ファクタリング 買掛 金。 ファクタリングとは図解でわかりやすく説明【売掛金を現金化】

ファクタリングサービスの富士桜フィナンシャル

ファクタリング 買掛 金

Contents• 1:未払金とは?売掛先が計上する勘定科目 未払金とは何だろう? 上記のように未払金という勘定科目について知りたいとお考えではありませんか。 取引先のモノやサービスを後払いで購入した場合に売掛金が発生します。 取引先は売掛債権を保有していますが、その売掛債権をを使って支払い期限前に早期資金化したとしましょう。 (3社間取引)そうなると売掛金の支払いは、会社へ行うことになります。 その場合に未払金は、流動負債として 未払金と計上する必要があるのです。 詳しく理由について紹介していきましょう。 1-1:1年以内の未払金は流動負債に該当する 未払金は、 の未払い金額を表す勘定科目です。 なぜ固定負債ではなく、流動負債として取り扱われるのか詳しく解説します。 未払金とは、そもそも物やサービスを後払いで購入した際に用いられる勘定科目です。 勘定科目5分類のうち、未払金は「負債」に属する勘定科目で支払い期限によって区分される項目が分かれます。 未払い金の支払い期限が1年以上の長期間にわたる場合には、固定負債です。 一方で未払金が該当する流動負債は、 支払い期限が1年未満である場合に用いられます。 上記のことから、会社へ支払いが生じている場合には、未払金を流動負債と区分し計上するのです。 2:未払金のに便利!? を活用する方法 未払金について解説してきましたが、 は未払金のとして活用することが出来ます。 1章ではを利用された売掛先の立場でのお話でしたが、この章ではを利用する立場に立って解説していきましょう。 固定資産や消耗品等を後払いで購入すると、一旦は未払金で計上しますよね。 しかし売掛金等が積み重なってくると 「 未払金の支払いが出来ないかもしれない!」という状況に陥ってしまうことがあるでしょう。 そのような時に、 未払金の資金を調達する方法として活用できるのがです。 未払金の支払いに困ったら、を利用してみるのも一つの手段ということを覚えておきましょう。 について詳しく知りたい場合には、下記の記事をご覧ください。 関連記事: 3:未払金を対処する!を使うメリットデメリット 未払金の資金を調達する方法として、を紹介しました。 を利用することによって、どの様なメリットやデメリットが生じてくるのか把握をしていきましょう。 で発生する メリットは5つ、デメリットは3つあります。 3-1:5つのメリット を利用する 5つのメリットを紹介します。 【 キャッシュフローの改善】 を利用することで、 キャッシュフローの改善が見込めます。 通常であれば売掛債権は、支払い期日にならないと現金にすることは不可能です。 しかしを使えば、期日前に早期資金化することができ未払金の支払いに割り振ることが出来ます。 【 債務が増えずに可能】 は融資では無いのです。 売掛債権の売買であって融資ではないので、銀行で融資を受けたときの様な 債務が増えてしまう心配がありません。 【 担保や保証人の提出不要】 を利用するにあたって、 担保や保証人を提出する必要はありません。 有効な売掛債権さえあれば、だれでも利用することが可能です。 【 審査が通りやすい】 の審査は、融資のように自社の経営状況を細かく審査されるわけではありません。 審査のポイントとなるのは、売掛先の返済能力についてです。 売掛先が信頼できる返済能力のある会社かどうかを審査されるので、利用者は極端な話だと ブラックリストに追加されていても利用することが出来ます。 銀行や消費者金融で断られてしまった場合でも、であれば利用する事のできる可能性があるのです。 【 支払い義務が無い】 では、通常支払い義務がありません。 もしも売掛先が売掛金を返済できなくなってしまっても、既に売掛債権を譲渡している利用者が会社に お金を支払う義務は無いのです。 上記5つのメリットから、はをしたい企業にとって利用価値の高いサービスという事ができるでしょう。 3-2:3つのデメリット を利用するにあたって、発生するデメリットについて紹介します。 【 手数料が高い】 は手数料が高いサービスです。 例えば2社間取引という、利用者と会社の2社のみで取引をする場合の手数料相場は 5%~20%ほどになります。 手数料は必ず会社へ支払う必要があるので、手元に残るお金は80%~95%ほどになってしまうのです。 方法の中でも、は手数料の高い方法ということを覚えておきましょう。 関連記事: 【 取引先の承諾】 を利用する上で、取引先(売掛先)へ債権譲渡の承諾を取る必要のある場合があります。 