ウェブ エリス。 ラグビーW杯の優勝トロフィー「エリス杯」 その取り扱いには、厳格なルールが存在する: J

sonia online shop / Rugby World Cup 2019™, Japan スペシャルピンズフレーム SPECIAL PINS FRAME (20 Unions Collection & The Webb Ellis Cup) Limited to 2019 sets with serial numbers (20ヶ国エンブレム&ウェブエリスカップ)

ウェブ エリス

シリアルナンバー付 2019個限定販売 大会年にちなみ、2019個限定販売、シリアルナンバー付のラグビーファン待望のプレミアムなコレクションアイテムの登場です。 シリアルナンバーのご指定は出来ません。 The Webb Eliss Cup と 20ヶ国ユニオンエンブレム ラグビーワールドカップの優勝チームに贈られる優勝トロフィー、 ウェブ・エリス・カップ The Webb Ellis Cup を象ったトロフィー型のピンズと、大会イベントマークプレートを中央に、出場20ヶ国のユニオンエンブレムのピンズを今大会のプール別に配置したスペシャルなフレームセットです。 トロフィー型ピンズは3D半立体で再現。 20ヶ国ユニオンピンズは、高級感あふれるソフト七宝仕上げ。 光沢のある美しい発色が魅力で、伝統的な七宝技法をエポキシ顔料を用いアレンジしたものです。 本七宝同様、研磨により滑らかな表面の仕上りです。 カップは純銀製で、金箔で覆われたカップの持ち手には、ギリシャ神話のサテュロスとニンフの頭部が施され、また顎鬚のあるマスク、ライオンのマスク、そしてぶどうの木のモチーフによりカップ全体が装飾されています。 ウェブ・エリス・カップの名前は、1823年ラグビー創始者と言われる、英国のラグビー校というパブリックスクールのウィリアム・ウェブ・エリス少年から由来されています。 All rights reserved.

次の

小田原に「ウェブ・エリス・カップ」がやってくる! │ Australia National Rugby Team in ODAWARA

ウェブ エリス

🇿🇦 This one is for you, South Africa — Springboks Springboks この優勝杯は通称 エリスカップ elis cup ウェブエリス・カップ Webb Elis Cup と呼ばれています。 なぜ「ウェブエリス・カップ」と呼ばれるのか?「エリス」って誰? それはラグビーの起源となる伝説と大きく関わっています。 ラグビーはイングランドにあるパブリックスクール 名門私立学校)であるラグビー校で生まれました。 1823年、ラグビー校でフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した。 という証言があります。 このフットボールは、現在フットボールと呼ばれるサッカーではなく、その前身にあたり、サッカーとラグビーの両方の起源となったスポーツ。 このフットボールには、地域や学校で独自のるーるがありました。 当時のラグビー校のフットボールでは「手を使うこと」自体はルールと許されていました。 エリス少年がルールをやぶったとされるのは、ボールを「手で持って走った」ことです。 この 「ボールを持って走る ランニングイン 」がラグビーの原型とされました。

次の

ラグビーワールドカップ2019™ トロフィーロードショーの実施について ~熊谷にウェブ・エリス・カップがやってくる!!~

ウェブ エリス

唯一の肖像。 Illustrated London News掲載(ウィリアム・ウェッブ・エリス-Wikipediaより) 1823年、イングランドの『ラグビー』という町にある『ラグビー校』というパブリックスクールで行われた、フットボールの試合中。 ウィリアム・ウェブ・エリス君という生徒がルールを無視して、突然ボールを手で持って走り出してしまいました。 これをキッカケに『ラグビー校』でルールが整備されたことから、『ラグビーフットボール(ラグビー)』と呼ばれるようになりました。 このエピソードが、ラグビーの始まりとされています。 ところが、実際にエリス君がボールを持って走ったところを、誰も見たことはなかったそうです。 そうなると「そもそも、エリス君は実在したの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと実在しています。 エリス君の母校『ラグビー校』では、1895年に『ウェブ・エリスがフットボールのルールを無視して、初めてボールを手に持って走った』という石碑を作ったそうです。 イングランドのラグビーの町には、エリス君の銅像や、エリス君の名前の付いた『ラグビー博物館』があるそうです。 エリス君はのちに牧師さんになりましたが、晩年は病気の療養のため、南フランスで過ごされました。 そこで65歳の生涯を閉じましたが、イタリアとの国境沿いにある『マントン』という街には、エリスさんのお墓があるそうです。 そのお墓には、世界各国のラグビー協会から贈られた記念碑が置かれていて、母国のイングランド協会からは『最初のラグビーフットボーラー』という記念碑が贈られているそうです。 ニッポン放送ほか全国ネット FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「」内) ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

次の