赤ちゃんうなる。 赤ちゃんが便秘でうなる!どうしたら?

赤ちゃんが睡眠中にうなる原因とは?解消法2選+1

赤ちゃんうなる

よくうなっている赤ちゃんがいます。 お母さんとお話ししていると、「う〜ん、う〜ん」という声… 赤ちゃんが、よくうなったり気張ったりして、お母さん達はよく心配になるようです。 よくうなる赤ちゃんは、大体がお腹が張っていて、空気でお腹がいっぱい。 おならがよく出る子が多いです。 何故でしょう?? 大きな原因は、げっぷが出ない事。 赤ちゃん自身が下手で、うまくげっぷが出来ない。 小さく生まれた赤ちゃんも、お腹が張りやすい子が多い。 勢いよく母乳が出すぎて、口の中がすぐ一杯になり、仕方なしに空気を飲まざるを得ない場合もあります。 母乳だからげっぷをさせなくてもいい、と教えられる場合もあるようです。 いずれにせよ、赤ちゃんはしっかりげっぷが出ないとお腹が苦しいので、グズグズ言う事が多く、グズグズ言うので、お腹がすいたのかと思ってまた授乳する。 さらにお腹が張ってまた苦しくなる。 そんなパターンが多いようです。 授乳後、1時間〜1時間半位でグズり始める時は、大体お飲み込んだ空気が腸でゴロゴロし始めて気持ち悪がっていることが多く、そのせいで赤ちゃんがグズグズ言います。 腸は周期的に動くので、腸の動きに合わせて赤ちゃんも周期的にうなります。 最終的におならという形でお腹のガスが出て行くと、スッキリ。 でも、授乳回数が多いと空気を飲む回数も増えるので、結局常にお腹は空気で一杯。 苦しい赤ちゃんが多いのです。 おならで出ている空気は、本来ならげっぷで出て行くべき空気です。 おならが多いのは、げっぷがしっかり出ていないせいです。 そこで解決方法。 一つは、しっかりげっぷを出してあげる事。 これは、母乳でもミルクでも必要です。 げっぷの出にくい子は、少し時間が経ってから縦抱きにしても出る事があるし、とりあえず、合間あいまにトントンしてあげましょう。 もし可能なら、授乳の途中で1回げっぷを出してあげる。 赤ちゃんは、飲みながら寝入ってしまうとげっぷが出ないことが多いからです。 それでも、げっぷの下手な子はやっぱり出ない。 そんな時は、お腹のマッサージをしてあげましょう。 おへそを中心にお腹を時計回りに軽くさすってあげる。 抱っこのついででかまいません。 それだけでも赤ちゃんは腸の動きが良くなって、おならという形でスムーズに空気が出て行ってくれます。 もう一つは、空気を飲む回数を減らしてあげる事。 授乳回数を減らす事で空気を飲む回数が減るので、少しお腹がスッキリする時間が出来ます。 その為には、ちょこちょこ飲みではなくて、しっかり間隔をあけてまとめ飲みをすることが必要です。 最低2時間は授乳間隔をあけて、1回量はしっかりあげる。 だらだらではなく、メリハリのある授乳をしてあげましょう。 どちらにせよ、必要なのはお腹に空気がたまらないこと。 たまってしまった空気を体の外に早く出してあげることです。 お腹がスッキリしてくれれば、お腹の空気のせいでうなったりグズグズ言うことが減ってくれます。 赤ちゃんが寝ている時に、お腹がゴロゴロして目が覚めることもなくなってきます。 赤ちゃんも、お母さんもその方が楽ですよ。 ぜひ一度試してみてくださいね。 はるままさん、コメントありがとうございます。 赤ちゃんが空気を飲む原因は、大きく分けて2つ。 