会社の中には、3社間取引にのみしか対応していない会社があるのです。 3社間取引の場合、手数料を安く抑えることができる反面で取引先に債権譲渡をしたということを知られてしまいます。 資金繰りが苦しいのかな?などと悪い印象を与える可能性があるので、大きなデメリットと言えるでしょう。 【 債権譲渡登記】 会社と契約をする際に、債権譲渡登記が必要になる場合があります。 債権譲渡登記とは、売掛債権を会社へ譲渡したという事実を公表するものです。 二重譲渡や踏み倒し等を防ぐ役割を持っており、主に2社間取引の際に会社が登記を要求してきます。 できれば債権譲渡登記の必要が無い会社を利用するようにしましょう。 関連記事: 4:すぐに資金化できる!おすすめ会社5選 未払金のなどで、便利に活用することの出来るのがだとお伝えしてきました。 しかしデメリットがなあ~。 上記のようにお悩みであれば、デメリットをカバーすることのできる会社を検討してみてはいかがでしょうか。 今回は、シャチョサンがおすすめする 5つの会社を紹介します。 1 上記5つの中でも、おすすめは事業資金エージェントです。 ファクタリングのデメリットである手数料が、事業資金エージェントなら安く抑えることができます。 さっそく紹介していきましょう。 4-1:事業資金エージェント• 株式会社モンキーパッド• 東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル5F• 03-5473-3555 事業資金エージェントは、 業界内でも手数料が安いと評判のファクタリング会社です。 業界最安水準の1. 5%~利用することができ、500万円までの申込なら 来店・面談の必要がありません。 最短3時間で資金調達することができ、緊急時にも十分活用できる優良店なのです。 また、 最大3億円までの大口案件にも特化しているので、企業の大型資金調達としても利用することができるでしょう。 まずは気軽に相談・問合せをしてみることをおすすめします。 4-2:アクセルファクター• 株式会社アクセルファクター• 東京都新宿区高田馬場2-14-9アティレビル6F• 0120-542-471 アクセルファクターは、ファクタリング会社の中でも スピードが速いと評判のファクタリング会社です。 手数料は 2%~20%までと上限が明記されているので、安心して利用することができます。 また法人だけでなく個人事業主も利用することができ、審査通過率93%という高水準です。 「他で断られちゃった…」という場合でも、アクセルファクターに相談してみてはいかがでしょうか。 最短即日で利用することのできる優良店と言えます。 4-3:ウィット• 株式会社ウィット• 東京都新宿区西新宿7-7-28第二山本ビル5階• 03-6380-2277 ウィットは業界内でも珍しい「 小口専門」のファクタリング会社です。 最小30万円から利用することができ、 非対面式(来店不要)で即日利用することができます。 小口専門だからこそ実現できるスムーズな取引方法が魅力的で、緊急時でも安心してファクタリングを利用することが可能です。 4-4:anew• anew合同会社• 東京都千代田区外神田3丁目12番8号• 050-3205-1008• 手数料2%~9% anewは、新生銀行とOLTAが届ける新しいファクタリングサービスです。 法人専用のファクタリングサービスとなっており、数百万円~数千万円規模の大口案件に特化しています。 24時間ネット上で受付・手続きを行うことができ、いつでも利用することが可能です。 手数料は2%~9%と業界最安水準で提供されており、2社間ファクタリングでも資金調達コストをかけずにファクタリングを利用することができます。 中小企業・小規模事業者であれば、anewを利用しない手はないと言えるでしょう。 4-5:株式会社NO. 株式会社No. 東京都豊島区池袋4丁目2-11 CTビル3階• 03-5956-3670 No. 1は、 建設業特化型のファクタリング会社です。 建設業に特化しているからこそ、建設業者によりそったファクタリングサービスを提供することが出来ます。 50万円~5,000万円までなら、最短即日で資金調達することが可能です。 建設業に詳しい会社で資金調達したいな~という場合には、No. 1を利用することで実用的に活用することができるでしょう。 まとめ 未払金について紹介してきました。 未払金は、を利用された 売掛先の会社が計上する勘定科目です。 会社へ、これから支払いを行う必要のある費用を未払金と計上します。 ぜひ参考にしてみてください。 syatyo3.

