クリステン スチュワート。 クリステン・スチュワートの結婚相手・恋人はディラン・マイヤー!元彼氏やインスタ画像アリ!

【クリステン・スチュワート】美女同士のキスにドキドキ!恋人ステラ・マックスウェルとディナーへ★ : 海外セレブ最新画像・私服ファッション・レッドカーペット速報

クリステン スチュワート

現在はファッションブロガーのサラ・ディンキンと交際中。 当時、自分のセクシャリティを明言したことについて、 「過去の(男性との)交際については一切話してこなかったけど、女の子と交際を始めた途端、自分が何かポジティヴなことを発信できるって気づいたの」(T Magazine誌に語って)、 「たとえそれが一人であっても、自信を与えられるなら、自分を少しだけ明け渡そうと思う機会になった」(The London Sunday Times 紙に語って)と話していたクリステン。 しかし、最近になり、必ずしもカミングアウトする必要は無かったのではないかと、以前とは少し考えを変えたよう。 近年、LGBT+への関心がますます高まるなか、自分の性的指向やセクシャリティについて、「あえて定義したり、明言したくない」と考える若者が増えている。 「自分を(性的指向やセクシャリティによって)分類しなくてもいいっていう風潮は、より誠実でいいと思う。 だって、今、高校とかでこんな話題について話したら、きっと若い子たちは呆れた顔をして『なんで何でもかんでもそうやって複雑にしちゃうわけ? 何でも自分の好きなようにすればいいじゃん』とか言うんでしょ。 それって、私がずっと追い求めてた状況だよ。 だから、ありがとうって言いたくなる。 若者たちよ、どんどんリードして。 この流れはすごく良いから」 もちろん、自分のアイデンティティを探求するうえで、性的指向やセクシャリティを定め、それを公言することで、より自由に、楽しく生きられる人も多い。 しかし、あえてそれを公言しないことも、個人に与えられた自由であり、権利でもある。 クリステンは、 「女の子が好きだろうと、男の子が好きだろうと、それは自分自身の内面を語るうえでは、説明の序章にもならない」と、性的指向やセクシャリティはその人のすべてを表すものではなく、たくさんある側面のうちの1つに過ぎないとも語っている。 「私たち社会はまだ、アイデンティティというものの複雑さをうまく説明する言葉を持ち合わせていないように感じるの」と、どんどん進化する若者たちの文化に比べ、社会全体としてはまだ、ジェンダー・フリュイディティ(性の流動性)やセクシャリティの定義づけに関して苦戦していると分析したクリステン。 自身が初めて監督としてメガホンを取る現在制作中の伝記映画『The Chronology of Water(ザ・クロノロジー・オブ・ウォーター)』では、水泳選手からアーティストへと転身を遂げた実在するバイセクシャル女性の波乱万丈な生涯を描くことを通じて、性別やセクシャリティなどにまつわる難しいトピックにも焦点を当てたいと語っている。 (フロントロウ編集部).