ひとつは、赤ちゃんが舌の巻き付けがあまり上手じゃなかったり、大きなお口を開けておっぱいをふくむことが出来ない時。 もう一つは、母乳が勢いよく出過ぎて、仕方なく空気を飲んでいる場合。 なので、改善策はおっぱいをふくませてあげる時に、出来るだけしっかり深めにお口に入れてあげること、母乳が出すぎている時は、最初に少し先搾りをしてからあげると勢いがゆるむので、空気を飲む量は減ると思います。 どちらにせよ、赤ちゃんが飲むのが下手な時はどうしようもないので、やはりしっかりげっぷを出して上げることが大切だと思います。 飲んですぐに寝てしまうとげっぷは出ないことが多いですが、授乳の合間にでもトントンしてあげると出ることもあるので、こまめにげっぷを出して上げるようにして下さいね。 カズさん• 初めての子育てにやっと慣れてきた1ヶ月の母です。 うちの子もゲップが出なく、すごい音のおならがよく出たり、うなってたり。 すごく納得しまさした。 二時間置きに飲ませて…とありますが、一時間くらいで口をパクパクして飲みたがってるようなときでも、ごまかして引っ張った方がいいのでしょうか? また、まとめて一気に飲ます…のも、どのくらいの時間が目安などありますか? 自分の分泌量がまだ安定してないらしく、5分くらいで大丈夫なときもあれば、30分以上かかるときもあり、いろいろ検索しても、本当に様々で悩んでしまいます。 よろしければ、教えていただきたいです。 お願いします!• うたままさん• 授乳悩みますよね。 基本的には、赤ちゃんが口をパクパクしていても、必ずお腹が空いているとは限らない。 そこをしっかりと覚えていて下さい。 抱っこや他のことで気が紛れる位なら大丈夫。 2時間は、間隔をあけましょう。 授乳、5分位で満足するなら、その時は余りお腹が空いていなかったかも!? 30分以上は、だらだら飲みになるので30分で止めるようにします。 ただ、授乳は、おっぱいや母乳の分泌状態、赤ちゃんの飲み方や体重の増え方などで総合的に判断しないといけない部分がたくさんあって、ネットでお返事するのがとても難しいところです。 もし、すごく悩むならお近くの保健所か、出産した産婦人科に相談することをお勧めします。 もし神戸市にお住まいなら授乳相談に来ていただけたら、一番具体的なお話が出来るんですけどね。 うたままさん、はっきりしたお返事が出来なくて、ごめんなさいね。 悩む時は、いろいろ検索するよりも保健所や病院で誰かに直接相談する方が、早く楽になれると思います。 何かの参考になればいいのですが… 助産師 カズ• カズさん• 寝ない時もとりあえず咥えさせてしまったり… かといってゲップもあまり出ず…そのせいかお腹もパンパンでオナラも頻繁だったり、寝ていても急に苦しそうに泣いたりと、悪循環でした。 あまり腸が動いていないせいか?乳児湿疹も酷く… 加えて最近、授乳中に唸ることが増えたので、心配になって検索したところでした。 かなりお腹に苦しいことをしてしまっていたんだなぁと納得しました。 反省です。。 今日から実践してみます。 ありがとうございます、他の記事も参考にさせていただきます!• ひよママさん• 1回の授乳で交互に上げた方がいいのですか? あと抱っこばっかりしているせいなのか 抱っこしてると寝てくれるのですが 下に寝かせると起きてしまいます。 抱っこ癖がついちゃってるんでしょうか。 対処法などあれば教えていただきたいです。 長々とすみません。 ちーさん•

