級のタクシー事業所、日本交通の千住営業所の椎名所長に話を聞いた。 タクシー台数は447台、乗務員は約1200名が所属している。 ともすれば感染が拡大しやすい大手の事業者であり、個々のタクシーのみならず、乗務員が多く集まる社屋での管理も徹底しなければならないという、ある種の宿命を背負った大規模事業者だ。 筆者が椎名所長に取材した結果は、想像を超える徹底ぶりであったことだ。 潜伏期間が長く、実態がみえないウイルスという恐怖を前に、日々日々報道され明らかになる情報や国土交通省、東京ハイヤー・タクシー協会からの通達を吸い上げ、「やれることを最大限にやる」「この事態を乗り切る」という緊急事態への迅速かつお客様への安全と乗務員の安全を第一に考えた熱意ある対応がみえた。 正直、ここまで徹底しているとは想像していなかった。 しかし、椎名所長がいうように、この脅威に対しては、できうることを最善を尽くし実行するしか方法はないのだ。 このような中、下記は日本交通 千住営業所が本件の対応として取り組んでいることだ。 また緊急時のフローも聞くことができた。 日本交通 千住営業所での新型コロナウイルスに対する実施事項 ・乗務中のマスク着用の義務付け ・喉エチケットおよびうがい・手洗いの徹底 ・車両のアルコール洗浄の実施 ・お客様が降りられたあとの車内換気 ・出勤前の自宅での検温 (37. 絶対大丈夫ということがない。 臨機応変に対応していくしかない。 この写真は本件の徹底すべき事項を乗務員へ通達している様子。 また点呼時に乗務員の目視による体調チェックも行われている。 約1200名もの乗務員を擁する日本交通・千住営業所が大規模ゆえに的確に多くの乗務員と情報共有しなければならない。 情報伝達はたしかな情報共有のフローが確立している。 基本的には日本交通本社からの指示を遂行し、そして千住営業所では椎名所長を筆頭とし、運行管理者を通じて迅速に乗務員へ伝達している。 また、大きな判断がある場合、フロー図のように国土交通省からの通達があり、一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会が集約した上で、東京のタクシー事業者全体に通達するフローだ。 今回、本件にかかわる国土交通省からの通達は数度に及んでいるというが、その中でも2月15日には、「乗務員の検温を実施する」ことを含め、かなり踏み込んだ国交省からの通達があったという。 (キャプション上段)乗務員によって車内の消毒が行われる。 お客様が手を触れる部分を重点的にアルコール消毒をおこなう (中下段左)社屋の入り口には常にアルコール除菌および、うがい・手洗いの徹底を行うよう周知徹底のためのアナウンスがされている (中下段)本件の情報共有のため乗務員が常に新しい情報を入手できる掲示板がある 二、新型コロナウイルスへの対策により、衛生管理がトータルで向上した これは定量的な結果である。 椎名所長によれば例年、この時期には乗務員へのインフルエンザ対策が取られているという。 インフルエンザの予防接種には約半分程度の金銭的な補助があり、これにより例年、千住営業所では1200名のうち、例年の確率論でいえば20名程度の乗務員がインフルエンザにかかるというが、この衛生管理徹底により、本年のインフルエンザへの感染は10名にも満たないという。 報道等でも、うがい手洗いなどによりインフルエンザ患者が減少しているというが、この経験からタクシーの衛生管理は精度が高くなったといえるのではないだろうか。 「換気・こまめな消毒が可能」 「手による接触を極めて少なくすることが可能」 「ドアトゥドアで目的地まで到達できる」 公共の移動手段の中ではタクシーは優位にさえ思える。 小さな移動体であるゆえに多くの人数が密着することがなく、換気が随時可能。 そして今回聞いた情報によれば、現在は、キャッシュレス決済が6割ほどになっていることもあり、決済で乗務員とのやりとりがない場合は、さらに接触がさらに避けられる。 その場から目的地までを移動できるのだから、むしろ人との最小限の接点で移動できる公共移動手段であることは間違いなさそうだ。 もう1つ。 海外でもあまり見かけない日本独自のタクシーの独自性に「自動ドア」というシステムがある。 そう言われれば、日本のタクシーは手を使わずに車内に乗り込むことが可能である。 むしろお客様にはご安心いただけるかとは思う。 そしてタクシー業界も同様に、かなりの打撃を受けている事実があるという。 人の少なさは専用乗り場や無線配車にも影響し、全体の売上が落ちている事実があるようだ。 この取材日となる3月4日の直近の週末の売上実績では、前年比で2割~3割ほど落ちているという。 椎名所長によれば、タクシーが利用される場所は大きく3つあるという。 1つは、流し。 東京は繁華街であれば、 タクシーをひろえるのは言うまでもない特徴だ。 2つ目はタクシーの専用乗り場。 特定区域の専用のタクシー乗り場はもとより、病院等、施設などタクシーが待機し乗り込める専用乗り場がある。 そして3つ目は無線配車だ。 今回の件ではとにかく人が街にいない。 流し乗車、および専用乗り場でのお客様は必然的に減少しているという。 しかし、このようなときこそ、無線配車の営業を大切にしていきたい、と椎名所長はいう。 ちなみに無線配車、という語彙そのものをよく理解していない人も多いのではないかと思う。 無線配車とは営業所にいないタクシーが、電話等でお客様から要望があった場合、無線で指示を与えて車を差し向けることをいう。 つまりは、呼べば無線で連絡が飛び交い、タクシーがくる仕組みだ。 すでにアプリでの配車は、この無線配車の仕組みが組み込まれ、より近くにいる対応可能なタクシーが、お客様のもとに来る。 昨今、特に東京は車を保有せずレンタル、またはシェアする事業が拡大している傾向にある。 また今回の新型コロナウイルスの影響により自宅などで勤務するテレワークが多く実施され、「働き方」が本質的に変わりつつあるのかもしれない。 つまり、東京の風物詩でもある満員電車に揺られ苦痛の通勤をしていた時代から、奇しくもこのようなネガティブな出来事をきっかけとして、仕組や生活の社会インフラに変革が訪れるということだ。 ではタクシーは何がどう変わり、どのような顧客を取り込んでいくのか。 筆者をふくめ一般のわたしたちが、逆にどのような場合にタクシーを利用すると便利なのか。 椎名所長がいうように無線配車という、ある意味、偶然性で乗客を見つける時代から、目的意識をもって「移動のために、電車ではなく、バスではなく、タクシーに乗る」ということが十分にあり得るのだろう。 ピンチのときこそチャンスというが、そのような時こそ、タクシー業態は、さらに変化していくときなのかもしれない。 筆者が本件を取材させていただき感じたことだ。 しかし無線配車のご依頼はあまり減っていない。 であれば無線配車を強化できるのではないかと考えている。 ドアトゥドアで移動できることを強みとしてタクシーの需要を増やしていきたい。 また換気が必要とされる中で、タクシーという車両の特性上、公共移動手段としては個別の乗り物であるゆえに自由度が高いことも理解した。 まだまだ終息する時期さえも見えないが、タクシー事業者の努力を理解し、乗客である我々も誤解なくタクシーを利用していき正常を取り戻し、平穏なる日常が一刻も早く戻ることを、切に願いたい。 ご期待ください。