次の

クリステン・スチュワートの激やせの理由

クリステン スチュワート

クリステン・スチュワートの年齢・身長や生い立ちは?血液型は?どんな性格!? 引用: クリステン・スチュワートはロサンゼルス出身で1990年4月9日生まれの27歳です。 身長は165cmです。 1999年頃からのテレビドラマに出始め、12歳の頃に、『パニック・ルーム』でジョディ・フォスターの娘役を演じ注目されました。 性格はサバサバしていて、マスコミ・メディアが嫌いだそう。 映画『トワイライト』急に人気者になった事に追いつかずレッドカーペットなどでの不機嫌な仏頂面で有名になってしまいました。 父親のジョン・スチュワートはアメリカのテレビネットワーク『Fox』のプロデューサー、母親のジュールズ・マン=スチュワートは出身の脚本家だそう。 才能豊かな2人の子なんですね! クリステン・スチュワートの出演映画は!?『トワイライト』『パニックルーム』『スノーホワイト』 引用: クリステン・スチュワートと聞いてまず思いつくのは、『トワイライト』という人も多いのでは!?やはり、クリステンの代表作は『トワイライト』シリーズですよね! 『トワイライト』は原作は大ベストセラーのティーン向けの小説で、少女ベラと、彼女が出会った完璧な容姿を持つヴァンパイアのエドワードとの許されない恋を描いた物語です。 ベラをクリステンが演じました。 映画『パニックルーム』はジョディ・フォスター主演のサスペンス映画。 屋敷に侵入してきた強盗たちと緊急避難用の密室「パニック・ルーム」に立てこもった母娘を描いたものです。 この時のクリステンは12歳ですが、今の面影もあるかなりの美少女ですね。 2012年の映画『スノーホワイト』では、あのグリム童話『白雪姫』を原作に映画化し、クリステンはスノーホワイト、いわゆる白雪姫を演じました。 綺麗で肌が白いクリステンにピッタリです。 クリステン・スチュワート恋人はいる?彼氏はロバート・パティンソン?結婚してる?バイで彼女はステラ?インスタ画像有り 引用: クリステン・スチュワートは、映画『トワイライト』をきっかけに相手役のロバート・パティンソンと交際し、2人の名前からカップルは『ロブステン』と呼ばれティーンから絶大な人気でした。 引用: しかし、2012年の夏にクリステンが主演映画『スノーホワイト』の監督ルパート・サンダースと浮気したことが発覚してしまいます。 なんとルパートは妻子もち。 パパラッチされた写真もとても生々しいです。 結局5年も付き合っていた『ロブステン』はこれにより破局してしまいます。 そして、クリステンはのちに「みんなは私とロバートの交際を強く望んでいた。 世間からのプレッシャーが強烈で、そのせいで私たちの関係は売り物になってしまった」と語っています。 本当かどうかは2人にしかわかりませんが、ファンにとっては悲しいカミングアウトですね。 引用: その後クリステンは女性と交際!フランス出身の歌手・女優のSoKo、テレビ業界で働くアリシアなどの女性と交際。 ロバートと別れたあとは女性との交際にはまってしまったようですね。 クリステンは、ゲイだと公式にカミングアウトしとても幸せと語っています。 そしてカーラ・デルヴィーニュの元カノでシンガーのセイント・ヴィンセントと大接近との情報もありましたが、今はヴィクトリアシークレットのモデルステラ・マックスウェルとの交際中とのことです。 クリステン・スチュワートの私服は!?髪型はショートヘア? シャネルの顔に! 引用: しっかり着飾ってドレスアップしたクリステンはとっても綺麗なのですが、私服はハリウッドスターにしては、ちょっとダサめ!?ラフな格好が多く、ジーンズ姿が多いですね。 個人的には右腕のタトゥーが気になってしまいました。 こちらは、ピカソの絵画『ゲルニカ』の一部だそう。 引用: 映画『トワイライト』での黒髪ロング姿の印象がまだまだ強いかと思いますが、なんと今年3月に行われた映画『パーソナル・ショッパー』のプレミア試写会にクリステンは坊主姿で登場!! クリステンは前から坊主にしたかったようですが、今回は新作映画『アンダーウォーター』の役作りで坊主になったようです。 坊主も似合ってしまうクリステンさすがです。 引用: そんなクリステンですが、シャネル(CHANEL)のミューズに起用されました。 濃いアイライナーに綺麗に整った眉毛が印象的です。 ネットではクリステンの起用に批判的な声もあったようなのですが、とてもカッコイイですよね。 クリステン・スチュワートの最新情報!最新出演映画は『カフェソサイエティ』!日本に来日する?! 5月5日(金)公開の映画『カフェ・ソサエティ』。 あらすじは・・・ 時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。 映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。 ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。 実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。 この秘書ヴォニーをクリステン・スチュワートが演じます!あらすじを見るとどろどろした話になっているのでしょうか。 GWは大人な映画がみたい!いう方は是非『カフェ・ソサエティ』を! 残念ながら、今回クリステンは来日はしないようですね。 最後に来日したのが2014年のようなので、そろそろまた是非来日して欲しいなと思います。

次の

クリステン・スチュワートの新恋人は?バイセクシャル女性?

クリステン スチュワート

「十分言われてきた。 『悪いことは言わないから、女の子と手をつないで外を歩いたりしないで。 そうすればマーベル映画にだって出演できるんだから』ってね。 でも、べつにそんな人たちと一緒に働きたくないし」。 クリステンは『トワイライト』で共演したロバート・パティンソンと交際中に、自身の主演映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督と不倫関係に。 その後は、セイント・ヴィンセント、歌手のSoKo、ステラ・マックスウェルと交際してきた。 2017年には「サタデー・ナイト・ライヴ」で「私はすっごくゲイ」とカミングアウトもしている。 カミングアウトしたのは「ただ単に、人生を楽しみたいだけ」とクリステン。 「それに、(カミングアウトしないで)自分の生活を守ろうとすると、どんどんダメになっていっちゃう。 たとえば、付き合っている人と一緒に外に出られないとか、インタビューを受けて話すことができないとかね」。 「世界には私のことを嫌いな人がいる。 女性とデートしている私のことがイヤという人たちね。 それでも、人ってそういうことを知りたがるでしょ。 何なのって感じ」と語った。 クリステンは現在脚本家のディラン・マイヤーと交際中だ。 《Hiromi Kaku》.

次の