あみど。 網戸

【楽天市場】メーカー直営の網戸専門店「網戸屋本舗」多彩な網戸を豊富にご用意!:網戸屋本舗[トップページ]

あみど

2020. 17 プリーツ網戸の故障を機にスライド網戸に交換。 費用と使用感をレポート 本格的な夏はもうすぐそこ。 窓を開けておく時間も増えそうですが、「よりによってこんな時期に網戸が壊れてしまった…」とライターのshiga asakoさん。 自分では修理や交換が難しい「プリーツ網戸」だったため、まずはインターネットで修理業者を探すことが必要だったとか。 最終的にはプリーツ網戸から一般的なスライド網戸に交換することを決断。 その理由や交換までの流れ、費用などについて詳しくお話を聞きました。 プリーツ網戸が壊れて、LDKの窓が悲惨な状態に 上の画像は筆者宅のLDKの窓です(室内側にインナーサッシを追加しています)。 枠の中にきれいに収まって見た目すっきり…のはずのプリーツ網戸が壊れてしまい、見るも無残な状態に。 プリーツ網戸は上下のレール部分にひもがピンと張ってあり、それによって網の部分が蛇腹状にたたまれたり広げられたりする仕組みなのですが、長年の使用でそのひもが切れてしまったのです。 ひもは網戸本体を支える役目も果たしているため、宙ぶらりんのこんな状態になってしまいました。 下部にいたっては網からひもがはずれてしまい、そもそも「プリーツ」を形成できない状態に。 これでは虫も入り放題です(涙)。 蚊の季節にこれではツライ…とすぐに修理を依頼することにしましたが、付き合いのある工務店などはないため、まずはインターネットで業者を探すことから始めました。 一般的なスライド網戸なら、自分で網を張り替えたり網戸ごとホームセンターで安価に購入したりできるのですが、プリーツ網戸はいったん壊れると素人には対処が難しそう。 自力での修理は早々にあきらめ、インターネットで業者をリサーチしていると、プリーツ網戸の修理依頼が全国的に増えていることがわかりました。 10年~20年ほど前にマンションの窓にプリーツ網戸を採用することが流行し、このときのものが経年によって壊れはじめているよう。 とある業者のホームページにはプリーツ網戸の耐久年数が「5~10年」と書かれていたので、築20年のわが家は長持ちしたほうなのかもしれません。 実は便利だったプリーツ網戸 筆者宅のマンションでも新築時にプリーツ網戸が採用されていたのですが、使っているうちに実はメリットが多いと感じていました(上の画像は故障していない別の窓のプリーツ網戸です)。 筆者が感じたメリット、デメリットを以下にまとめます。 プリーツ網戸のメリット• 使わないときはたたんでおけるので見た目がすっきり• 景色が網にじゃまされずクリアに見える• サッシの内側(室内側)についているので、台風や暴風雨のときにガタガタ音を立てたり、はずれて飛ばされたりする心配がない プリーツ網戸のデメリット• 壊れたときに自分で修理をするのが難しく、どこに頼めばいいかも迷う(まさに今回がこれ!)• 網だけ、ひもだけなど、パーツのみの交換ができず、壊れた場合は「全とっかえ」になってしまう• スライド網戸にくらべて修理&交換費用が高い• 網の部分の掃除がしにくい。 耐久性の面からロール網戸(蛇腹式のプリーツ網戸に対してロール式に巻き取るタイプの網戸)や、一般的なスライド網戸への交換をおすすめしていて誠実に感じました。 ロール網戸とスライド網戸の2つの選択肢があるとわかり、悩んだ末、スライド網戸に変更することにしました。 今後も長くこの家に暮らす予定なので、次回以降の修理は自分たちで手軽にできるほうがいいと考えたためです。 窓からの景観がよくない立地のため、「常設型」の網戸で多少視界が遮られても気にならないことも決め手になりました。 職人さんが来てくれて、交換作業スタート! さっそくガラス&サッシ屋さんにメールで連絡をとったところ、現地調査と交換作業で2度、職人さんがわが家に来てくれました。 作業当日、まずは壊れてしまったプリーツ網戸と専用のレールを取りはずして、上下にスライド網戸用のレールを新設。 新しい網戸をレールにはめ込んで、交換完了です。 所要時間は約1時間半。 プリーツ網戸の処分費や現場調査費などを含めて、費用は約4万円でした(窓のサイズなどにより金額は増減します)。 ちょっと痛い出費ではありましたが、次回からは網の張り替え代だけで済むと思えば納得できる金額です。 スライド網戸に変更してまったく不便はなし 上の画像は交換後の様子です。 網が破れたときに最小限の張り替えで済むように、中央部分に桟のあるものを選びました。 網戸の不具合は住まい全体からすると小さなことかもしれませんが、暑い季節に窓を開けられないのはさすがにツライので、早急に交換できてよかった、とほっとしています。 上の画像はレール部分。 プリーツ網戸のあった場所にスライド網戸用のレールを新設するため、サッシの内側に網戸があるのが一般的なお宅と違う部分ですが、使い勝手に問題はありません。 かえって台風のときなどに安心、というメリットが。 築10~20年のマンションに多く採用されているというプリーツ網戸。 筆者の体験が「壊れてしまった」という方の参考になれば幸いです。

