ネガティブ レップ と は。 筋トレのマンネリ化を防ぐ!ネガティブレップス法とは?|YAZIUP[ヤジアップ]

低重量なのに高負荷?ネガティブレップで筋肉を追い込め!|YAZIUP[ヤジアップ]

ネガティブ レップ と は

・筋トレをしたのに筋肉痛にならない ・筋肉痛にはなるけど軽い筋肉痛であり、筋トレ初期のような強い筋肉痛にならなくなってしまった なんて事態が起こります。 私も筋トレを1年以上続けていますが、最近は筋トレ初期のような「筋肉を動かすのがきついほどの激しい筋肉痛」までは中々追い込めなくなってきました。 筋肉痛が出るように、しっかり筋肉を追い込むのに良い方法はないのか? そんな悩みを一挙に解決できるのが 「ネガティブレップ法」という筋トレのテクニック! このネガティブレップ法を使うことで、筋肉痛を起こしやすい筋肉トレーニングを行うことができるのです。 今回はこの「ネガティブレップ法」について、筋肉痛を引き起こしやすくなる理由やネガティブレップ法のやり方を解説していきます。 筋肉痛はなぜ起こるのか? ネガティブレップ法のやり方の前に、まずは「筋肉痛」について簡単な説明をさせて頂きます。 筋トレをすることで当たり前に発生する「筋肉痛」ですが、実はこの筋肉痛が起こるメカニズムは現代の医学でも解明されていないのです。 現在、有力な説は 「筋トレによって傷ついた筋繊維を修復する時に生じる痛みである」とされています。 ただ少し前までは「疲労物質の乳酸が溜まっており、それが痛みに繋がる」なんて説が有力でしたので、筋肉痛のメカニズムの真実は今のところ誰にもわからないのです 損傷した筋線維を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まる。 このとき「炎症」が起き、刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んでいる膜)を刺激する。 それが感覚中枢を介し、痛みとして感じる。 つまり筋肉痛とは、傷ついた筋線維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものと考えられています。 引用 : くすりの基礎知識 第一三共ヘルスケア.

