プリンター で 予期 しない 構成 の 問題 が 発生 しま した。 予期しないエラー 0x8007007e

プリンターで予期せぬ構成の問題が発生しています。0x80070002

プリンター で 予期 しない 構成 の 問題 が 発生 しま した

概要 Outlook 等で受信したメール内のハイパーリンク( URL )をクリックすると、通常はブラウザが自動的に起動して、リンクのページが表示されます。 しかし、何らかの原因でこのリンクが開けないという現象が発生することがあります。 原因 ハイパーリンクが開けなくなるという現象が発生する原因は何通りかありますが、主な原因としては以下のようなものがあげられます。 リンク切れ 2. 既定のプログラムが設定されていない 3. 既定に設定されているプログラムがすでに存在しないにも関わらず、他の存在するプログラムに設定が変更されていない 1. については、メール内の URL が途中で改行されているなど、URL が完全ではないため表示されなかったり、URL 自体が間違っていたり、すでにそのページが存在しない場合、などです。 この場合、一般的にはブラウザ自体は開くのですが、「ページを表示できません」等のメッセージが表示されますので、URL を確認して途中で切れていたり、間違っていない場合は、メールの送信者やサイトの管理者などに確認するといいでしょう。 のケースは、通常ブラウザ以外のソフトからリンクを表示する場合、以下のような仕組みになっているようですが、それがうまく連携できていないパターンです。 Outlook などのメーラーや Excel、Word など他のプログラムのリンクをクリック b. ソフトが Windows OS にリンクを開くように命令を出す c. OS が Windows の「既定のブラウザ」と設定されているプログラムを起動し、リンクを表示するように命令を出す d. ブラウザが起動し、リンクのページを表示する 要するに、c. のタイミングでブラウザを起動しようとしたところ、既定のブラウザが見つからないため、エラーを表示する、という状況が発生する訳です。 エラーメッセージとしては、 「アプリケーションが見つかりません」 や、3. と同様の以下のエラーが発生するケースもあります。 「このコンピューターに設定されている効果の制約のため、この操作は中止されました。 」 3. も流れとしては上記 2. の状況に近いのですが、この場合は開こうとする既定のブラウザ自体がすでに存在しないケースが多いです。 詳細や対処方法については、以前書いた以下の記事をご参照ください。 以下に、2. のケースの対処方法を記載します。 対象製品 主に Outlook 2007・Outlook 2010 sponsored link 対処方法 まず、開こうとするブラウザ自体が存在するにも関わらず開けない場合、Windows 自体に当該ブラウザが既定のブラウザであるということをあらためて認識させるために、以下の設定を行います。 ここでは、Outlook からリンクが開けないというケースを想定していますが、以下を行えばExcel などの他のプログラムからでも開けるようになる可能性が高いです。 <Windows Vista・7 の場合> 1. [ スタート ] — [ 既定のプログラム ] の順にクリックします。 一番上の [ 既定のプログラムの設定 ] をクリックします。 左のプログラム一覧から、既定に設定したいブラウザ(通常なら「Internet Explorer」)をクリックし、右下に表示される [ すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する ] をクリックします。 左のプログラム一覧から、今度は「Microsoft Office Outlook」をクリックし、右下に表示される [ すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する ] をクリックします。 パッと見は特に何の変化がないように見えますが、設定自体はされていますので、そのまま [ OK ] をクリックします。 画面が戻ったら、今度は一番下の [ プログラムのアクセスと既定の設定 ] をクリックします。 Windows Vista の場合、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されますので、[ 許可 ] または [ 続行 ] をクリックします。 [ カスタム ] という項目がすでに選ばれていますが、あらためて [ カスタム ] という文字をクリックします。 [ 既定の Web ブラウザーを選択してください ] の項目で既定に設定したいブラウザを、[ 既定の 電子メール プログラムを選択してください ] の項目で「Microsoft Office Outlook」の左にチェックを付けて、[ OK ] をクリックします。 あらためて、Outlook を開いてメール内のリンクを表示します。 <Windows XP の場合> 1. [ スタート ] — [ プログラムのアクセスと既定の設定 ] の順にクリックします。 [ カスタム ] という項目がすでに選ばれていますが、あらためて [ カスタム ] という文字をクリックします。 [ 既定の Web ブラウザーを選択してください ] の項目で既定に設定したいブラウザを、[ 既定の 電子メール プログラムを選択してください ] の項目で「Microsoft Office Outlook」の左にチェックを付けて、[ OK ] をクリックします。 あらためて、Outlook を開いてメール内のリンクを表示します。 以上の手順で改善しない場合、まだ既定ブラウザの設定が正常に行えていない可能性があります。 既定に設定したいブラウザが「Internet Explorer」の場合は、念のため以下の手順で設定を行います。 [ スタート ] — [ コントロールパネル ] の順にクリックします。 [ ネットワークとインターネット ] をクリックします。 [ インターネットオプション ] をクリックします。 [ プログラム ] タブをクリックします。 [ 既定のブラウザー ] の欄で [ 既定に設定 ] がクリックできる状態の場合、クリックします。 [ OK ] をクリックします。 再度 Outlook を開いて、メール内のリンクを表示します。 上記手順でも改善しない場合は、念のため、以下のページの手順も確認してみたほうがいいでしょう。