次の

ファクタリングの会計上の仕分け、勘定科目

ファクタリング 買掛 金

支払期日まで待ち、数ヶ月後の支払いを受けることによって、初めて売上の回収となるよ! しかし、資金に乏しい企業にとって、売掛債権が問題となることがしばしばあります。 その売掛債権の発生にあたり、次のようにコストを負担しています。 販売するための商品を仕入れるコスト• 製品を製造するための原材料を仕入れるコスト• 製造した製品を管理するコスト さまざまなコストを負担しているため、売掛債権が回収されるまでは実質的にマイナスとなっているのです。 資金繰りに問題がない企業であれば、マイナスを抱えた状態で事業を継続できるでしょう。 売掛債権の支払期日にマイナス分と利益を回収し、それをさらなる事業継続に活用していくことができます。 しかし、資金繰りに乏しい企業であれば、 支払期日までに資金ショートを起こしてしまうことがあります。 そのようなときには銀行などから融資を受けることによって資金繰りを行うでしょう。 しかし、資金ショートを起こしていることから融資を受けられないこともあります。 その結果、 買掛先への決済や銀行への返済が滞って信用を失い、実質的に倒産となることもあります。 ファクタリングの流れ ファクタリングの流れは簡潔です。 売掛債権を利用した資金調達法には、ファクタリング以外にも売掛債権担保融資や売掛債権証券化といったものがあります。 それらの方法と比較して分かりやすい流れで取引が行われるのです。 ファクタリングの流れは以下の通りです。 自社が取引先に掛け売りで商品を販売し、売掛債権が発生する• ファクタリング会社に申し込みを行い、売掛先の調査を元に買取金額を見積もってもらう。 見積もり結果で合意すれば、ファクタリング契約を結び、売掛債権を譲渡する。 買い取り金額が自社に支払われる。 支払期日になり、売掛先から自社に代金の支払いが行われる。 自社はファクタリング会社にその代金をスライドさせて支払う。 以上のような流れで、ファクタリングは行われます。 ちなみに、5を見ればわかるとおり、通常のではファクタリング会社が売掛金の回収を行うのではありません。 自社で請求書を発行して回収することになります。 これは、二社間ファクタリングをしているからだ! 二社間ファクタリングとは、自社とファクタリング会社の間だけで行われるものです。 売掛先とファクタリング会社は直接関与しないため、回収は自社で行います。 二社間ファクタリングは一見手間がかかるようにも見えますが、 売掛先にファクタリングの事実を知られないというメリットがあります。 まだ日本ではファクタリングがそれほど浸透していません。 そのため、売掛債権を売却していることが売掛先に知られてしまう次のような印象を与えてしまします。 資金繰りが厳しいのではないか• 経営に問題があるのではないかと こういった疑いをもたれることになりかねず、そうなれば今後の取引に支障をきたす可能性があります。 そのため、現在の日本におけるファクタリングでは、二社間ファクタリングが主流となっています。 もちろん、ファクタリング会社に売掛金の回収を委託することも可能です。 その場合には、売掛先に債権譲渡通知を行い、「自社・売掛先・ファクタリング会社の間」での三社間ファクタリングを行うことになります。 欧米ではファクタリングがごく一般的に行われております。 ファクタリングをしたことによって取引に支障をきたすことはないため、三社間ファクタリングが一般的です。 今後、日本でもますますファクタリングが広まってくると思います。 そうなれば、三社間ファクタリングが一般的な方法となるかもしれません。 もし貴社が、新型コロナウイルスで売上が低迷しているなら、この人達が救済してくれるゾ! ファクタリング契約はどのように行われる? さて、ファクタリングの流れの3における、ファクタリング契約とはどのようなものなのでしょうか。 ファクタリング契約と取引の実際を知れば、ファクタリングのメリットが明確に見えてくると思います。 ファクタリング業者と利用者はどこかで対面する必要があります。 そこで問題になるのが場所です。 インターネットなら全国から集客できるため、遠方のファクタリング業者に申し込んでしまう場合があります。 主にファクタリング業者は東京に集中しているため、遠方から東京に出向かなくてはならないこともあるのです。 その点は注意しよう! その他、契約書の内容の確認も必要です。 