次の

老舗タクシー、コロナで売り上げ7割減の衝撃度

タクシー コロナ

京都駅八条口で乗客を待つタクシーの列(京都市南区) 新型コロナウイルス感染拡大による観光客の減少や在宅勤務の増加で人の移動が減り、京都でも交通機関の利用者が急減している。 タクシーなど地域の足である交通も落ち込み、社会全体の活動が急激に縮んでいる実態が浮き彫りになった。 新型コロナウイルスの感染拡大で人の移動が目に見えて減る中、一部のタクシー運転手からは悲鳴が上がる。 歩合制の賃金が多く、利用者の減少が収入に直結するためだ。 「1月から客が減り、3月前半は例年の半分以下。 こんなことは初めて」。 大手タクシー会社の京都市内の営業所に所属する40代の女性運転手はこう嘆く。 二条城(中京区)と京都駅を中心に営業していたが、観光客の急減と同じように売り上げも落ち込んだ。 女性の給与は歩合制の部分が大きく、2月は額面で12万円程度に減少。 時給換算で700円を切り、京都府の最低賃金である時給909円を大きく下回った。 会社から催しや季節の花の名所チェックなど営業努力を求められるが、「どこも人が少なく、市街を流しても空車ばかりで客の奪い合い」。 客を先に拾おうと空車タクシー同士が追い抜くマナー違反も横行しているといい、「誰もが必死。 乗務すると精神的にボロボロになる」と漏らす。 現在は安定して需要がある京都駅で待機することが多いが、以前は1時間程度だった待ち時間は倍以上に伸びた。 「本当に泣きたくなる。 1日も早く終息してほしい」と願う。

次の