しくじり 先生 那須 川 天心。 那須川天心『しくじり先生』でメイウェザー戦を語る!「那須川“慢心”になっていた」

【RIZIN】那須川天心、メイウェザー戦を「正直怖かった」「あの試合をやったことに一切後悔はしていません」=『しくじり先生』完全版も公開

しくじり 先生 那須 川 天心

24日の放送で「しくじり先生」として登壇した那須川は、琉球少林流空手出身の女優・武田梨奈や、3月の新日本キックボクシング協会『MAGNUM 49』でのプロデビュー戦で判定勝利したらと共演。 2018年の某日、ジムでの練習後に父・弘幸氏から説教を受けていた那須川は、突如「お前、メイウェザーと試合やるか?」と聞かれたという。 競技も階級も違う相手にもかかわらず那須川は「いいよ」と即答。 それは「格闘家なら来たチャンスは絶対に断らないと自分のなかで決めていて、相手を選ぶのは格闘家じゃないと思っています」という信念から出た言葉だったという。 しかし「メイウェザー選手のことをさほど知らなかった。 自分は自分のペースでやるだけだと思い、メイウェザー選手がいかにヤバい選手か深刻に考えていなかった。 完全に舐めてました」とも語る。 「1、2R目はフットワークを使って相手のスタミナを奪い、3R目で勝負しよう」と作戦を立てていたが、ゴングが鳴ると「真っ白になって」ペース配分を無視して怒りのラッシュ。 そんななかでも決めたのが、メイウェザーの右の打ち終わりに合わせたカウンターの左フックだった。 「当たって、目が赤くなった」という那須川だが、その渾身の左をメイウェザーは突っ込みながらもスリッピング・アウェーでずらしていた。 その直後、「信じられないくらい重いパンチを打つようになった。 ガードのスタイルも変えて、一番、嫌な戦い方をしてきた。 圧力・圧力で」と、階級差を活かしたプレッシャーをかける動きに変化した5階級制覇王者について、那須川は「それを瞬時に選べるのはすごいなと思う」と、拳を交えた感想を語る。 「あの試合をやったことに一切後悔はしていません。 悔しい負けをプラスにするのか、マイナスにするのか全ては自分次第。 負けがあるからどんな人も強くなれる。 やってきたことを信じていけば、必ず成功に繋がる」と前を向く。 どんなに失敗しても自分次第で何とかなります。 失敗した後にも成功があります。 そこで歩みを止めてはいけないと思います。 メイウェザー選手と戦えて良かったと心の底から思う」と語りかけ番組を締めくくった。

次の

朝倉未来、朝倉海、那須川天心、武尊、井上尚弥←こいつらがいる今の日本格闘界wxwxxwxwxwxwxwxwxwx

しくじり 先生 那須 川 天心

6月24日(月)の放送の『』(AbemaTV、)に、が出演すると発表された。 まさかのボロ負けとなり、人目もはばからず大号泣した。 一体なぜこんな結果に…と多くのボクシングファンを驚かせた。 実は川は、頼まれるとすぐにOKしてしまう性格。 セコンドを務める父親から「と試合やるか?」と聞かれ、深く考えずに「いいよ」と即答してしまったそうだ。 キックボクシングとボクシングの違いや階級の差などについて冷静に分析せず、「?勝てるっしょ!」とナメきっていたという。 その勢いにのまれ、川は次第にペースを乱されていったようだ。 天心先生と「」レギュラー陣 そして試合当日、裏では様々なドラマがあったらしい。 今まで明るみにされなかった真実、その一部始終を川自身が「」にて激白する。 天心先生の授業風景 収録を終えた川は「自分からバラエティで発言することは初めてで不安な部分もありましたが、楽しく収録できました。 戦を経て自分が思っていることを沢山伝えさせてもらったので、ぜひ観てください」とコメント。 自身の心中をありのまま開放し、全力で「」に臨んだことがうかがえる。 本放送は、6月24日(月)にて深夜24時20分~深夜24時50分にオンエア。 放映直後の24時50分より、授業完全版を「Abemaビデオ」にて無料配信スターとする。 また、AbemaTVでは、6月22日(土)に『AbemaTV3周年記念 1000万円シリーズルマッチ vs』を放映予定。 「今の時代に適した戦いができるよう頑張っていきます」と川は語っている。 世界中が注目した世紀の一戦、当事者である川本人が伝えるのはどのようなドラマなのか。 オンエアの日まで様々な想像がわきたってしまいそうだ。

次の

【RIZIN】那須川天心、メイウェザー戦を「正直怖かった」「あの試合をやったことに一切後悔はしていません」=『しくじり先生』完全版も公開

しくじり 先生 那須 川 天心

那須川天心 生年月日 1998年8月18日 出身地 千葉県 身長 165cm 好きな科目 家庭科 怖いもの お化け屋敷 那須川天心の愛車を紹介! 那須川選手が、 ジャンクスポーツに出演した際にファイトマネーで購入したという愛車を紹介していました。 ポルシェ356スピードスター 推定800万円! 旧車はカッコいいですね。 1950年代のモデルなのでもう 誕生して半世紀以上経っています。 空調がついてないので冬はとても寒いとのこと。 父親がファイトマネーから那須川選手へプレゼントしたとのことなので、家にかなりのお金を入れてるんですね。 この車は那須川選手の父親も以前乗っていたそうです。 日産 GT-R こちらはお値段 1000万円以上!! 格闘技選手にはスポーツカーが似合いますね。 那須川選手がハンドルを握って給油する写真がネットにあるので愛車とされていますが、本人がテレビやブログで紹介しているわけではないのではっきりわかりません。 ジャンクスポーツで 車を2台購入したと言ってましたので、おそらくもう一台がこのGT-Rだと推測されます。 那須川天心は漫画好き!刃牙のトリケラトプス拳をリングで披露! 那須川選手は 格闘技漫画好きとしても有名です。 修羅の門、はじめの一歩などの格闘技漫画を読みながら、 「今度この技をやってみよう」 と考えているとのこと。 因みに那須川選手はこの技についてジャンクスポーツで 「実際やるととても疲れる」 「相手を威嚇するだけで何もできない」 とコメントしており、浜ちゃんから 「やってる間に殴られるやん」 というツッコミを入れられてました。 しかしこれだけ試合を楽しむ余裕がある那須川選手はやはり凄いですね。 今度は何をしてくれるのか? 那須川選手の試合は見ていてワクワクしますね。 因みに、那須川選手自身も漫画化されております。 『テッペン ~那須川天心物語~』 内容は、那須川選手が優しい泣き虫少年から最強格闘家に覚醒するまでの、涙と汗の物語だそうです。 これからもさらなる伝説を作り続けてほしいですね。

次の