即 pat 申し込み。 即パット申し込み方法

【画像あり】競馬でネット購入をしよう!3分でわかる即PATのやり方!【やってみた】

即 pat 申し込み

即パットの新規登録の受付時間は、競馬開催日の、または地方競馬IPATのになります。 以下の様な画面が出た場合は発売されている時間帯にアクセスしてください。 発売時間帯にアクセスし、自分が持っている銀行口座のをクリックします。 (ジャパンネット銀行で解説します) 上記画面をクリックすると別ブラウザが立ち上がります。 約定確認 この画面では、即PATへの登録・ご利用にあたり、ご理解いただく必要のある「約定」を表示します。 約定の内容をご理解いただき、同意された上で、送信ボタンを押し、登録手続きに進んでください。 約定 即PATに関する約定です。 約定(PDFファイル) 約定のPDFファイルをダウンロードされる場合は、保存して下さい。 「送信」ボタン 約定をお読みいただき、表記内容に同意される方は、「 同意する」を選択して送信ボタンを押して下さい。 口座確認 この画面では、お客様の銀行口座を確認するための口座情報を入力していただきます。 入力していただいた情報は、ジャパンネット銀行に照会して確認します。 カナ氏名 ジャパンネット銀行の預金口座名義を、全角カナで入力して下さい。 生年月日 ジャパンネット銀行に登録されているご自身の生年月日を西暦で入力して下さい。 性別 ジャパンネット銀行に登録されているご自身の性別を選択して下さい。 利用銀行 お客様がご利用の銀行(ジャパンネット銀行)を表示します。 店番号 ジャパンネット銀行でご利用の店番号を選択して下さい。 口座番号 ご自身のジャパンネット銀行口座の口座番号を入力して下さい。 「確認」ボタン 入力内容の確認画面に遷移します。 入力が終わりましたら、確認ボタンを押して下さい。 口座振替契約 即PATご利用のためには、お客様とジャパンネット銀行との間で口座自動振替契約の手続が必要となります。 この画面では、口座振替の規定を表示しますので、内容をご確認下さい。 口座振替規定 即PATご利用における口座振替に関する規定です。 内容をご確認下さい。 「同意する」ボタン 口座振替規定の内容をご理解いただき、同意される場合には、「同意する」ボタンを押して下さい。 口座振替契約の手続きのためにログイン画面に遷移します。 「キャンセル」ボタン 口座振替契約を止める場合には、「キャンセル」ボタンを押して下さい。 口座振替契約手続と即PAT新規登録手続を中止します。 加入者情報入力 この画面では、即PATへの新規登録にあたり必要な情報を入力していただきます。 すべての項目を入力して下さい。 入力ガイド この画面の入力についての案内画面を開きます。 入力方法がわからない場合に参考にしてください。 利用銀行・店番号・口座番号 利用銀行等については、口座確認時に入力いただいた情報が自動的に表示されます。 氏名(漢字) お客様のお名前を漢字で入力して下さい。 氏名(全角カナ)・性別・生年月日 氏名(全角カナ)等については、口座確認時に入力いただいた情報が自動的に表示されます• 郵便番号・「住所検索」ボタン お住まいのご住所の郵便番号を入力して下さい。 