一般的な契約書の形式を元に、見て行くことにしましょう。 ファクタリングの定義に関する記載 まず、ファクタリング契約書の第一条、つまり定義として、以下のように記されています。 『本契約において「ファクタリング」とは、取引先信用調査、債権管理回収、信用リスクの負担、および期日前資金化ならびにこれらに付随する事務の総合引受をいう。 』 ある売掛債権を単発でファクタリングする場合には、買取率を決めるための調査のみ必要となるため、ここにある取引先信用調査は書かれません。 ある取引先の売掛債権を一定期間継続してファクタリングする• すべての取引で発生する売掛債権を継続的・包括的にファクタリングする こういった場合には、定期的に信用調査を行ってもらうことになるため、信用調査を引き受ける旨の記載がされます。 次に債権管理回収ですが、上記の通り二社間ファクタリングでは債権の回収は自社で行うため、このような記載はされません。 しかし、三社間ファクタリングを利用する場合には回収もファクタリング会社に引き受けてもらうため、記載されることになります。 信用リスク負担をする旨の記載があるのは、 償還請求権無しのファクタリング契約をしている場合です。 償還請求権とは、譲渡した売掛債権が回収不能になった場合に弁済を求める権利のことです。 したがって、信用リスク負担も記載されることになるぞ! 逆に、償還請求権ありのファクタリング契約をする場合には、信用リスク保証は受けられませんから、この記載はされません。 期日前資金化は、すべての買取ファクタリングの契約書に記載されます。 しかし、買取ファクタリングの契約ではなく、単に売掛債権に保険をかける意味合いを持つ「信用保証ファクタリング」の契約を結ぶ場合は記載が異なります。 期日前資金化ではなく、単に信用リスク保証のみが記載されることになります。 信用保証ファクタリングとは、上述したように保険のようなものです。 売掛先の信用調査によって信用力に応じた保証率を定めます。 それを支払うことによって、万が一貸し倒れとなった場合には事前に定めた保証限度額までの補てんを受けられるというファクタリングです。 債権の範囲についての記載 ファクタリング契約では、ファクタリング会社と依頼企業のファクタリング取引についての基本的なことを定めています。 契約書では債権の範囲に関する記載がとても重要になります。 第二条に記載されることであり、以下のように記されています。 『(1)乙(ファクタリング会社)は本契約の定めるところにより、甲(依頼企業)のためにファクタリングの全部または一部を行う。 (2)本契約の対象とする売掛債権・手形は甲と乙との間において別に定める。 』 この例では「ファクタリングの全部または一部」となっていますが、原則的には100%の債権が対象となります。 しかし、ファクタリング会社のリスクを分散させるため、便宜上このような書き方がされているのです。 譲渡に関する記載 契約書には、売掛債権の譲渡に関することが以下のように記載されています。 『クライアント(依頼企業)が、ファクター(ファクタリング会社)に売掛債権の譲渡を依頼する時には、カスタマー(売掛先)より債権譲渡の承諾をとりつけ、確定日付のある「債権譲渡承諾書」を添付してファクターに売掛債権の譲渡をする。 』 ここで、「債権譲渡承諾書」の添付が条件となっていることに注目しよう! 上記の通り、現在の日本では二社間ファクタリングが主流であり、二社間ファクタリングは売掛先への配慮からあえてその方法を採っています。 そのため、売掛先への譲渡承諾を取り付ける必要はありません。 しかし、三社間ファクタリングを利用する場合には、契約書でこのような条件を設けることによって、債権譲渡承諾書を取得することになります。 このように、一口に「ファクタリング契約」といっても、どのようにファクタリングを利用するかによって 契約内容には様々な違いが現れます。 したがって、売掛債権の譲渡にあたっては、以下のような書類が交わされることがあります。 債権譲渡承諾依頼書• 債権譲渡承諾依頼書・承諾書• 債権譲渡通知書• 取立委任解除通知書• 債権譲渡および債権譲渡登記がされたことの通知書• 登記事項証明書• 債権譲渡禁止特約解除依頼書 ファクタリング契約の形態、特に二社間ファクタリングと三社間ファクタリングによって、書類が異なることがあるのです。 