千と千尋の神隠し 本名。 千と千尋の神隠しでハクの本名と正体は?その後どうなったのか?

千と千尋の神隠しで千尋の名前と年齢は?モデルとなった人物も紹介

千と千尋の神隠し 本名

この記事で分かること• 「カオナシ」の人物像とは まず、千と千尋の神隠しに登場する「 カオナシ」について軽くおさらいしておきましょう。 カオナシとは、背が高く黒い服で全身をまとい、 白いお面をつけた不思議な登場人物のこと。 言語能力がないために「 ア、エ」といった弱々しい声でしか会話することができず、千尋でなければコミュニケーションが成立しないほど。 千尋の他には理解者や友達もいない感じでしたね。 このカオナシ。 彼も他の登場人物と同様に、人間界とは異なる性質の生き物。 実際の中身は土の塊ではあるものの、体の中から砂金などを出すことができます。 姿を見せずに登場できることから、何らかの 魔力を持っている様子です。 千尋のことを油屋の入口近くで見つけて親近感を抱き、気に入ってもらおうと助けになろうとします。 中盤では油屋のスタッフたちを取り入れて言語能力を手に入れました。 ここで砂金をダシに千尋とコミュニケーションを取ろうとするものの断られ、 逆上して暴れだす…というのがハイライトですよね。 気弱そうな印象とは裏腹に、暴れん坊な気質を合わせ持った彼。 油屋の従業員のみならず、湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になりました。 最後は湯婆婆の姉の銭婆に引き取られて、何かと心穏やかに暮らせそうですね。 カオナシの正体は「人間の欲」? 「千と千尋の神隠し」に登場する不思議なキャラや神様たちは、ほとんどがその正体やルーツを持っています。 が、カオナシについては全くその正体が明らかにされていません。 宮崎駿氏によると、映画の初期構想の段階では「 カオナシを登場させる予定はなかった」と話すほどで、後になってから存在に重要性が与えられたとのこと。 そんな意味深な設定がジブリらしいと言えば否めませんが…これをネタにネット上では、 カオナシの正体について様々な憶測が飛び交ったのです。 中でも、カオナシは「 人間の欲が具現化された存在ではないか」とのこと。 砂金をダシに千尋に近づこうとしたり、これを使って従業員の心を惑わして飲み込んだりと… いわゆる欲望を自由自在に操り、自身も強欲な存在なのです。 そんな姿が欲の中で生きる「 人間そのもの」と例えられることもあります。 宗教の世界では「 欲」は忌み嫌われるべき存在とされていて、キリストやブッダも聖人になる前に自身の欲と向き合う試練を受けたとのこと。 そんなことから、カオナシの正体はその「 試練の過程による欲」だとも言われています。 つまりカオナシの正体とは、他の神様のように大根や鳥などと形のハッキリしたものではなく、分かりやすくも姿を持たないものといった感じでしょうか。 そんな抽象さもカオナシっぽいですね。 Sponsored Link 実は「悪魔」だったという噂も… こうして見ていくと「カオナシの正体」に良いイメージは抱きづらい感じですね… さらにはカオナシの「 サタン説」を唱える憶測すらあるそうで。 千尋が銭婆のところへ向かう際、カオナシや坊たちを連れて電車に乗ります。 車窓からは色々なものが見えますが、一瞬「サタン」という文字が映っているのです。 そのシーンを注意深く見ていたジブリファンから、カオナシの正体は「 サタン」であるとさえ言われています。 カオナシの正体=「今どきの若者」とも捉えられる? こんなにハンパな立ち位置でも「千と千尋の神隠し」では重要キャラとされるカオナシ。 その正体については、様々な憶測が飛び交う中「カオナシは 現代の若者そのものではないか」との見方も出てきています。 千と千尋の神隠しに登場するカオナシの特徴ですが、それは次の3つです。 ・コミュニケーション能力がない ・お金で全てを解決しようとする ・嫌なことがあるとすぐ暴れる これらの特徴を合わせて見ていくと、確かにカオナシは今の若者の特徴をそれとなく掴んでいる気がします。 千尋でさえ、現代社会に生きる無気力な子供の象徴だと言われてますしね。 常にメッセージ性の高い作品を輩出しているスタジオジブリだけに、カオナシを現在の若者像と位置づけて伝えたい想いがあったのかもしれません。 宮崎駿氏によると、カオナシは誰の心にもいる これほど様々な憶測を呼んでいる カオナシの正体。 それだけに、スタジオジブリ側の見解も聞いてみたいところです。 宮崎駿氏によると「 カオナシは誰の心の中にもいる」とのこと。 あの感情の起伏の激しさや超然としていないところを見ると、カオナシのルーツは「 人間」と捉えることができそうです。 色々と憶測の絶えない、千と千尋の神隠しに登場するカオナシ。 物語の世界でなかなか居場所が得られない不安定な感じが気の毒ではありましたが、無事に銭婆の家に居場所を見つけられてよかったですね。 その正体が人間の心だとしたら、私たちも生きることに欲求不満を感じたら穏やかな場所に自分の拠り所を見つけるといいのかもしれません。