次の

プリーツ網戸の故障を機にスライド網戸に交換。費用と使用感をレポート

あみど

こんにちは!店長の佐々木です。 いつも当店をご利用いただきありがとうございます。 当店は創業50年の網戸メーカーの直営店です。 網戸のことならおまかせください。 ワシは網戸屋本舗の網戸博士である。 バリアフリータイプのためつまづきや転倒の心配が無い網戸。 風に強い縦軸巻き取り式網戸です。 2020-05-01 2020年4月30日(木)までにご注文いただいた在庫のある規格品に限り5月1日に出荷いたします。 5月1日以降のご注文については5月11日以降の出荷となりますので予めご了承ください。 2019-12-19 2019年12月25日(木)までにご注文いただいた在庫のある規格品に限り12月26日に出荷いたします。 12月26日以降のご注文については2020年1月6日以降の出荷となりますので予めご了承ください。 2019-06-13 「」が「NHKあさいち」(2019年6月13日(木)8:15〜放映)にて紹介されました。 2017-07-10 2013-03-25 新発売! 2012-09-10 新発売! 2012-04-05 新発売! 2012-04-05 玄関用アコーデオン網戸 ドアーモ 大きな開口にも取付可能な玄関網戸。 ドアクローザーカバー付きでオプションを購入しないでもドアクローザーが避けて取付可能。 また、簡易ロック付きで急な訪問客も安心 ドア用ロール式網戸 ローリング網戸 勝手口やベランダドアに最適な横引きロール式網戸。 取付も簡単で、お手軽な価格で安心してお使いいただけます。 引き戸用網戸 風丸 玄関引き戸専用の引違網戸。 網戸レールの無い玄関にも取付できるように専用網戸レールが付いているため取付簡単です。 格子用さわやか目かくし 格子用さわやか目かくしは、お風呂場や台所など、窓を開けて通気をしたいけれど外から見えてしまい開けられない場所に最適。 網戸と併用すれば大活躍します。 ペット用網戸 ペットディフェンスが既に張り替え済みのペット用網戸。 張替の手間がなく丈夫なネットでもうペットに破られる心配はありません。 価格 2,079円 税込 価格 3,179円 税込 価格 4,505円 税込 価格 13,409円 税込 価格 2,728円 税込 価格 3,278円 税込 価格 418円 税込 価格 242円 税込 お支払いは、銀行振込み、クレジットカードでのお支払いが可能です。 ・当店はSSLに対応しているため、ご入力いただいた情報は暗号化され送信されるため安心してご利用ください。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 ・配送業者は指定便のため、配達業者は選択できませんので予めご了承ください。 当社は実売店舗と並行して販売しているためお客様からご注文をいただいてからの現存在庫の確認となるため、規格品でも在庫が無い場合がございます。 その場合は納期が営業日にて5日〜10日納期をいただくことがございますので予めご了承ください。 ・ご希望により配達日をご指定いただけますが、運送状況により配達出来ない場合がございます。 受け取りが出来ない場合は配送業者の発行する不在連絡票にてお受け取り可能な日時をご指定ください。 ・商品を発送後、10日以上商品をお受け取りいただけない場合は、商品キャンセルとみなし工場に返送させていただきます。 その際に発生した往復の送料及び配送手続きに要した費用を請求させていただきますので予めご了承ください。 窓サイズの網戸の場合、往復の運賃で約5000円になります。 また、お客様による住所の記載ミス及び送付先の変更についても、発生した送料については請求の対象となりますので予めご了承ください。 この場合の送料については、送料込みの場合も別途ご請求させていただきます。 ・6480円(消費税込)以上のお買い上げの場合、配送料金は無料とさせていただきます。 EX 沖縄本島+1500円 小笠原諸島+3000円 ・オーダー、受注生産品、特注商品につきましては、ご注文日より営業日にて5日ほどお時間をいただいております。 生産状況により、ご希望の納期にそぐえない場合がございますのでその際は予めご了承ください。 rakuten. jp 商品の品質については万全を期しておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、商品がご注文と異なる場合は一週間以内にご連絡いただければ交換させていただきます。 サイズ及び色、取付け方法等よくお確かめの上ご注文願います。 また、組立時の破損及び取り付け不備による不具合に関しては返品いたしかねますのでご了承ください。 お客さまからのお問い合わせ時など、当店からメールにて返信させてい ただく場合、メールエラーで戻ってきてしまう(送信できない)場合がございます。 理由としましては、携帯メールアドレスのドメイン指定などの受信設定をされている場合が多く、またメールアドレスの入力間違いなども考えられます。 ご注文(お問い合わせ)後、当店よりメールが届かない場合は、お手数ですが03-3993-0444までお電話をください。

