千堂 あきほ wikipedia。 千堂あきほ と 学園祭

振り返れば奴がいる

千堂 あきほ wikipedia

主な経歴 [ ]• 、『』の全国大会に進出し、芸能事務所『』の社長氏にされ芸能界に入る。 (同のは、準グランプリは)デビュー前は、事務所の電話番や事務などで勤務もしていた。 後に本人がレギュラーTBSラジオ番組『清水国明・千堂あきほの真夜中ジャンクション』で語っている。 1月25日、『It's a Melody』でからとしてデビュー。 当初は、同じレコード会社、同じ日デビューのAKEMI、広田恵と共にバンドブームの中、新生本格派女性ボーカリストして売り出された。 ライブハウスを拠点とする地道なライブ活動をスタートさせる。 深夜バラエティー番組『』の司会で人気に火がつき、の(の)と言われた。 その後、女優業に専念し、、、など幅広く出演。 のに指導者の男性と結婚。 2010年まで関西、2011年からを拠点にして活動する。 、第一子(長女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary()で発表された。 、第二子(次女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary(4月16日)で発表された。 から、の・の「」にてのに復帰。 人物 [ ]• (園田)出身。 演劇科1期生。 のの中には、後にの陰山メソッドで有名になったもいた。 女優としては『』や『』、『』などでの硬派で大人の女性役や有能なキャリアウーマン役で成功。 2017年6月3日放送の『かんさい土曜ほっとタイム』で、この年に他界した父親への謝意を述べた際に、自身の性格を「私は見た目は大雑把に見られがちですが、実は物凄く深く考え込む性格なんです」と語っている。 現在は、夫の実家がある札幌市内で三世代で暮らしている。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• 『バラ色の人生』(、)• 『』(、フジテレビ) - 田代由美 役• (1991年1月 - 3月、フジテレビ) - 長崎尚子 役• (1991年10月 - 12月、)• (1月、テレビ朝日) - 第2話ゲスト 本人役• (1月 - 3月、フジテレビ) - 大槻沢子 役• (、) - マドンナ 役• (1994年7月 - 9月、)• (日本テレビ)• 「」シリーズ(1994年 - 1996年) - 椎田美奈子 役• 「4」(1999年) - 三島真知子 役• 「」(2000年) - 小田切由希 役• (10月 - 12月、日本テレビ) - 風間泉 役• (、テレビ朝日) - 大沢江里子 役• (1997年、テレビ朝日)• (1月 - 3月、日本テレビ) - 麻生希美子 役• (、) - 小池理香子 役• (、NHK) - 祥子 役• (、NHK)• ( - 1月、) - 後藤礼子 役• (2007年10月13日 、) - 牧芳子 役• 君の瞳に両想い のDVDに収録)(2010年12月31日、日本テレビ) バラエティ・情報番組 [ ]• 二代目Page7として出演(1990年4月-1990年9月 )• (7月 - 3月、フジテレビ) - 司会進行役• (1990年3月 - 1991年3月、テレビ朝日) - と共に進行役• 日曜はパジャマ(1990年、) - 自社製作の深夜情報番組、と共に進行役• (1990年 - 1991年3月、) - 解答者• (1991年4月 - 10月、日本テレビ) - 解答者• (1992年1月12日(第598回) - 1994年9月25日(第708回)、テレビ朝日) - 解答者• (- 3月、) - 金曜レギュラー• (11月2日 - 2月12日、NHK総合) - 不定期出演• レジェンド・ゴールド()• (フジテレビ)• ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル『絶対に笑ってはいけないスパイ24時』(2010年12月31日) - VTR のみ• (2014年4月2日 - 2015年3月18日、) - 水曜コメンテーター• (2014年10月13日 - 2015年3月16日、フジテレビ) - マネースクーパー• (2016年4月29日、) - ゲスト• (2017年1月22日、TBSテレビ) ラジオ [ ]• と千堂あきほの夜はこれから(1990年10月 - 1991年3月、)• ・千堂あきほの真夜中ジャンクション(1991年4月 - 1992年3月、TBSラジオ)• (1991年4月 - 1991年9月、文化放送) - 火曜日担当• 千堂あきほのときめきCRESCENDO(1991年10月 - 9月、)• のオープンに伴い、シーガイア内にDJブース置き、シーガイアの状況を全国に向けてFMラジオ放送。 番組内では、のキャンペーンソング「Take Me To The Sunshine」「When We Dance」を必ずかけていた。 スティングのシーガイアCM降板に伴い、番組も打ち切りになった模様。 (1994年、??)• (4月 - 2019年、)基本的に月1回ペースのパーソナリティ出演。 映画 [ ]• ドンを撃った男(1999年) - 成田和江役 CM [ ]• (1990年)• 生酒(1991年)• プチ・ミール(1992年)• タフワイド(1992年)• トライデントシュガーレスガム(1991年 - 1995年)• (1994年)• ビアっこ生(1994年)• ヘリオス大阪(2006年9月 - ) 写真集 [ ]• 『マティエール』(1990年11月15日 TIS 撮影:) C0076• シングル [ ]• It's a Melody/ハートはレプリカ(1990年1月25日)• 硝子のECSTASY/Sweet Noise(1990年6月25日)• TOO BIG/悪魔とドライブ(1990年10月25日)• シースルー/KISS(1991年6月17日)• LADY,WHO/ON FIRE(1992年4月25日)• シークレットラヴ/ジェリービーンズの雨(1993年1月25日)• 素敵になりたい/缶ビールのロンリネス(1993年10月10日)• 切ない勇気/さよならの彼方(1994年8月10日) アルバム [ ]• AQUIHO(1990年2月25日)• HOT BOX(1991年6月17日)• 千客万来(1992年4月25日)• 5月の風のように(1993年3月25日)• Romantics(1993年12月10日)• REFINE(1994年9月25日) ビデオ VHS [ ]• サポーター 脚注 [ ]• - 現在の夫による経営であり、主な事業はスキューバダイビング関連• 『サンスポ. COM』 2008年2月10日• の最終回に、ゲスト出演した。 ただし初期作品はワーナー・パイオニア。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (現在の所属事務所)の公式サイト•