このことについては、ファクタリング会社とどのような取引をするかによって変わります。 そのため、実際のファクタリング契約の際に求められる書類をそろえていくことになるでしょう。 覚書について 実際の取引については、ファクタリング契約書とは別に締結する「ファクタリング取引条件に関する覚書」に沿って行われることになります。 覚書には、以下のようなことが記載されています。 契約の対象となる売掛債権・手形 ファクタリング依頼企業の製品・商品・サービスで、依頼企業の売上代金として依頼企業が取得した売掛債権、あるいはい手形で売掛先が承認したもの 買取料 パーセンテージでの記載。 『ただし、金融情勢その他の事情により変更するときは甲乙協議のうえ変更することができる』などの記載がされるのが普通です ファクタリング料率 いわゆる買取率。 売掛債権金額のうちファクタリング会社が受け取るパーセンテージ 振込口座 売掛債権の買取代金を振り込む口座の指定 信用リスク負担 償還請求権の有無。 償還請求権なしの場合には、『乙は甲に対して信用リスクを負い、甲は償還請求を受けない。 ただし以降の文言は、原則的に償還請求を受けることはありませんが、依頼企業に由来することが原因で回収不能となった場合には、償還請求を受けることがあるということです。 ファクタリング取引の極限度 ファクタリングの限度額です 以上のようなことを記した覚書を二通作成し、ファクタリング会社と自社がそれぞれ記名・捺印の上保管することになります。 ファクタリング融資について ちなみに、ファクタリング会社の中には、売掛債権を買い取って支払期日前に資金化をするという方法のほか、融資を行っていることもあります。 これは、ファクタリング会社が依頼企業から譲渡を受けた売掛債権の合計額の範囲内で融資を行うものです。 ファクタリング融資を受ける場合には、貸付金利や融資特約を覚書に記載することになります。 ファクタリングは、依頼企業が売掛債権を譲渡するところから始まるよ! その場合には、商法や民法で一般的に言われる譲渡とは異なる部分が二つあります。 民法における債権譲渡は、それぞれの取引の個別の譲渡です。 それに対し、ファクタリングでは依頼企業が売掛先に対して保有している 複数の債権を一括で譲渡することもあるということです。 個別の債権譲渡を引き受けているファクタリング会社もあるのですが、一括譲渡のみを取り扱うファクタリング会社も多いものです。 なぜならば、売掛債権を個別に買い取っていると、信用力の低い売掛債権ばかりを引き受けることになってしまいます。 ファクタリング会社の経営が成り立たなくなるからです。 また、今後も継続して取引をする売掛先から、将来的に発生する売掛債権を対象にしていることも一因です。 一括譲渡のメリット 一括譲渡は、依頼企業にもメリットがあります。 信用力の低い売掛債権だけを個別にファクタリングすると、ファクタリング会社はリスク分散のために買い取りを拒否したり、買取金額を低くしたりすることがあるからです。 そこで、依頼企業は一括譲渡によってファクタリングをすることによって、 信用不安のある売掛債権もまとめて、満足のいく金額で買い取ってもらうことができるのです。 二つ目は、ファクタリングは現在発生している売掛債権だけではなく、将来的に発生する売掛債権を対象にすることがあるということです。 ここでいう将来債権の譲渡とは、将来的に発生する売掛債権を事前に譲渡することを意味しています。 売掛債権が発生した時点で即座に譲渡が完了するものです。 将来債権の譲渡は、現在保有している売掛債権だけではなく、将来発生する売掛債権も譲渡することによって、それも含めた買取代金を受け取ることができます。 そのため、資金調達の可能性が広がるよ! 将来的に発生する売掛債権は、あくまでも「将来的に発生すると予測される売掛債権」のことです。 現在はまだ発生しておらず、将来確実に発生すると言い切れるものでもありません。 その不確実性から、利用を躊躇する人もいるかもしれませんが、将来債権の譲渡契約は有効であることが、最高裁の判決でも出ています。 平成11年1月29日の判決なのですが、保険診療を行う医師の社会保険診療報酬支払基金に対する、将来債権の譲渡が問題視された件で、最高裁は 『債権の発生可能性の多寡でこの種の契約の有効性が左右されるものではない』 という判決が下されたのです。 これによって、数年の長期にわたっての将来債権譲渡契約が有効であるとされました。 