アデノ ウイルス。 アデノウイルス感染症とは?子供だけじゃない大人にもうつり、喉や目や熱の症状が出て出席停止に。

アデノウイルスとは?

アデノ ウイルス

キッチンハイターなども次亜塩素酸なので薄めて拭き取り消毒しましょう。 また、1年中感染してしまう危険性の高いウイルスで、 症状は呼吸器系の症状だけでなく、 眼の症状や消化器の症状などと幅広く、 それぞれの症状によって アデノウイルスの型が違います。 片眼に発症し、その後両眼性となる。 アデノウイルス8型である。 院内感染に注意 — ORT国家試験bot omemegoroawase アデノウイルス… 治療法が無いらしい… — 阿部 チームABE クラロワ 84484a8ecb8840d アデノウイルスの潜伏期間と感染経路は? アデノウイルスの 潜伏期間は、 ウイルスに感染してからだいたい 5日〜7日ぐらいと言われており、 ノロウイルスの 1日〜2日と比べると長い間感染状態が続くことになります。 アデノウイルスの感染経路は、 便などの排泄物に触ること以外にも感染者との直接接触や飛沫感染などもあり、 非常に感染力の強いウイルスであると言えるでしょう。 ウイルスが強いためにドアノブ・蛇口・つり革など どこにでもついてとどまっているために手からの感染にも注意が必要です。 その手で直接目を触ると目からも感染してしまします。 したがって、自分の感染に潜伏期間中は気が付かず、 知らないうちにまわりに感染を広めてしまう恐れのあるとても厄介なウイルスなのです。 子供の場合は学校生活やプールなどの場所で感染者がいれば流行することがあります。 6月頃から夏にかけてはプールで感染者の便や唾液などに 直接触れてしまうことで感染することが多いためにプール熱とも呼ばれます。 大人は子供を看病する過程で二次感染することが多いようです。 非常に感染力が強く症状が治まった後もウイルスが便からは1か月程度、 飛沫からは2週間程度に出るのがこのウイルスの特徴的なところで、 完治したと思っても二次感染を防ぐためにマスクやトイレの後の念入りな手洗いは欠かせません。 飛沫感染だけでなく、飛沫が飛んだところへの 接触感染にも十分な注意が必要です。 アデノウイルスの症状大人と子供では違う症状からのことが多い? アデノウイルスは別名 プール熱とも呼ばれ子供がプールで感染することが多く、 その場合目や口からの感染になり直接目にウイルスが入ることで目の症状からの発症となることが多いです。 一方大人は直接ではなく感染者の飛沫などを触ったりすることによる感染が多く、 喉の痛みからはじまり咳が出るようになります。 最初に目に症状が出にくいことで他の病気と間違えることもあります。 そして大人には免疫力がある場合が多いので発症はしにくいけれど、 発症すれば重症化することも多いので気をつける必要があります。 風邪のような症状で治まることもありますがその時の 自分の体力やウイルスの強さ・型によっては逆に症状が重くなる場合があるので 風邪のような症状で始まっても様子がおかしく感じたときは 重症化する前に風邪や胃腸炎ではなく アデノウイルスを疑って診察してください。 アデノウイルス感染症の中でも結膜炎と肺炎は要注意!? アデノウイルス感染症にはウイルスの型によっていくつかの病気があるのですが、 中でも感染力と発病率がとても高いのが流行性の 結膜炎と 肺炎です。 特に症状が激しいので注意することが必要です。 流行性結膜炎 流行性結膜炎を引き起こすのは主に 8型・19型・37型のアデノウイルスなのですが、 この病気にかかると一度に両目とも発病してしまう恐れが高いことが知られています。 症状としては、眼部の激しい痛みやかゆみ、涙目、充血などに加え、 大量の目やにが生じ、まぶたが腫れて熱を出すこともあります。 また、不用意に患部に触れることで複合感染を引き起こしてしまう可能性もあるので、 症状がおさまるまでは眼帯をして、手で直接触れることは避けるようにしましょう。 新型のウイルスの 53型・54型・56型は 流行性結膜炎を起こしますが、他の症状は出にくくなっています。 