四十九日 香典 相場。 49日法要の香典:身内の、相場金額、「のし」の書き方、マナー

お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

四十九日 香典 相場

四十九日のお返しは法要への参列とお供え・御霊前のお礼 仏教では一般的に、人は亡くなって49日目まで「霊」として存在し、49日目に成仏するとされています。 その間、7日ごとに7回の追善法要を営み、故人が成仏できるように祈ります。 7回目の追善法要が四十九日法要で、それ以前の法要は簡素化しても四十九日法要は親戚や友人、知人を招いて営むことが多いようです。 四十九日法要の参列者は、 「御供(ごくう)」や 「御供物(おくもつ)」として品物を持参されたり、 「御香典」や 「御霊前」「御仏前」「御供物料」としてお金を包んで来られます。 これに対して喪主家は、 法要に参列いただいたこととお供え物や御香典をいただいたことへのお礼として、 「引出物」をお渡しします。 引出物を渡す時期と渡し方は? 法要の参列者に直接お渡しする 四十九日法要の引出物は、法要の当日に参列者に直接お渡しします。 参列者は個人で来られる方や夫婦で来られる方などさまざまですが、たとえば夫婦で参列する場合は御香典も2人分の金額を包むことが多いので、それに見合った品物を2つ用意しておきます。 また、読経いただいた僧侶にも引出物をお渡しします。 法要の案内状を送った方の中には、法要は欠席しても御霊前を送ってくださる方もおられます。 この場合は後日にお礼状を添えて品物を送るとよいでしょう。 法要または会食のあとにお渡しする 会食をしない場合は法要後に渡し、会食をする場合はお開きの前にそれぞれの席に持参します。 その際、 「本日はありがとうございました。 お荷物になりますがお持ち帰りください」など、声をかけながら置いていきます。 僧侶が会食に参列されているときは、最初に配ります。 参列者が多いときは会食中に配るとかえって迷惑になる場合もあるので、あらかじめ各席に置いておきましょう。 なお、法要のときにお供え物としてお菓子をいただくことがあります。 分けられるものであれば、引出物と一緒に配ることも多いようです。

次の

四十九日の香典 金額の相場は?不祝儀袋の表書きやお札の入れ方

四十九日 香典 相場

四十九日の香典袋の選び方・水引の色 香典袋(不祝儀袋)の水引の色は多数存在しますが、 四十九日では黒白、藍銀、双銀のものを使います。 ただし、 関西地方では黄白の水引が用いられることがあります。 水引の形は、蝶結びと結び切りがありますが、四十九日など法事の際は結び切りのものを選択します。 香典袋はいくつかの種類が売られていますので、金額によって使い分けます。 一般的には金額が 1万円未満であれば水引が印刷されているもの、1~3万円であれば水引が印刷されておらず色は黒白、5万円以上であれば水引が印刷されておらず色は双銀のものを使うとよいでしょう。 左から印刷済みの水引(1万円未満)、黒白の水引(1~3万円)、双銀の水引(5万円以上) 四十九日以前でも「御仏前」を使うケース 四十九日以前でも「御仏前」を使うケースもあります。 浄土真宗では、亡くなったと同時に成仏すると考えるので、通夜・葬儀のときから「御仏前」を用います。 相手の宗派が浄土真宗とはっきりわかっているときは「御仏前」と書いてお渡しするようにしましょう。 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使う 四十九日以前で仏教の宗派がわからない場合や、どう書けばいいか、 迷ったときは「御香典」や「御香料」を使うとよいでしょう。 これらは「お香をお供えします」という意味になり、浄土真宗の場合でも失礼にあたりません。 なお、わからないときは自分で勝手に判断せず、他の参列者や、周りの人に確認するとよいでしょう。 文字は「薄墨」ではなく「濃墨(黒)」で 不祝儀袋に使う文字の色は、葬儀や通夜の香典とは異なり、 薄墨でなく、濃墨(黒)で書きます。 葬儀や通夜や突然の訃報で墨をする準備もままならないという意味も込められていますが、四十九日は「忌明け」の法要でもあるので、黒ではっきり書いても構わないといわれています。 四十九日の香典の相場はいくら? 四十九日は節目となる法事なので、施主の出費等を考えて相応の金額をお渡しするのがマナーです。 故人との関係が近いほど金額が多くなるのが普通です。 法事の後で会食があることがわかっている場合、会食がない場合の金額に5千円から1万円程度上乗せして包むようにしましょう。 「故人との関係性」「参列者の年齢(参列者が就労しているかどうか)」「地域性」「ホテルで行うか自宅で行うか」「故人と同居していたか否か」などによって金額を決めます。 四十九日の香典の金額の目安(単位:円) 故人との関係 会食なし 会食あり 祖父母 1万~3万 2万~5万 両親 1万~5万 2万~5万 兄弟(姉妹) 1万~3万 2万~5万 おじ、おば 5千~1万 1万~2万 その他 親戚・親族 5千~1万 1万~2万 友人・知人・会社関係 3千~1万 1万~2万 四十九日の香典の「お札」について 香典に使うお札に関しては、葬儀や通夜の香典では、新札を使わないことが、いわば「常識」となっています。 一方、四十九日の香典については、「新札」でいいのか、使った札の方がいいのか、これも諸説あるようです。 手元に「新札」しかない場合、わざわざ古い紙幣を探す必要はないでしょう。 ただし、 新札のまま用いるのでなく、いったん折り目を付けるなどして、不祝儀袋に収めるようにした方がマナーとしてもかなっていると思います。 まとめ ・四十九日法要の香典袋の表書きは「御仏前」と書く。 ・四十九日の香典袋は水引の色が黒白や双銀のものを用い、金額によって使い分ける。 ・表書きの名前はフルネームで記載する。 連名の場合は代表者の左側に年長順で記載する。 ・四十九日の香典は、相場を確認して相応の金額を用意する。 ・新札のままではなく、折り目を付けるのが不祝儀のマナー。