次の

うちの赤ちゃん唸る(うなる)んだけど大丈夫?唸りの原因と理由まとめ

赤ちゃんうなる

スポンサードリンク 生後1か月くらいの赤ちゃんが、 うなされているような声を出していることがあります。 何か夢でも見ているのか、 それともどこか具合が悪いのでしょうか。 赤ちゃんは言葉をしゃべりませんから、 顔色や声の調子で推測するしかありません。 生後1か月の赤ちゃんは、 どうして苦しそうにうなるのでしょう? 赤ちゃんがうなる理由はいろいろあります。 それをあえて一言で言うと、 いろいろなことが未発達だからです。 脳の機能も内臓の働きもまだ赤ちゃんなので、 これからゆっくりと成長していきます。 うなるのは、成長過程で誰にでもあることなのです。 ちなみに赤ちゃんがうなっている理由を、 大人の言葉に翻訳してみましょう。 「うーん、ミルク飲みすぎた。 」 「うーん、なんだか暑いな。 」 「うーん、ウンチがしたい!」 「うんうん、それでそれで?」 …こんな感じで、赤ちゃんはうなっています。 赤ちゃんは、 お腹がいっぱいだと感じる機能が未発達です。 だからミルクを飲みすぎて、 お腹が苦しくなってしまうことがあります。 体温の調節もまだ上手くないので、 寒いだろうと思っても暑がっていたりします。 ウンチがしたい時には、大人でもうなりますよね(笑) 時には、大人がおしゃべりしているのを真似て、 「うんうん」と声を出すこともあります。 このように、赤ちゃんは様々な理由でうなるのです。 新生児はよくうなるもの?どう対処すればいい? 赤ちゃんは、日常的によくうなります。 そのほとんどは、心配する必要はありません。 でもゲップが上手くできず苦しそうにしている時は、 ゲップの出し方を変えてみましょう。 赤ちゃんにゲップをさせるときは、 優しく背中をトントンするのが基本です。 しかし、その方法で上手く出ないこともあります。 そんなときは、 食道をマッサージするイメージで 背中を上下にさすってみてください。 この方法を教えてもらってやってみたら、 びっくりするくらい大きな音で、 「ゲフゥーッ!」 とゲップをしていました。 ゲップといっしょにミルクが出てしまっても、心配はいりません。 頻繁に出てしまうようなら、 ミルクの量を少し減らして様子を見るという手もあります。 もし、噴水のように激しくミルクをもどす場合には、 病気の可能性が高いですから、 すぐにお医者さんを受診してくださいね。 成長するにつれて、うなるのは無くなっていきます。 まとめ 赤ちゃんが苦しそうにうなるのには、様々な理由があります。 でもほとんどは、成長過程で誰にでもあるものなので、 心配はいりません。 もしゲップが出なくて苦しそうな時は、 背中をさする方法を試してみてください。 噴水のように激しくミルクをもどす時は、直ちに受診しましょう。

次の

授乳中に赤ちゃんが寝る、うなる、嫌がる理由は?乳頭混乱?

