きゃりーぱみゅぱみゅ 炎上。 「もう聴かない」「気持ち悪い」きゃりーぱみゅぱみゅ が海外で炎上

小泉今日子、きゃりーぱみゅぱみゅも炎上……「芸能人は政治に口を出すな」という人々の考え方

きゃりーぱみゅぱみゅ 炎上

「まさか、こんなに自分が叩かれるとはあの子も思ってもみなかったんじゃないでしょうか。 騒動のときは私たちもどうしていいものか、娘にメールでも送ったほうがいいのかなと思ったんですけど、あの子も27歳になって、自分の考えでSNSに載せたと思うんです。 先日、 22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。 彼女は恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だったが、番組内での言動に対して1日100件もの誹謗中傷SNSに悩まされていた。 事態を重く見た高市早苗総務相はインターネット上の発信者の特定を容易にするため、制度改正を含めて検討することを表明している。 そして、若年層に人気のアーティスト、きゃりーぱみゅぱみゅ(27)もまた、SNSのツイートが原因で大バッシングに遭っていた。 母親の郁子さんに話を聞いたところ、きゃりーは騒動後、傷心を癒やすために一時里帰りをしていたという——。 同法改正案については、小泉今日子や「いきものがかり」の水野良樹、浅野忠信らが声を上げ、きゃりーも同様に抗議の輪に加わっていた。 しかし、ツイッターで抗議した有名人の中でもバッシングの標的となったのは、きゃりーなど若い女性有名人たちだった。 「524万人のフォロワーを抱えるきゃりーぱみゅぱみゅの影響力は大きく、彼女の投稿に賛同する意見も多くありました。 しかし、『歌手やってて、知らないかも知れないけど』『勘違いババア』『歌手は歌うだけでいい』といった批判や誹謗中傷が殺到し、彼女のツイッターコメント欄は大荒れでした。 彼女も『歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、』と反論していましたが、騒動が大きくなり、結局翌日に問題のツイートを削除するまで追い込まれました」(スポーツ紙記者) ツイートを削除した理由について、きゃりーはこう説明した。 《ファンの人同士での私の意見が割れて、コメント欄で激論が繰り広げられていて悲しくなり消去させて頂きました。 いろんな意見があって良いとは思います。 私に対してのイメージ、理想それぞれあるとは思いますがファン同士で喧嘩するのは嫌だなぁ。 逃げるな!とか消すなら最初から書くんじゃねー! とかいろいろ言われるだろうな思ったので理由を書かせていただきました。 今後は発信に責任感を持って投稿していきます。 失礼致しました》 うちのお父さんは「世の中はそんなに甘くない」 炎上騒動中、母の郁子さんは冒頭のコメントの通り、娘と「あえて距離を置いていた」と話す。 「SNSは怖いです。 すごく怖いです。 うちのお父さんは、『一度載せたんだったら、消したりしないで責任を持たないといけない。 世の中はそんなに甘くない』っていう考え方なんです。 でも、あの子がネットで皆からいろいろ言われていて、あの時に私たちがそれを本人に言ってしまうと娘をもっと追い込んでしまいます。 ですから何も言わずにずっと辛抱して見守っていました」 東京・西東京市で生まれ育ったきゃりーは2011年に奇抜なファッションと個性的な歌詞でデビュー。 ビンタに木刀、門限厳守、人の悪口は言わない 「普通の家庭と一緒だと思うのですが、一人娘でしたので、しつけに関しては少し厳しかったかもしれません。 言葉で通じなければ(ビンタの手ぶりを見せ)ビシッビシッっていうのは日常でしたね。 携帯を買ってあげたのは中学を卒業してからで、高校3年間は夜8時から朝までは充電器に置かせて使わせませんでした。 門限も夜8時で、あの子が原宿とかで写真を撮っていて5分遅れて帰ってきたりしたときがありましたが、私は玄関に鍵をかけて入れませんでした。 玄関には木刀もあって、『門限は守らなきゃだめ。 1秒遅刻してもそれは世の中ではダメなんだから。 私は待ち合わせ時間の1時間前には到着するようにしている』と話した記憶があります。 特に『人の悪口は言わない』ってことはいつも言っていました。 コロナ禍でスケジュールが白紙となり、炎上騒動後に訪れたのは慣れ親しんだ実家だった。 「自分で言った以上は自分に責任があるからね」 「実は先日、こっちに帰ってきたんですよ。 娘が『お父さんとお母さんが(炎上騒動のときに)何も言ってこなかったけど、知ってたんでしょ?』と言うから、『知っていたけど、それはあなたの考えで、自分で言った以上は自分に責任があるからね。 ただ、今の世の中は皆がピリピリしているから、言葉には気をつけてね』って話しました。 娘の結婚観について、郁子さんはこう話した。 きゃりーが口にした「子供が生まれたら……」 「最近は『お父さんとお母さんが元気なうちに子供が生まれたら、面倒を見てもらって、抱っこしてもらいたい』ってあの子が言うから、『わかった。 でもね、あなたの人生だから、私たちのことは気にしないで自分がここで卒業っていうところまで仕事をしていいんだよ。 好きなだけ仕事をして辞めたくなったら、いつでも帰っておいで』って話しています。 手紙もくれて、『育ててくれてありがとう。 お父さんとお母さんの子どもで本当によかった。 私もお母さんのような母親になりたい』って書いてありました。 本当に優しい子なんですよ。 実家に来たときは元気がないように見えて、1泊だけして帰りましたけど、少しは気晴らしになったんじゃないですかね」 「いつかあの子の心が折れてしまわないか心配」 改めて、今回のSNS炎上について母の郁子さんは、「いつかあの子の心が折れてしまわないか心配です」と不安を募らせた。 「私は人の粗探しとかは苦手でSNSなんかも見ません。 あの子のSNSに反響があるっていうのはお父さんからよく聞くんです。 世界の人やたくさんの方が見ているみたいで、『テラスハウス』の出来事もあり、毅然とした気持ちでいないと、心が折れてしまわないかと心配です。 もう少し一歩足を止めて考えてくれればいいんだけど、載せちゃったことは取り返しがつかないですからね。 27歳になってくると10代の子たちから見れば『ババア』みたいに言われてもおかしくない時代ですから、強い精神力で接していかなきゃいけないし、正直、こんなの載せなければいいのにって思うときもあります。 でも、あの炎上で若い人たちが今度の新しい検事長の方や世の中のことに興味を持ってくれるかもしれないですよね。 あの子にはまだ夢があるし、落ち込まないように一番のファンである私が応援してあげたいと思っています」 SNSで人気を集めると同時に、心無い言葉に晒されてもいる現代のタレントたち。 母の心配は尽きることがない。 (「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班)).