郵便番号を入力されてから「住所検索」ボタンを押すと、郵便番号に合致する住所のリストが表示されます。 該当する住所を選択していただくと、その情報が画面に反映されます。 該当住所が表示されない場合は、直接住所を入力して下さい。 住所(漢字) お客様のご住所を漢字で入力してください。 都道府県については、リストボックスから選択してください。 住所(全角カナ) お客様のご住所の読み仮名をカタカナで入力してください。 都道府県については、住所(漢字)欄で選択したものが自動的に表示されます。 電話番号 お客様のご自宅のお電話番号を入力してください。 暗証番号 任意の暗証番号をご自由にお決め下さい。 暗証番号は、即PATをご利用される際に必要となります。 確認のために2回入力してください。 「確認」ボタン すべての項目を入力されましたら、確認ボタンを押して下さい。 入力内容の確認画面に遷移します。 加入者情報確認・申込 この画面では、前の画面で入力していただいた情報を表示しますので、内容をご確認下さい。 「お申込み」ボタンを押すと、即PATへの登録が完了します。 入力内容 前の画面で入力していただいた情報を表示します。 なお、暗証番号については「****」で表示します。 「お申込み」ボタン このボタンを押すと、表示されている内容で、即PAT会員として登録を行います。 申込完了画面が表示されれば、登録完了です。 「戻る」ボタン 表示されている内容に間違いなどがある場合は、このボタンを押して、入力画面に戻って下さい。 申込完了 この画面が表示されれば、即PATへの新規登録は完了です。 即PATのご利用に必要な「加入者番号」「P-ARS番号」「INET-ID」が表示されますので、お忘れにならないように保存してください。 加入者番号 即PATのご利用に必要な、お客様固有の番号です。 P-ARS番号 即PATのご利用に必要な、お客様の認証番号です。 INET-ID 即PATのご利用に必要なお客様の認証コードです。 「印刷」ボタン お客様のパソコンにプリンターが接続されていれば、画面の内容を印刷することができます• 加入受付日時 即PATへの加入受付完了日時です。 Club A-PATのURL・リンク Club A-PATのURL・リンクです。 パソコンですぐにClub A-PATに登録される場合は、こちらのリンクからClub A-PATページにアクセスしてください。 IPAT(PC)のURL・リンク IPAT(PC)のURL・リンクです。 パソコンですぐに投票される場合は、こちらのリンクからIPAT(PC)のログインページにアクセスしてください。 IPAT(スマートフォン)のURL・リンク IPAT(スマートフォン)のURL・リンクです。 スマートフォンですぐに投票される場合は、こちらのリンクからIPAT(スマートフォン)のログインページにアクセスしてください• IPAT(携帯)のURL IPAT(携帯)のURLです。 携帯電話からご利用の場合は、ご利用の携帯電話会社をご確認の上、表示のアドレスにアクセスしてください。 バーコード読取機能対応機種をお使いのお客様は、バーコードからもアクセスいただけます。 「閉じる」ボタン このボタンを押すと、ウインドウを閉じます。