次の

四十九日の香典相場を基に相手に失礼でない金額を決める7つのコツ

四十九日 香典 相場

心の哀しみが少し癒えた頃、四十九日の法要が行われますよね。 忌明け法要、七七日法要とも呼ばれる法事です。 殆どの場合、忌明けとなる四十九日法要に、これまでのお礼も兼ねてもてなす会食「お斎(おとき)」が準備してあります。 不要の場合は、先にお伝えしておくと宜しいでしょう。 遺族の方は喪服の着用、参列者の方は略式喪服で出席して下さい。 のしの水引は黒白、双銀等の結び切りを使用し、表書きには「御仏前」「御佛前」と黒墨の筆ペンで書きます。 蓮の花が入ったのし袋は、仏教にしか使えませんので注意しておきましょう。 また中の封筒裏面に「金額・氏名・住所」を記載しておくと、ご遺族の方への気遣いが感じられます。 会席の有無、また会場や地域によっても相場が異なりますから、留意しながらご自身の立場に合った香典を包んで下さい。 そこで今日は、四十九日の香典の相場を立場別に7つ紹介します。 ではご覧ください。 一親等の場合 ご自身のご両親、結婚している場合は義両親がここに当たります。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):1~3万円。 ・相場(会食あり):2~5万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):2~5万円。 ・相場(会食あり):3~6万円。 ご両親の法要ですから、施主の方と相談しつつ金額を決めるのが宜しいでしょう。 葬儀から始まり何かと物入り、また何かと忙しく準備していますから「色々ありがとう」の気持ちも込めた金額をお渡しすると良いです。 遠方から出席されている場合は足代もかかりますから、お手紙で感謝を伝えると良いでしょう。 故人・施主への心遣いが感じられる気持ちをプラスするのがポイントです。 二親等の場合 自分の祖父母、兄弟姉妹、孫、結婚している場合は義祖父母、義兄弟姉妹、義孫がここに当たります。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):1~3万円。 ・相場(会食あり):2~5万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):2~5万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 自宅で行う場合、ホテルで行う場合など会場によっても、また地域によっても相場が異なります。 ご家族で法事に出席される場合は、「会場と会食」を考慮しての金額をお包みすると良いでしょう。 兄弟姉妹やその他親族がいらっしゃる方は、周りと相談して金額を揃えるのも良い案です。 また施主がご両親、又は近しい間柄なら確認して、ご自身の年齢に見合った金額をお供えしましょう。 三親等の場合 自分の兄弟姉妹の子供、叔父叔母、曽祖父母、曾孫、結婚している場合、義兄弟姉妹の子供、義叔父叔母、義曽祖父母、義曾孫がここに当たります。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):5千円~2万円。 ・相場(会食あり):1~3万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):1~3万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 会場や会食はもちろん地域、また、故人とのお付き合いの深さによって金額が変わってきます。 関係が深い場合、お世話になった場合は、相場以上の金額をお包みしても宜しいでしょう。 施主の方に確認できる場合・出来ない場合がありますから、ご家族や親族の方と相談しながら、またご自身の気持ちを含めた香典をお渡し下さい。 その他親族関係の相場 四親等以上の親族、従兄弟・従姉妹等も含まれます。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):5千円~2万円。 ・相場(会食あり):1~3万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):1~3万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 お付き合いが深い場合、また近くに住んでいる場合などでないと、なかなか出席する機会のない親族の49日法要ですが、三親等と同じく、会場や会食、地域を考慮しながら金額を決めて下さい。 ご自身がお世話になったと感じている場合は、相場以上の香典をお包みしても問題ありません。 ご両親や兄弟姉妹で確認しても良いですし、ご自身のお気持ちを表した金額でも宜しいです。 会場や会食、返礼品(香典返し)も念頭に置きながら、見合う金額をお供えしましょう。 友人・知人の場合 血縁関係ではないけれど、親しい間柄の友人・知人です。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):3千円~2万円。 ・相場(会食あり):1~3万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):5千円~3万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 故人とのお付き合いの深さがポイントになります。 忌明けの法要に呼ばれると言う事は、故人と相当の関係があったと言う事ですから、ご遺族に失礼に当たらない金額をお包みすると良いでしょう。 会食の有無、会場や地域、返礼品等を踏まえ、年齢に合った香典を供えるのが望ましいです。 忌明けと言う区切りの法要に「あなたに出席して欲しい」と願うご遺族の気持ちに配慮した心遣いをして下さい。 隣近所の方の場合 親交の深いご近所さんや、近くに住む隣近所の方が含まれます。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):3千円~1万円。 ・相場(会食あり):1~3万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):5千円~3万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 香典の金額と言うよりは、施主の方がこれまでのお礼を兼ねて出席して欲しいと願う場合が多いようです。 故人にお世話になった方は、相場の上の金額をお包みしたら宜しいでしょうし、一般的なお付き合いの方は、相場の下の金額をお渡ししたら良いでしょう。 周囲との関係性もありますから、地域の方と相談されるのが一番良い方法です。 今後もお付き合いがある隣近所ですから、失礼にならない金額をお供えして下さい。 仕事関連の相場 お世話になった上司、先輩や同僚、部下、取引先などが含まれます。 【一人で出席する場合】 ・相場(会食なし):3千円~1万円。 ・相場(会食あり):1~3万円。 【夫婦で出席する場合】 ・相場(会食なし):5千円~3万円。 ・相場(会食あり):3万円~。 故人生前にお世話になった方々に、お礼の意味を込めて出席を願う施主の方もいらっしゃいます。 お付き合いの程度にもよりますが、お金よりいたわりの気持ちが大切になります。 仕事関係なく、個人的にお呼びする場合が殆どですので、ご遺族に配慮した気遣いをされると良いでしょう。 会食の有無、会場や地域、香典返しも念頭に置きつつ、ご自身の年齢に見合った香典を包んで下さい。 さて、今回ご紹介した7つの相場は、あくまでも相場です。 地域や出席する立場によっても、また故人との関係によっても差がありますので注意しておきましょう。 四十九日は親しい間柄で行われる事がほとんどですが、知人や仕事関係の方をお呼びする地域もあります。 故人とどのような関係にあったか、きちんと把握し、分からない場合は、ご家族や親族、地域の方に確認すると良いでしょう。 地域の方とのバランス、故人とのお付き合いの深さ、会食や会場、またご自身の年齢等、総合的に判断して香典をお包みして下さい。 ご遺族の方への思いやり、また故人を偲ぶ気持ちを忘れずに出席されると良い四十九日の法要となるでしょう。

次の