次の

小泉今日子、きゃりーぱみゅぱみゅも炎上……「芸能人は政治に口を出すな」という人々の考え方

きゃりーぱみゅぱみゅ 炎上

きゃりーぱみゅぱみゅ「KPP BEST 初回限定盤」 ワーナーミュージック・ジャパン 投稿では、7年前、当時12歳だった日本人男子バックダンサーに対して、きゃりーが「ちゅーしたい」「抱っこしながら寝たいな」などとツイートしていたことを発見して問題視。 the screencaps here show translations of posts on her blog or twitter from when P-chan, a boy she was fixated on, was 12. more in thread. 「単なる痛い人」では終わらず、「ペドフィリア」として認識され、芸能人生は終わってしまうことでしょう。 (編集部注:きゃりーやバックダンサーだった男子は、炎上について発言しておらず、背景はよくわかりません。 当時きゃりーはまだ19歳、自らツイートしているのは、それが欧米でアウトという知識もなかったのでしょう) 筆者は15年間アメリカに住んでいましたが、特にアメリカでは児童に対する性的虐待に敏感です。 それは親子関係においても同じで、よく比較される例として「父娘の混浴問題」があります。 米メディアでも「キッズと一緒にお風呂に入ることは決して悪いことではない。 ルールさえきちんと守れば」という記事を見かけますが、その基本ルールとなっているのはやはり年齢。 イクメン雑誌の『ファザリー Fatherly』では、「小学校に上がる前の、5歳くらいまで」を基準としています。 アメリカ人の子持ち夫婦に聞いてみても答えは同じ。 「父娘が一緒にお風呂に入ることは、娘が5歳くらいまでならあると思うし、変だとも思わない。 けれど、それ以降は普通、男親の方が気にしてしまうものなのよ。 うちの娘は今7歳だけど、夫はもう娘と一緒には入りたがらないわ」(38歳・女性・薬剤師) 父娘の混浴は下手をすると幼児虐待と取られかねないようで、最悪逮捕されることもあるそうです。 きゃりーのツイートについて米国人に聞いてみると… 今回の騒動をアメリカの友人たちに話してみると、みんな一様に不快感を示しました。 「大人が思春期の子に対して『好き』なんて言ったら、『え? あの人なんて言ったの?』という感じで軽蔑され、その噂は一生消えないわよ。 この大人には子どもを近づけてはいけないと危険人物扱いするようになる」とは、前述の薬剤師の女性。 他にも、子どもの人権やセクハラ問題にふれる人もいました。 「これははっきりした方がいい問題だけど、どんな年齢でも人権があって、本人が意志を主張できない時期に『ちゅーしたい』とか『一緒に寝たい』なんて断じて言ってはいけないの。 男女関係なくね。 だってこれ、男女逆なら日本でも芸能界にいられないんじゃないの?」(32歳・女性・教員) 「格上の立場の人間が、思春期の心も体も成長過程にある男子に対してこんなこと言うのは絶対にいけないこと。 間違いなくセクハラよ」(27歳・女性・デザイナー) 「痛いというより、ああ、この人は小児性愛者なんだという目で見てしまう。 特に子どもを持っていると他人事とは思えないし怒りで震える。 うちでは娘に、もしも大人に『これ内緒ね』と言われても、ママとダディには隠さずに話してねって言い聞かせてるの。 最低限の対策としてね」(45歳・女性・主婦).

