石 清水 八幡宮 ケーブル。 京都府八幡市 国宝 石清水八幡宮へ男山ケーブルを利用した行き方・アクセス

【男山ケーブル】アクセス・営業時間・料金情報

石 清水 八幡宮 ケーブル

年末に、お礼参りに行きましたが、初詣はまだ。 ということで、今年は生まれて初めて八幡の「石清水八幡宮」ヘ行ってきました!!!! 随筆・徒然草にも登場する「石清水八幡宮」 石清水八幡宮は中学生の時だか、国語の教科書に載っていたお話で登場したのを読んで以来、ずっーと行きたいと思っていたところ。 そのお話というのが、吉田兼好の徒然草「仁和寺にある法師〜」で始まるもの。 法師が長年の夢を果たし、石清水八幡宮へお参りに行ったのも関わらず、山の下にある神社を本体と勘違いして、結局「石清水八幡宮」には参拝することなく帰ってきた、と。 帰ってきてから「山の上に大勢の人が向かっていたけど、あれは何だったのかなぁ」と漏らしたら、それが石清水八幡宮なんですよ!と知ったという。 悲しい。 切ない。 そこまで行ってお参りできず帰ってきたなんて。 と、私の心に深く刻まれ、「私はちゃんとお参りしたいなぁ」と思い続けて数十年。やっと行けました!うれしい! ケーブルカーに乗って「石清水八幡宮」へ! があるのは、京都府八幡市という場所。男山の上にあって、車で近くまで行けるようだったけれど、私はどうしてもケーブルカーに乗りたかったので、駅の近くに車を止めて向かいます! 私たちが行ったのは1月半ば。 三が日は過ぎていたとはいえ、まだまだ初詣の人で混んでいて、駐車場を探すのが大変でした。 しばし駐車場を求めてグルグルしていたら、何とか1台だけ空いているところを見つけ、滑り込んだのでした。 そしていざ、ケーブルカーに乗り込んで山上へ! ふだんは15分ごとに出ているそうだけど、この日は増発していました。 そして、ケーブルカーに乗ったらあっという間に山上へ!3分くらいだったかな。 もっと長いと思っていた。 ケーブルカーの往復料金:大人400円、小人200円 (片道だけでも乗れます) いざ石清水八幡宮ヘお参り! ケーブルカーの駅があるのは、石清水八幡宮のちょうど真裏。 なので、ケーブルカーを降りてから、5分ほど歩いて正面にまわり、そこからお参りします。 初めて来た「石清水八幡宮」!!!朱色がなんと美しい! 資料によると、平安時代の初め、八幡神社の総本山である宇佐神宮から分霊された神社、だそうで、社殿は、織田信長による修復、豊臣秀吉・秀頼による廻廊再建・社殿修復を経て、徳川家光が造営したという記録が残されている、とのこと。 歴史上の偉人がこれでもか!と登場する。 すごいなぁ。 鳩みくじがかわいい! どーん!おみくじを引こうと思ったら、2種類あって、シンプルに結果だけ書かれた用紙をもらうものと、鳩が足におみくじをはさんでいるもの(500円)と。記念にもなるし、いいなコレ!ほかにも鳩をモチーフにした授与品が愛らしく、目を奪われる。 御朱印(300円)も書いてもらいました! 場所によっては、紙にあらかじめ書いてあるのを渡されるとこもあるけれど、ここは一人ずつ目の前で書いてもらえました。 達筆だし、ありがたさ倍増。 男山からの爽快な眺め ケーブルカーの駅野近くにあった展望台からの眺め。 よーく目を凝らすと、京都タワーまで見えた!!ものすごく気持ちがいい! さて、お参りをしたらお腹が空いてきたので、ケーブルカーの駅前にあった「朝日屋」へ。 ここがまた出てくる品すべて絶品!!!の素晴らしいお店だったので、また詳しく紹介したいと思います! 書きました! 法師が訪れたという「高良社」も参拝 そして徒然草に書いてあった、法師が本体と勘違いした山の下にある神社、こちらも気になって、行ってきました。どンなところか見てみたくないですか?案内所で聞いたら、「高良社」というところだと教えてもらい、向かいます。 「高良社」があるのは、一丿鳥居をくぐり抜けたその奥(ケーブルカーではなく、歩いて石清水八幡宮ヘ向かうなら、こちらから) これが、その高良社!!!そうか!ここか!と、こちらもありがたくお参り。 ここを通り過ぎずずいと歩いていくと参道が続いていて、石清水八幡宮へとたどり着くことができるというわけ、だったのですが…。 法師の無念を思いつつ、中学生以来、訪ねてみたい!と思っていたところにようやく来られて、本当に大満足! 仕事で動画制作をしているが動画を作ってくれました! 石清水八幡宮の観光の参考に!3分ちょっとでサクッと見られる動画になっています(音が出ます) 動画作成のご相談はへぜひ! 石清水八幡宮のデータ.

