デジタル パーマ セミロング。 もう、パーマで失敗しない。美容師が教える2019最新トレンド事情〜長持ち・セットのコツ

『本当のパーマ』セミロング×デジタルパーマ厳選100スタイル

デジタル パーマ セミロング

デジタルパーマ・パーマヘア乾かし方の基本手順 人によって多少の違いはありますが、基本的なパーマの乾かし方は 「根元から乾かしていき、徐々に毛先に向かって乾かす」この順番が良いです。 (ただ、場合によって前髪の生えクセが強い方は、前髪を最初に乾かします。 割れたりうねりが出てしまう恐れがあるので。 ) パーマに限らず、最初に毛先を乾かしてから根元を乾かそうとすると、毛先にも余計な熱と風が当たってしまい、乾燥やダメージの原因にもなりかねません。 そして、乾くのにも時間がかかります。 どちらを選択しても間違いでありませんが、 「今かかっているパーマスタイル」と 「自分がなりたい質感」によって適している乾かし方があります。 「髪が短いボブ」や「ショートのパーマスタイル」にねじって乾かしても、そもそもの髪の長さがないので、いくらちゃんとパーマがかかっていても、ねじっても綺麗に出しにくいです。 なので 「髪の長さが短いスタイル」には不向きな乾かし方と言えます。 そして、髪の短いヘアスタイルには、「ワンカール」または「ゆる巻きウェーブヘア」が多いので、その弱めなカールヘアに対してねじって乾かすと、変なヘアスタイルになる可能性があります。 よって 「パーマのかかりが弱いスタイル」にも不向きと言えますね。 結果、ねじって乾かすヘアに適しているのは、 「ロングヘア」「カールは強め」の方が適しています。 強くかかっているスタイルであれば、パーマがいい感じに弱くなり、よりナチュラルよりのカール感が出しやすくなります。 ですが、髪の長い方も強めにかけたとしても、散らし過ぎて乾かすと、パサパサに見えてしまうので 「ロングヘア」の方は不向きです。 よって、 「ショートヘア」「カール強め」「ニュアンスヘアが狙い」の方に適しています。 杉崎秀弥 おすすめデジタルパーマスタイリング方法 スタイリング方法は色々ありますが、僕は朝から細かくやるのが好きではないので今回とっておきをご紹介! それはとてもかんたんです! パーマを出したいところだけ湿らせる! もっと詳しく説明すると、、、 【朝・シャンプーしない人】 寝癖を直すついでにパーマをかけた部分だけに、 カールが戻るまで トリートメントミストで湿らせて握ります。 その湿らせた上から、「オイルトリートメント」タイプを重ね付けしてカールを綺麗に戻すように揉み込みます。 (濡らし過ぎると乾くのに時間もかかりますし、髪にも負担が出る可能性もあるので、パーマが綺麗に戻った時点で濡らすのはストップ) 【朝・シャンプーする人】 面倒ですが…一度根元を中心に乾かしてから、上で書いた毛先を湿らせる作業ですね。 上手に乾かせる方は、毛先の水分は残っていてOKです。 乾かす時に大事なのは根元!理由は下の方で書きます。 デジタルパーマヘア長持させるためには? 答えは、「しっかりとしたヘアケア」です! アミノ酸系のシャンプーやトリートメントでヘアケアをしたり、サロントリートメントで髪の内部を補修することにより、 カールを長持ちさせることができます。 酸熱トリートメントとパーマヘアの相性 ただ、酸熱トリートメントなどの場合(グリオキシル酸)が配合されたトリートメントの場合、ストレートパーマとトリートメントの間に入るジャンルのトリートメント施術は、パーマヘアを弱くしてしまう可能性があるので、担当者とよく相談してやりましょう。 酸熱トリートメントで髪のコンディションは良くなりますが、せっかくかけたパーマが弱くなっては本末転倒。 デジタルパーマヘアオススメのスタイリング剤 ムースやワックスなどスタイリング剤は色々あり迷いますよね。 天然のアルガンオイル配合。 