次の

メールの受信ができない(「エラー番号:0x80004005」が表示される)

プリンター で 予期 しない 構成 の 問題 が 発生 しま した

Windows をクリーンブートする方法を紹介したページです。 注意事項• にあります。 msconfigを起動する まず以下の手順でmsconfig システム構成 を起動します。 スタートメニューを右クリック Windows7の場合は通常のクリック• 「ファイル名を指定して実行」を選択• 表示されたダイアログに「msconfig」と入力• 「OK」を押す Windows 8. msconfig が起動したあと• スタートアップの読み込みを中止する• Microsoft以外のサービスの読み込みを中止する 上記の2点を実行し、余計なサービスや常駐プログラムが実行されない状態をつくりWindowsを起動させます。 以下、実際のその手順です。 「全般」タブを選択する• 「スタートアップのオプションを選択」チェックを入れる• 「スタートアップの項目を読み込む」チェックを外す Windows7の場合、上記の手順で一気に無効化する事が可能です。 「サービス」タブを選択する• 「Microsoft のサービスをすべて隠す」チェックを入れる• 「適用」を押す 最後に「OK」を押すと、PCの再起動を促す画面が表示されます。 PCを再起動する PCを再起動すると、Windows は 余計な「サービス」や「常駐プログラム」が実行されない状態で起動します。 これがWindows の「クリーンブート」された状態となります。 元の状態に戻す方法 もう一度 msconfig を起動し、変更した箇所を元に戻してPCの再起動を行います。 Windows を クリーンブートする手順の解説は以上です。 以下、クリーンブートの概要や注意点、クリーンブート が必要な状況などについての解説です。 Windows のクリーンブートとは 常駐サービスや常駐プログラムを「Windows標準のもの」だけにして、できるだけクリーンな状態でWindowsを起動させること。 常駐サービスや常駐プログラムに「競合」が発生してシステムに異常が起きている場合、その問題点を発見するのに有効な手段です。 クリーンブート が必要な状況• Windows Update や OSアップグレードが失敗してしまう時。 アップデートやインストールの失敗確率を極力さげるために行う。 この場合は全て無効にする。 Windowsの調子が悪い時の問題の切り分け• 常駐サービスが問題を引き起こしている可能性があると感じた場合。 まず サービスやスタートアップのプログラムを全部無効化し、正常に起動する事を確認できたら少しずつ有効化していき問題のプログラムを探す。 PCを再起動した後は サードパーティ製のセキュリティソフトがしっかり停止しているか確認しましょう。 もしくはセキュリティソフトの設定画面など起動し、そこから機能を停止させておきましょう。 これではクリーンブートとは目的の異なったOS起動となってしまうので注意が必要です。 このページの情報は以上です。 他サイト情報• Microsoftのサイトにも同様の手順ページが存在します。 サイト内関連•

次の

KYOCERA Print Center FAQ (Windows 8.1)

