福山 いろは av。 福山いろは|6作品|DUGAのアダルト動画とAV情報

福山いろは 無料エロ動画

福山 いろは av

内容:妻と結婚して暫くして義父が他界。 田舎で一人暮らしをしている義母の為、僕たちは義母と同居する事にした。 同居の為に田舎で再就職した僕に義母は大変喜び、順風満帆な毎日が送れていたのだが…。 同居し始めて困った事が起きてしまった。 妻では勃たないのである。 今までは普通に行為をしていたのだがもう何ヶ月も妻では欲情していなかった。 その代わり義母の事を思うと固く勃起してしまう。 さすがに妻にこの事は言えず、僕はイボとの行為を想像する毎日を送っていた。 そんなある日、義母がソファーでうたた寝していた。 僕はちょっとした悪戯心が芽生え、義母の体を触っていった。 おっぱいお尻と触ってゆくが義母は起きない。 僕は少し大胆に義母を弄っていった。 下着を脱がすと漂う淫臭。 僕は義母の股間へ顔を埋め夢中で舐めてしまった。 さすがに目が覚めた義母は僕の行為を咎め抵抗したが、僕は義母を押さえ込み無理矢理に挿入した。 僕は夢にまで見た義母とのSEXに高まり、思い切り発射した。 僕は義母としてしまったことへの罪悪感でそそくさと自室に戻った。 その日の夜、拭えない罪悪感に眠れなかった僕はリビングへ。 すると義母の部屋から明かりが漏れており、僕はそっと部屋を覗くと、義母が体を弄り吐息を漏らしていた。 暫く見ていると義母はビクビクと体を震わせ絶頂に達した。 僕は義母を抱きしめると、再び義母との行為に溺れてしまった。 しかし、その姿を妻に見られてしまい…。 内容:娘が婿を取り福山家も安泰と思った矢先、夫に先立たれ未亡人になってしまったいろは。 夫が築いてきたこの家を守るべく娘にも娘婿にも強く言い聞かせていた。 休日、娘は買い物に出かけ、婿はダラダラとゲームをしていた。 いろははだらしない婿にお小言が止まらず、次第にヒートアップ。 黙って聞いていた婿だったが、怒りと悔しさでいろはを襲ってしまう。 驚きで抵抗するいろはだが、荒々しく激しく婿はいろはを攻めていった。 気持ちとは裏腹にいろはのカラダは過剰に反応し、婿の肉棒をやすやすと受け入れてしまった。 激しくも優しいピストンにいろはの口から吐息が漏れ、婿の発射に合わせるようにいろはも絶頂に達した。 そそくさと立ち去る婿。 いろはは婿の逞しさを身を持って感じてしまい、カラダの奥から沸き起こる性への欲求に頭が混乱してしまっていた…。

次の

福山いろは

福山 いろは av

端正でザ・和風美人な顔立ちと熟れまくったカラダのギャップがスケベな五十路熟女・福山いろはさんが娘の旦那と男女の関係に! 主人公の健太は夫を亡くして半年ほど経つ妻の母親のいろはが心配になり、義母と3人で一緒に暮らすことに。 すると健太は妻とセックスレス状態になってしまう。 理由は一つ、妻の母であるいろはの熟れたカラダに目を奪われて いたからだった。 ある日の日曜日、無防備な格好でソファで昼寝ているいろはを見た健太はとうとう我慢できなくなり、乳房に吸い付いてしまう…。 水沢莉久 四十六歳」のエロ画像 垂れたオッパイとお腹周りの肉付きにムラムラきちゃう熟女AV女優・遠田恵未さんが夫の若い息子目当てに結婚しちゃうイケない女に! 恵未は離婚して以来、娘と母一人子一人で頑張ってきた。 今や娘も立派に成長し、還暦を迎えた恵未だったが介護施設で部下の圭介から突然告白される。 最初は戸惑ったものの恵未も誠実な圭介に惹かれ、付き合うことに。 そしてついにプロポーズされたのだが、恵未は娘が自分と年齢の近い若い男はイヤと言っていたことが気になり断ることに。 すると圭介は自分の父親である史郎との偽装結婚を提案してきて…。 【Sponsored Link】.