赤ちゃんうなる

新生児がうなる原因 お腹の中にいる間、赤ちゃんの体は作られて産まれてきますが、まだまだその機能は十分ではありません。 特に新生児の頃は多くの器官が未熟で、また赤ちゃん自身が外の世界に慣れていないため、大人から見ると本当に小さな環境の変化に大きな影響を受けます。 赤ちゃんがうなるのは、不快な症状や状態を知らせるため、ママへメッセージを送っている可能性があります。 具体的にどんな理由でうなるのでしょうか。 新生児期の赤ちゃんがうなる原因を見ていきましょう。 便秘でつらい、腸の動きが不快 産まれたばかりの赤ちゃんのうんちは大人と違い、水分の多いうんちです。 そのため、ママは新生児が便秘になるとはあまり考えないかもしれません。 しかし、新生児期の赤ちゃんは 腹筋がまだ発達していないため、腸を上手く動かすことに慣れていません。 そのため、水っぽいうんちをだすことにも必死になり、うなり声をあげて頑張っているのです。 赤ちゃんによっては 腸が動くことを不快に感じるケースもあり、授乳後に腸がグルグルと動き出すとうなり声をあげていることもあります。 便秘で上手にうんちができないとうなる回数も増えますので、赤ちゃんの胃腸の状態には気をつけたいですね。 お腹にガスが溜まって苦しい 新生児は消化器官も未熟です。 授乳後に、消化不良でお腹にガスが溜まってしまい、苦しくてうなっていることがあります。 母乳でもミルクでも、授乳時には一緒に空気を吸い込んでしまいます。 その空気がお腹のガスの原因となりますので、授乳後は背中を軽くトントンと叩いて意識的にゲップをさせてあげましょう。 ゲップをすることでお腹のガスが抜けスッキリします。 ママがゲップをさせていても、空気が出し切れていないこともあり、そのまま寝かしてしまうとお腹に不快感が残ります。 赤ちゃんによってはゲップが苦手でおならでガスを抜いていることがあります。 ゲップをしないようなら おならをしているか、お腹の張りがないか確認してください。 生後3~6ヶ月頃になり、寝返りが自分でできるようになるとガスが自然と抜けるため、うなることは少なくなります。 母乳やミルクを飲み過ぎて気持ち悪い 新生児期の赤ちゃんは満腹中枢も発達していません。 そのため、 授乳の際に飲み過ぎてしまうことがあります。 授乳後に、うなる、泣くなどの行動が見られるときは、ママに不快感を伝えようとしている可能性が高いです。 新生児の場合、泣いたらとりあえず授乳をしてしまいがちですが、授乳後にうなる回数が多いようであれば1度飲む量を少なめにして様子を見ましょう。 また、ミルクの授乳中にうなる場合は、 哺乳瓶の乳首が赤ちゃんの飲む力と釣りっていない場合があります。 乳首の穴の個数は月齢によって異なり、2~3か月に1度交換が必要です。 哺乳瓶の状態を確認しましょう。 暑さ・寒さなどの気温が不快 赤ちゃんの体感温度が暑すぎたり、寒すぎたりすると、赤ちゃんは不快感からうなることがあります。 赤ちゃんは 体温調節機能が未熟ですが、体温は大人よりも高めです。 赤ちゃんは見た目が弱弱しいので、ママはついつい「寒いかな?」と着せ過ぎてしまいがち。 一方で、寒すぎるのも問題です。 冷えは代謝を悪くし、腸の動きも鈍くなります。 体調不良を起こす原因になりますのでお腹の冷えには特に注意をしましょう。 心配いらない寝ている時のうなり声 新生児から生後3ヶ月頃まで、寝ている時にうなる赤ちゃんがいます。 眠っている時のうなり声の原因ははっきりとしていません。 仮説として、赤ちゃんは大人と違い眠りが浅く、眠っているように見えても脳は動いているため周囲の音に反応しているという説があります。 寝ながら苦しそうにうなる姿を見ると「ちゃんと寝れているのかな?」「病気かな?」とい心配になりますが、生後3ヶ月を過ぎる頃には徐々に治まっていくので心配はいりません。 生後3カ月~離乳食期の赤ちゃんがうなる原因 赤ちゃんは体も心も日々成長をしています。 成長に伴い、色々なことができるようになりますが、まだまだ未熟な部分の多い赤ちゃんは成長に伴い不調を起こしてしまうこともあります。 赤ちゃんが快適に過ごせるよう見守ってあげましょう。 うつぶせが嫌い、気持ち悪い 首がすわり、寝返りを始める頃になると、赤ちゃんはうつぶせになる機会が増えます。 赤ちゃんによってはうつぶせが心地よく眠ってしまうこともありますが、 お腹や胸が圧迫されることで呼吸が苦しくてうなることもあります。 寝返りを始めたばかりの頃はうつぶせによる窒息などの危険もあります。 なるべく目を離さず、うなって不快感を訴えている時は、仰向けに戻してあげましょう。 母乳の質が悪い 母乳はいつでも同じ味、状態ではありません。 ママの食事や体調よって味が変わり、脂肪分や油分が多い食事を摂り、身体が冷えているとドロッと硬い状態の母乳となります。 赤ちゃんは思うように母乳を飲むことができず「美味しくないよ」「飲めないよ」と訴えているのです。 ドロッとした母乳は飲みづらく、乳首が詰まり乳腺炎を起こす原因にもなりますので、ママにとってもよくありません。 赤ちゃんが授乳中によくうなっている、泣いている場合は食事内容を見直し、休養を取りましょう。 母乳外来を受診すると乳腺炎予防にも効果的です。 離乳食による腸内環境の変化 離乳食を始めてから、赤ちゃんがうなるケースがあります。 