シミック フラッシュ。 フラッシュ

【対策】シミックフラッシュに効くのは?←ハゲ、チャンドラ、ケラトプス

シミック フラッシュ

みなさんこんにちは。 Rush Prosの井川 です。 いよいよ明日からグランプリ・名古屋2019ですね! 今回はGP直前特集として、先週末に開催されたアリーナMCQの大会結果を元に上位メタのデッキとその特徴についてお届けしていきたいと思います。 7勝以上が2日目に進出」「Day2:6回戦で5勝するか3敗するまで参加可能。 5勝以上したプレイヤーと、そのほか16人になるまで上位のプレイヤーが権利獲得」という、約15ラウンド以上にも及ぶ過酷な大会でした。 初日突破した102デッキの分布は以下の通り。 スゥルタイフード 36 シミックフード 22 バントフード 6 ゴルガリアドベンチャー 11 セレズニアアドベンチャー 1 グルールアグロ 6 ティムール再生 4 シミックフラッシュ 3 バントランプ 2 ジャンドアリストクラッツ 2 4色PWファイア 1 青白コントロール 1 エスパースタックス 1 グリクシスファイア 1 イゼットフラッシュ 1 ジェスカイファイア 1 マルドゥ騎士 1 ラクドスアリストクラッツ 1 ティムールフレンズ 1 そして見事権利を獲得した16デッキは以下の通り。 スゥルタイフード 6 シミックフード 2 ゴルガリアドベンチャー 2 バントランプ 2 ラクドスアリストクラッツ 1 ティムール再生 1 シミックフラッシュ 1 青白コントロール 1 従来のシミックフードに黒=《》をタッチした スゥルタイフードが大会を席巻する結果になりました。 今週末はスゥルタイフードが一番人気だったことがほとんどのプレイヤーにとって想定通りだったようです。 スゥルタイのミラーマッチではシミックフードのミラーマッチと異なり互いが互いのプレインズウォーカーを《》しあうためロングゲームになりやすく、そのため《》《》のような重く、より太いプレインズウォーカーが活躍するようになったのです。 特に《》は色対策として採用されている《》《》のどちらも当たらないため、メタゲームにマッチしたプレインズウォーカーとして再評価されています。 GP名古屋でスゥルタイフードを使う予定の方は、このカードをどう対処するか、よく考える必要があるでしょう。 また、今回好成績だったスゥルタイフードの特徴として、 《》の採用が挙げられます。 元々シミックフードは横並びを苦手としていましたが、押されている盤面をこのカード1枚で大逆転できるようになりました。 アドベンチャー系への対策カードとして、今週末もよく使われるであろう1枚です。 権利を獲得したリストはどちらも 《》が多めに採用されているのが特徴です。 2マナの確定除去である《》や重量級PWである《》などを採用してコントロール寄り、ロングゲーム重視になったスゥルタイフードとは真逆の方向で、 シミックフードはよりシャープに、テンポ重視にデッキがシフトしてきているのがわかります。 八十岡 翔太 シミックフード アリーナMCQ直後となる今週に行われているMagic Pro League・PEARL DIVISIONでは、八十岡 翔太選手がよりテンポ重視のシミックフードを使用しています。 