ふくらはぎ の 筋肉。 ふくらはぎの筋肉の名前と働き【トレーナーが覚えておくべき情報も合わせて解説】

ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えるのに最適な方法はコレ!

ふくらはぎ の 筋肉

これらの筋肉は瞬発的に発揮される筋肉なので 速筋と呼ばれキツイ筋トレなどをすることで 太く強くなっていってしまうんです。 例えると、100mランナーだとかは 速筋が主に発達しています。 ふくらはぎが太くなってしまう原因は 速筋の発達なんです。 ふくらはぎを太くする脚痩せ筋トレには気を付けて 筋トレをすれば脚痩せが出来るから頑張ろう! って思って、 スクワットやかかと上げ下げ運動 などしていませんか? 自転車で通学、通勤している人は 立ちこぎをしてはいませんか? これらのような無酸素運動を やりすぎてしまうと、速筋が発達して ふくらはぎが太くなってしまうんです。 ジョギングなどの有酸素運動を意識して やっていきましょう! 筋肉を落とす方法の前にやること! 日々運動をしているという方は、 ふくらはぎの筋肉が凝っていないかも しれませんが、 私を含めこの記事を見てくださっている ほとんどの方はふくらはぎの筋肉が 凝っていて固まっていると思います。 でも 筋肉って動かさなくなると1ヶ月2ヶ月で 筋肉は少なくなっていくんですよ。 この記事を読まれているあなたは 本当に筋肉太りでしょうか? 実は、むくみや脂肪も固まって 筋肉のような硬さになるんです。 脂肪は筋肉の間に入って隠れていたり 筋肉のしたに脂肪がついている場合があるので、 結構、脂肪だとわかりづらいんですよね。 むくみの場合はすぐにわかるかもしれないですが むくみはセルライトの原因になるので、 セルライトが結構ある!っていう方は むくみも関係していると思っていいと思います。 温冷交代浴という入浴方法なんですが、 熱いお湯が入った浴槽と冷たい水のシャワー を交互に受けることによって、 血流が良くなり、冷え性改善や むくみを解消する効果があります。 その着圧ソックスはこちらです。

次の

ふくらはぎが筋肉痛になると、太くなる前触れ?硬くなったら要注意?|簡単な脚やせの方法を紹介するブログ~美脚生活~

ふくらはぎ の 筋肉

そんな疑問や不安を、まるっと解決していきますね! まずは、エクササイズを頑張ったり、たくさん歩いた時に起きる 「筋肉痛」の正体を見ていきましょう。 「筋肉痛になると、ふくらはぎが太くなる」は本当?ウソ? ふくらはぎが、筋肉痛になると・・・ 痛みと同時に 脚が、パンパンにむくんでいる感覚があったり、だるく感じたりしますよね。 実際に、脚の太さを測ってみると 筋肉痛になる前よりも 少し太くなっていることもあります。 この感覚の正体は何でしょうか? そもそも「筋肉痛」になる理由とは? 日頃、使わない部分に負荷がかかったり 激しい運動や、長時間筋肉を酷使することで 筋肉繊維が傷つけられて、筋肉繊維が断裂します。 そして、筋肉繊維が断裂すると 断裂した筋肉繊維が、修復され始めます。 この修復過程が、筋肉痛です。 しかし、同じような激しいエクササイズをしても 毎日行っている場合は 筋肉痛になりにくいですよね?! それは、筋肉がエクササイズに慣れているので パンプアップ現象が起きにくいからです。 パンプアップという言葉が出てきました! では パンプアップ現象とは、一体何でしょうか? この「パンプアップ」という現象が 筋肉痛で脚が太くなったと感じてしまう時の、重要な鍵を握っているんです! パンプアップ現象とは? 「パンプアップ現象」とは 筋トレ等で、筋肉に負荷を与えた場合 筋肉を使った部分を修復するために 「血液やリンパ液が増加すること」 これが、パンプアップ現象です! しかし、パンプアップ現象は 一時的な現象で、しばらくすると元に戻ります。 さらに言うと いつも使っている筋肉を使う場合や、負荷が変わらない場合は パンプアップ現象が起きにくくなるります。 その理由は?というと いつも使っている筋肉は 体が、修復作業に慣れているので 血液やリンパ液を、特別に増加させる必要がないからです。 実際のところ 8〜12回程で、限界を迎える「高い負荷のトレーニング」を行わない限り 筋肉は大きくならない! と言われています。 太くなっちゃう理由を、一番知りたいんですね! しかし! ここまで読んで下さった皆様なら 筋肉痛になっても太くならない方法を 確実に理解し、実践してもらえるハズです。 エクササイズを頑張っても、ふくらはぎが細くならない理由とは? エクササイズや、ウォーキング、ジョギングを頑張っても 「 ふくらはぎが細くならない!」又は「 逆に、太くなった!」 という方は これからお伝えする、 3点に気を付けることで ふくらはぎが細くなっていくはずです。 筋トレの後や、夜寝る前にしっかりと 筋肉を柔らかくして、むくみを解消しておきましょう。 食欲を感じた時に 「 運動をすることで、無駄な食欲を抑えることができる」 と、一般的に言われていますが、経験上、少し疑問を感じます。 私の場合 運動直後には、食欲を抑えることができますが 数時間経つと、いつもより空腹を感じます。 もしも 食事量を変えずに、エクササイズを行うことができれば 単純に消費カロリーが増えますので 脂肪が減少して、引き締まった筋肉が姿を現し 細くて、きれいなふくらはぎに変化します。 しかし! 「エクササイズをしたから、沢山食べても大丈夫!」 と、安心して食べてしまうと エクササイズで消費したカロリー以上の量を 食べてしまう可能性が高いんです! つまり、 せっかく運動して、筋肉量を増やしているのに 沢山食べてしまうことで 脂肪が増量!! 今までよりも「ふくらはぎが、太くなる」という現象になってしまいます。 こんな悲しい結果にならないために! 運動後に、食欲が増えてしまった時は 喉が渇いたことによって、空腹感を感じていることが多い! と覚えておいてください! つまり 水分補給をしっかりすることで、空腹感がおさまります。 覚えておいて下さいね! これで、筋肉痛になっても安心です! 筋肉痛は、あなたのふくらはぎが、細くなっているサインですよ! 最後に ふくらはぎが細くなる方法を、まとめておきました。 私は、過去に 3ヶ月で「太もも-6.5㎝ ふくらはぎー5㎝を達成」しています! 今は、下半身太りを脱却し、理想の体型を手に入ることができました。 どうぞ、よろしくお願い致します。 Twitterのフォローもして頂けると 嬉しいです!.