次の

【プロ監修】ネガティブトレーニングで筋トレの効果を最大化する方法

ネガティブ レップ と は

あなたの筋トレ、マンネリになってません 筋トレを始めて少しずつ肉体が変化していく様を見るのはとても心地よいものです。 大きく発達した大胸筋に太い腕、頼もしい背中にバッキバキに割れた腹筋。 ある程度の期間、筋トレを続けていれば、はじめは自分しか分からないような体の変化だったものが、徐々に家族やごく親しい友人たちが気づくようになり、更にはアカの他人からも「すごい体ですね」と言われるようになります。 正に、トレーニー至福の瞬間と言えるでしょう。 しかし、筋トレにもやはり「壁」というものがあります。 同じようなペースでトレーニングを続けていてもなかなか先へ進めなくなる時期がやってくるのです。 一般的には筋トレは「ギリギリ10回できるくらいの重量を3セット。 そして3セット全て10回できたら重量を上げる」のがセオリーと言われています。 たしかにこのやり方は最もオーソドックスですし初心者には間違いなく効果があります。 ですが、体がこのリズムに慣れてしまうとなかなか筋力が発達しなくなってしまうのです。 これを「停滞期」と呼ぶのですが、筋力を効率よく短期間でアップさせるためには、いかにこの停滞期を素早く打破するか、そして停滞期に陥らないようにするかがポイントとなるのです。 マンネリを打破するネガティブレップ法 マンネリ化が進み停滞期となってしまった場合、それぞれの筋肉に与える刺激の強さを変化させてあげることで状況を打破できる可能性が高くなります。 そのための方法はいろいろあるのですが、中でも短時間で強い刺激を一気に集中させることが出来るのが「ネガティブレップ法」というトレーニング方法です。 ネガティブレップとは、筋肉が伸ばされる方向に力を入れている状態のことを言います。 つまり、ダンベルカールで言えば腕を曲げてダンベルを持ち上げる時ではなく、ダンベルを下ろす時の動作というわけです。 実は筋力がより効率よく発達するのは、筋肉を収縮させる時ではなく、収縮した筋肉をゆっくりと解放している時なのです。 ネガティブレップではこの筋肉の性質に目をつけ、通常ならば扱えないような重い重量をネガティブの動きだけを使ってトレーニングする方法です。 例えばダンベルカールであれば片手20kgでセットを組んでいた人が、25kgや27. 5kgを使ってトレーニングすることができるのです。 ネガティブレップの部位別テクニック! ネガティブレップを一人で行うためには基本的に片手ずつトレーニングを行う必要があります。 まず三頭筋(肩)はサイドレイズが適しています。 振り子のように腕を振って肩の高さまでダンベルを上げたら、そこからなるべくゆっくりと、重さに耐えながら腕を下げていきます。 基本的に腕を振らなければ上には上がらない重量を設定します。 次は上腕二頭筋です。 上腕二頭筋は先程例で示したようにダンベルカールが良いでしょう。 または体を安定させるためにプリーチャーカールも適しています。 片手では上がらない重さを両手を使ってぐいっと挙げ、そこから重さに逆らうようにゆっくり腕を伸ばしていきます。 大胸筋のトレーニングは両手を使って行う種目が多いので基本的にはパートナーの存在が必要になります。 ベンチプレスで挙上時はサポートしてもらいそこから自分の力だけで可能な限りゆっくり降ろしましょう。 また、パートナーがいない人の場合は加重ディップスが効果的です。 ディップスバーにピョコンとジャンプして飛び乗り、そこからゆっくり体を降ろしていきます。 降りきったらまたジャンプして飛び乗りましょう。 これを繰り返します。 後背筋のトレーニングも一人でネガティブレップスを行うのは難しい種目が多いのですが、加重懸垂であれば可能となります。 ジャンプしてバーに飛びつきそこからゆっくり体を降ろしましょう。 懸垂初心者のトレーニング方法と同じですね。 ネガティブレップスの注意点! ネガティブレップスによるトレーニングは普段よりも重い重量を扱える上に、ネガティブだけの動作となりますからセット数も多く行うことができます。 そのため、ついオーバートレーニングになりやすいという欠点があります。 特に減量期にネガティブレップスによるトレーニングを過剰に実施してしまうと回復が追いつかずトレーニングスケジュールに支障を来たす恐れがありますので注意しましょう。

次の

ネガティブ・レップ: 短くまとめ!

ネガティブ レップ と は

・筋トレをしたのに筋肉痛にならない ・筋肉痛にはなるけど軽い筋肉痛であり、筋トレ初期のような強い筋肉痛にならなくなってしまった なんて事態が起こります。 私も筋トレを1年以上続けていますが、最近は筋トレ初期のような「筋肉を動かすのがきついほどの激しい筋肉痛」までは中々追い込めなくなってきました。 筋肉痛が出るように、しっかり筋肉を追い込むのに良い方法はないのか? そんな悩みを一挙に解決できるのが 「ネガティブレップ法」という筋トレのテクニック! このネガティブレップ法を使うことで、筋肉痛を起こしやすい筋肉トレーニングを行うことができるのです。 今回はこの「ネガティブレップ法」について、筋肉痛を引き起こしやすくなる理由やネガティブレップ法のやり方を解説していきます。 筋肉痛はなぜ起こるのか? ネガティブレップ法のやり方の前に、まずは「筋肉痛」について簡単な説明をさせて頂きます。 筋トレをすることで当たり前に発生する「筋肉痛」ですが、実はこの筋肉痛が起こるメカニズムは現代の医学でも解明されていないのです。 現在、有力な説は 「筋トレによって傷ついた筋繊維を修復する時に生じる痛みである」とされています。 ただ少し前までは「疲労物質の乳酸が溜まっており、それが痛みに繋がる」なんて説が有力でしたので、筋肉痛のメカニズムの真実は今のところ誰にもわからないのです 損傷した筋線維を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まる。 このとき「炎症」が起き、刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んでいる膜)を刺激する。 それが感覚中枢を介し、痛みとして感じる。 つまり筋肉痛とは、傷ついた筋線維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものと考えられています。 引用 : くすりの基礎知識 第一三共ヘルスケア.

次の