《》《》という2種類の2マナの妨害を駆使してテンポを稼ぎ、先手後手をひっくり返したり先手のマウントを取ることを主眼において構築されているのがよくわかりますね。 ロンドン でトップ8入賞し、前回のアリーナMCである ロングビーチ にも予選を突破して参加している注目のプレイヤー、Chris Kavartech。 Kavartecは今回も独自の調整を加えたゴルガリアドベンチャーで権利を獲得しています。 またスゥルタイフードと同様に、ゴルガリアドベンチャーも《》をメインに4枚採用しています。 もはやこれがこのスタンダードの基本。 《》《》デッキが幅を利かせており、ミラーマッチやグルールなどにも腐らない《》は、 黒いデッキであればメインに入れ得ということです。 《》が灯争大戦で発売されて以来めっきり見なくなっていた《》が4枚、さらには歩《》こと《》の採用など、随所に個性を感じるリストです。 《》は使って分かるその強さ。 普段《》のドローの強さに感動している人がこのカードを使ったら昇天してしまうかもしれません。 《》までの時間を大いに稼いだ上に、最終的には《》で自身が手札に戻るという噛み合いっぷりです。 《》《》全盛の今、プレインズウォーカー対策のカードは欠かせません。 そこでこの青白コントロールでは《》をメインに複数枚採用しています。 《》と異なり《》されないところが特に優れています。 《》を追放している場合や、既に追放しているプレインズウォーカーを出されたときに《》でバウンスして再利用する小テクがあるので、青白コントロールを使う方は頭に入れておくと良いでしょう。 そこで僕から上記の4デッキを使う方に簡単なアドバイスです。 スゥルタイフードを使う方へ 間違いなくGP名古屋の最大勢力です。 特にメインは《》に全く触れないリストも多いので、《》《》《》といったカードを1-2枚だけでも採用しておくとミラーマッチで差が出るかもしれません。 シミックフードを使う方へ シミックフードにはスゥルタイフードと異なり《》のような確実な除去が無いため、基本的にフード系ミラーマッチではアドバンテージよりもテンポを意識して2-3ターン後のアクションまで見据えてアクションする必要があります。 サイドボードをしすぎて自分のデッキの動きを損ねないように気をつけましょう。 ゴルガリアドベンチャーを使う方へ 《》を出すタイミングがとても重要なデッキです。 初手にあるからといって毎回1-2ターン目に出すことが正解とは限らないので、自分の手札、相手のアクションなどに合わせて考えると勝率が上がるはずです。 特にフード系デッキと対戦するときは、相手の《》をどうケアするか、いつ出させるかが鍵となります。 青白コントロールを使う方へ メインはフード系に対して有利に戦えますが、《》、《》、《》などといったカードで最適化されるサイドボード後は基本的に苦戦することとなります。 《》さえ定着すれば有利にゲームを進めることができるようになるので、《》や《》を駆使して、 どうすれば《》が生きている状態で自分のターンが帰ってくるのかを考えてプレイすると良いでしょう。 今回の記事は以上となります。 個人的にはGP名古屋、MCリッチモンドと連戦になるので、今年一年間の集大成としてベストを尽くせるよう頑張りたいと思っています。