プリンター で 予期 しない 構成 の 問題 が 発生 しま した

Windows 10でHDD(ハードディスク)の調子が悪くなったときに、HDDをスキャンして、そのエラーをチェックし、修復する方法は様々です。 この記事では、それらを一つずつご紹介します。 Windows 10でHDDエラーをチェックする必要性 Windows 10を使用してから一定時間経過後、HDDに様々な問題が出てきます。 ハードディスクのエラーが報告されることは頻繁にあります。 エラーが発生すると、特定のファイルやアプリケーションを正常に開くこともできません。 以下のいずれかのHDDエラーに遭遇したら、ハードディスクのエラーをチェックする必要があります。 通常、このエラーはシステムが起動した後に発生します。 これはHDDが故障しているか、又は一部のシステムファイルが破損していることを意味します。 完了するまで1時間以上かかる場合もあります。 時には、このエラーは起動可能なUSBメモリからWindows 10をインストールした後に発生します。 修復しようとするため、完了するまで1時間かかる必要があると報告します。 しかし、1時間以上続いても完了できない可能性があります。 これは面倒なエラーです。 マシンを再起動してもまだ同じエラーが表示されるかもしれません。 こういう場合、Windows 10でHDDエラーをチェックする他に、少なくとも5時間内にPCを起動しないことをお勧めします。 交換して準備ができたら、任意のキーを押してください。 上述したエラーとちょっと違っています。 このエラーは一般的にWindows 10を再インストールする時に発生します。 これはシステムファイルの問題ではないなら、選択されたディスクの問題かもしれません。 HDDエラーについて、考えられる原因は様々です。 不良セクタ、破損したシステムファイル、予期せぬシャットダウン、壊れたソフト、ファイルシステムのエラー、失われたクラスター、メタデータの破損などです。 ディスクに問題がある場合、ハードディスクのエラーチェックを行い、異なる原因に対応してエラーを修復する必要があります。 もし問題なければ、「 すべてのドライブが正しく動作しています」というのが表示されます。 これは一般状況ですが、エラーはまだ出てくる場合、どうするの? Windows 10はHDDをスキャンして修復するために幾つかの方法を提供します。 例えば、コマンドプロンプトからチェックディスク CHKDSK. exe ユーティリティを実行すること、エクスプローラーでHDDの整合性、ファイルシステムのエラー、不良セクタ、失われたクラスターなどをチェックすることです。 次はもっと詳しく見てみましょう:• Windows 10 CMDでHDDエラーをチェックする まず、 Windowsキーと Rキーを同時に押し、「 ファイル名を指定して実行」に「 cmd」と入力し、「 Enter」を押してコマンドプロンプト(CMD)を起動します。 管理者としてそれを実行することを確認してください。 以下は必要がある幾つかのコマンドです。 chkdsk - chkdskはボリュームの状態を表示させるだけで、何のエラーを修復しません。 G:を他のドライブ文字に置き換えることができます。 ドライブをロックできない場合、「 次回のコンピュータの再起動時に、このディスクの検査を実行しますか? 」と表示されます。 Windows 10でシステムをチェックする場合は、パソコンを再起動する必要があります。 次回コンピュータが再起動する時に、このボリュームをチェックすることをスケジュールします。 インデックス エントリについて最小限のチェックを実行します。 chkdskの実行時間を短縮することになります。 ボリュームの不良クラスターを再評価します。 その状態を報告し、不連続なブロックに分断されたファイルを一覧表示します。 - 上述したすべてのオプションが必要でない場合、このパラメーターで全てのコマンドを表示させます。 補足: 時には、結果とともにリターンコード(終了コード)を取得することがあります。 以下はこれらのリターンコードについての説明です。 そのほかに、PowerShellで「 REPAIR-VOLUME 」を実行して、エラーをチェックし、修復することもできます。 ヒント:Windows 7、8/8. 1、XP、VistaでHDDエラーをチェックするのにも以上のchkdsk. exeが適用されます。 エクスプローラーでHDDエラーをチェックする コマンドラインでのチェックディスクの他に、Windowsにグラフィカルインタフェースを持つチェックディスクユーティリティ(エクスプローラー)も内蔵されています。 エラーは検出された場合は、ファイルシステムを修復するためにコンピューターを再起動する必要があるというメッセージが表示されます。 すぐに再起動できるか、又は次回Windowsを起動時にエラーを修復することをスケジュールできます。 Windows 10のインストールエラーをチェックする 上述のように、USBメモリ又はインストールディスクからWindows 10をインストールする時に非システムディスクエラーまたはディスクエラーが表示されるかもしれません。 もし、インストールメディアに問題がないことを確認できるなら、これは選択されたディスクの問題です。 IDEディスクの不良ブロック又はSATAケーブルをチェックします。 ディスクには破損したMBRがあるかをチェックします。 以下の方法でMBRを修復できます。 インストールメディアからコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを入力します。 サードパーティ製のツールでHDDエラーをチェックする 上述の方法はHDDエラーチェックに十分ですが、一部のユーザーは、CHKDSKが10%で停止するエラー、やWindows 10でドライブのスキャン、修復が進まないエラーに遭ったことがあるでしょう。 こういう時、専門的なサードパーティ製のツールを使ってHDDエラーをチェックできます。 AOMEI Partition Assistant Standardはで、パーティションとディスク両方をチェックできます。 Windows 10だけでなく、Windows 8/8. 1、7、XP、Vistaにも対応します。 無料でダウンロードして試してみてください。 Windows 10でパーティションエラーをチェックする: Windows 10でAOMEI Partition Assistantを起動します。 ポップアップにエラーチェックのみ、エラーチェックと修復、不良セクタチェック、3つのオプションがあります。 必要に応じて一つを選択してください。 ヒント:この機能は、フォーマットされたパーティションのみに適用されています。 Windows 10で外付けHDDエラーをチェックする: 手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、スキャンしたいディスクを右クリックし、「 不良セクタをチェック」を選択します。 これはほとんどの場合、指定されたディスクの不良セクタをチェックします。 手順 2. 「 開始」をクリックし、不良セクタをチェックします。 速い検査を実行したい場合、「 高速チェック」チェックボックスにチェックを入れてください。 これで、Windows 10でHDDエラーをチェックすることについて様々な方法を紹介しました。 それらは役に立ちますか?ディスクが故障していることを発見した場合、できるだけ早くHDDのエラーをチェックして修復します。 もしダメなら、壊れたHDDを他の新しいHDDまたはした方がいいと思います。

次の