次の

放置しないで!固いふくらはぎの原因と「ほぐす」方法5選

ふくらはぎ の 筋肉

ふくらはぎが硬い原因5つ ふくらはぎが硬くなる原因は、心臓から脚に送り出された血液を心臓へと戻す力が弱くなったり、加齢が原因であったり、運動不足であったりと様々。 ふくらはぎには脚の血液を心臓に送り返す大切な役割があり、身体の血液は心臓とふくらはぎで循環させていると言っても過言ではありません。 ふくらはぎの力が弱くなってしまう要因を理解して、柔らかいふくらはぎにする方法を学んでいきましょう! 1 脚がむくんでいる ふくらはぎが硬い要因の1つ目は、脚がむくんでいることです。 脚が冷えると血液循環が悪くなるため、脚にむくみの原因となる水分が溜まってしまうことがあります。 冷え知らずな脚を目指してむくみを予防しましょう! 2 運動不足や長時間の同じ姿勢で脚の血流が滞っている ふくらはぎが硬い原因2つ目は、運動不足や長時間の同じ姿勢で脚の血流が滞っていることです。 長時間同じ姿勢だと重力で血液が脚に溜まってしまい、運動をしないと脚に溜まった血液が上手く循環してくれません。 同じ姿勢が続いたときに血流を促すには、歩くなどの運動をしてふくらはぎを使ったり、ストレッチで伸ばすのが効果的です。 あまり脚を動かしてないと感じたときは、積極的に運動を取り入れましょう! 3 ストレスで自律神経が乱れて血流が悪化している ふくらはぎが硬い理由3つ目は、ストレスで自律神経が乱れて血流が悪化していることです。 実は私たち人間は過度なストレスを受けると、様々な体の変化が見られますが、そのうちの1つに自律神経系のバランスの乱れによる心拍・血圧・体温などの低下があります。 これらが低下すると、ふくらはぎの血液を送り返す力も弱くなって血流が悪化してしまうのです。 ストレスを溜めずリフレッシュすることも、脚を健康的に保つためには必要なことなのです。 4 脚の疲れが溜まっている ふくらはぎが硬い原因4つ目は、脚の疲れが溜まっていることです。 運動不足も血行不良の原因ですが、脚の使いすぎも筋肉の使いすぎで筋肉の炎症や疲労を引き起こします。 運動不足の人がいきなり過度な運動をすると、肉離れなどのけがをするおそれがあります。 疲れが溜まっているときは温める、入浴(湯船につかる)、ストレッチ、軽い運動などを行いましょう。 5 姿勢が悪く骨盤が歪んでいる ふくらはぎが硬い原因5つ目は、悪い姿勢で骨盤が歪んでいることです。 骨盤のゆがみは姿勢の悪さが一因であり、その逆も然り。 正しい姿勢を心がけて全身の筋肉を上手に使える状態にすることが大切です。 もし歪みがひどい場合は、整体やピラティスなどで骨の位置を正すことや病院に通うことを検討してみましょう。 ふくらはぎが硬いデメリット2つ ふくらはぎが硬いと次のようなデメリットがあります。 痛みを感じるようになる• 脚の疲れが抜けない ふくらはぎが硬くなってきたら、この2つに注意が必要なサインです。 デメリットをよく理解して自分の身に起きないようにしましょう。 1 ふくらはぎが硬いと痛みを感じるようになる ふくらはぎが硬いデメリット1つ目は、痛みを感じるようになることです。 また、脚の筋肉がこわばっているとこむら返りも起こりやすい状態です。 痛みを感じるようになったときには、ふくらはぎのケアを徹底する必要があるでしょう。 2 ふくらはぎが硬いと脚の疲れが抜けない ふくらはぎが硬いデメリット2つ目は、脚の疲れが抜けないことです。 