次の

千と千尋の神隠しハクの名前と漢字!本名を千尋のセリフから考察! | マジマジ情報局

千と千尋の神隠し 本名

ハクの本名や以外なルーツが話題に 「 千と千尋の神隠し」は数々の強烈なキャラクターや驚くべき展開で観る人たちを大いに楽しませる作品だと思います。 いきなり両親が豚に姿を変えたり、恐ろしく顔の大きな魔女「湯婆婆」があらわれたり(姉の銭婆もしかり)… また、不気味な声を出すカオナシや釜爺、坊のサブ役でありながら印象に残るキャラクター性は私たちを不思議ワールドの虜にしてしまいます。 そんな個性キャラの中で、ひと際異彩を放つハク。 物語後半に彼の本名が明らかにされます。 先にネタバレですが、ハクの正体…それは「 コハク川」であり、本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」。 銭婆を訪れた千尋が白竜に乗って湯婆婆のもとへと帰る途中、千尋の胸の中で昔のある記憶が蘇ります。 コハク川は千尋が幼い頃、近くにあった川。 その川に落ちた千尋を救ったのが、コハク川の主…つまり「ハク」だったという訳です。 このハクの本名である「ニギハヤミ・コハクヌシ」のニギハヤミ。 これは、日本神話には欠かせない神「 ニギハヤヒ」がルーツではないかと言われています。 ニギハヤヒは特に川の神様だと限定されている訳でもなく、不透明な扱いではあるものの、そんな捉えようのないところが「千と千尋の神隠し」におけるハクの存在と重なる気がします。 「千と千尋の神隠し」に登場する腐れ神にも秘密が… 「千と千尋の神隠し」のハクの本名。 それは先述したように「ニギハヤミ・コハクヌシ」、つまり正体は川だったのです。 川というと、本作品にもう1つ登場していましたね。 千が銭湯で働き出して間もない頃、ものすごい臭気を漂わせながらやってきたあの「 腐れ神」。 Sponsored Link 千とリンが一緒になって腐れ神をお風呂に入れるシーンはとてもコミカルで印象に残っています。 その腐れ神がお風呂に浸かっている間、千はあるものが腐れ神に付いているのを見つけます。 それは自転車のグリップ。 千とリンの他、銭湯スタッフが協力してそのグリップを抜きにかかります。 何とかして自転車の部品を引きずり出すと、それと一緒に大量のごみが腐れ神から吐き出されます。 この腐れ神、実は彼も「 川の神」だったという事実が発覚… そう、ハクと同じく腐れ神の正体も「川」だったのです。 もしも 川に溜まったゴミが蓄積して、あのような恐ろしい異臭と外見を持つ「腐れ神」になってしまったのなら… もう1人の川の主であるハクこと「コハク川」は、きっと美しい川のまま埋め立てられたのだと推測されます。 「千と千尋の神隠し」は川と少女のラブストーリー スタジオジブリの「千と千尋の神隠し」。 これは不思議な世界の中で繰り広げられるファンタジーアニメであると同時に、荻野千尋と本名「ニギハヤミ・コハクヌシ」こと、ハクの恋物語とも言えますね。 物語のラスト、ハクが千尋をもとの世界へと送るシーンはとてもジーンときました。 ジブリ作品にも男女の恋愛関係はありますが、「 川と少女が惹かれ合う」なんてかなり奇抜な構成だと思います。 まとめ 美少年ハクの本名は「 ニギハヤミ・コハクヌシ」という、何とも不思議な名前でした。 しかし、川の主だった「ハク」というミステリアスな存在が本作品をさらに面白く、そして物語を奥深いものにしたのでしょう。 ジブリ作品の特徴。 それは、何度観ても新しい気付きを得られること。 今度は是非「ハクの目線」で鑑賞してみてください。

次の

【千と千尋の神隠し】荻野千尋が契約書に名前を書き間違えた3つ理由!犬と間違えた理由を人気投票中!