次の

厚かましい借り手/Brazen Borrower

シミック フラッシュ

基本セット2020が発売してからしばらく経ちましたが、当初から注目されていた「シミックフラッシュ(青緑瞬速)」というデッキが面白いです。 私はこのデッキをメインに使用していますが、ちまちまランク戦を続けてついに今日ゴールドティアーまで到達できました。 簡単にデッキを紹介すると、大量のカウンターと少量のバウンス、 瞬速(インスタントタイミングで唱えられる呪文)持ちの青や緑のクリーチャーで、ほぼ相手のターンのみ行動していくデッキです。 相手のターンで動くデッキの特徴は、「後出しジャンケン」ができることです。 相手の出方を見てから行動を決めるこのデッキは、相手の思惑や予定を大きく狂わせることができます。 で、一般的なシミックフラッシュの切り札は「夜群れの伏兵」です。 特に赤系のデッキに対してすごく苦手で、狼を出しても焼かれたり止まらなかったりと、少し限界を感じていました。 そこで、 夜群れの伏兵とともにもうひとつの切り札を採用しています。 これが本当に強い... ! サイズ的に赤単でこれ出されたら、まず対処不可能でしょう。 狼と違って溶岩コイルは効きませんし、土地なので一瞬も効かず、伝説なので喪心も効きません。 サイズもでかいのでクリーチャーはほぼ蹂躙できますし、相手のターンエンドに出てくるのでそもそも対応すること自体が難しいのです。 このデッキは私のような弱小プレイヤーでも行動で迷うことが少なく、相手に何もさせずに勝てることもあるくらいです。... まぁプレミ連発で負けることも多々あるんですが...。 参考までにアリーナインポート用デッキリストです。 興味がある方はぜひどうぞ! 3 エリマキ神(しん)秘(ぴ)家(か) RNA 174 6 森(もり) RIX 196 8 島(しま) RIX 193 3 マーフォークのペテン師(し) DAR 56 4 塩(えん)水(すい)生(う)まれの殺(ころ)し屋(や) M20 50 3 夜(よ)群(む)れの伏(ふく)兵(へい) M20 185 4 幽(ゆう)体(たい)の船(ふな)乗(の)り M20 76 2 ヴィトゥ=ガジーの目(め)覚(ざ)め WAR 152 2 悪(あく)意(い)ある妨(ぼう)害(がい) GRN 54 2 中(ちゅう)略(りゃく) DAR 67 4 本(ほん)質(しつ)の散(さん)乱(らん) M19 54 4 送(そう)還(かん) M20 78 4 繁(はん)殖(しょく)池(いけ) RNA 246 2 神(しん)秘(ぴ)の神(しん)殿(でん) M20 255 4 内(ない)陸(りく)の湾(わん)港(こう) DAR 240 2 呪(じゅ)文(もん)貫(つらぬ)き XLN 81 3 見(み)張(は)りによる消(しょう)散(さん) XLN 62 ここでコレクションのお話を。 基本セット2020で再録された神秘の神殿。 これはMF千葉にいらっしゃるNoah Bradleyさんも手掛けています。 MF千葉でFoilにサインをいただく計画をしていますので、楽しみにしています。 エリマキ神秘家は、現在Randy Vargasさんに Foilをサイン依頼中です。 Randyさんのサインは個性的でカッコイイので、こちらも届くのを楽しみにしています。 今後サインが欲しいと思っているのは、ヴィトゥ=ガジーと夜群れの伏兵の2枚です。 どちらも強力な切り札なので、いつかサインがいただけたらうれしいと思っています。 MF千葉もいよいよ近くなってきました。 今からとても楽しみにしています。