次の

京都の裏鬼門を守る神社、石清水八幡宮

石 清水 八幡宮 ケーブル

御朱印帳1,500円 歴代朝廷との関係が深かった石清水八幡宮。 その社格の高さを示すのが、毎年9月15日に行われる勅祭(ちょくさい) 「石清水祭」です。 勅祭とは、天皇の使者である勅使が派遣されて行われる、とても貴重なお祭りのこと。 実は勅祭が行われるのは、全国約8万の神社の中でも僅か16社だけで、石清水祭は、葵祭(賀茂祭)、奈良・春日大社の春日祭とともに 三大勅祭のひとつとされています。 午前2時に神事が始まり、午前3時に社殿から約500人のお供を連れた御鳳輦(ごほうれん、神輿のこと)3基が山麓へと下りていきます。 松明や提灯の灯りが揺れる中、歩く様子は 「動く古典」と称されるほど幽玄なもの。 御朱印帳にも幻想的な行列が描かれています。 石清水八幡宮の参拝ルートは? 外観も立派なものですが、せっかくなら内部を拝観できる 昇殿参拝がおすすめ。 神職さんのご案内で社殿の見どころや歴史を伺うことができ、内部の彫刻がとても美しいのでご注目! 欄間(らんま)や瑞籬(みずかき、垣根のこと)には色鮮やかなブドウや鶴、カマキリ、天人など150点以上のモチーフが見つけられます。 じっくり探してみてくださいね。 祭典行事などにより変動あり 【初穂料】1,000円 山上から山麓へ。 参道の注目ポイントをチェック 山内をめぐる参道にはいくつもの史跡が遺されていて、神社の歴史がより深く感じられます。 実は石清水八幡宮と深いつながりがあり、エジソンが発明した白熱電球には、男山周辺に生えていた真竹が使われていたそうなのです! 境内には記念碑もあって、2月には生誕祭が行われています。 授与所では、学業成就・合格祈願の竹製絵馬もいただけますよ。 京都市内の観光はもちろん、少し足を伸ばして、京都府南部・石清水八幡宮までぜひ訪れてみてくださいね。 男山ケーブルに乗り換え、「男山山上駅」下車。 徒歩約3分で社殿到着。

次の

石清水八幡宮(アクセス・見どころ・歴史・・・)桜名所

石 清水 八幡宮 ケーブル

京阪電車八幡市駅から 石清水八幡宮本殿までは、徒歩の場合、 約40分程かかります。 男山ケーブルを利用して石清水八幡宮本殿までの行き方については の紹介記事からご確認下さい。 石清水八幡宮へは なだらかな石段を上る表参道コース(本殿まで約40分)、 傾斜がある石段を上る裏参道コース(本殿まで約30分)がありますので、こちらそれぞれご紹介致します。 京阪電車八幡市駅改札口からの風景です。 右の歩道を道なりに進み、写真奥の スーパーツジトミまで進み、 右に曲がります。 曲がってすぐに 石清水八幡宮入り口、 一ノ鳥居が見えてきます。 一ノ鳥居すぐ側に 石 清水八幡宮の門前名物・やわた走井餅のお店があります。 羽二重餅のようなお餅で、とってもおいしいので是非食べてみてください! 一ノ鳥居をくぐると 頓宮殿の門が見えてきますので 直進します。 右が先ほどの門で、頓宮殿を見ながら先へ進みます。 頓宮殿の 朱色の門を 直進します。 頓宮殿の朱色の門をくぐり、すぐ 右側には 高良神社があります。 兼好法師の 徒然草で、仁和寺の法師が石清水八幡宮に参拝したいとずっと思い、念願かなって石清水八幡宮だと思って参拝した神社が実は高良神社だったという話は有名ですね。 高良神社を右側に 二ノ鳥居の方へと進むと なだらかな石段を上る表参道コース、 傾斜がある石段を上る裏参道コースへと分岐します。 傾斜がなだらかな表参道コース(本殿まで約40分) なだらかな石段を上る表参道コース(本殿まで約40分) は 二ノ鳥居をくぐり直進します。 一ノ鳥居から 二ノ鳥居までは 約10分程で到着します。 途中、 大扉稲荷社を左側に見ながら奥へと進みます。 二ノ鳥居から 大扉稲荷社までは 約10分かかります。 このような 比較的傾斜が緩やかな石段を上っていきます。 しばらく進むと お食事処があります。 ここの石段を上ると 三ノ鳥居が見えてきます。 三ノ鳥居です。 大扉稲荷社から 三ノ鳥居まで 約15分です。 三ノ鳥居前には 神馬舎があります。 昔は白い神馬がいたのですが、今ははどこにいるのでしょうか。。 三ノ鳥居付近には 一ツ石、または 勝負石と呼ばれる 勝運の石がありますので、本殿に行く際に祈願していきたい 勝負運アップのパワースポットです。 三ノ鳥居からは本殿は見えています。 三ノ鳥居から 石清水八幡宮本殿まで 約5分です。 傾斜がきつい裏参道コース 傾斜がある石段を上る裏参道コース(本殿まで約30分) は 二ノ鳥居の右側にある石段をのぼっていきます。 表参道コースより10分程本殿にはやく到着しますが、 傾斜がかなりきついので覚悟が必要です。 ここから 細橋までひたすら傾斜のある石段を上ります。 表参道ルートの途中の風景です。 石段がすごい傾斜になっていますね。。 表参道ルートの途中の道を少し入ったところに、 石清水井(いわしみずい)・石清水社(いわしみずしゃ)があります。 石清水井は、冬に凍らず、夏にもかれることなく、現在も 霊泉「石清水」が湧き出ており、 石清水八幡宮の名前の由来となりました。 起源は石清水八幡宮創建以前までさかのぼるそうで、石清水八幡宮へ参詣の際は 是非訪れたいスポットのひとつです! 階段手前の石の橋は 細橋(ささやきばし)といいます。 石清水の源流が通っていた橋で、渡らずの橋です。 二ノ鳥居 の右側にある石段から 細橋まで 約20分で到着します。 細橋からは舗装された平坦な道で歩きやすくなります。 道なりに進むと石段があり、上ると 手水舎があります。 石段を上がると本殿 はすぐそこにあります。 細橋から 本殿までは歩きやすい 傾斜のほとんどない道で、 約10分で本殿に到着することができます。

次の