肺炎 肺炎を引き起こす アデノウイルスにはいくつかの型があるのですが、 要注意なのは 3型・7型のウイルスによるものです。 なぜかというと、このタイプは 重症化してしまうリスクが高いからなのです。 肺炎が重症化してしまうと 髄膜炎を起こしやすくなります。 髄膜炎とは、脊髄にある髄膜という組織が炎症を引き起こすもので、 生きていくために重要な神経束の機能を狂わせてしまうのです。 具体的には髄膜炎が長引くことで麻痺や意識消失、 痙攣発作などの 重篤な症状に陥り、 後遺症として何らかの障害が残ってしまう危険性が高まることや 最悪の場合死に至ることなど、本当に怖い病気なのです。 ある調査によると、ここ最近日本人の死亡原因として肺炎が急上昇しているようです。 風邪で熱っぽいとか喉が痛くて食べ物が飲み込めないという症状が出たら、 風邪と甘く考えず、早めに病院へ行って診察してもらうようにしましょう。 膀胱炎 この 11型のウイルスに感染すると目でみてはっきりわかる血尿が出ます。 痛みも伴い心配になりますが症状は数日で治まります。 膀胱炎の症状が辛い場合には長引かせないためにもすぐに受診して 膀胱炎の治療しないとむくみや他の症状が出てきてしまうことがあるので注意が必要です。 胃腸炎 31型・40型・41型のウイルスに感染すると胃腸炎の症状が出ます。 嘔吐・下痢が症状として出ますが乳幼児の感染が多く見られます。 他の発熱などの症状は重くでることはありませんが、脱水には充分な注意が必要になります。 食事が摂りにくい場合は病院での点滴など体を衰弱させないように気をつけます。 アデノウイルスに大人が感染してしまった場合、どうすれば良いの? アデノウイルスはとても感染力の強いウイルスなのですが、 発症しても一部の重症化するケース以外は、 時間の経過と共に自然治癒することが知られています。 また、アデノウイルスに対して効き目のあるワクチンや抗生剤は 今現在まだ開発されていないため、基本的には安静にして 他人との接触をなるべく避けるということが感染を拡大させないためにも大切になってきます。 アデノウイルス感染症は 抗生剤が効かないとされているのですが、 治療するときには抗生剤が処方されることもあります。 これは発病時に免疫力が落ちることで起こる他のウイルスによる 複合感染を防ぐという目的で投与されます。 風邪と間違えるような症状の時でもまわりで子供の流行がある場合には アデノウイルスを疑い病院で診察してもらわないと自分がまわりにうつしてしまうことになります。 軽く目に症状がでているだけの場合もうつさない心がけが必要になります。 子供と違って無理ができてしまうので高熱の出ない場合があります。 そのような時にもしっかりと初期に完治しないとウイルスによる病気なので自分も症状が進むことになります。 大人の場合は免疫力がしっかりとしているので、初期段階での複合感染を防いで、 現在発病している症状を抑える治療を きちんと行いながら自然に治癒することを待つことになります。 回復までに目の症状の充血・目ヤニは 1週間から10日程、 発熱やのどの炎症や痛みは 3日から7日程で症状が治まります。 大人は高熱が出ると症状が重くなるために回復までに子供よりも時間がかかります。 症状の重さによっても違いがありますがアデノウイルスの症状だけで 重症化しなければ10日前後で回復してくるようです。 大人の場合無理をして完治する前に社会生活に戻ることで完治まで長引くことがあります。 感染したら子供の場合でも症状が治まってから 2日は登園・登校禁止と病院で言われると思います。 大人もそうできればいいのですが症状が治まって 会社などに出社したい場合はうつすかもしれないことを相談してみることもうつさないためには必要になります。 まとめ 最後になりますが、 アデノウイルスに大人が感染してしまった場合の 潜伏期間は約 5〜7日ぐらいで、発症してしまったら複合感染など 重症化しないよう絶対安静にするようにしましょう。 アデノウイルスに子供が感染してしまった場合、こちらをぜひ参考にしてください!.