次の

【拙訳】M20環境で話題沸騰!「シミックフラッシュ」 by Martin Juza(Channel Fireball)|とけいまわり|note

シミック フラッシュ

[] 概要 を持つと大量ので構成される、一貫したインスタント・タイミング性を持つ。 瞬速クリーチャーを生かしたの構成を取る。 ほぼインスタントのみで構成されるはと呼ばれて区別される。 隙を作らずにをし、それをやでサポートするのが基本的な動き。 常にインスタント・タイミングで行動することで、の出方に合わせてクリーチャー、カウンター、、呪文などを使い分けることができる。 特にの除去に頼るデッキや、大振りなに強い。 によって様々なバリエーションがあるが、瞬速の1種色かつカウンターを擁するがほとんどの場合において中心的な色となる。 そこに打撃力を補うことができるかの良質な瞬速クリーチャーを加え、必要に応じて3色目をするのが普通。 瞬速クリーチャーは数が少なく、その分質もバラつきが激しいため、では限られた期間しか成立しない。 瞬速クリーチャーを活かしたクロック・パーミッションというに通ずるものがある。 [] ラヴニカのギルド~基本セット2021期 でなどを失ったものの、からなどを獲得したこともあり、 シミック・フラッシュ Simic Flash が引き続き環境に存在している。 1 青 青 クリーチャー — フェアリー Faerie ならず者 Rogue 瞬速 飛行 厚かましい借り手は、飛行を持つクリーチャーのみをブロックできる。 のにやをことで、を活かす基本戦略は前環境と同じ。 初期はやを採用したタイプが主流だったが、目立った結果を残すことはできずにいた。 しかしにて、これらを抜いて戦略を取り入れたタイプがTop8に3人を送り込み、一躍の一角となった。 また、これとは別にの イゼット・フラッシュ Izzet Flash も存在している。 やなどが採用される。 その後、にてがの小テーマとなったことで、青黒の ディミーア・フラッシュ Dimir Flash やの 青単フラッシュ Mono-Blue Flash が登場した。 青 黒 黒 クリーチャー — エレメンタル Elemental ナイトメア Nightmare 瞬速 あなたが他の、瞬速を持つ呪文を唱えるたび、あなたはカードを1枚引き、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失う。 使用者:• (++++) Simic Flash 土地 24 4 2 6 8 4 クリーチャー 22 4 4 4 4 2 4 呪文 14 1 4 3 4 2 サイドボード 15 2 2 4 2 2 2 1• 初期(後)ののタイプ。 あるいはとしての性質が強い構成で、やといったが採用されている。 [] むかしむかし禁止後• 使用者:• (++++) Simic Flash 土地 26 4 2 2 7 7 4 クリーチャー 15 2 4 2 4 3 呪文 19 2 4 2 1 4 3 3 サイドボード 15 1 2 1 1 1 4 2 1 2• 、、禁止後の緑青のタイプ。 とので、要員と、といった戦略のが採用されているのが特徴。 以外は一見フラッシュの戦略と噛み合わないようだが、これによって不足しがちな打撃力を高めている。 75枚同じリストの、が1枚違うだけのもそれぞれTop8に入賞している。 [] 青赤• 使用者:• (++++) Izzet Flash 土地 26 9 4 4 4 2 2 1 クリーチャー 16 4 4 4 4 呪文 18 4 3 2 2 4 3 サイドボード 15 2 1 1 1 4 3 2 1• オーコなどが禁止された後ののタイプ。 [] 青黒• 使用者:thebuttermerchant• (++++++) Dimir Flash 土地 25 2 1 4 6 4 4 4 クリーチャー 20 3 4 1 3 4 4 1 呪文 15 1 3 1 4 4 2 サイドボード 15 3 3 3 2 4• 参入後ののタイプ。 [] 青単• 使用者:bobjackson• (++++++) Mono-Blue Flash 土地 22 2 20 クリーチャー 20 4 4 4 4 4 呪文 18 2 4 3 3 3 3 サイドボード 15 2 1 3 3 2 2 2• イコリア:巨獣の棲処参入後ののタイプ。 カウンターとクロックを兼ねるもデッキと噛み合っている。 同環境に存在するは天敵。 [] サンプルリスト• 使用者:cha21• (++++++) Simic Flash 土地 23 4 4 4 7 4 クリーチャー 18 4 4 4 4 2 呪文 19 4 2 4 4 2 3 サイドボード 15 4 2 4 1 4 [] 期 1 青 クリーチャー — 人間 Human ウィザード Wizard 瞬速 瞬唱の魔道士が戦場に出たとき、あなたの墓地にあるインスタント・カード1枚かソーサリー・カード1枚を対象とする。 