次の

きゃりーぱみゅぱみゅの検察抗議で炎上はなぜ?相関図ツイート削除理由で再炎上!

きゃりーぱみゅぱみゅ 炎上

ピン芸人日本一決定戦「 R-1ぐらんぷり2019」の決勝戦が放送され、歌手の きゃりーぱみゅぱみゅさんが 「お笑い番組で悲鳴ださないでほしいなあ」と不満を述べていました。 今回多くの共感を得た きゃりーさんのツイートですが、過去にはきゃりーさんのツイートによって 炎上したこともあったようです。 どうやらきゃりーぱみゅぱみゅさんの 塩対応が原因だったようですが、 「性格が悪すぎ」とまで書き込まれてしまったみたいです。 そこで今回は、 きゃりーぱみゅぱみゅさんは本当に性格が悪かったのかどうか、原因のツイートや塩対応について探っていきたいと思います。 naver. 上記の画像はきゃりーさんがご友人と買い物されているときに、 盗撮されたときの画像です。 どうやら、とあるファンの方がきゃりーさんに写真をお願いしたところ、断られたために盗撮をしてその画像をツイッター上に投稿してしまったとのこと。 以下、そのときのファンの方のツイートです。 naver. ちなみに、現在このツイートはすでに削除されており、アカウントも削除されています。 naver. 先ほどのツイートに対して、きゃりーぱみゅぱみゅさんは上の画像のようなツイートをしてしまったみたいですね。 結果的に、 愚痴ツイートをした一般人の方を特定してしまうようなツイートをしてしまったようです。 きゃりーさんとしては写真は全員に対して、お断りしているようですが、時間がないにも関わらず言い寄られてしまったために塩対応となってしまったのでしょうか? このツイートに対し、ネット上では以下のような声があがったといいいます。 naver. きゃりーさんは当時でフォロワー200万人、現在で500万人を超えるフォロワーを抱えているので、その影響力は大きなものです。 愚痴ツイートをしてしまった方は結果的にアカウントを削除してしまっているので、「圧力で一般人を潰した」という厳しい見方をする方も多かったようですね。 きゃりーぱみゅぱみゅを擁護する声も 一方で、 「そもそも盗撮が悪い」ときゃりーぱみゅぱみゅさんを擁護する声も多かったようです。 naver. 芸能人だから盗撮してもいいという道理はないと思いますし、写真を撮るのであればやはりお互いの同意が必要なのではないでしょうか? ちなみに、きゃりーさんはSNSで気をつけていることについて以下のように語っていました。 SNSなどでは、本当に素の自分を出していますね。 「きゃりーぱみゅぱみゅだからこういうこと書こう、こういうの上げよう」っていうのは全然思っていなくて。 友だちと行った場所や食べたものを気楽にあげてます。 でも、すごい炎上しやすい時代なので、安易にあんま発言しないようには一応はしていますね。 下手したらテレビで報道されたりもするし、Yahoo! ニュースなったり、友だちに心配されたり。 めんどくさいから、気をつけています。 yahoo. しかし、このときのツイートは一般人を特定するかのようなツイートをされていたので、それほど盗撮行為が許せなかったのでしょう。

次の