次の

即PAT新規登録 時間外案内

即 pat 申し込み

即PAT(ソクパット)とは 即PATとは、JRA指定銀行口座を持っていれば、即日登録でその日から馬券を購入できるJRAインターネット投票サービスです。 即PAT会員になると、競馬場やウインズまで出かけなくても、パソコン・スマートフォン・携帯電話で場所を問わずに馬券の購入が可能です。 馬券の発売時間内なら何度でも追加入金・途中出金ができるので、平日忙しくて銀行に行けない競馬ファンにもオススメです。 券売機でモタモタすることもなくなります。 決済は加入時に登録した銀行口座を通して行われますので手元に現金がなくてもOKです。 パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)でインターネットに接続して馬券を購入する方法を『IPAT方式』と言います。 即PATに申し込む JRA指定の銀行口座を持っているならすぐに即PAT会員になれます。 さっそく会員になって即PATにログインしてみましょう。 口座を持ってない方は、開設後に会員登録となります。 JRA指定の銀行口座は、「住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行」「楽天銀行」「三井住友銀行(SMBCダイレクト)」「三菱東京UFJ銀行」となっています。 加入申込み完了後に、その日からパソコン・スマートフォン・携帯電話で、即馬券が買えます。 各銀行の口座開設はこちらから• 即PATで馬券を購入する 入金から馬券購入、出金するまでの流れ 入金 馬券の購入資金を、登録した指定口座から即PATに振替えます。 投票 即PATにログインし、馬券を購入します。 オッズ情報も確認できます。 払戻し 馬券的中・出走取消・競走除外などの払戻があった場合、自動的に即PATへ払戻しが反映されます。 出金 途中出金:馬券の発売時間帯に自身で出金を指示して残高全てを即PATから指定口座に振込みます。 一括出金:出金指示がない場合、節終了後に自動的に全残高が即PATから指定口座に振込まれます。 馬券を購入する 馬券を購入するには、パソコン・スマートフォン・携帯電話(i-mode・EZweb・Yahoo! ケータイ)で以下のURLへアクセスし、ログインして手続きを行います。 d-ipat. jra. d-ipat. jra. k-ipat. jra. d-ipat. jra. jskypl. jp-t. ipat. jskypl. jp-t. 購入できる馬券の種類 単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5それぞれ1枚100円単位で購入できます。 通常は「土曜日、日曜日」、「火曜日、水曜日、木曜日」をまとめて1節と言います。 もっと詳しい説明は。 通常投票では1件=1ベットとなりますが、流し・ボックス・フォーメーションで投票する場合は、組み合わせにより1件で複数のベットの申し込みをすることになります。 「全レース投票」の場合は、「購入できたレース数=件数」となります。 入金 入金とは、節ごとに馬券の購入資金を、指定口座から即PATへ移すことをいいます。 即PAT口座に入っている金額が、購入資金となります。 入金方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「入金指示」から、入金手続きを行います。 受付時間 入金できる時間帯は、馬券の発売時間帯(・)となります。 それ以外はログインできないため入金出来ません。 入金額 入金金額は100円単位で自由に決められます。 回数 1日に何度でも入金できます。 手数料は入金時に入金金額とは別に引き落としなります。 購入限度額 即PAT口座へ入金した金額が購入限度額となります。 また馬券が的中した場合、払戻金・返還金は購入限度額に繰り入れられます(「購入限度額=お客様が振り替えた投票券購入資金の合計-勝馬投票券購入金額+払戻金・返還金」)。 購入限度額は、途中で出金手続きをしない限り、節の間、即PAT口座に残っています。 出金 出金とは、即PATにある残高全てを指定口座に移すことを言います。 出金方法には2通りあり、節終了後にJRAが一括して購入限度額全額を自動的に振込む「一括出金」と、自身で振込指示をする「途中出金」があります。 一括出金の方法 特に手続きする必要はなく、節終了後に自動的に残高全てがJRAより指定口座に振込まれます。 振込まれる時間は各金融機関によって異なります。 都市銀行は翌営業日の午前中ですが、ネット銀行の方は当日中に振込まれます。 一括出金で銀行口座に振込まれる時間 ジャパンネット銀行 節終了後の当日の24時まで 楽天銀行 住信SBIネット銀行 三井住友銀行 節終了後の翌日の午前中 三菱東京UFJ銀行 節終了後の翌銀行営業日の午前中 途中出金の方法 IPAT(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ログイン後、入出金メニューの「出金指示」から、ご自身で出金手続きを行います。 途中出金の受付時間 出金指示は、通常当日の全競走(最終競走)確定からおおむね5分後まで、前日発売をしているJRA開催日の場合は前日発売締切時間までとなっています。 途中出金額 途中出金できる金額は、その時点での残高全てとなります(残高の一部だけを出金することはできません)。 手数料 一括出金・途中出金ともに無料です。 即PATを利用する際の注意事項• 「入金」「途中出金」とも混雑時には完了までに3分以上かかる場合がありますので、余裕を持って操作してください。 三井住友銀行では日曜日の夜間にメンテナンスがあるため、変則開催等で日曜日の夜間に発売がある場合、「入金」「途中出金」を利用できない時間帯があります。 投票前に出走取消・騎手変更・馬場状態等を確認してください。 投票締切10分前より回線が混雑して申込みが出来ないことがありますので、投票は早めに済ませておきましょう。 一旦成立した勝馬投票契約の取消・変更は一切できません。 会員ご本人以外のご利用はおやめください。 2年間ご利用がない場合は自動解約となります。

