大変 ありがたく 存じ ます。 「恐縮しております」の意味と例文!ビジネスメールで使える恐縮の言葉

ありがたく存じます /文例・敬語の使い方・意味

大変 ありがたく 存じ ます

「幸甚に存じます」の意味と読み方 読み方 「幸甚に存じます」は <こうじんにぞんじます>と読みます。 「幸甚」について 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚」の意味は、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う となります。 「存じます」について 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「幸甚に存じます」の使い方と例文 「幸甚に存じます」は目上の相手に対して使うことのできる表現です。 「幸甚に存じます」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 ビジネスシーンでの「幸甚に存じます」は、依頼する際に使うことが多いです。 「幸甚に存じます」は少々堅い表現のため、基本的に目上の人に使います。 親しい間柄の相手に使ってしまうと、仰々しい印象を与えてしまいます。 この場合は「〜してくれて大変ありがたく思います」という意味を表します。 例文 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚に存じます。 ・おかげさまで当店も開店10年を迎えることができました。 これまで当社を支えてくださったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 また、今後とも変わらぬご愛顧賜れば幸甚に存じます。 ・本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます。 ・遠いところからご足労いただき、またご教示いただけたことは幸甚に存じます。 この場合は相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになります。 ・次回のセミナーのゲストとしてご出席いただければ幸甚に存じます。 ・ささやかではございますが、祝賀会を催すこととなりました。 ご来臨くだされば幸甚に存じます。 ・何かお心当たりの方がいらっしゃいましたら、当方までご一報いただければ幸甚に存じます。 ここでの「幸甚に存じます」は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 単純に自分が嬉しいという意味ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して「幸甚に存じます」を用います。 例文 ・先日は誠にありがとうございました。 心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・いつも大変お世話になり、ありがとうございます。 以前、お好きだとお聞きしたスイートピーのお花をお送りしました。 気に入っていただけましたら、幸甚に存じます ・お祝いのしるしまでに別送の品をお届けしますので、ご笑納いただければ幸甚に存じます。 ・日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚に存じます。 「幸甚に存じます」の類語・言い換え 「幸甚に存じます」はとても堅い表現なので、使う相手やシチェーションによって使い分けが必要です。 幸福、幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 「幸いです」は 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」を意味します。 「幸いです」の使用場面としては、「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合」になり、ビジネスメールで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 また「幸いに存じます」という言い方もできます。 「幸いに存じます」は「幸いです」と同じ意味ですが、「存じます」は「思う」の謙譲語のため「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 他に「幸いと存じます」という言い方もありますが、「幸いに存じます」の方が一般的によく使われます。 「幸い」と「幸甚」では、「幸甚」の方がワングレード上の表現になります。 例文 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ですので、「ありがたい」は、相手からの好意に感謝する際に使います。 「ありがたい」は形容詞のため、「ありがたい+お言葉」「ありがたい+お気持ち」「ありがたい+お気遣い」といったように「ありがたい」の後に名詞を付けます。 さらにこの後に「感謝いたします」といった言葉を加えると気持ちをより強く伝えることができます。 ただ、「ありがたい」は少々相手を敬う気持ちが足りないので、相手によっては不快な・失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「ありがたい」を使うときは必ず「感謝しています」などと感謝を表す表現を一言添えましょう。 また「ありがたく存じます」という言い方もあります。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「ありがたい」は、「幸甚」と「幸い」よりもやや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・私の案を採用いただき、ありがたい感謝の気持ちで一杯です。 ・お土産ありがたく頂戴いたします。 「光栄」は感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例えば「お会いできて光栄です」という言い方がよく使われますが、これは相手と場合によっては間違った表現になります。 例として「総理にお会いすることができ光栄です」は「総理にお会いできたことは名誉に思う」という意味になるので適切な表現ですが、「君に会えて光栄です」だと少々大袈裟な表現になってしまいます。 このように「お会いできて光栄です」は会ったことを誇りに思うような人物に使い、単に会って嬉しい人物には使用しません。 他にも「光栄でございます」「光栄に存じます」と言うことができます。 「光栄です」は「幸甚です」に比べると、やや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 ・お褒めに預かり、光栄に存じます。 助かります 「助かります」は 「相手の助力に対してありがたい・嬉しい」という意味になります。 「助かります」は、「何かをしてくれると助かる」という意味で依頼する時と、「何かしてくれて助かった」という意味でお礼する時に使う言葉で、「幸いです」よりもカジュアルな表現になります。 「助かります」を目上の相手に対して使うのは不適切になります。 理由としては「助ける」は「他人を補佐して,事がうまく運ぶようにすること」です。 つまり「相手が自分を助ける」という場合、自分が主で相手が補佐をいうことを表していることになるからです。 「助かります」は同等や目下の相手に対して使うのが適切になります。 例文 ・手伝っていただけると助かります。 ・明日までにお返事をいただけると助かります。 ・急な日程調整を快く引き受けてくださり、助かりました。 幸甚です 「幸甚です」は丁寧な表現で一般的にもよく使われます。 「幸甚です」と言うこともできますが、「幸甚であります」「幸甚でございます」と言うこともできます。 幸甚の至りです 「至り」の意味は 「ある物事が最高の状態に達していること」「極み」です。 「〜の至り」とした場合は「それが最高の状態であること」意味するので、 「幸甚の至り」は「幸せの極み」「幸せが最高の状態であること」を表します。 ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すときに使用することが多いです。 また、「幸甚の至りに存じます」という言い方もできます。 「幸甚です」や「幸甚に存じます」よりも、幸せであることを強調しています。 「幸甚に存じます」の英語 「幸甚に存じます」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸甚に存じます」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚の表現になります。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の

