スペイン かぜ。 100年前5億人が感染したスペイン風邪 なぜ日本も終息に丸2年かかったのか?

スペイン風邪(スペインかぜ)とは

スペイン かぜ

タグ 5G 禁煙 牛乳 玄米 甲状腺 男性ホルモン 発がん性物質 目 神経伝達物質 窒素 炎症 第三次世界大戦 精神科医 糖化 糖尿病 糖新生 糖質制限ダイエット 細胞 細菌 炭水化物 炊飯器 肝臓 放射能対策 心筋梗塞 抗ガン剤 抗体 抗生物質 拝金主義 放射線治療 放射能 断酒 炊き方 早期発見早期手遅れ 有名人 東洋医学 梅毒 油 活性酸素 減塩信仰 災害 耐性菌 肥満 常在菌 酸化 赤血球 輸血 逆分化作用 過剰摂取 遺伝子組み換え食品 酢 酵素 野菜 認知症 電子レンジ 食事 食事療法 食品 食品添加物 食物繊維 骨 骨粗しょう症 豚コレラ 解毒 肩こり 膵臓 胃 脚気 脱灰 脳波 脳科学 腎臓 腰痛 腸内細菌 自己免疫疾患 視力 自律神経 自然治癒力 芸能人 菜食 葉緑素 血液 血清肝炎 血糖値 御用医者 安楽死 EM クエン酸 オステオカルシン オメガ3 オメガ9 オワコン カロテノイド ガン ガン治療 クエン酸サイクル ウイルス自然発生説 ケトン体 コレラ コロナ コロナウイルス サプリ ステマ ステロイド ストレス エイズ インフルエンザ スペイン風邪 まとめ GI値 HIV がん がん治療 すい臓 てへぺろ まだ厚労省にカモられてるの アシドーシス インフル アビガン アマニ油 アラキドン酸 アルカリ アルカリホスファターゼ アルカリ性 アルコール アンチエイジング スペインかぜ タピオカ 好転反応 全体食 人工呼吸器 体調不良 便秘 健康被害 偽医療 元素転換 免疫力アップ 再パンデミック 不飽和脂肪酸 加工食品 医療ポルノ 医療自爆 千島学説 呼吸 国民皆保険 塩分 大企業 乳酸 ワクチン ダイエット ファスティング デトックス トランス脂肪酸 ビタミン ビタミンB6 ビタミンB群 ビタミンC ビタミンD ピロリ菌 ヘモグロビン レンチン ホルモン マグネシウム マラリア ミネラル メトヘモグロビン メンタル ヤブ医者 リウマチ 髪 目次• アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によるインフルエンザ・パンデミック重度指数(PSI)においては最上位のカテゴリー5に分類される。 感染者5億人、死者5,000万~1億人と、爆発的に流行した。 スペインかぜは、記録にある限り人類が遭遇した最初のインフルエンザの大流行(パンデミック)である。 流行の経緯としては、第1波は1918年3月にアメリカのデトロイトやサウスカロライナ州付近などで最初の流行があり、アメリカ軍のヨーロッパ進軍と共に大西洋を渡り、5〜6月にヨーロッパで流行した。 第2波は1918年秋にほぼ世界中で同時に起こり、病原性がさらに強まり重篤な合併症を起こし死者が急増した。 第3波は1919年春から秋にかけて、第2波と同じく世界で流行した。 さらに、最初に医師・看護師の感染者が多く医療体制が崩壊してしまったため、感染被害が拡大した。 この経緯を教訓とし、2009年新型インフルエンザの世界的流行の際にはインフルエンザワクチンを医療従事者に優先接種することとなった。 経験など何も生かしてないのがよくわかります。 スペインかぜについては解読された遺伝子からウイルスを復元したところ、マウスに壊死性の気管支炎、出血を伴う中程度から重度の肺胞炎、肺胞浮腫を引き起こすことが判明した。 このような強い病原性は、ウイルス表面にある蛋白質HA(赤血球凝集素、ヘマグルチニン)が原因である。 また、スペインかぜウイルスは、現在のインフルエンザウイルスよりも30倍も早く増殖する能力を持つことが分かっている(増殖を司る3つのDNAポリメラーゼによる)。 赤血球凝集素が原因と書かれています。 血液が固まりやすいウイルスのようです。 血液の機能 赤血球には、融合・分化し、細胞・骨・臓器を作る分化作用と、細胞・骨・臓器が崩壊して赤血球に戻る逆分化作用の二種類があります。 この機能は千島学説のみで主張されるので、専門家は知る由もありません。 赤血球は酸素を運ぶだけ、などといつまで幼稚な知識を信じ続けるのでしょうか? 赤血球の凝縮は酸化であり病的分化です。 病的分化した細胞を赤血球に戻す逆分化作用が治療には重要です。 スペインかぜの感染者は約5億人以上、死者は5,000万人から1億人に及び、当時の世界人口は18~20億人であると推定されているため、全人類の3割近くがスペインかぜに感染したことになる。 感染者が最も多かった高齢者では基本的にほとんどが生き残った一方で、青年層では大量の死者が出ている。 若者は成長のために分化作用が強く働きウイルスを過剰に取り込み、逆分化作用が弱くウイルスの排出がしにくかった、年寄りは分化作用が弱いのでウイルスの取り込みが弱く軽症ですんだ、と考えられます。 健康そうな若い人のほうが、逆分化作用の働きが悪く分化作用が強いのが仇になり症状が悪化した、とはなかなか気がつかないでしょう。 