〈本体価格 4,000円税抜〉 髪をちゃんと乾かさない人は要注意! なぜなら、、、 頭皮が臭くなります。 前髪パーマの種類 ・髪にロッドを巻き前髪にパーマをかける ・丸めた髪をピンで留めてパーマをかける ・カールアイロンを使用してパーマをかける ・電子制御ができるロッドを使いパーマをかける 大きく分けてこの4つになります。 前髪パーマで失敗することはあるの? 失敗してはいけないと思いますが、失敗してしまうことは人によってあると思います。 パーマをかけられる人(お客様)の髪質・コンディションはもちろん、パーマをかける人(美容師)の技術力不足が原因だと思います。 それは、前髪パーマだけではありませんが笑 その中でも失敗しやすい原因の1つとしては、、、 「 ストレートパーマがかかっている前髪 」 他のサロンで昔ストPをかけて、それを伝えないでパーマをかけて失敗した・・・という話を聞きます。 普通は見て分かるのですが、中には分からないケースもあるのかと。 ストPの上からかけれないこともないのですが、難易度が高くなったり、施術者の事前準備が必要になるためです。 大切なのは、しっかりと髪の履歴を伝えて担当者とコミュニケーションをとることですね! 前髪パーマは流しやすくかけることはできるの? 前髪パーマの流しやすさは、かけ方や種類によって変わってきます。 普通のパーマなのか、コテパーマや、デジタルパーマなどの種類によって金額も変わってきます。 前髪パーマの施術事例 《 カット・パーマ前 》 最後にカットしたのが約3ヶ月前で、かなり扱いにくいとのこと。 そして、悪いと思っていたがセルフカットして毛先がバラバラに… パーマをかける前の形もかなり重要です。 このままでもパーマをかけれますが、毛先が揃っていない状態でかけてもまとまりが悪いです。 なので必ず先にカットをします。 モデルさんの髪質ですが、細毛・直毛さんでパーマがかかりにくそうな髪質ですね… オーダーは、ゆるくフワッとしたカールがほしいとのこと。 細毛・直毛の髪質も考えて、「ゆるふわカール」をかけたいと思います。 最初に前髪の幅を綺麗に分けてカットをします。 そうなったら我慢して伸ばすしか方法はありませんので… 綺麗にカットをしたら、毛先にデジタルパーマをこのようにかけます。 カットを終えてから巻き付けるまで約10分かからないくらいです。 この後、機械でカールを形成していきます。 こちらも約10分放置。 温め終わったら最後の薬を付けて5分で流して終わりです。 前髪カットから乾かす前までで、30分もかかりません。 乾かす前の髪はこのような感じに。 すでにいい感じの優しいカールが出てますね。 もちろん、オーダーに合わせてしっかりとしたカールも出せます。 なので、セルフカットはもう卒業して「前髪カットとパーマ」をセットでやるのがオススメです! 前髪パーマの所要時間は30分から1時間の間で、予算は約3000円〜4000円です。 前髪カットは5分〜10分の間くらいです。 使えます! 普通毛であれば、かけたパーマはすぐとれませんが、時間が経つと弱くなってきます。 そのパーマ毛の上からコテで巻き足すのはありです。 ただ、やり過ぎてコンディションが悪くならないように注意が必要です。 Q2、前髪パーマは雨の日でもとれるの? A. とれません! ちゃんとパーマがかかっていれば、むしろカールが綺麗に出やすいです!薬剤などの力を使い形状記憶させています。 コテで巻いたカールは、髪の中にある水分を蒸発させながら熱を加えてカールを付けます。 よって、髪が水分を吸収するとコテ巻きカールが取れてしまうのはそのためです。 平均2~3カ月 もちろん、髪質によってパーマのもちは前後しますので、長持ちする人はもっと残りますし、直毛の方は少しとれやすいですね。 あとは、冒頭でも書いたように「普通のパーマ」や「デジタルパーマ」でかけるのかでも、施術種類によってパーマのもちは変わってきます! 