次の

福山いろは AV女優のアダルトDVD商品一覧−23商品−PAGE1 AT

福山 いろは av

妻と結婚して暫くして義父が他界。 田舎で一人暮らしをしている義母の為、僕たちは義母と同居する事にした。 同居の為に田舎で再就職した僕に義母は大変喜び、順風満帆な毎日が送れていたのだが...。 同居し始めて困った事が起きてしまった。 妻では勃たないのである。 今までは普通に行為をしていたのだがもう何ヶ月も妻では欲情していなかった。 その代わり義母の事を思うと固く勃起してしまう。 さすがに妻にこの事は言えず、僕はイボとの行為を想像する毎日を送っていた。 そんなある日、義母がソファーでうたた寝していた。 僕はちょっとした悪戯心が芽生え、義母の体を触っていった。 おっぱいお尻と触ってゆくが義母は起きない。 僕は少し大胆に義母を弄っていった。 下着を脱がすと漂う淫臭。 僕は義母の股間へ顔を埋め夢中で舐めてしまった。 さすがに目が覚めた義母は僕の行為を咎め抵抗したが、僕は義母を押さえ込み無理矢理に挿入した。 僕は夢にまで見た義母とのSEXに高まり、思い切り発射した。 僕は義母としてしまったことへの罪悪感でそそくさと自室に戻った。 その日の夜、拭えない罪悪感に眠れなかった僕はリビングへ。 すると義母の部屋から明かりが漏れており、僕はそっと部屋を覗くと、義母が体を弄り吐息を漏らしていた。 暫く見ていると義母はビクビクと体を震わせ絶頂に達した。 僕は義母を抱きしめると、再び義母との行為に溺れてしまった。 しかし、その姿を妻に見られてしまい... 結婚して数年。 まだ若い僕にとって性行為がない事がこんなに辛い事だとは思わなかった。 そんな折、母が旅行がてら上京してきた。 久しぶりの母は元気そうで、妻と一緒に母を喜んで迎え入れた。 長旅の疲れを癒してもらうべく母をお風呂へ勧める妻。 その時偶然僕は母の裸を見てしまった。 子供の時に見た母の体からすると崩れてしまっている所もあるが、何とも艶っぽく、僕は母の体に欲情してしまっていた。 その夜、熱くなった股間を妻に治めて欲しいと抱きついたが、案の定断られ、僕はある決断をした。 翌日、妻が買い物に出かけた所で母に悩みを聞いてもらった。 妻にシテ貰えず、固く勃起した股間をなんとかして欲しいと抱きついた。 母はダメと言ったが、優しく僕を抱きしめると、一回だけと、僕の股間へ顔を埋め、発射へと導いてくれた。 然し出しても治らない勃起に僕は母との結合を決意した。 娘が婿を取り福山家も安泰と思った矢先、夫に先立たれ未亡人になってしまったいろは。 夫が築いてきたこの家を守るべく娘にも娘婿にも強く言い聞かせていた。 休日、娘は買い物に出かけ、婿はダラダラとゲームをしていた。 いろははだらしない婿にお小言が止まらず、次第にヒートアップ。 黙って聞いていた婿だったが、怒りと悔しさでいろはを襲ってしまう。 驚きで抵抗するいろはだが、荒々しく激しく婿はいろはを攻めていった。 気持ちとは裏腹にいろはのカラダは過剰に反応し、婿の肉棒をやすやすと受け入れてしまった。 激しくも優しいピストンにいろはの口から吐息が漏れ、婿の発射に合わせるようにいろはも絶頂に達した。 そそくさと立ち去る婿。 いろはは婿の逞しさを身を持って感じてしまい、カラダの奥から沸き起こる性への欲求に頭が混乱してしまっていた…。

次の