次の

アデノウイルス感染症とは?子供だけじゃない大人にもうつり、喉や目や熱の症状が出て出席停止に。

アデノ ウイルス

この項目「 アデノ随伴ウイルス」は途中まで翻訳されたものです。 (原文:) 翻訳作業に協力して下さる方を求めています。 や、も参照してください。 をお忘れなく。 ( 2009年11月) アデノ随伴ウイルス : Adeno-associated virus:AAV とはヒトやの動物に感染する小型 20nm程度 の、に分類されるヘルパー依存型のエンベロープを持たないである。 非常に弱い免疫反応しか引き起こさず、病原性は現在の所確認されていない。 分裂期にある細胞にもそうでない細胞にもゲノムを送り込むことができ、宿主細胞にを送り込まずとも染色体外で生存することができる。 そのような特色があるためにベクターウイルスを用いたやヒトの疾患モデル細胞の作成などに用いられる。 1型から5型まである。 遺伝子治療ベクター [ ] 利点と欠点 [ ] 野生型のAAVは、病原性の欠落を主とする様々な特徴のために、遺伝子治療の研究者から多くの興味を集めてきた。 このウイルスは、分裂していない細胞へと感染し、宿主細胞の19番染色体上のAAVS1と呼ばれる領域に挿入される。 この特徴は、ランダムな遺伝子挿入とそれによる突然変異や細胞の癌化を引き起こすに比べて優れたものである。 AAVの遺伝子の挿入はAAAVS1において発生するものがほとんどであり、ランダムな挿入は無視できる割合でしか発生しない。 しかし、ウイルスベクターとしてのAAVの研究が進むにつれて、rep遺伝子とcap遺伝子を取り除くことで、この遺伝子の挿入能力も取り除かれている。 遺伝子治療のために作られた遺伝子配列は、の働きをする末端逆位配列 ITR の間に挿入される。 ウイルスによって作られた一本鎖DNAは、宿主細胞のによって二本鎖DNA になり、コンカテマーを形成する。 分裂していない細胞においては、コンカテマーはそのままの状態で保存される。 一方で分裂する細胞においては、エピソームDNAは宿主細胞によって複製されてないのでAAVのDNAは失われる。 また、AAVはをほとんど持っていないために抗体があまり産生されない。 そのために、が明確には見られない。 一方でこのウイルスベクターを持ちることによるデメリットも存在する。 AAVに搭載できる遺伝子配列は比較的限られており、多くの場合この遺伝子の4. 8 kbpの配列を完全に置き換える必要がある。 したがって大きな遺伝子はAAVベクターの使用には適していない。 また、ウイルスの感染による液性免疫系の活性が発生することもデメリットとなる。 免疫系によりAAVが無力化されるため、いくらかの用途ではAAVのメリットが制約される。 そのため、多くの臨床実験では、免疫系の活性が弱い脳で行われている。 以上のように、AAVは、ウイルスベクターとして優れた特徴を持つために変種もつくられている。 例えば自己相補型AAV scAAV は、二本鎖DNAを最初から形成するAAVの変種であり、通常のAAVと違い二本鎖DNAを形成する時間がかからないために効率に優れている。 しかしながら、scAAVは二本鎖DNAを形成するため二本分の遺伝子配列を搭載するために通常のAAVにくらべて搭載できる遺伝子の大きさが半減する。 またscAAVは通常のAAVより高い免疫原性を保有しており細胞傷害性T細胞をより強く活性化させてしまう。 臨床試験 [ ] 現在までに、AAVは162の臨床試験に用いられている 遺伝子治療全体の6. , 、, 、, 、. などの疾患においてPhase1あるいは Phaseでの臨床試験における有望な結果が報告されている。 Selected Clinical Trials using AAV-Based Vectors 症候 遺伝子 投与法 フェイズ 被験者数 進行状況 嚢胞性線維症 CFTR エアロゾル吸入 I 12 完了 CFTR エアロゾル吸入 II 38 完了 CFTR エアロゾル吸入 II 100 完了 血友病 B 筋肉内投与 I 9 完了 FIX 肝動脈内投与 I 6 終了 Intraarticular I 1 進行中 遺伝性肺気腫 AAT 筋肉内投与 I 12 進行中 網膜下l I-II Multiple Several 進行中 and 完了 sFlt-1 網膜下l I-II 24 進行中 Sarcoglycan 筋肉内投与 I 10 進行中 パーキンソン病 GAD65, GAD67 頭蓋内 I 12 完了 カナバン病 AAC 頭蓋内 I 21 進行中 バッテン病 CLN2 頭蓋内 I 10 進行中 アルツハイマー病 NGF 頭蓋内 I 6 進行中 うっ血性心不全 Intra-coronary IIb 250 進行中 前立腺がんに対する臨床試験はphase IIIに達している が、ex vivoでの研究はAAVの利用には含めていない。 病理学 [ ] AAVはいかなる疾患も引き起こさないと考えられている。 しかし、AAVのDNAが変異した精子を含む精液においてよくみられることから、男性不妊症との関与が示唆されている。 しかしAAVの感染と男性不妊症との因果関係は今のところ見つかっていない。 2015年、ヒト肝細胞癌の特定の遺伝子にAAV-2が挿入されていることが明らかになり、肝細胞癌への関与が強く示唆されている。 ウイルスの構造 [ ] ゲノムの構造 [ ] AAVのゲノムは、4. 7 kbpの一本鎖DNS ssDNA から成る。 DNA鎖の末端には末端逆位配列 ITR をもち、rep遺伝子とcap遺伝子の2つの ORF を持つ。 rep遺伝子は、AAVの生存に必要なRepタンパクをコードしており、cap遺伝子は、VP1,VP2,VP3という3つのカプシドタンパクをコードしている。 cap遺伝子がコードするカプシドタンパクにより正二十面体のを形成する。 ITR配列 [ ] ITRは両末端に存在する145 bpの配列である。 ITRはAAVの増殖に必要とされる。 ITRは構造をとり、この領域が複製開始点となるために、無しでDNA合成を行なう事ができる セルフプライミング。 また、ITRは野生型AAVにおける宿主細胞への遺伝子挿入や、 耐性を持ったカプシドの形成にも関与している。 遺伝子治療に用いる範囲では、ITR配列唯一のであり、capとrepがであるように見える。 しかし、ITRはウイルスの複製及びカプシド形成の過程での唯一のシスエレメントでない可能性が示唆されている。 一部の研究においては、rep遺伝子の配列の中にRep依存型シスエレメント CARE が存在することが示されておりCAREはシスエレメントとして増殖とカプシド形成を調整するとされる。 rep配列 [ ] ゲノムの左末端にはp5及びp19プロモーターと、イントロンを含むmRNA領域が存在する。 したがっての結果分子量の異なるRep78,Rep68,Rep52,Rep40の4つの転写産物が合成される。 Rep78とRep68はITRのヘアピン構造に結合する。 またRepタンパクはすべてATPと結びついて活性を発揮する。 