次の

JRA ネット投票

即 pat 申し込み

競馬の口座のおすすめの5つの銀行 競馬で使う口座は、 即PATやA-PAT などで変わってきますが、 今回はほとんどの人が使っている 即パットで使う口座について 解説していきたいと思います。 主に おすすめの口座は5つあるので 順に説明していきます! 1.ゆうちょ銀行 まず、競馬口座として おすすめの一つ目が ゆうちょ銀行です。 2016年からゆうちょ銀行の取り扱いを始め ゆうちょの総合口座とキャッシュカード があればだれでも登録できます。 ゆうちょ銀行は多くの人が使っていて、 比較的スムーズに登録もできるので まずこの銀行がおすすめです。 2.りそな銀行 2つ目におすすめの銀行が りそな銀行です。 りそな系列に関しては 埼玉りそな銀行も対応しています。 りそな銀行の口座は 普通預金口座の口座番号、 およびキャッシュカードの暗証番号を 用意すれば簡単に登録することができます。 また、注意点があります。 りそな銀行、埼玉りそな銀行の システムメンテナンス中は 即パットへの加入申し込み、 および入金指示、出金指示ができない ということです。 具体的には通常、 ・ 毎月第一月曜日1時45分から6時5分まで および 第二土曜日22時45分から 翌日曜日の8時5分までができません。 また、 1,4,7,10月の最終火曜日の 1時から6時まで即パットへの加入申し込み ができませんのでこの点は注意が必要です。 3.三菱東京ufj銀行 3つ目におすすめの口座が 三菱東京UFJ銀行です。 三菱東京UFJ銀行の 普通口座を持っている人は 誰でも加入することができます。 また、特徴として、 三菱東京UFJダイレクトに 契約していない人でも 加入することができます。 注意点として三菱東京UFJ銀行でも システムメンテナンスにおける サービス休止があります。 毎月第二土曜日の21時から翌朝7時まで は定例のシステムメンテナンスがあり、 その間は 新規加入、投票資金の 入金指示の取引が一切できません。 4.楽天銀行 4つ目におすすめの銀行が 楽天銀行です。 楽天銀行口座があれば だれでも作ることができます。 また、 メリットとして、 1: 即パットへ入金すると 楽天スーパーポイントがたまります。 2 :入金、出金は提携ATM 全国9万台で使えます。 3 :口座開設後6か月間、 ATM手数料が月5回まで無料となります。 以上の点から楽天銀行も おすすめする銀行となります。 5.三井住友銀行 最後にお勧めするのが 三井住友銀行です この口座は 普通口座、 キャッシュカードの暗証番号 を持っていれば誰でも登録することが できます。 また注意点として他と同じように システムメンテナンス中は 利用することができなくなります。 具体的には、 ・ 通常毎週日曜日20時55分から 月曜朝7時まで独パットの入金、 途中出金ができないので この点は注意が必要です。 今紹介したような口座の場合は そんなことはありません。 入金操作後すぐに反映されます。 したがって買い漏れや イライラすることがなく かなりスムーズに馬券を買うことが できます ので安心ください。 競馬の口座の入金手数料は? 競馬の口座に入金するのはいいけど 一回にまとめて行ったほうがいいのか、 それとも こまごまと分けて入金するか、 手数料が発生するか否かについて 変わってきますよね。 なので先ほど紹介した おすすめの口座の場合どうなのか を見ていきたいと思います! 競馬の口座の引き出し手数料は? 先ほど紹介した銀行口座は 即パット利用銀行となります。 したがって 開催日1日当たり2回までは 引き出し手数料が無料で、 3回目以降は1回につき15円の手数料 がかかります。 しかし、 それ以外の銀行の場合、 1回目から通常108円の手数料がかかります。 競馬の口座は税金が引かれる? 競馬の口座であった馬券に対して 自然と税金が引かれるようなことは あるのでしょうか? この件に対しては基本的に 税金が引かれるようなことは絶対にありません。 しかし、一時所得となった場合の 税金を確定申告しなかった場合は 税務署から自宅のほうに 納税通知書が届くことはあるかもしれません。 競馬の口座がロックされる期間 インターネット投票を行っている場合、 銀行口座がロックされて 入金出金ができない期間が発生します。 基本的に入金出金ができる時間帯は 競馬開催日の前日18時から、 競馬開催節の終了後の当日24時まで の間が操作できる時間帯となります。 それ以外は基本的に ロックされるので 注意が必要です。 こちらの記事では、 競馬の確定申告を しないと 違法になるのかどうかを 詳しくご紹介しています。 競馬の口座を変更するには? 即パットに登録している銀行口座を 郵貯銀行から三井住友銀行の口座に 変更したいとなった場合は どうしたらいいのでしょうか。 基本的には銀行口座の変更は 受け付けていません。 したがって、新たにほかの口座で 即PATに登録する必要があります。 競馬の口座が解約される条件 例えば競馬の口座を使いすぎたら 解約などされる可能性はあるのでしょうか? インターネット投票での競馬口座が 解約される条件はあります。 それは利用開始の日から若しくは 最後に投票になった日から 4年の間に、 1回もネット投票及びプッシュホンによる ご投票がなかった場合、 自動的に解約となり加入者としての 資格を失います。 この条件によってのみ解約となるので 注意が必要です。 まとめ 競馬を家で行うためには 必須のインターネット投票。 しかしいろいろ不安なこともあり、 どの銀行の口座で開設したらいいかも わからなかったと思います。 今回 おすすめさせていただいた口座で しっかりと開設していただければ 何も問題はないと思います! 馬券ライフをもっともっと 楽しんでみてください!.

次の