《 まとめ 》 ・髪の履歴をしっかりと伝える。 ・自分のやりたいスタイルとコンディションが合っているか確認。 ・パーマのかけ方と予算が合っているか確認。 表参道・青山でデジタルパーマが上手い!美容院 LOVEST青山 店長杉崎です。 今回は、僕の... 巻かれている状態で髪を乾かすことによって、薬剤以外の力でカール付けを高める。 そのカール感は自在で、ヘアアイロンやコテで巻いたようなカールや前髪や毛先のワンカールも可能。 パーマヘアで失敗しないためには、しっかりとコンディションを見させていただいてから、かけることをオススメしております。 デジタルパーマってどれくらい持つの? デジタルパーマのもちですが、基本的には「パーマをかけたところはずっと残ります」 ですが、パーマをかける「美容師さんの技術力」やパーマをかけてもらう「お客様の髪のコンディション」や「なりたいヘアスタイル」によってパーマの持ちが変わってきます。 何でもできる人もいれば、苦手な技術・嫌いな技術はあると思います。 結果的に、かける人によりかかり具合に個人差が出ます。 それを見極めるのは中々難しいですが。 この上からかけるのはかなりリスクがあります。 薬の付いている分量が多い方がカールもしっかりとかかり長持ちします。 なので、毛先だけかけるワンカールスタイルは中間からかけるスタイルよりも、パーマのもちは悪いでしょう。 からと言って、毛先のワンカールスタイルを否定しているわけではありません。 個人的にはワンカールのボブスタイル好きです! 以上の3つが理由としてあるので、詳しくパーマの持ちを言い切るのは難しいですね! デジタルパーマの料金はどれくらいが相場なの? 安いところで、「前髪パーマで¥500円」 全体的にかけるデジタルパーマでも「¥2,000円」のサロンがありました。 価格破壊にも程がありますよね。 使う商材にもよりますが、おそらく原価割れしてますね。 平均相場で見ると、「¥10,000円」前後のサロンが多いですね。 airでの基本料金は「¥12,000円~」で施術しています。 金額に関して高い安いは、お客様自身の価値観で決まるものだと思いますが、安心を値段で買う感覚もナシではないかなと個人的には思います。 「こんなに安くて薬の質とか大丈夫なの?!」とか思っちゃいます笑 あと、自信がない美容師さんはそもそも、高い施術を勧められない気がしますが笑 デジタルパーマのカウンセリング方法 理想のヘアスタイルになるためには、イメージの共有が1番です。 長く通われている美容師さんには言葉だけで伝わることもあると思いますが、ちょっとした言葉のニュアンスや受け取り方で、目標のヘアスタイルからズレてしまう可能性が出てきます。 それらがマッチして、実際にパーマをかける工程に入ります! 昔は雑誌の切り抜きでしたが、今はスマホで気軽に画像保存と提示ができるので、それを上手く活用して担当者と「なりたいスタイル」の共有が大切ですね! パーマがかかりにくい髪質ってあるの? かかりにくい髪質のポイントは「4つ」あります。 ・髪が太い・髪が硬い・髪の芯が強い・水を弾き、髪質も変わらない方 以上の4つに、1つでも当てはまる方はかかりにくい可能性があります ただ、それも一概には言えず、髪の表面と内側の強度によります。 イメージは、髪の毛を「のり巻き」に例えるといいです。 のりが「髪の表面・キューティクル」米が「髪の内側・コルテックス」 髪の内側や表面が強い方はもちろん、その2つがしっかりしている人は、とくにかかりにくいのです! ただ、一般の方が自分のヘアを識別するのは難しので、詳しくは担当者に髪質を聞くのが1番よいです! どれくらいの頻度でデジタルパーマをかければよいの? 「普通毛の方であれば3ヶ月前後」を目安でかければいいと思います。 ただ、「髪のコンデション・かかり具合・ヘアスタイル」により期間は変わってきますのであくまでも目安です。 