血液や水分が溜まっていると重くなり、疲れが溜まる一方になります。 脚の力を抜いても柔らかくならず硬いときは、注意が必要です。 脚が重くなってきたと感じたら透かさずケアをしましょう。 ふくらはぎを柔らかくする5つの方法 硬くなったふくらはぎを柔らかくするには、5つの方法があります。 順に全てを行うとベストですが、どれか1つ取り入れるだけでもふくらはぎの硬さは改善されると考えられます。 どれも日常生活にちょっと足すだけでできることなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。 1 ぬるま湯であたためる ふくらはぎを柔らかくする方法1つ目は、38〜40度くらいのぬるま湯であたためることです。 ぬるま湯であたためて血行を促進します。 湯船に浸かるのがベストですが、難しい場合は蒸しタオルをふくらはぎに巻くなどしてあたためるだけでも効果的です。 ふくらはぎをあたためて血流を促しましょう。 2 ストレッチで筋肉を伸ばす ふくらはぎを柔らかくする方法2つ目は、ストレッチをして筋肉を伸ばすことです。 硬く縮まった筋肉をゆっくりと伸ばすことで、血流を良くすることができます。 自宅で1分でできるストレッチはこちらです。 脚を伸ばして座る• タオルを脚の裏に当てる• タオルを引きながら上半身を前に倒す• ゆっくりと30秒続けて、反対も行う 寝る前やテレビを見ながら、ちょっと床に座ったときなどに取り入れやすいストレッチです。 ぜひトライしてみましょう! 3 ふくらはぎの筋肉を動かす ふくらはぎを柔らかくする方法3つ目は、ふくらはぎの筋肉を動かすことです。 ふくらはぎを動かすことで、血液を送り返す働きを助けることができます。 座ってできる運動はこちらです。 正しい姿勢で椅子に座って肩幅に脚を開く• かかとを上げて下ろす• 脚の指先を上げて下ろす• これを12回繰り返す これならデスクワーク中でもいつでもできるので、脚が疲れてきたら運動してみましょう! 4 マッサージしてほぐす ふくらはぎを柔らかくする方法4つ目は、マッサージしてほぐすことです。 マッサージでふくらはぎを柔らかくしていきましょう。 簡単に覚えられるマッサージはこちらです。 床に片膝を立てて座る• 両手の親指をすね側にして脚を掴み、足首から膝に向かってもみもみする• ほぐれてきたら、足首から膝に向かってふくらはぎを絞るように指を滑らせる• 痛みがなくなってきたら、両手で親指がふくらはぎ側になるように掴んで足首から膝に向かってスーッと流す• 膝の裏も4本の指で流す これならすぐに覚えられるので、脚の保湿をしながらマッサージしてみてくださいね! 5 筋トレや有酸素運動をする ふくらはぎを柔らかくする方法5つ目は筋トレや有酸素運動をすることです。 ふくらはぎが固くなる原因の一つに、運動不足があるため、筋トレや有酸素運動で運動不足を解消しましょう。 カーフレイズやランニングといった筋トレや有酸素運動を生活に取り入れることで、ふくらはぎが刺激され血行もよくなります。 ふくらはぎが硬いと感じたら、運動不足を解消してみてくださいね! 4. まとめ 今回はふくらはぎが硬い原因やデメリット、ふくらはぎを柔らかくする方法を紹介してきました。 ガチガチに硬いふくらはぎは、脚のラインが崩れるだけでなく日常生活への支障をもたらします。 なお、掲載している情報は記事執筆時点(2020年2月11日)のものです。 また、画像は全てイメージです。

次の