それはターン終了時までフラッシュバックを得る。 そのフラッシュバック・コストは、それのマナ・コストに等しい。 (あなたはあなたの墓地にあるそのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。 その後それを追放する。 バリエーションは以下のように様々。 多くはとを含み、やを採用したに近い構成を取る。 青白 青白フラッシュ UW Flash と呼ばれる2のタイプ。 初期に台頭するも、すぐに後述の青白赤型に取って代わられるようになり、大きく数を減らした。 の登場後はを多数採用できるという利点から、再び注目を集めるも、目立った活躍は出来ずに落ちとなった。 青白赤 トリコフラッシュ UWR Flash と呼ばれるのタイプ。 青白型にのなどを加えたもので、そちらに代わってフラッシュの主流となった。 参入後にはを中心に据えたバージョンが流行。 としてを1枚するものが多く、中にはボロスの反攻者++(または)のを搭載した特化型も存在する。 からはやを獲得した。 青白緑 バントフラッシュ Bant Flash と呼ばれるのタイプ。 ドラゴンの迷路でが登場したことで成立した。 にを搭載出来るため、同系などに有利な反面、環境に多数存在しているを効果的に対処する手段に乏しいという弱点がある。 青白黒 エスパーフラッシュ Esper Flash と呼ばれるのタイプ。 との明確に区別しにくいためか、この呼称が使用されることは少ないが、一般的にはが少なめで修復の天使を複数採用しているものがこれに当たる。 青赤緑 RUG Flashと呼ばれるのタイプ。 や、イェヴァからインスタント・タイミングで出すことができるなどが採用される。 のほとんどがや持ちで構成されているため、を繰り返すことでを稼ぎやすい構成になっている。 トリコフラッシュと同環境の トリコトラフト UWR Geist は共通するパーツが多く、まとめて扱われることもある。 比較すると、あちらはをから採用しているなど攻撃的・的な要素が強く、こちらはをメインデッキから採用しているなど防御的・的な要素が強い。 も参照。 [] サンプルレシピ [] 青白型(後期)• 第10位 ()• 使用者:• (+++) Azorius Flash 土地 24 4 4 2 1 8 5 クリーチャー 11 4 4 3 呪文 25 4 3 3 3 3 2 2 2 2 1 サイドボード 15 3 3 3 2 2 2 [] 青白型(初期)• ベスト8 ()• 使用者:• (++) UW Flash 土地 25 1 3 4 4 8 2 3 クリーチャー 12 1 4 4 3 呪文 23 4 2 2 2 2 2 3 4 2 サイドボード 15 1 2 1 1 1 1 3 2 3• 青白のタイプ。 [] 青白赤型(ギルド門侵犯後)• 使用者:• (+++) UWR Flash 土地 24 2 4 2 2 1 1 4 4 4 クリーチャー 14 4 4 3 3 呪文 22 4 2 4 2 1 2 3 3 1 サイドボード 15 4 1 2 1 1 2 2 2• ギルド門侵犯参入後の青白赤のタイプ。 ボロスの反攻者を中心とする構成で、や上記のが搭載されている。 [] 青白赤型(基本セット2014後)• 優勝 ()• 使用者:• (+++) UWR Flash 土地 25 3 4 4 1 1 1 3 4 4 クリーチャー 11 4 4 3 呪文 24 3 2 3 1 3 2 2 4 2 2 サイドボード 15 2 1 1 2 3 2 1 3• 基本セット2014参入後の青白赤のタイプ。 [] 青白緑• 第49位 ()• 使用者:• (+++) Bant Flash 土地 25 4 4 4 4 4 3 1 1 クリーチャー 9 4 3 1 1 呪文 26 4 4 3 3 3 3 2 2 1 1 サイドボード 15 4 2 2 2 2 1 1 1• を採用することで、早期のの設置や巨大なを狙っており、大技を好む清水氏らしい構築である。 [] 青白黒• 第67位 ()• 使用者:• (+++) Esper Flash 土地 27 4 4 4 4 4 3 2 1 1 クリーチャー 13 4 3 3 3 呪文 21 3 3 2 2 2 2 2 2 1 1 1 サイドボード 15 3 2 2 2 2 1 1 1 1• との組み合わせが強力なの採用が特徴的。 [] 青赤緑• com Standard Open Milwaukee 第3位 ()• 使用者:• (+++) RUG Flash 土地 25 4 4 4 4 4 4 1 クリーチャー 15 4 4 4 3 呪文 20 4 4 3 3 3 3 サイドボード 15 4 2 2 2 2 2 1 [] 参考• (、カバレージ、文:)• (同上、プロツアー「ギルド門侵犯」カバレージ)•

次の