詳しくは髪質を見て診断ですね。 レングス別パーマスタイルのご紹介 〈デジタルパーマ・ショートヘア〉 根元からふわっと立ち上がるよう、毛先を中心にカールをつけた「大人ガーリーなショートパーマスタイル」 くしゃっと揉みこむだけでセットもかんたん、かわいくキマる!外ハネを入れるとカジュアルで可愛い雰囲気に。 ワンカールでシンプルに大人ハンサムにも。 〈デジタルパーマ・ボブヘア〉 デジタルパーマは毛先のワンカールも得意。 ボブの毛先にワンカールを付けることで、ふんわりとしたシルエットでかわいいスタイルに。 全体に強めなカールをかけ、クシュッとした前髪にすれば小顔に見えるスタイル。 こちらにも「ボブパーマ」に関して詳しく書いています。 〈デジタルパーマ・ミディアムヘア〉 ゆるふわのパーマを合わせフェミニンで華やかな雰囲気に。 忙しい朝でも、毛先を湿らせた上にオイルorワックスを揉み込みスタイリングするだけで、簡単にヘアが決まるのが嬉しいですね。 前髪にもデジタルパーマをかけることで、梅雨時期でもカールが取れないから安心です。 カールアイロン・ストレートアイロン・ブラシブローは使用していません。 流行りのスタイルですね。 ただ、デジタルパーマだと、ロッドが熱くなるので髪に巻きつけられる限界があります。 火傷にならない範囲でかけました。 髪を蒸らしながら乾かすので、少し注意が必要です。 デジタルパーマで失敗してしまう3つの原因と画像 これまでデジタルパーマの良さを伝えてきましたが、それでも失敗してしまう事はあります。 仕上がりの期待値が高いほど仕上がりのイメージが違うと悲しいですよね。 そうならないためにもまずは失敗してしまう原因を把握しましょう。 毛先のコンディションが悪く、枝毛や乾燥がひどい状態。 その髪に薬をつけたら思うようなパーマがかからなかった。 実は髪に少しのダメージがあっても、デジタルパーマならかけられますが、かける前にダメージのケアをして髪に栄養を与えましょう。 デジタルパーマの失敗事例 (お客様・掲載許可済み) デジタルパーマ失敗については下記の記事でも紹介しています。 こちらの記事も参考にしてください。 【関連記事】デジタルパーマの失敗が怖い・かからないと思ってる方へ それでもやっぱり、、、パーマが怖いという方がいましたらこちらを参考にしてください! パーマをかけなくても、かけたみたいに見える便利アイテムのご紹介です。 そしてこちらは、前髪のパーマを迷っている方向けの便利アイテムのご紹介です。 今回はタイトルにもあったように、メンズパーマのご...

次の

【セミロング】デジタルパーマ&イルミナカラー☆セミディ/chobii 表参道の髪型・ヘアスタイル・ヘアカタログ|2020夏/秋

デジタル パーマ セミロング

デジタルパーマと普通のパーマ、何が違うのかよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。 今回は デジタルパーマと普通のパーマの違いや特徴、選び方についてご紹介します。 パーマの特徴 そもそも、まずはパーマとはどのようなものかをご説明します。 パーマをかける時には、1液、2液と呼ばれる2種類の薬剤を使用します。 1液で、髪の毛を巻いたり真っ直ぐにするようにして、希望の形に髪がなるようにします。 そして2液によって、1液で希望の形にした髪を固定します。 パーマには、髪をストレートにするパーマとウェーブを付けるパーマに大きく分けられます。 髪をストレートにするパーマにはストレートパーマや縮毛矯正が含まれ、ウェーブにするパーマにはコールドパーマ、デジタルパーマ、エアウェーブ、クリープパーマ、コスメパーマ、水パーマなどがあります。 熱に注目すると、熱を加えないパーマと加えるパーマがあります。 「熱を加えないパーマ」 熱を加えないパーマには、コールドパーマ、水パーマ、クリープパーマ、コスメパーマ、ストレートパーマが含まれます。 