通常の流行では小児と老人で死者が多いのだが、スペインかぜでは青年層の死者が多かった点に関し2005年5月にMichael Osterholmはウイルスによって引き起こされるサイトカインストームが原因であるという仮説を提唱したが、これに反対する説もある。 1918年から1919年に掛けて流行したスペイン風邪では、5千万〜1億人とされる死者の中で健康であった若者の死亡数が際立って多かった理由として、サイトカインストームが発生したことが関係すると信じられている。 この場合、健康な免疫系は身を守るものとしてではなく己を攻撃するものとして動作したことになる。 2003年のSARS流行の際も、香港での予備的な調査の結果、その死因の多くがサイトカインストームによると判明している ウイルスは赤血球を媒介して全身に回ります。 赤血球の知識がないものだから、サイトカインストームなどと必殺技みたいな誤った知識を考え出してしまいます。 逆分化作用が強ければウイルスが速やかに排出できるのですが、弱いと排出できず、分化作用だけが強いとウイルスが細胞内に取り込まれてしまいます。 サイトカインストームは多くの炎症性疾患および非炎症性疾患(移植片対宿主病 GVHD 、急性呼吸窮迫症候群 ARDS 、敗血症、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、天然痘、全身性炎症反応症候群 SIRS )で発生するほか、一部の医薬品でも誘発される。 その実例として、2006年に治験薬TGN1412が第I相臨床試験実施中の6名にサイトカインストームによると思しき極めて重篤な反応を惹起したことが挙げられる。 サイトカインストームが起こったのは毒物が赤血球と結びついて全身に回り細胞化したからです。 いつまでお薬あそびをしているのでしょうか。 そんなていたらくだからコロナで医療崩壊におびえるのです。 自己免疫疾患は人工的に作れます。 ちなみに、結核も副作用にあります。 難病を人工的に作り出した点が評価されたのでしょう。 医者が毒物使って患者を病気にしといて、病気と免疫と遺伝に責任転嫁。 やられた患者はいい迷惑です。 免疫の本質的機能とは そもそも「免疫力」とは自分と自分でないものを振り分けて、自分でないものと判別されたものに対しては隔離・排出する機能のこと。 「免疫力が低い」とは自分と自分でないものが区別できず異物や毒物・ウイルスが隔離・排出されにくい状態です。 毒物を入れれば自分でないものと判別し排出します。 免疫力が低いと、毒物と結びついた赤血球が細胞として成長し体内に埋め込まれ、排出できない状態になっている。 それが、自己免疫疾患とされるものだと推測されます。 免疫は、自分の体を攻撃するどころか、毒物を入れたから排出しようと頑張っています。 自分の免疫は自分のことを攻撃することなどありえません。 人間には生存する本能が備わっているのですから。 攻撃されるようなものを体内に入れた偽医療と愚医師が悪いのです。 20世紀初めには、パウル・エールリヒ Paul Ehrlich により提唱された、免疫系は自分自身を攻撃しないとする「自己中毒忌避説 Horror autotoxicus 」を代表とする考え方が主流であった。 しかし、その後の研究により自分の体の構成成分を抗原とする自己抗体が発見されるにつれ、自己免疫疾患の存在が明らかになっていった。 抗体だって自分の赤血球からできているものなのですから、自分の体の構成成分が検出されるのは当然のことです。 血液が弱アルカリ性になり、赤血球の逆分化作用が活発になると、痛みが出て治り始めます。 この手の病は回復に時間がかかるのでじっくり向き合う必要があります。 安易に無意味な免疫抑制剤を投与したり、短気を起こして患者を殺す医師もいるので要注意です。 特効薬探しに夢中な自称専門家 パウル・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854年3月14日 — 1915年8月20日)はドイツの細菌学者・生化学者。 「化学療法 chemotherapy 」という用語と「特効薬 magic bullet 」という概念を初めて用いた。 特定の病気に対して効く薬がある、といまだに信じる人は最もヤバい奴です。 抗がん剤もがんだらけになって患者が早期に死に、インフルの特効薬とされるものは患者が発狂する飛び降りる始末。 いつまで専門家たちは特効薬探しに興じているのでしょうか? 偽物は崩壊におびえるだけ コロナで医療崩壊とか言ってますが、この程度で崩壊するなら早めに崩壊してもらったほうがいいでしょう。 自称専門家のアドバイスなんて「鼻くそほじらないで」レベル。 そこらへんで遊んでる子供のほうがまだマシな答えを出します。 ツバの話ばかりで聞いてるこっちが恥ずかしくなります。 患者だましてムダな医療で免疫力低下させて、カネ儲けばかりしてきたから、ろくな対策もできず崩壊の危機におびえなければならないのです。 身から出たさびとはこのことです。