またp40プロモーターによって転写がアップレギュレーションされ、p5,p19プロモーターによって転写がダウンレギュレーションされる cap配列 [ ] The right side of a positive-sensed AAV genome encodes overlapping sequences of three capsid proteins, VP1, VP2 and VP3, which start from one promoter, designated p40. The molecular weights of these proteins are 87, 72 and 62 kiloDaltons, respectively. All three of them are translated from one mRNA. After this mRNA is synthesized, it can be in two different manners: either a longer or shorter can be excised resulting in the formation of two pools of mRNAs: a 2. 3 kb- and a 2. 6 kb-long mRNA pool. Usually, especially in the presence of , the longer intron is preferred, so the 2. 3-kb-long mRNA represents the so-called "major splice". In this form the first , from which the synthesis of VP1 protein starts, is cut out, resulting in a reduced overall level of VP1 protein synthesis. The first AUG codon, which remains in the major splice, is the initiation codon for VP3 protein. However, upstream of that codon in the same open reading frame lies an ACG sequence encoding threonine which is surrounded by an optimal. This contributes to a low level of synthesis of VP2 protein, which is actually VP3 protein with additional N terminal residues, as is VP1. Since the bigger intron is preferred to be spliced out, and since in the major splice the ACG codon is a much weaker initiation signal, the ratio at which the AAV structural proteins are synthesized in vivo is about 1:1:20, which is the same as in the mature virus particle. The unique fragment at the N terminus of VP1 protein was shown to possess the A2 PLA2 activity, which is probably required for the releasing of AAV particles from late. Muralidhar et al. reported that VP2 and VP3 are crucial for correct virion assembly. More recently, however, Warrington et al. showed VP2 to be unnecessary for the complete virus particle formation and an efficient infectivity, and also presented that VP2 can tolerate large insertions in its N terminus, while VP1 can not, probably because of the PLA2 domain presence. The of the VP3 protein was determined by Xie, Bue, et al.. AAVの血清型 [ ] 2006年時点で、11種類のAAVの血清型が報告されており、11番目は2004年に報告された。 既知の血清型のすべてが様々な種類の組織細胞に感染することができる。 組織特異性は、カプシドの血清型によって決定され、AAVベクターのシュードタイピング(pseudotyping)による指向性(tropism)の範囲は、治療上重要となる可能性がある。 AAV2 [ ] Serotype 2 AAV2 has been the most extensively examined so far. AAV2 presents natural tropism towards e. , , cells and. The first functions as a primary receptor, while the latter two have a co-receptor activity and enable AAV to enter the cell by receptor-mediated. These study results have been disputed by Qiu, Handa, et al.. HSPG functions as the primary receptor, though its abundance in the can scavenge AAV particles and impair the infection efficiency. AAV2とガン [ ] 試験により、血清型が2型のウイルス(AAV-2)は健常細胞を障害することなく、明らかにがん細胞を破壊する。 Studies have shown that serotype 2 of the virus AAV-2 apparently kills cancer cells without harming healthy ones. "Our results suggest that adeno-associated virus type 2, which infects the majority of the population but has no known ill effects, kills multiple types of cancer cells yet has no effect on healthy cells," said Craig Meyers, a professor of and at the College of Medicine in. This could lead to a new anti-cancer agent. 