「熱を加えるパーマ」 熱を加えるパーマには、デジタルパーマ、エアウェーブ、縮毛矯正です。 パーマの種類 パーマには、前述したように髪をストレートに伸ばすものと毛先をカールさせたり、ウェーブなどのくせをつけるものの大きく2つに分けられます。 今回は中でも、ウェーブなどのくせをつけるタイプのパーマについて紹介していきます。 髪にくせをつけるパーマの種類には、 「コールドパーマ」「デジタルパーマ」「クリープパーマ」などがあります。 この 「コールドパーマ」が一般的に普通のパーマの種類になります。 コールドパーマの特徴 コールドパーマが一般的なパーマと呼ばれる種類になります。 加熱はせずに、パーマ液のみで髪の毛のたんぱく質を固定してウェーブを作り出します。 コールドパーマは、髪の毛が濡れている状態の時が一番ウェーブが強く出ており、乾いたときに緩やかになるのが特徴です。 波打つようなウェーブ、しっとりとした束感、くしゃっとした無造作ヘアなどのスタイルにしたい場合におすすめです。 ドライヤーで髪を雑に乾かすと、ウェーブがばらばらになってしまったり、伸びてしまったりします。 濡れた状態の時に、スタイリング剤をつけ、弱風で乾かすのが一番綺麗にウェーブが出ます。 大きなウェーブの場合、1ヶ月から2ヶ月程度でパーマが落ちてしまいますので、定期的にパーマをかける必要があります。 関連記事 デジタルパーマの特徴 デジタルパーマは、十数年ぐらい前に登場したパーマです。 略して「 デジパ」と言うこともあります。 形状記憶パーマとも呼ばれ、専用のマシーンを使用して行います。 こちらのメリットデメリットなども合わせてご説明します。 デジタルパーマとは デジタルパーマの大きな特徴は、パーマ液だけでなく、機械を使い髪の毛に熱を加える点です。 髪の毛のたんぱく質を加熱することで、しっかりとウェーブの形状が記憶されます。 デジタルパーマは、 熱を加えることで髪の毛にスタイリングを形状記憶させ、パーマのかかり具合を強くすることが出来るのです。 デジタルパーマのメリット デジタルパーマのメリットをいくつか挙げてみましょう。 パーマの持ちが良い• 髪質に左右されずくせが付きやすい• 髪が濡れた時でもほとんど変わらない• 髪が傷みにくい 一番のメリットはパーマの 持ちが良いため、数か月その状態がキープできることでしょう。 一度形状記憶された髪の毛のウェーブは、大きめのゆる巻きウェーブでも、 3ヶ月から半年と長期間もちます。 そして環境の変化にも強いので湿気が多いシーズン、雨が降っている時などでもパーマが取れにくいです。 また、髪を乾かした時にウェーブが再現されるので、 普段のスタイリングがとてもラクに仕上がります。 乾かす時は、指で毛をクルクルッと巻いたら手のひらに乗せ、手のひらを上下に動かしながらドライヤーをあてて、ウェーブを潰さないようにするのがおすすめです。 根元にはかけられないというデメリットもありますが、乾かすだけでスタイリングができる手軽さがメリットです。 コテを使ったような、巻き髪にしたい場合にもおすすめです。 デジタルパーマは機械でくせをつけていくので、パーマ液の強さ(髪の内部構造を変化させる作用)はそれほどありません。 そのため、髪質を変化させたり、傷めてしまう リスクは小さいです。 パーマ液には還元剤が配合されていて、それが髪を膨潤させます。 しかしその作用は普通のパーマに比べて弱いので、シスチン結合が切断されているのは最小限にとどめられている状態です。 デジタルパーマのデメリット 次にデジタルパーマのメリットをいくつか挙げてみましょう。 施術時間が長い• 髪形を変えずらい• 細いウェーブは不向き• 費用が高い• 店舗によって持ちが悪くなることも パーマ液に頼ったくせつけではないので、 施術に時間がかかります。 毛量などにもよりますが、2時間以上掛かるケースが多いです。 