固形物が腸に入ることで消化不足になり、お腹にガスが溜まるため、うなって不快感を訴えているのでしょう。 また、離乳食をはじめると授乳量が減るため、 水分が不足しがち。 便秘になったり、うんちが硬くなるため、うなり声を出しながらいきんでいる場合もあります。 離乳食をスタートしてうなるようになったら、離乳食の量や硬さ、授乳量を見直しましょう。 お腹のマッサージも効果的です。 言葉の練習 多くの赤ちゃんは生後2ヶ月頃から「うー」「あー」といった喃語を発するようになります。 生後4ヶ月頃からは複雑な音を発するようになり、大人にとっては奇声に聞こえる声を出す子もいます。 大人からすると 「うなり声」に聞こえる声も赤ちゃんにとっては、言葉なのかもしれません。 色々な声を出すことは大切な遊びの一つです。 また、1歳頃には、「欲求を言葉にできない」というストレスから、怒ってうなる子もいます。 言葉の発達とともに、治まることがほとんどですので、深刻に考える必要はありません。 うなりと関係が深い病気 赤ちゃんがよくうなっていると病気を疑い、心配になりますよね。 基本的にはうなることと病気には、直接関係がない場合が多いのですが、稀に うなり過ぎると臍 へそ ヘルニアになることがあります。 ヘルニアとは体の組織の中の一部が本来あるべき場所からはみ出ていることを言います。 赤ちゃんはヘルニアになりやすい傾向がありますので、念のため症状を知っておきましょう。 臍ヘルニア いわゆる「でべそ」の事を言います。 産まれたばかりの赤ちゃんは腹筋がないので、 うなる時に力み過ぎておへそが出てきてしまうことがあります。 生後2週間の新生児から1歳ごろまでの赤ちゃんに多く見られる症状ですが、成長に伴い腹筋がついてくると治るのであまり心配をする必要はありません。 お腹に硬貨を当てて絆創膏を貼るなどの民間療法は皮膚のかぶれなどのリスクがあるため自己判断はやめましょう。 心配な場合は、医師に相談してから対処するようにしましょう。 鼠径ヘルニア 外傷や便秘などの症状もないのに、赤ちゃんが苦しそうに泣く、うなるなどの症状が見られた場合、鼠径(そけい)ヘルニア、いわゆる「脱腸」の可能性も考えられます。 鼠径部という太ももの付け根のあたりの皮膚の下部分に、本来はお腹の中にあるべき腸や腹膜が出てきてしまう下腹部の病気です。 触ると柔らかく、見た目にも膨らみが分かります。 多くの場合、手術が必要となります。 赤ちゃんがうなる時の対処法 赤ちゃんがうなっている原因の検討はつきましたか?気軽にできる対処法をご紹介しますので、実践してみてください。 お腹のマッサージ お腹が張っているときは、ママがマッサージしてあげましょう。 お風呂上りなど、体が温まって血行の良い時におへそを中心に 「の」の字を描くようにマッサージをして腸を刺激すると便秘の解消につながります。 マッサージを行う時は、ベビーオイルや保湿クリームを使うのがおすすめです。 吐き戻しの心配があるので、授乳後は避けましょう。 ミルクの場合は哺乳瓶や授乳間隔を見直す 哺乳瓶で授乳していると 母乳よりも空気を吸い込む量が多くなりがちです。 飲んでいる時に口の端からミルクが流れ出ている場合は、1つサイズの小さい乳首や、違う形状に変えた方が良いでしょう。 ミルクは胃腸に負担が掛かりやすいので、授乳間隔を守ることも大切です。 1回に決められた量を飲ませることで、お腹にガスが長時間たまらないようにしましょう。 体を動かしてお腹のガス抜き 「お腹を左右にひねる」「腹ばいにして背中をさする」「足首を持って片足を交互に動かす自転車こぎ体操をする」など、 赤ちゃんのお腹周りを軽く動かしてあげるとガスが抜けやすくなります。 体操をする時には一緒に歌ってあげると遊びながらママと触れ合うことができ、赤ちゃんの気持ちも楽しく、リラックスできるのでおススメです。 眠りの浅い赤ちゃんにはおくるみ 赤ちゃんの眠りは元々浅いものですが、眠りの質は赤ちゃんにも個人差があります。 手足を頻繁にバタつかせてなかなか眠れない時や抱き上げてゲップをさせてもうなっている時は 眠りの環境を整えてあげましょう。 周りで音が鳴っていないか、明るい環境でないか、室温は適温かをチェックしましょう。 新生児期ははおくるみが心地よく、くるんであげると安心して深く眠れる子もいます。 スワドルミーはママにとっての使いやすさ、赤ちゃんにとっての快適さが口コミで広がり人気を博したアメリカ発祥のおくるみ!発育に合わせたバリエーション&サイズ展開やモロー反射泣きやSIDS関連など解説。 赤ちゃんのうなり声、まずは生活習慣の見直しを! うなる回数が多かったり、あまりにうなり声が続くとやはり心配になりますよね。 中には「寝ないでずっと様子を見ていた」なんてママもいるようです。 確かに鼠径ヘルニアなど、見た目にはわからない病気もありますので、苦しそうで、痛がっている場合は小児科を受診する必要があります。 しかし、多くの場合、赤ちゃんがうなるの、問題ない生理的な反応、小さな不快感の表現に過ぎません。 成長すればなくなるのが一般的ですので、心配しすぎないようにしましょう。 一度、眠りや授乳に関することを見直してみましょう。 そのうえで、ベビーマッサージをするなど、赤ちゃんとスキンシップを楽しめるな習慣を取りいれられると良いですね。

次の