次の

スペイン風邪の起源はスペインではないのになぜスペイン風邪と呼ばれるのか?戦時検閲とウイルスの強毒化という二つの理由

スペイン かぜ

[画像のクリックで拡大表示] 急速に感染が拡大していた非常に危険なインフルエンザの症例が、米国のフィラデルフィア市で最初に確認されたのは1918年9月17日だった。 翌日、市はウイルスのまん延を防ぐため、人前で「咳をする」「つばを吐く」「鼻をかむ」などの行為をやめるキャンペーンを立ち上げる。 ところがその11日後、市は戦勝パレードを決行し、20万人が参加した。 感染症の流行は目前と予想していたにもかかわらず、だ。 その間に患者は増え続け、最初の症例からわずか2週間で、感染者は少なくとも2万人にのぼった。 学校、教会、劇場、集会所などを閉鎖し、市がようやく「社会的距離戦略」を実施したのは10月3日のこと。 しかし、その時点で市の医療はすでに崩壊していた。 1918年に流行したこのインフルエンザ、いわゆる「スペインかぜ」の感染拡大は1920年まで続き、近代史上最悪のパンデミック(世界的流行)となった。 現在、新型コロナウイルスへの対応として、世界中でさまざまな活動の停止を余儀なくされているが、このときに全米各地で講じられた感染拡大対策とその結果を検証することで、新型コロナウイルスに打ち勝つ教訓を得られるかもしれない。 市民を救ったセントルイス市の英断 スペインかぜの症例が米国で最初に報告されたのは1918年3月、場所はカンザス州の陸軍基地だった。 その後、インフルエンザは米国全土に拡大する。 パンデミックが終息するまでに、世界で5千万人から1億人が死亡したが、米国でも50万人以上が犠牲となった。 (参考記事: ) フィラデルフィアで感染者が確認されてからほどなく、ミズーリ州セントルイス市でも10月3日に最初の感染が見つかった。 市の対応は素早かった。 2日後にはほとんどの集会を禁じ、患者の自宅隔離を決断する。 その結果、感染の速度は下がり、セントルイスでの死亡率(単位人口あたりの死者数)はフィラデルフィアの半分以下となった。 パンデミックの最初の半年、すなわち感染が最も深刻だった時期のウイルスによる死亡者数が、フィラデルフィアでは人口10万人当たり748人と推定されるのに対し、セントルイスでは358人だった。