他の血清型 [ ] Although AAV2 is the most popular serotype in various AAV-based research, it has been shown that other serotypes can be more effective as gene delivery vectors. For instance AAV6 appears much better in infecting airway epithelial cells, AAV7 presents very high transduction rate of murine skeletal muscle cells similarly to AAV1 and AAV5 , AAV8 is superb in transducing hepatocytes and AAV1 and 5 were shown to be very efficient in gene delivery to vascular endothelial cells. AAV6, a hybrid of AAV1 and AAV2, also shows lower immunogenicity than AAV2. Serotypes can differ with the respect to the receptors they are bound to. For example AAV4 and AAV5 transduction can be inhibited by soluble of different form for each of these serotypes , and AAV5 was shown to enter cells via the receptor. 免疫学 [ ] ヒトにおいて、AAVによって惹起される免疫応答は明らかに限定的であることから、AAVは特に遺伝子治療専門家の興味の対象である。 この要因は、免疫関連症状の発生リスクを低減する一方で、ベクターの形質導入の効率性に肯定的に影響するであろう。 自然免疫 [ ] AAVベクターに対する自然免疫反応はの特徴は、動物モデルで明らかにされている。 The immune response to the AAV vectors has been characterised in animal models. Intravenous administration in mice causes transient production of pro-inflammatory and some infiltration of and other into the liver, which seems to sequester a large percentage of the injected viral particles. Both soluble factor levels and cell infiltration appear to return to baseline within six hours. By contrast, more aggressive viruses produce innate responses lasting 24 hours or longer. are known to be neutralising and for gene therapy applications these do impact on vector transduction efficiency via some routes of administration. As well as persistent AAV specific antibody levels, it appears from both prime-boost studies in animals and from clinical trials that the B-cell memory is also strong. In seropositive humans, circulating antibodies for AAV2 appear to be primarily composed of the IgG1 and IgG2 subclasses, with little or no IgG3 or IgG4 present. 細胞免疫 [ ] The response to the virus and to vectors is poorly characterised and has been largely ignored in the literature as recently as 2005. Clinical trials using an AAV2-based vector to treat haemophilia B seem to indicate that targeted destruction of transduced cells may be occurring. Combined with data that shows that can recognise elements of the AAV capsid in vitro , it appears that there may be a cytotoxic T lymphocyte response to AAV vectors. Cytotoxic responses would imply the involvement of in the response to AAV and in vitro data from human studies suggests that the virus may indeed induce such responses including both Th1 and Th2 memory responses. A number of candidate T cell stimulating have been identified within the AAV capsid protein VP1, which may be attractive targets for modification of the capsid if the virus is to be used as a vector for gene therapy. AAVの感染サイクル [ ] AAVの感染サイクルにはいくつかの段階があり、細胞感染から感染性粒子の産生まである• 細胞膜への付着• エンドサイトーシス(形質膜陥入)• エンドソームによる輸送• 後期エンドソーム(エンドサイトーシスで形成されるリソソームへの運搬小胞)後期又はリソソームからの脱出(escape)• 核へのトランスロケーション(転位)• AAVゲノムの複製型である二本鎖DNAの形成• rep 遺伝子の発現• ゲノムの複製• cap 遺伝子の発現、子孫(後代)一本鎖DNA粒子の合成• 完全なウイルス粒子の組立て、及び• 感染細胞からの放出 これらの段階の一部は、様々な細胞の種類で異なることがあり、明確でかなり限定的なAAVのネイティブトロピズム(native tropism)に寄与する。 ウイルスの複製は、細胞がどの細胞周期にあるかによって、1種類の細胞でも異なる可能性がある。 [71] Some of these steps may look different in various types of cells, which, in part, contributes to the defined and quite limited native tropism of AAV. Replication of the virus can also vary in one cell type, depending on the cell's current cell cycle phase. [71] The characteristic feature of the adeno-associated virus is a deficiency in replication and thus its inability to multiply in unaffected cells. The first factor that was described as providing successful generation of new AAV particles, was the , from which the AAV name originated. It was then shown that AAV replication can be facilitated by selected proteins derived from the adenovirus genome, by other viruses such as HSV, or by genotoxic agents, such as irradiation or. The minimal set of the adenoviral genes required for efficient generation of progeny AAV particles, was discovered by Matsushita, Ellinger et al.. This discovery allowed for new production methods of recombinant AAV, which do not require adenoviral co-infection of the AAV-producing cells. In the absence of helper virus or genotoxic factors, AAV DNA can either integrate into the host genome or persist in form. In the former case integration is mediated by Rep78 and Rep68 proteins and requires the presence of ITRs flanking the region being integrated. In mice, the AAV genome has been observed persisting for long periods of time in quiescent tissues, such as skeletal muscles, in episomal form a circular head-to-tail conformation. 引用文献 [ ]• Russel DW, Deyle DR 2010. Current Opinion in Molecular Therapy 11 4 : 442-447. Grieger JC, Samulski RJ 2005. Kotin RM, Siniscalco M, Samulski RJ, et al. 1 March 1990. Proc Natl Acad Sci U S A 87 6 : 2211—5. Surosky RT, Urabe M, Godwin SG, et al. 1 October 1997. Journal of Virology 71 10 : 7951—9. Chirmule N, Propert K, Magosin S, Qian Y, Qian R, Wilson J September 1999. Gene Therapy 6 9 : 1574—83. Hernandez YJ, Wang J, Kearns WG, Loiler S, Poirier A, Flotte TR 1 October 1999. Journal of Virology 73 10 : 8549—58. Ponnazhagan S, Mukherjee P, Yoder MC, et al. April 1997. Gene 190 1 : 203—10. McCarty, D M; Monahan, P E; Samulski, R J 2001. Gene Therapy 8 16 : 1248—54. Rogers GL Jan 2014. J Transl Med. of Gene Medicine,• Maguire, A. , Simonelli, F. , Pierce, E. , Pugh, E. , Mingozzi, F. , Bennicelli, J. , Banfi, S. , et al. 2008. Safety and efficacy of gene transfer for Leber's congenital amaurosis The New England journal of medicine, 358 21 , 2240—2248. Bainbridge, J. , Smith, A. , Barker, S. , Robbie, S. , Henderson, R. , Balaggan, K. , Viswanathan, A. , et al. 2008. Effect of gene therapy on visual function in Leber's congenital amaurosis The New England journal of medicine, 358 21 , 2231—2239. Hauswirth, W. , Aleman, T. , Kaushal, S. , Cideciyan, A. , Schwartz, S. , Wang, L. , Conlon, T. , et al. 2008. Treatment of Leber Congenital Amaurosis Due to RPE65Mutations by Ocular Subretinal Injection of Adeno-Associated Virus Gene Vector: Short-Term Results of a Phase I Trial. Human gene therapy, 19 10 , 979—990. Nathwani, A. , Tuddenham, E. , Rangarajan, S. , Rosales, C. , McIntosh, J. , Linch, D. , Chowdary, P. , et al. 2011. Adenovirus-associated virus vector-mediated gene transfer in hemophilia B The New England journal of medicine, 365 25 , 2357—2365. Jessup, M; Greenberg B, Mancini DM, Cappola T, Pauly DF, Jaski B, Yaroshinsky A, Zsebo K, Dittrich H, Hajjar, RJ June 2011. Circulation 124 3 : 304—313. 