「幸甚」の読み方や意味は?正しい使い方と例文を紹介

大変 ありがたく 存じ ます

「幸甚に存じます」の意味と読み方 読み方 「幸甚に存じます」は <こうじんにぞんじます>と読みます。 「幸甚」について 「幸」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「さいわい」「しあわせ」と読みます。 「幸」は「運が良いこと」「かわいがる」「思いがけないさいわい」を意味しています。 「甚」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「はなはだ」と読みます。 「甚」は「ふつうの程度を超えているさま」「たいへん」「非常に」という意味になります。 「幸甚」の意味は、 ・何よりの幸せ ・この上ない幸せ ・最上級の幸福 ・幸せの極み ・大変ありがたい思う となります。 「存じます」について 「存じます」は 「思う」「知る」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「幸甚に存じます」の使い方と例文 「幸甚に存じます」は目上の相手に対して使うことのできる表現です。 「幸甚に存じます」は元々は手紙で多く使われていましたが、最近ではビジネスメールでもよく使われます。 ビジネスシーンでの「幸甚に存じます」は、依頼する際に使うことが多いです。 「幸甚に存じます」は少々堅い表現のため、基本的に目上の人に使います。 親しい間柄の相手に使ってしまうと、仰々しい印象を与えてしまいます。 この場合は「〜してくれて大変ありがたく思います」という意味を表します。 例文 ・先日はお忙しい中をわざわざお越しいただき、誠にありがとうございました。 またのお越しの際に楽しんでいただけたら幸甚に存じます。 ・おかげさまで当店も開店10年を迎えることができました。 これまで当社を支えてくださったお客様、関係者の方々に御礼を申し上げたいと思います。 また、今後とも変わらぬご愛顧賜れば幸甚に存じます。 ・本日はこのような素晴らしい会にお招きいただき、幸甚に存じます。 ・遠いところからご足労いただき、またご教示いただけたことは幸甚に存じます。 この場合は相手に何かを期待するのではなく、単に自分の願望を伝えるということになります。 ・次回のセミナーのゲストとしてご出席いただければ幸甚に存じます。 ・ささやかではございますが、祝賀会を催すこととなりました。 ご来臨くだされば幸甚に存じます。 ・何かお心当たりの方がいらっしゃいましたら、当方までご一報いただければ幸甚に存じます。 ここでの「幸甚に存じます」は、自分が行ったことに対して「 相手が 喜んでくれたら満足に思います」といった意味になります。 単純に自分が嬉しいという意味ではなく、あくまでも相手の好意的な反応を期待して「幸甚に存じます」を用います。 例文 ・先日は誠にありがとうございました。 心ばかりの御礼といたしまして当地の名産品をお送りしました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・お菓子の詰め合わせをクール便で送りました。 気に入ってもらえたら幸甚に存じます。 ・いつも大変お世話になり、ありがとうございます。 以前、お好きだとお聞きしたスイートピーのお花をお送りしました。 気に入っていただけましたら、幸甚に存じます ・お祝いのしるしまでに別送の品をお届けしますので、ご笑納いただければ幸甚に存じます。 ・日頃、お世話になっているお礼としてギフト券を同封いたしました。 受け取ってくださると幸甚に存じます。 「幸甚に存じます」の類語・言い換え 「幸甚に存じます」はとても堅い表現なので、使う相手やシチェーションによって使い分けが必要です。 幸福、幸せ ・運が良いこと・都合が良いこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ちを表す になります。 「幸い」は、「こうしてくれると嬉しい・ありがたいこと」を表す言葉です。 「幸いです」は 「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」を意味します。 「幸いです」の使用場面としては、「何かをお願い・依頼する場合」・「贈り物をする場合、利益や便宜を提供する場合」になり、ビジネスメールで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 また「幸いに存じます」という言い方もできます。 「幸いに存じます」は「幸いです」と同じ意味ですが、「存じます」は「思う」の謙譲語のため「幸いです」よりも丁寧な表現になります。 他に「幸いと存じます」という言い方もありますが、「幸いに存じます」の方が一般的によく使われます。 「幸い」と「幸甚」では、「幸甚」の方がワングレード上の表現になります。 例文 ・ご都合の良いときに、ご確認いただけると幸いです。 ・心ばかりの品ではございますが、ご笑納いただければ幸いです。 ・お中元のご挨拶代わりに、お菓子の詰め合わせを送らせていただきました。 お口に合えば幸いです。 ですので、「ありがたい」は、相手からの好意に感謝する際に使います。 「ありがたい」は形容詞のため、「ありがたい+お言葉」「ありがたい+お気持ち」「ありがたい+お気遣い」といったように「ありがたい」の後に名詞を付けます。 さらにこの後に「感謝いたします」といった言葉を加えると気持ちをより強く伝えることができます。 ただ、「ありがたい」は少々相手を敬う気持ちが足りないので、相手によっては不快な・失礼な印象を与えてしまう可能性があります。 「ありがたい」を使うときは必ず「感謝しています」などと感謝を表す表現を一言添えましょう。 また「ありがたく存じます」という言い方もあります。 「ありがたく存じます」は「嬉しいです」「助かります」といった意味で、感謝や喜びを表す言葉です。 そのため、相手に何かしてもらったときの感謝を伝える際の丁寧な表現として使います。 「ありがたい」は、「幸甚」と「幸い」よりもやや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・ありがたいお言葉をいただき、誠に感謝申し上げます。 ・私の案を採用いただき、ありがたい感謝の気持ちで一杯です。 ・お土産ありがたく頂戴いたします。 「光栄」は感謝や嬉しく思う気持ちを伝えるときに多く使われます。 「光栄」の「栄」には、「輝く」「繁栄する」「活気がある」といった意味があります。 つまり「光栄です」は、自身の嬉しいことやありがたいことに対して使います。 また自身の行動や業績を褒められたときにも使う表現です。 「光栄です」は目上や目下、立場に関係なく名誉に思う気持ちを伝えるときに使うことができますが、目上の相手に使うことがほとんどで、目下の相手に使うことは少ないです。 例えば「お会いできて光栄です」という言い方がよく使われますが、これは相手と場合によっては間違った表現になります。 例として「総理にお会いすることができ光栄です」は「総理にお会いできたことは名誉に思う」という意味になるので適切な表現ですが、「君に会えて光栄です」だと少々大袈裟な表現になってしまいます。 このように「お会いできて光栄です」は会ったことを誇りに思うような人物に使い、単に会って嬉しい人物には使用しません。 他にも「光栄でございます」「光栄に存じます」と言うことができます。 「光栄です」は「幸甚です」に比べると、やや丁寧さに欠ける表現です。 例文 ・このような伝統のある舞台に出演できて大変光栄です。 ・このような素晴らしい賞を頂くことができとても光栄です。 ・お褒めに預かり、光栄に存じます。 助かります 「助かります」は 「相手の助力に対してありがたい・嬉しい」という意味になります。 「助かります」は、「何かをしてくれると助かる」という意味で依頼する時と、「何かしてくれて助かった」という意味でお礼する時に使う言葉で、「幸いです」よりもカジュアルな表現になります。 「助かります」を目上の相手に対して使うのは不適切になります。 理由としては「助ける」は「他人を補佐して,事がうまく運ぶようにすること」です。 つまり「相手が自分を助ける」という場合、自分が主で相手が補佐をいうことを表していることになるからです。 「助かります」は同等や目下の相手に対して使うのが適切になります。 例文 ・手伝っていただけると助かります。 ・明日までにお返事をいただけると助かります。 ・急な日程調整を快く引き受けてくださり、助かりました。 幸甚です 「幸甚です」は丁寧な表現で一般的にもよく使われます。 「幸甚です」と言うこともできますが、「幸甚であります」「幸甚でございます」と言うこともできます。 幸甚の至りです 「至り」の意味は 「ある物事が最高の状態に達していること」「極み」です。 「〜の至り」とした場合は「それが最高の状態であること」意味するので、 「幸甚の至り」は「幸せの極み」「幸せが最高の状態であること」を表します。 ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すときに使用することが多いです。 また、「幸甚の至りに存じます」という言い方もできます。 「幸甚です」や「幸甚に存じます」よりも、幸せであることを強調しています。 「幸甚に存じます」の英語 「幸甚に存じます」の英語表現を考えていきます。 していただけると幸甚に存じます」は、 ・It would be grateful if you would... ・I would appreciate it if you could... ・It would be much appreciated if you would... と表現します。 仮定法を使っています。 「もし... できたなら」「もし... していただけるなら」のように「if」の後に「would」「could」を使い現実可能を低く言うことで謙虚の表現になります。 かなり細かいですが、「would」より「could」の方がほんの少しだけ丁寧になります。