そのため費用もだいたい2万円近くこともあります。 デジタルパーマはロットの巻き方、パーマ液の塗り方、加熱の仕方、時間、環境条件などによってパーマの掛かり具合が変わってきます。 そのため、あまり慣れていない美容師が対応するとイメージと違ったパーマ、掛かりの悪いパーマになってしまうことも少なくありません。 最近の機械は細かい温度調整が可能なので、髪質によって温度を上げるなどして調節してくれるところがお勧めです。 デジタルパーマは持続性があるので、もしストレートに戻したい場合は、ある程度待たなければいけません。 すぐにでも戻したい場合は、縮毛矯正が必要になるでしょう。 デジタルパーマが向いている髪質 せっかくデジタルパーマをかけたのに、すぐに取れてしまったり、強くかかりすぎて毛先がチリチリになってしまったりという経験はありませんか? それは、デジタルパーマと 髪質との相性に問題があるのかもしれません。 デジタルパーマが向いているのは、以下の髪質です。 ストレート 普通のパーマではかかりにくかったり、すぐ取れてしまったりすることが多い、クセのないストンとした 直毛でも向いています。 デジタルパーマなら 薬剤の選定や放置時間、ロッドの温度調節などでしっかりとしたカールを持続させることもできます。 また、 縮毛矯正をしている方でもかけることができます。 太くしっかりした髪 太い髪はキューティクルの層が厚く、パーマの薬剤がなかなか浸透しません。 そのため、普通のパーマはかかりにくいのですが、デジタルパーマなら ロッドが熱くなるので、髪にカールの形状を記憶させることが可能です。 ですので、比較的毛が太めで毛量が多い方は、デジタルパーマに向いていると言えます。 髪が健康過ぎてパーマがかかりにくいことがあれば、デジタルパーマにチャレンジしてみましょう。 細くクセのない髪 逆に細い髪なら一般的なパーマでもかかりやすいのかというと、そういうわけではありません。 細くまっすぐな髪は、キューティクルの層がきれいに揃っているので、薬剤が髪の内部にまで入りにくいのです。 つまり、細い髪にも、熱の力を利用するデジタルパーマが向いているといえます。 デジタルパーマが向いていない髪質 デジタルパーマは、一般的なパーマよりかかりやすく、とれにくいのが特徴です。 そのため形状記憶パーマとも呼ばれていますが、髪質によってはきちんとしたカールがつきにくいことも。 ダメージヘア カラーなどで 髪が傷み過ぎていたり、 毛先が大胆にすいてあるヘアスタイルの方は向いていません。 施術中は少し熱く感じることもあります。 毛先の方がチリチリになってしまうこともあるので、髪が傷んでいる場合は先にトリートメントなどで補修する必要があります。 ショートヘア デジタルパーマはロッドが熱くなるため、髪の根元まで巻くと火傷の危険性も。 ショートヘアの人は、一般的なパーマを選ぶといいでしょう。 毛量が少なめの方は、デジタルパーマの効果が十分に出ませんので普通のパーマを選びましょう。 また、敏感な体質の方はデジタルパーマは避けたほうが良いでしょう。 自分に似合うパーマの選び方 流行の髪型にするのも良いですが、大切なのは自分に似合う髪型やそれを実現するためのパーマを選ぶことです。 美容師に相談するのが良いですが、まず自分でどのようなイメージになりたいか考えておくと美容室でオーダーしやすいかもしれません。 デジタルパーマが似合うスタイル セットする時に楽な方がよい、 ヘアアイロンを使った時のような立体的なカールやパーマを長持ちさせたい、と考える方はデジタルパーマを選ぶと良いです。 普通のパーマが似合うスタイル 外国人のようなふんわりとした緩めのウェーブにしたい、 部分的にボリューム感を出したい、髪はなるべく傷ませたくないという方には普通のパーマがオススメです。 パーマのオーダーで気をつける点 仕上がりがなんとなくイメージしていた感じと違う…なんて経験をされた方も少なくないと思います。 