次の

千堂あやか

千堂 あきほ wikipedia

キャスト [ ] 東京地方裁判所八王子支部 [ ] 椎田美奈子 演 - 刑事第18部の新人判事補。 左陪席。 実家で父と祖母との三人暮らし。 大岡淳三 演 - (第1作・第2作) 刑事第18部の部長判事。 森山房枝 演 - (第2作・第3作) 刑事第18部のベテラン判事。 右陪席。 美奈子の10期上の先輩。 仙台地方裁判所から異動してきた。 喫煙者。 認知症の母と同居している。 その他 [ ] 椎田辰蔵 演 - 美奈子の父。 植木屋「植辰」の主人。 椎田幸子 演 - 辰蔵の母。 美奈子の祖母。 山岡護 演 - 植木屋「植辰」の従業員。 都議会議員の息子。 大岡 演 - (第1作・第2作) 大岡の妻。 ゲスト [ ] 第1作「ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件! 」(1994年)• 片瀬(鑑定人) -• 長谷部浩次(東京地方裁判所八王子支部 判事) -• 長谷部(長谷部の妻) -• 尾上(事務官) - 第2作「毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官」(1995年)• 石黒与四郎(美和の夫・婿養子) -• 石黒美和(石黒茂吉の娘) -• せつ子(スナック「せつ子」ママ・石黒茂吉の娘・美和の姉) -• 事務官 -• 弁護士 -• 検事 -• 大長寺 住職 -• 小宮(小宮商店 店主) -• 森山(の母・認知症) -• 交番巡査 -• 与四郎の実弟 -• 石黒一夫(与四郎と美和の息子) - 第3作「殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎」(1996年)• 大河内恭子(佐藤聖吉の妹) -• 津村睦子(家政婦) -• 大濱広信(バー経営者) -• 不動産屋 -• 新高総一郎(弁護士) -• 新高昌子(新高の妻) -• 末吉(国選弁護人) -• 政木(検察) -• 田所 -• 日野原誠(東京地方裁判所八王子支部 部長判事) -• 碓井哲夫(右判事) - スタッフ [ ]• 原作 - 「生きている裁判官」(中央公論社)(第1作〜第3作)、「刑事裁判ものがたり」(潮出版社)(第1作)• 脚本 -• 音楽 -• 監督 - 、• 企画 -• プロデューサー - (近代映画協会・オセロット)、(近代映画協会・オセロット)、• 制作・著作 - 、• 制作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 1 1994年10月25日 ハリキリ新米女性裁判官が初めて担当した強姦未遂殺人事件! 佐木隆三「生きている裁判官」 渡部保夫「刑事裁判ものがたり」 国弘威雄 森崎東 2 1995年 05月23日 毒入りモナカを食べた老人の死、他殺自殺の壁に挑む新米女性裁判官 佐木隆三「生きている裁判官」 3 1996年 02月 06日 殺人現場から消えた愛犬が握る空白の30分の謎 増田天平 脚注 [ ].

次の

千堂あきほ

千堂 あきほ wikipedia

概要 [ ] のドラマデビュー作で、メンバー全員が本人役で出演していた。 とは途中他局のドラマ撮影のため、不在の期間があった。 他に、当時メンバーで、SMAP同様このドラマがデビュー作となった(現・)、(現・)、(現・TOKIO)が出演。 また、前作まで主演を務めていたのメンバーのうち、と佐藤敦啓(現・)が出演していた。 舞台はにある渚学園中等部。 放送部員である6人とその他の人物が、様々なトラブルを解決していく。 ドラマ本編の途中には「SMAP特別編集」というバラエティコーナーがあった。 番組の最後には、SMAPが視聴者に向けて「・で公道を走らないでください」と書かれたボードを掲げて注意喚起を行っていた。 本作の最終回をもって、『シリーズ』およびテレビ東京の学園ドラマ枠は終了した。 2006年から2007年まで流された、発行の無料クーポンマガジン『』のCMで本作の映像が使われていた(声は別人による)。 出演者 [ ] 渚学園放送部 [ ]• - 放送部MC・中居正広役。 当時16歳。 - PTA会長の息子・木村拓哉役。 当時15歳。 - 放送部ディレクター・稲垣吾郎役。 当時14歳。 - 放送部カメラマン・森且行役。 当時14歳。 - 草彅電気店の息子・草彅剛役。 当時14歳。 - 放送部MC・香取慎吾役。 当時11歳。 その他の出演者 [ ]• (当時)• (当時光GENJI)• () - 先生役兼コーナー司会。 (ホンジャマカ) - 化粧バリバリ怪しい用務員役。 - 黒潮学園の番長・川崎経由役。 - 黒潮学園・辻堂始発役。 - 渚学園新聞部員役。 当時11歳。 - 新聞部員(リーダー格)役。 - 新聞部員役。 本作と並行してテレビ東京月曜18:00枠の『』にも出演していた。 - 渚学園中等部生徒・辻堂の実妹役。 - 黒潮学園・中川雄二役。 - 黒潮学園 主題歌 [ ]• (歌:光GENJI) - 歌詞ならびにアレンジが、IとIIで使用されたレコードヴァージョンと若干異なる。 外部リンク [ ]•

次の