次の

【楽天市場】網戸:窓工房 ナカサ

あみど

2020. 17 プリーツ網戸の故障を機にスライド網戸に交換。 費用と使用感をレポート 本格的な夏はもうすぐそこ。 窓を開けておく時間も増えそうですが、「よりによってこんな時期に網戸が壊れてしまった…」とライターのshiga asakoさん。 自分では修理や交換が難しい「プリーツ網戸」だったため、まずはインターネットで修理業者を探すことが必要だったとか。 最終的にはプリーツ網戸から一般的なスライド網戸に交換することを決断。 その理由や交換までの流れ、費用などについて詳しくお話を聞きました。 プリーツ網戸が壊れて、LDKの窓が悲惨な状態に 上の画像は筆者宅のLDKの窓です(室内側にインナーサッシを追加しています)。 枠の中にきれいに収まって見た目すっきり…のはずのプリーツ網戸が壊れてしまい、見るも無残な状態に。 プリーツ網戸は上下のレール部分にひもがピンと張ってあり、それによって網の部分が蛇腹状にたたまれたり広げられたりする仕組みなのですが、長年の使用でそのひもが切れてしまったのです。 ひもは網戸本体を支える役目も果たしているため、宙ぶらりんのこんな状態になってしまいました。 下部にいたっては網からひもがはずれてしまい、そもそも「プリーツ」を形成できない状態に。 これでは虫も入り放題です(涙)。 蚊の季節にこれではツライ…とすぐに修理を依頼することにしましたが、付き合いのある工務店などはないため、まずはインターネットで業者を探すことから始めました。 一般的なスライド網戸なら、自分で網を張り替えたり網戸ごとホームセンターで安価に購入したりできるのですが、プリーツ網戸はいったん壊れると素人には対処が難しそう。 自力での修理は早々にあきらめ、インターネットで業者をリサーチしていると、プリーツ網戸の修理依頼が全国的に増えていることがわかりました。 10年~20年ほど前にマンションの窓にプリーツ網戸を採用することが流行し、このときのものが経年によって壊れはじめているよう。 とある業者のホームページにはプリーツ網戸の耐久年数が「5~10年」と書かれていたので、築20年のわが家は長持ちしたほうなのかもしれません。 実は便利だったプリーツ網戸 筆者宅のマンションでも新築時にプリーツ網戸が採用されていたのですが、使っているうちに実はメリットが多いと感じていました(上の画像は故障していない別の窓のプリーツ網戸です)。 筆者が感じたメリット、デメリットを以下にまとめます。 プリーツ網戸のメリット• 使わないときはたたんでおけるので見た目がすっきり• 景色が網にじゃまされずクリアに見える• サッシの内側(室内側)についているので、台風や暴風雨のときにガタガタ音を立てたり、はずれて飛ばされたりする心配がない プリーツ網戸のデメリット• 壊れたときに自分で修理をするのが難しく、どこに頼めばいいかも迷う(まさに今回がこれ!)• 網だけ、ひもだけなど、パーツのみの交換ができず、壊れた場合は「全とっかえ」になってしまう• スライド網戸にくらべて修理&交換費用が高い• 網の部分の掃除がしにくい。 耐久性の面からロール網戸(蛇腹式のプリーツ網戸に対してロール式に巻き取るタイプの網戸)や、一般的なスライド網戸への交換をおすすめしていて誠実に感じました。 ロール網戸とスライド網戸の2つの選択肢があるとわかり、悩んだ末、スライド網戸に変更することにしました。 今後も長くこの家に暮らす予定なので、次回以降の修理は自分たちで手軽にできるほうがいいと考えたためです。 窓からの景観がよくない立地のため、「常設型」の網戸で多少視界が遮られても気にならないことも決め手になりました。 職人さんが来てくれて、交換作業スタート! さっそくガラス&サッシ屋さんにメールで連絡をとったところ、現地調査と交換作業で2度、職人さんがわが家に来てくれました。 作業当日、まずは壊れてしまったプリーツ網戸と専用のレールを取りはずして、上下にスライド網戸用のレールを新設。 新しい網戸をレールにはめ込んで、交換完了です。 所要時間は約1時間半。 プリーツ網戸の処分費や現場調査費などを含めて、費用は約4万円でした(窓のサイズなどにより金額は増減します)。 ちょっと痛い出費ではありましたが、次回からは網の張り替え代だけで済むと思えば納得できる金額です。 スライド網戸に変更してまったく不便はなし 上の画像は交換後の様子です。 網が破れたときに最小限の張り替えで済むように、中央部分に桟のあるものを選びました。 網戸の不具合は住まい全体からすると小さなことかもしれませんが、暑い季節に窓を開けられないのはさすがにツライので、早急に交換できてよかった、とほっとしています。 上の画像はレール部分。 プリーツ網戸のあった場所にスライド網戸用のレールを新設するため、サッシの内側に網戸があるのが一般的なお宅と違う部分ですが、使い勝手に問題はありません。 かえって台風のときなどに安心、というメリットが。 築10~20年のマンションに多く採用されているというプリーツ網戸。 筆者の体験が「壊れてしまった」という方の参考になれば幸いです。

次の