千と千尋の神隠し 本名

不思議な世界に迷い込んだ人間の少女千尋が、油屋の従業員たちとの関わりから自分自身の成長と大切な人のために何ができるかを教えてくれる「千と千尋の神隠し」は、今でも根強い人気があるジブリ作品の1つです。 従業員には厳しいけれど、を理想の上司としてあげるジブリファンが多いのも納得できる湯婆婆の経営者としての腕は凄まじいものです。 この記事では、千と千尋の神隠しに登場する主人公で油屋で働くことになった荻野千尋(おぎのちひろ)の性格や名シーンについて紹介していきます。 始めはか弱く頼りない印象が強かったものの、油屋での経験を元に徐々に成長を見せ、たくましくなっていく千尋について振り返っていきましょう。 C スタジオジブリ 本名 荻野千尋 おぎのちひろ 性別 女性 年齢 10歳 性格 素直、芯がしっかりしている モデル 日本テレビ映画プロデューサーの娘 声優 柊瑠美 荻野千尋のそれぞれの項目について解説していきます。 荻野千尋の見た目 千尋は、ポニーテールに半そで、短パンにスニーカーという年相応な格好をしています。 頬も赤く、まだ幼さが残る顔をしています。 湯婆婆に働きたいと頼みに行った時も、「みっともない娘」と言われるほど、手足も細くとても力仕事が出来そうな感じではありません。 油屋で働き始めてと共に大湯の清掃を任されたとき、薬湯の札を引きお湯を出すときにも紐を引っ張ったと同時に転んだり、のヘドロでお湯ではなくヘドロまみれの浴槽に落ちたりと何かとドジな一面もありますが、いざというときの運動神経は抜群です。 年齢も10歳で登場人物の中でも一番若く、小学校4年生もしくは5年生です。 荻野千尋と釜爺の関係 千尋とは孫とおじいちゃんのような関係です。 千尋が以外の油屋の従業員の中で初めて会ったのが釜爺でした。 一見強面の見た目をしていながらも千尋が人間だからと毛嫌いする様子は全くなく、時に厳しく、千尋を自分の孫と庇ったり豚小屋から戻ってきてそのままボイラー室で眠ってしまっていた千尋にそっと座布団をかけてあげるなど本当の孫のように接しています。 一方千尋も、ハンコを盗んで帰ってきた傷だらけで弱り切っているハクの面倒見てほしいとお願いと頼んだり、の居場所を聞いたりと釜爺に対して本当のおじいちゃんのように接しています。 千尋にとって釜爺は油屋の中でも信頼できる存在であることがよく分かります。 荻野千尋の性格 千尋の性格は、素直で芯がしっかりしています。 湯婆婆と契約し、油屋で働くことが決まるまでの序盤のシーンでは臆病でどんくさい印象が全面的に描かれていましたが、徐々に本当の性格が見えてきます。 これはリンも千尋に直接「どんくさい」と言っています。 まず素直な部分ですが、千尋は冒頭のシーンからどんなときでも、どんな相手でも感情を素直に出しています。 油屋で働いているときもリンや湯婆婆に対して敬語だったのが、徐々に外れてタメ口になっています。 これは、「まだ10歳で子供だから」とも言えますが油屋ではなかなか見ない人種です。 次に芯がしっかりしている部分ですが、一番分かりやすく描かれているのはと2人きりで話をする場面です。 他の従業員が金に目が眩みカオナシをもてはやしている中で、千尋ただ1人がカオナシに頼ることはありません。 千尋が欲しいものは金ではないことを強く理解しているからです。 千尋のまっすぐでしっかりした性格にハクやリン、油屋の従業員たちは影響を受けていくのです。 荻野千尋のモデル 千尋のモデルとなったのは、日本テレビで映画のプロデューサーをしている奥田誠治さんと言う方の娘さんだそうです。 これは宮崎駿監督だけではなく、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんもインタビューでそう答えています。 名前は千晶(ちあき)さんと言い、年齢等は明らかにされていません。 千晶さんが体験した出来事が千と千尋の神隠しの中に描かれています。 そのシーンはどこかと言うと、終盤千尋がハクに対して、コハク川に靴を落とし、拾おうとして川に落ちたと話すシーンです。 このエピソードは千晶さんが実際に体験したことで、千晶さんが宮崎駿監督の山小屋に訪れたとき、近くの河原を散歩している最中、履いていた靴を川に落としてしまったエピソードを用いているそうです。 荻野千尋の声優 C スタジオジブリ 千尋の声優を担当したのは、6歳から子役として活躍していた柊瑠美(ひいらぎるみ)さんです。 千と千尋の神隠しが公開された2001年で柊さんは14歳でした。 声優として初めての仕事、そして初主演であどけなさが残るものの、持ち前の演技力で千尋のさまざまな表情を見事に使い分けて、一躍時の人物となりました。 その後もドラマや映画など多くの作品に出演。 千と千尋の神隠しの出演した7年後には、崖の上のでも声優として出演し、大人びた演技を見せています。 荻野千尋の名シーン 荻野千尋の名セリフや名シーンについて解説していきます。 主人公である千尋は感情表現がしっかりしており、まっすぐで素直な性格で湯婆婆をはじめとする油屋の従業員の意識を変えていきます。 ここで働かせてください!.

次の