雪肌精 cm。 雪肌精 保水UV防禦乳|雪肌精|KOSE

コーセー 薬用雪肌精 化粧水のリアル女子評価

雪肌精 cm

女優の清原果耶がコーセー・雪肌精のCMキャラクターに起用され、7月5日から全国放送をスタートする新CM「雪肌精 化粧水『トラブルのない肌』」編に出演することが26日、明らかになった。 なお、女優の新垣結衣も引き続き同商品のイメージキャラクターを務める。 新CM「雪肌精 化粧水『トラブルのない肌』」編 同社は、清原の同世代女性に商品特長を伝えるべく、新CMを制作。 純白のノースリーブとスカートは清潔感と透明感を際立たせ、現場でも17歳の現役高校生らしい初々しさがあったが、カメラの前に立つと一変。 力強い眼差しでカメラを見つめていたという。 撮影を終えた清原は、「 たくさんの 風を入れて頂いて、透明感が出るようなライティングと真っ白い衣装とで印象的なCMになるんじゃないかなと、完成が待ち遠しいです」とうれしそうに話し、「美に関するCMに出演させていただくことが初めてだったので、商品のイメージを壊さないようにしなきゃ、と思って撮影に臨んでいました」と胸の内を明かす。 また、CMオファー時の心境を、「スキンケアのCMには私よりもう少し年上でオトナな女性の方が出演されているイメージだったので『私でいいんですか…? 』と純粋に驚きました」と正直に話し、「でも『雪肌精』は以前から知っていた商品だったのですごくうれしかったです」「歴史がある『雪肌精』のCMに出演させていただくことができて本当に嬉しいです」と感謝も。 「理想はトラブルのない肌」というCMメッセージにちなみ、「私の理想の女性は、自分の夢や目標に向かって一生懸命駆け抜けられる人や、身の回りのことに丁寧に向き合えるような女性ですね」と明かす清原。 肌の悩みに寄り添う商品である一方、自身の悩みとの向き合い方については、「私の場合は悩みを見つけたら打ち勝つというよりも、しっかり悩むタイプですね。 悩みに向き合って落ち込むならどん底まで落ち込みますし、自分の気持ちに向き合うことを大事にしています」と語っていた。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

雪肌粋(せっきすい)CMの女優は誰?出演の女の子が超かわいい!

雪肌精 cm

新CM「透明感。 それは美しさの原点。 篇」では、羽生選手のフィギュアスケートの演技中の映像が使用されており、羽生選手は「演技中の映像を使っていただけるというのは僕も非常にうれしいです。 俳優さんのように演技をしたり、言葉を使って表現をするのは正直苦手なので、自分が競技中に演技している姿を使っていただけるのは自分自身も気持ちよく見ることができますし、最も得意な部分を見せられるのはうれしいです」とコメントしている。 圧倒的な演技の美しさを武器に、世界を相手に戦い続ける羽生選手の姿が、同ブランドのあるべき姿と重なることから、今回アンバサダーの起用に至ったという。 新CMは、銀盤の上で体全体を使い、原点回帰を意識し、フィギュアスケーターとしての美しさを放ち続ける羽生選手を描いている。 新CMは14日から全国で放送。 羽生選手の思いを収録したスペシャルインタビューも公開された。 アンバサダーに就任した感想について、羽生選手は「すごく恐縮だなと思っています。 僕たちフィギュアスケーターも常に美を追求しながら演技をしており、今シーズンだけでなく、完璧なプログラムを目指していますので、アンバサダーという立ち位置で、演技を通じて完璧な美を見せていけたらいいなと、身が引き締まっています」とコメント。 その緊張下で力を発揮するためにも、緊張して体が縮こまることを認めた上で、練習から力を高めて、緊張した状態で出せる力が『これが自分の実力だ』と納得できるレベルになることが重要だなと思います」と話している。 なお、コーセーのオフィシャルサイト内では、羽生選手とコラボしたスペシャルコンテンツ「こえブログ」を13日から4月10日までの期間限定で展開。 羽生選手によるブログ投稿や、肉声の音声ブログがアップされるという。

次の

コーセー雪肌精2019新CMの女優は誰?いい肌つづけの女の子!

雪肌精 cm

沖縄には世界一のサンゴ礁があると言われています。 温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し、海の生物の4分の1が暮らしているといわれるサンゴ礁。 それは、そこに棲む生き物たちにとって無くてはならない存在であり、また、私たちにとっても豊かな海の恵みはかけがえのない大切な宝物であるはずです。 ですが、温暖化による白化現象やオニヒトデ等が主な原因でサンゴ礁は12年前に比べ10分の1に減少してしまいました。 このような状況が、沖縄の海も含めて地球規模で起こっています。 和漢植物という、自然の恵みを受けてきた雪肌精は、沖縄の青い海を守る活動を12年間続けてきました。 12年の間には白化に強いスーパーサンゴの誕生という奇跡も起こり、沖縄の海では新たなサンゴの生命が誕生し続けています。 10年目を迎えた2018年、雪肌精は森を守る活動もスタートしました。 2019年6月には、岩手県一関市で行われた『森は海の恋人植樹祭』に参加。 300本の広葉樹を植樹、東北地方に広葉樹の森が広がり続けています。 豊かな森を育み、美しい海を守る。 未来の美しい自然のために、今、できることをしていきたいと考え、雪肌精はSAVE the BLUEの活動をこれからも続けていきます。 養殖サンゴの移植放流活動を行っている「海の種」の代表、金城浩二さん。 雪肌精 SAVE the BLUE で、サンゴの育成活動を応援しているのはみなさんもそろそろご存知!?かと思いますが、実際に育成活動を行っている「海の種」についてはあまりご存知ではないのでは? そこで今回はSETSUKOが、金城さんにお話を伺ってきました! 金城 浩二 1970年、沖縄生まれ。 1998年に沖縄のサンゴの大規模白化を目の当たりにし、サンゴの養殖を仕事にすることを決意。 2005年、養殖して移植放流したサンゴが世界初の産卵に成功。 2007年、「人間力大賞」受賞。 「内閣総理大臣奨励賞」受賞。 現・有限会社「海の種」代表。 1970年代、気仙沼湾で赤潮が発生。 湾内で養殖するカキの身が赤くなる「血ガキ」の被害が相次ぎました。 カキやホタテは、大量の植物プランクトンを食べて育ちます。 プランクトンの発生には、豊富な栄養素が不可欠であり、これらの養分を海に補給しているのが「森」です。 流域に広がるブナ、カエデ、ナラなどの落葉広葉樹の森を守り、育てることが、カキやホタテの成長には重要です。 その活動は『森は海の恋人植樹祭』として1989年から今日まで岩手県一関市のひこばえの森で毎年開かれています。 県外からも多くの人々が参加し、豊かな森と美しい海を守り続けています。 雪肌精 SAVE the BLUEでは、環境教育・森づくり・自然環境保全を主な活動分野とするNPO法人「森は海の恋人」様にご協力いただいて活動をしています。

次の