次の

スペインかぜと、株価・景気の関係

スペイン かぜ

1918年、ワシントンD. のウォルター・リード病院でインフルエンザ患者の脈を取る看護婦。 Photograph by Harris & Ewing Inc. 1918年に大流行したスペインかぜ(インフルエンザ)では世界中で5000万人が死亡したが、犠牲者が主に若い健康な成人だったのはなぜなのか、これまで明らかになっていなかった。 答えは驚くほどシンプルだ。 1889年以降に生まれた人々は、1918年に流行した種類のインフルエンザウイルスを子どもの頃に経験(曝露)していなかったため、免疫を獲得していなかったのだ。 一方、それ以前に生まれた人々は、1918年に流行したインフルエンザと似た型のウイルスを経験しており、ある程度の免疫があった。 今回の研究に携わった科学者らは、ヒトと鳥のインフルエンザ株の遺伝子が混じった1918年型ウイルスの構成要素がどう進化して来たかに着目した。 1830年まで遡り、優勢なインフルエンザ型の移り変わりを明らかにした。 進化生物学者らは、1889年にA型インフルエンザH3N8亜型、通称アジアかぜ(ロシアかぜとも)が世界中で流行したことで、子どもの頃にH1N1株のスペインかぜに似た型のウイルスを経験する機会を持たなかった世代があることに気づいた。 インフルエンザウイルス亜型の名称におけるHとNは、それぞれヘマグルチニン(hemagglutinin)およびノイラミニダーゼ(neuraminidase)という蛋白質を表す。 1900年以降、スペインかぜに似たH1亜型が流行したことで、それ以降に生まれた子ども達には部分的な免疫ができ、ウイルスに対する「脆弱性の窓」が閉じた。 研究を主導したアリゾナ大学の生物学者マイケル・ウォロビー(Michael Worobey)氏は、「史上最悪のインフルエンザのパンデミックで罹患者が最も多かった高齢者は、基本的にほとんどが生き残った」と述べる。 一方で、18~29歳の年齢層では大量の死者が出て、罹患者の200人に1人の割合で亡くなっている。 専門家らは、1918年におけるパンデミックの発生を脆弱性の窓という観点から部分的に説明できるのではないかと考えている。 コロンビア大学のウイルス学者、ビンセント・ラカニエロ(Vincent Racaniello)氏によると、今回の新しい研究ではコンピューター解析によって1918年型インフルエンザウイルスの前駆体が1907年頃に発生したことが判明した。 このことで、脆弱性の窓がどのようにして開き、また閉じたかが説明できるという。 この発見は、猛威を振るう鳥インフルエンザがヒトへ感染するのではという不安の高まる中、将来のパンデミック予防に役立でられる可能性がある。 また、インフルエンザワクチンの摂種法も変わる可能性がある。 現在のようにそのシーズンに流行が予想されるウイルスに対してワクチンを摂取するのではなく、子どもの頃に免疫を獲得できなかった株に対してワクチン接種を行うようになるかもしれない。 たとえば、2009年のH1N1亜型によるパンデミックはアメリカ疾病予防管理センターの発表によると世界中で28万4千人の死者を出し、この型は現在、優勢となっている。 「シーズンごとにインフルエンザの流行型が変動するのは普通のことで、毎年新たなワクチンを開発するのもそのためだ」と、シアトルにあるワシントン大学の免疫学者、マイケル・ゲール・ジュニア(Michael Gale Jr. )氏は述べている。 また、あらゆる型のインフルエンザを予防する万能ワクチンが実現する可能性もありそうだ。 研究結果は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌で公開された。 Photograph by Harris & Ewing Inc.

次の