仕上がりや自身の髪質に合わせてしっかり選ぶ必要があります。 どのようなスタイルを求めているのかによっても違いますが、 パーマ後のイメージをとにかく美容師の方に何度も確認することが大切です。 確認していないと、パーマ後の変化にギャップを感じてしまって、似合っていないと感じることがあるので気を付けましょう。 見慣れていないと違和感を感じてしまうため、何度もカウセリングを行って希望のスタイル、見た目の変化をチェックしながらパーマを行ってください。 パーマがかかりにくい髪質もあるので注意! 髪の毛のクセや髪質によってはパーマがかかりにくい場合があります。 そのため、美容師の方に細かく質問をし、相談をすることを忘れないようにしておきましょう。 また、希望のイメージを伝えても髪質の問題によって、若干理想とは違う仕上がりになる可能性もあるため、注意してください。 パーマをかけた後のケア方法 せっかくパーマをかけたので、出来る限り長持ちさせて綺麗に保ちたいと思う方がほとんどだと思います。 ですので、パーマをかけた後のケア方法をいくつか紹介します。 まず、 パーマをかけた後の24~48時間は髪を洗わない方が良いと言われています。 また、パーマをかけた後には髪がアルカリ性になっているので、髪が健康でいられる弱酸性に戻すと良いです。 アミノ酸系や石けんシャンプー アミノ酸系や石けんシャンプーなどの 弱酸性シャンプーを使ってみましょう。 弱酸性シャンプーは髪だけではなく、頭皮にも優しいのでパーマ後のダメージを少なくしてくれる可能性もあります。

次の

セミロング×パーマ×前髪ありの髪型|大人女子に最適な自分で出来るヘアアレンジも

デジタル パーマ セミロング

パーマというと「コテで巻くより傷みそう」「失敗したら悲惨そう」などの印象を持っているひとは多い。 だけどそれは、一昔前の話。 最新パーマは進化していて、むしろ髪質がよくなるものから朝のセット時間が格段に楽になるものまで、さまざまな種類があるのだそう。 今回は、最新パーマをあつかうサロンのお二人、 Door代表取締役・吉澤剛さんと、 unヘアメイク兼カラースペシャリスト・木曽主博さんにお話を伺った。 そこで、ゆるふわ・しっかり強め・毛先ワンカールなどの王道人気の髪型から、黒髪でもおしゃれに見えるパーマや、ショート・ボブ・ミディアム・セミロング・ロングと長さ別のおすすめパーマまでヘアカタログ形式でたっぷりご紹介。 カールを長持ちさせる洗い方や乾かし方、ワックスやムースなどの美容師愛用スタイリング剤や結んでもかわいいパーマヘアアレンジも合わせてチェックして。 そのほかパーマの種類は、こんなに豊富。 3.水パーマ 途中で水洗を行う、熱を使わないパーマ。 ダメージレスで髪にやさしい。 カール感はゆるく、持ちはあまり良くない。 デジタルパーマやエアウェーブより安価。 4.クリープパーマ 薬を中和させ、ダメージを軽減させつつカール感もしっかりと出る、熱を使わないパーマ。 ダメージレスでパーマもかかりやすいけれど、施術時間がかかる。 デジタルパーマやエアウェーブより安価。 5.コラーゲンパーマ コラーゲンなどの前処理を行い、髪への負担を軽減した熱を使わないパーマ。 カールもつきやすく、痛みがすくないから、次回もパーマがかけやすい。 デジタルパーマやエアウェーブよりも安価だけれど、前処理にケア剤を使うから料金がかかる。 6.エアウェーブ 水分を吸収させて髪をガラス化させるパーマで、熱は使わない。 1番柔らかいパーマを作れるから、ゆるふわパーマにしたいひとに最適。 普通のパーマより割高。 7.低温デジタルパーマ 薬液と熱を使うパーマ。 低温だからカール感はデジタルパーマより劣るけれど、持ちは良くダメージもすくない。 デジタルパーマより施術時間がかかり、お値段も普通のパーマより割高。

次の