次の

ありがたく存じます /文例・敬語の使い方・意味

大変 ありがたく 存じ ます

ありがたく存じます / 類語に「幸いです」「幸甚に存じます」「何より」などがある。 遠方よりわざわざご足労いただき、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。 早速ご丁重なお見舞にあずかり、ありがたく厚く御礼申し上げます• 平素よりいろいろとご厚情をいただき、誠にありがたく存じます• この度は店舗落成につき、ご懇篤なるご祝詞を賜わり、加えてお祝いの品までいただきまして、ありがたく御礼申し上げます。 このたびはご令嬢のご結婚披露宴にご丁寧にご招待くださいまして誠にありがたく存じます。 せっかくのお心づかい、ありがたく頂戴いたします。 当社とお取引を希望とのこと、誠にありがたく存じます。 結婚祝賀会にご招待にあずかりまして、誠にありがたく存じます。 私にも参加しないかとのお誘いをいただき、まことにありがたく存じております。 ご多忙中のこととは存じますが ご臨席いただけましたら幸いに存じます。 このたびはご迷惑な頼みごとを心よくお引き受けくださいまして、誠にありがたく心より感謝申し上げます。 ご返書ありがたく拝見いたしました。 早速の御用命をいただきありがたく御礼申し上げます。 ご返書ありがたく拝見いたしました。 ありがたく御礼申しあげます。 先日はお忙しいところを、遠路わざわざ弊社までお越しくださいまして、誠にありがたく感謝の念でいっぱいです。 すぐのご注文、たいへんありがたく存じます。 今回も多額のご用命をたまわり、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。 先般お伺いいたしました節は,ご多忙中にもかかわらず、大変貴重なお話をお聞かせいただき誠にありがたく、厚くお礼申し上げます。

次の