2012年3月24日閲覧。. LeWitt, P. , Rezai, A. , Leehey, M. , Ojemann, S. , Flaherty, A. , Eskandar, E. , Kostyk, S. , et al. 2011. AAV2-GAD gene therapy for advanced Parkinson's disease: a double-blind, sham-surgery controlled, randomised trial. The Lancet Neurology, 10 4 , 309—319. Human Gene Therapy 16 5 : 541? Kaplitt MG, Feigin A, Tang C, et al. June 2007. Lancet 369 9579 : 2097? 105. Erles K, Rohde V, Thaele M, Roth S, Edler L, Schlehofer JR November 2001. Human Reproduction 16 11 : 2333—7. "Recurrent AAV2-related insertional mutagenesis in human hepatocellular carcinomas" Nat Genet. 2015 Oct;47 10 :1187-93. doi:10. 3389. Epub 2015 Aug 24. Carter, BJ 2000. Gene Therapy: Therapeutic Mechanisms and Strategies. : Marcel Dekker, Inc.. 41—59. Bohenzky RA, LeFebvre RB, Berns KI October 1988. Virology 166 2 : 316—27. Wang XS, Ponnazhagan S, Srivastava A July 1995. Journal of Molecular Biology 250 5 : 573—80. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 91 13 : 5808—12. Zhou X, Muzyczka N April 1, 1998. Journal of Virology 72 4 : 3241—7. Nony P, Tessier J, Chadeuf G, et al. October 2001. Journal of Virology 75 20 : 9991—4. Nony P, Chadeuf G, Tessier J, Moullier P, Salvetti A January 2003. Journal of Virology 77 1 : 776—81. Philpott NJ, Giraud-Wali C, Dupuis C, et al. June 2002. Journal of Virology 76 11 : 5411—21. Tullis GE, Shenk T December 2000. Journal of Virology 74 24 : 11511—21. Journal of Virology 68 5 : 2947—57. Im DS, Muzyczka N May 1990. Cell 61 3 : 447—57. Im DS, Muzyczka N February 1, 1992. Journal of Virology 66 2 : 1119—28. Samulski RJ 2003. Ernst Schering Research Foundation Workshop 43 : 25—40. Trempe JP, Carter BJ January 1, 1988. Journal of Virology 62 1 : 68—74. Jay FT, Laughlin CA, Carter BJ May 1981. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 78 5 : 2927—31. Becerra SP, Rose JA, Hardy M, Baroudy BM, Anderson CW December 1985. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 82 23 : 7919—23. Cassinotti P, Weitz M, Tratschin JD November 1988. Virology 167 1 : 176—84. Journal of Virology 68 1 : 170—6. Trempe JP, Carter BJ September 1, 1988. Journal of Virology 62 9 : 3356—63. Rabinowitz JE, Samulski RJ December 2000. Virology 278 2 : 301—8. May 1, 2002. The Journal of General Virology 83 Pt 5 : 973—8. Warrington KH, Gorbatyuk OS, Harrison JK, Opie SR, Zolotukhin S, Muzyczka N June 2004. Journal of Virology 78 12 : 6595—609. Xie Q, Bu W, Bhatia S, et al. August 2002. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 99 16 : 10405—10. Mori S, Wang L, Takeuchi T, Kanda T December 2004. Virology 330 2 : 375—83. Human Gene Therapy 9 8 : 1181—6. Fischer AC, Beck SE, Smith CI, et al. December 2003. Molecular Therapy 8 6 : 918—26. Nicklin SA, Buening H, Dishart KL, et al. September 2001. Molecular Therapy 4 3 : 174—81. Rabinowitz JE, Xiao W, Samulski RJ December 1999. Virology 265 2 : 274—85. Shi W, Bartlett JS April 2003. Molecular Therapy 7 4 : 515—25. Wu P, Xiao W, Conlon T, et al. September 2000. Journal of Virology 74 18 : 8635—47. Manno CS, Chew AJ, Hutchison S, et al. April 2003. Blood 101 8 : 2963—72. Richter M, Iwata A, Nyhuis J, et al. April 2000. Physiological Genomics 2 3 : 117—27. Koeberl DD, Alexander IE, Halbert CL, Russell DW, Miller AD February 1997. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 94 4 : 1426—31. Qing K, Mah C, Hansen J, Zhou S, Dwarki V, Srivastava A January 1999. Nature Medicine 5 1 : 71—7. Summerford C, Samulski RJ February 1, 1998. Journal of Virology 72 2 : 1438—45. Summerford C, Bartlett JS, Samulski RJ January 1999. Nature Medicine 5 1 : 78—82. Qiu J, Handa A, Kirby M, Brown KE March 2000. Virology 269 1 : 137—47. Journal of Virology 76 22 : 11530—40. 6 22, 2005. 8 5, 2009閲覧。 Gao GP, Alvira MR, Wang L, Calcedo R, Johnston J, Wilson JM September 2002. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 99 18 : 11854—9. Journal of Virology 75 14 : 6615—24. Journal of Virology 78 9 : 4421—32. Chen S, Kapturczak M, Loiler SA, et al. February 2005. Human Gene Therapy 16 2 : 235—47. Kaludov N, Brown KE, Walters RW, Zabner J, Chiorini JA August 2001. Journal of Virology 75 15 : 6884—93. Di Pasquale G, Davidson BL, Stein CS, et al. October 2003. Nature Medicine 9 10 : 1306—12. Zaiss AK, Liu Q, Bowen GP, Wong NC, Bartlett JS, Muruve DA May 2002. Journal of Virology 76 9 : 4580—90. Current Gene Therapy 5 3 : 323—31. ; Cantwell, E. ; O'Brien, T. ; Johnson, P. ; Mahon, B. 2009 , , Journal of General Virology 90 11 : 2622—2633 , 2009年11月4日閲覧。 March 2006. Nature Medicine 12 3 : 342—7. Sabatino DE, Mingozzi F, Hui DJ, et al. December 2005. Molecular Therapy 12 6 : 1023—33. July 1998. Gene Therapy 5 7 : 938—45. Myers MW, Laughlin CA, Jay FT, Carter BJ July 1, 1980. Journal of Virology 35 1 : 65—75. Handa H, Carter BJ July 25, 1979. The Journal of Biological Chemistry 254 14 : 6603—10. Cancer Research 48 11 : 3123—9. Yakobson B, Koch T, Winocour E April 1, 1987. Journal of Virology 61 4 : 972—81. Yakobson B, Hrynko TA, Peak MJ, Winocour E March 1, 1989. Journal of Virology 63 3 : 1023—30. Duan D, Sharma P, Yang J, et al. November 1, 1998. Journal of Virology 72 11 : 8568—77. 外部リンク [ ]•

次の

アデノウイルス|感染症ってなに?|感染対策コンシェルジュ

アデノ ウイルス

4種類の検体が使用可能 咽頭ぬぐい液、鼻腔ぬぐい液、鼻腔吸引液、角結膜ぬぐい液• 取扱い上(危険防止)の注意• )アデノウイルスは、極めて感染力の強いウイルスです。 医療従事者の手指や医療機器等を介した院内感染の報告があります。 判定結果が陰性であっても、感染性がある場合もあります。 手洗い、医療機器等の消毒、手袋の使用等を励行し、院内感染の防止に努めてください。 検体抽出液が目等に入った場合には、直ちに多量の水で15分以上洗い流してください。 異常があれば、医師の手当てを受けてください。 検体抽出液が手や衣服についた場合には、付着部又は接触部を石鹸水又は多量の水で十分に洗い流してください。 使用上の注意• 本品は、アデノウイルス抗原を迅速に検出するための試薬です。 確定診断は、臨床症状やウイルスの分離培養等、他の検査結果と合わせて担当医師が総合的に判断して行ってください。 添付文書に記載された【用法・用量(操作方法)】に従って使用してください。 咽頭ぬぐい液採取時は、だ液に触れないように注意してください。 検体にだ液が混入するとラインが薄くなる場合があります。 本品を冷蔵保存していた場合は冷蔵庫から出して30分以上放置し、室内温度に戻してからご使用ください。 テストプレートの入ったアルミ袋は使用時まで開封しないでください。 テストプレートの試料滴下部及び判定部を直接手などで触れないでください。 検体抽出液に沈殿が認められることがありますが、検査結果には影響を与えないことを確認しておりますので、そのままご使用ください。 付属のノズル(フィルター付)を必ずご使用ください。 使用期限を過ぎた試薬は使用しないでください。 鼻腔ぬぐい液用としては、別売りの鼻腔用スワブをご使用ください。 付属のスワブに破損や折れ曲がり、部分的な白化、汚れなどがあった場合は使用しないでください。 軸が折れる可能性につながる為、次の様な使い方はしないでください。 (スワブの添付文書をお読みください。 検体採取時、軸部分(特に軸の細い部分)に力がかかり過ぎる、強く押す、過度の捩れ負荷がかかるような使い方• 軸を曲げる、反らす、折るなど、意図的な変形を加えること• 廃棄上の注意• 1%次亜塩素酸ナトリウム溶液に1時間以上浸して処理してください。 試薬及び器具等を廃棄する場合には、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、水質汚濁防止法等の規定に従って処理してください。 検体抽出液には、防腐剤としてアジ化ナトリウムが0. 09%含まれています。 アジ化ナトリウムを含む液を長期間にわたって廃棄しますと、排水管が金属の場合爆発性の金属アジドを生成することがありますので廃棄する場合には多量の水と共に流してください。

次の