このことから、ファクタリング会社と長期のファクタリング契約を結ぶ際にも、安心して取引ができるようになっています。 債権の二重譲渡の問題 次に、売掛債権の二重譲渡の問題を考えてみましょう。 債権の二重譲渡とは、簡単にいえば 一つの債権を二つの相手に譲渡してしまうことによって、その債権が誰の所有になるかが分からなくなってしまうというものです。 そのようなことが起これば、ファクタリングは円滑に進まなくなります。 権利問題にも発展する可能性があるため、注意しておかなければなりません。 最近では、二重譲渡の問題は少なくなってきているよ! 債権譲渡特例法が制定されたことで、債権譲渡の第三者に対する対抗要件の確保が容易になったからです。 売掛債権の譲渡人(つまり自社)と譲受人(つまりファクタリング会社)が共同登記を行うことによって、公示性の高い手段をとることができるようになったからです。 一つの売掛債権を二社のファクタリング会社に譲渡すれば二重譲渡になります。 しかし、たとえ二社にファクタリングをしていたとしても、どちらのファクタリング会社が先に共同登記をしているかによって、 債権の所在が明らかになるのです。 ただし、登記官は提出書類のチェックを行うという形式的な権利しか持っていません。 二重譲渡を防ぐためには、譲受人が先登記がないことを確認する必要があります。 また、登記手続きには債務者である売掛先が関与しません。 そのため、仮に第三者対抗要件を具備したとしても債務者対抗要件の具備が遅れた場合には、債務者は後に譲渡を受けた相手に弁済することで免責されることになります。 そのため、 先に譲渡を受けた者が損害をこうむってしまう可能性があります。 これが、二重譲渡の主な問題なのですが、この問題の解決に有効となるのが、 将来債権譲渡方式に基づく譲渡です。 つまり、債務者である売掛先から、今後一定期間に発生する売掛債権の譲渡をあらかじめ確定日付のある書面によって承諾を受けておけば、その債権に対する優先権が確保されるわけです。 したがって、三社間ファクタリングを行うのが好ましいといえます。 上記において日本では三社間ファクタリングが一般的ではないと述べました。 しかし、この場合には問題にならないことが多いといえるのだ。 個別の売掛債権を単発でファクタリングしていれば、それを知られることで自社の資金繰りを疑われる可能性があるため、二社間ファクタリングを利用したほうが良いこともあるでしょう。 しかし、将来債権も含めて長期的にファクタリングするということであれば、純粋に経営を効率化するための企業努力と受け取られることになります。 三社間ファクタリングでも問題ないことが多いのです。 債権の譲渡禁止特約の問題 次に、譲渡禁止特約の問題にも触れておきましょう。 譲渡禁止特約とは、自社と売掛先との取引で売掛債権が発生するにあたり、事前に売掛債権の譲渡を禁止するという特約を設けておくことです。 つまり、譲渡禁止特約がある場合には、ファクタリング会社への譲渡は不可能となるということです。 譲渡禁止特約は、債務者の便宜のためのものです。 つまり、知らない間に売掛債権の譲渡が行われることによって、不特定の債権者から取り立てを受けるなどのトラブルを防ぐために設けます。 したがって、ファクタリングの場合には、この譲渡禁止特約が設けられている売掛債権の扱い方には注意しなければなりません。 民法466条では、 『債権は之を譲渡することを得。 但其性質が之を許さざるときは此限に在らず。 前項の規定は当事者が反対の意思を表示したる場合には之を適用せず。 但其意思表示は之を以て善意の第三者に対抗することを得ず。 』 と記載されており、譲渡禁止特約の効力が及ぶ範囲を定めています。 これをどのように解釈するべきかについてですが、通説では 特約違反の効果を契約当事者以外の第三者についても主張できるとしています。 つまり、譲渡禁止契約があるにも関わらずファクタリングを行った場合、売掛先はファクタリング会社に対して特約違反の主張をすることができます。

次の

ファクタリングとは?|みずほ東芝リース株式会社

ファクタリング 買掛 金

リバースファクタリングとは買掛金の先延ばしサービスのこと 一般的なファクタリングは、企業が有する未払いの売掛金をファクタリング会社に売却して、支払い期日前に資金調達をするという方法です。 主に売掛債権を有する受注企業側がファクタリングを利用しています。 一方のリバースファクタリングとは、買掛金を有する受注企業側がファクタリング会社に依頼をし、 取引先への支払いを代行してもらうというサービスです。 簡単に言ってしまえば、リバースファクタリングを利用することによって、 買掛金の支払いを先延ばしにすることができます。 ファクタリングとは異なり、買掛金を持つ発注先が利用することから「リバース(逆)ファクタリング」という名前が付いています。 買掛金の支払いサイトは「長ければ長いほど」資金繰りに余裕を持つことができます。 特に支払いサイトが短く、買掛金が高額であればあるほど尚更でしょう。 そのためリバースファクタリングは• 下請け・孫請け会社への支払いが立て込み、資金不足になってしまった• 下請け先や孫請け先から支払いサイトを短くしてくれと依頼された といった場合に利用することができます。 リバースファクタリングのメリット リバースファクタリングを利用することには、発注企業側(買掛先)も受注企業側(売掛先)の両方にメリットがあります。 それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。 資金繰りが悪化し、買掛金の支払いが不可能になってしまった場合でもファクタリング会社が立て替えてくれるため、支払いを滞納してしまうして取引先との関係性が悪化してしまうことがありません。 またリバースファクタリングを利用して2ヶ月分支払いサイトを伸ばすことができれば、2ヶ月分の買掛金が手元に残ります。 結果的には2ヶ月分の買掛金の資金調達をしたことと同じ効果が得られます。 まずファクタリング会社が売掛金を支払ってくれるため、 早期に売掛金を資金化することができます。 また発注企業が一時的な支払い不能になってしまい、売掛金が支払われるかどうか不安な場合でもファクタリング会社から支払いが行われます。 そのため 売掛金を確実に回収することができ、債権回収の手間が不要となります。 このようにリバースファクタリングには発注企業にも受注企業にもメリットがあるのです。 リバースファクタリングの利用がオススメな事業者・業種とは? リバースファクタリングは 「支払いサイトが短く、買掛金額が大きい」 というケースほど有効に活用することができます。 例えば建設業界では、支払いサイトが30日~60日に設定されていることが一般的です。 また特殊な下請け構造から、場合によっては数百万円~数億円の買掛金を支払う必要があります。 そこで「リバースファクタリング」を利用すれば、支払いサイトを遅らせることなく実際の支払いを3ヶ月先に延ばす、ことが可能です。 またそれ以外に• 手元に資金がなく黒字倒産に陥りそうな企業• キャッシュフローに余裕を持たせたい事業者 といった方々にもリーバスファクタリングがお勧めです。 リバースファクタリングのデメリット・注意点 リバースファクタリングのデメリットや注意点として、取り扱い企業が少ないということが挙げられます。 リバースファクタリングで立て替える買掛金は数千万円単位の高額債権が一般的です。 そのため資金力に優れた企業でしか、リバースファクタリングを行うことができず、ファクタリング会社の選択余地は少ないと言えます。 リバースファクタリングが利用できるファクタリング会社・契約の流れ リバースファクタリングが利用できる会社は、現状では「ビートレーディング」と「みずほファクター」の2社のみとなっています。 それぞれの特徴やリバースファクタリングの利用方法を詳しく解説して参ります。 ビートレーディングの利用方法は以下の通りです。 でんさいの普及率は非常に低く、また登録の際にはみずほ銀行の審査があります。 残念ながらみずほファクターのリバースファクタリングを利用することは現実的な選択肢ではありません。 まとめ リバースファクタリングを利用することで、買掛金の支払いサイトに余裕を持たせることが可能で、キャッシュフローを改善することができます。 発注企業・受注企業ともにメリットがあり、支払いサイトの短さや高額な買掛金の支払いにお困りの事業者の方にオススメのファクタリングです。 一方でリバースファクタリングが利用できるファクタリング会社は実質的に1社のみで、まだまだ認知度や利用率は低いという難点があります。 リバースファクタリングを装ったヤミ金業社や詐欺業社が登場することも考えられるので、リバースファクタリングをご利用の際にはご注意ください。

次の