スマホ 充電 電源切るべきか。 スマホの電源が入らない時の対処方法|ボタンが反応しない時の代替案

スマートフォンの充電ができない、充電が増えない…その原因と対処法を紹介!|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

スマホ 充電 電源切るべきか

正しい充電がバッテリーを長持ちさせる 冒頭でiPhoneに搭載されるリチウムイオンバッテリーは消耗品であると説明した。 消耗品ゆえ、時期がくればバッテリーを交換する必要があるが、正しく充電できていればiPhoneの バッテリーの寿命は3〜4年もつと言われている。 しかし、誤った充電方法を続けるとバッテリーの寿命を早め、 1年ほどでバッテリー不良を起こしてしまうこともあるのだ。 正しい充電方法を理解し、バッテリーを長持ちさせよう。 バッテリーを余計に消費してしまう充電方法 まずは、バッテリーを余計に消費してしまう ダメな充電方法について説明する。 以下に当てはまればあなたのスマホの寿命も危ないかもしれない。 ・充電が少ししか減っていないのに、頻繁に充電する• ・充電を完全に使い切ってから充電する• ・充電器に繋げたままiPhoneをいじる• ・高音多湿の場所で充電する 正しい充電は今からでも遅くない 普段、以上のようなダメな充電をしてしまっている方は多いはず。 実はこのような無意識の行為が、バッテリーの消耗を促す原因につながっていたのだ。 では、正しい充電方法について説明していこう。 また、ふさわしいタイミングとはいつなのか。 充電をするのは残量20%ほどになってから iPhoneを充電をするのは絶対この数字になってから、という決まりはないが、 0%になる前には必ず充電してほしい。 そして過放電状態で何日も放置してしまうと、やがて電池は 破損状態となり、充電自体ができなくなってしまうのだ。 そのため、バッテリーはなくなるギリギリまで使おうとせず、残量が20%ほどになったら継ぎ足しで充電するようにしよう。 頻繁に充電しない 残量が20%ほどになったら充電すると説明したが、頻繁に充電するのもよくない。 リチウムイオンバッテリーは充電回数が増えると その分電池を消費してしまう。 iPhoneのバッテリーは約500回充電したあとに通常の50〜70%のパフォーマンスしか出せなくなってしまうため、頻繁な充電は控えたいのだ。 そのため、少しくらい充電が減ってもすぐには充電しないようにしよう。 充電にふさわしいタイミング 正しい充電に大切なのは、バッテリーの残量に合わせて行うことと、頻繁に充電しないこと。 充電のタイミングとしては夜就寝する前がよいだろう。 また、 充電器に繋げながらiPhoneを操作し続けるのも電池を消費してしまう原因となる。 リチウムイオンバッテリーは熱によって劣化すると言われており、負荷を与え続けるとバッテリーが熱を持つ。 ひどくなると膨張してデバイス本体の故障にもつながってしまうのだ。 充電している最中は 極力デバイスを触らないよう意識しよう。 充電したまま放置NGの噂は本当か バッテリーの寿命を早めない法則として、「充電が満タンの状態で充電を続けるのはバッテリー劣化に繋がるので避けるべき」という話がある。 噂のとおり、充電器に差したままにしておくのはまずいのだろうか。 iPhoneなら充電したままでもダメージなし 以前のバッテリーは噂どおり、充電が満タンの状態で充電を続けることがバッテリー劣化を促す原因となっていた。 そのため、充電が100%になる前に充電器から外すことを推奨されていたようだ。 しかし、iPhoneのバッテリーが「トリクル充電」を採用したことで、 充電したままでもダメージが起きない仕様に変わったようだ。 トリクル充電とは Appleのリチウムイオンバッテリーは、バッテリー容量の80%までは高速充電し、それ以降は低速のトリクル充電に切り替わる。 トリクル充電とは、 電流を弱めることでバッテリーの 耐用年数を延ばす充電方法だ。 現在搭載しているバッテリーは、内部の基盤のコンピュータが自動で充電に関する制御を管理してくれるため、100%になっても過充電状態に陥らなくなった。 そのため現在は充電量を気にせずに放置しておいても問題ないとのことだ。 充電に最適な気温 ここまでは充電の方法について説明したが、実は充電する環境についても注意が必要。 リチウムイオンバッテリーは特性上、熱に弱いとお伝えした。 バッテリー性能を維持するために、最適な気温を考慮することも大切なのだ。 真夏に窓を閉め切った自動車内で充電したまま放置してしまうと、一発で故障してしまうこともある。 室内の気温を保ち、風通しのよい場所で充電しよう。 寒すぎる環境でiPhoneが使えなくなる現象 たまに、寒すぎる気温の中でiPhoneの電源が落ちてしまうことがある。 バッテリーは温度が非常に低い環境も苦手で、そのような気温の中ではバッテリー駆動時間が著しく短くなってしまう。 そのため、直前まで充電が残っていたとしても急に電源が入らなくなるなどの不調が起きてしまうようだ。 ただ、この状態は 一時的なものであり、バッテリーが通常の 温度に戻ればパフォーマンスも通常に戻り、問題なく使えるようになるので安心していただきたい。 iPhoneのバッテリーを交換する バッテリーの劣化により、すでに充電ができなかったり、充電がすぐになくなってしまうなどのトラブルがあればバッテリーの交換をおすすめする。 期間内であれば、バッテリーの無償交換を受けられるのだ。 シリアル番号を長押しするとコピーすることができる。 保証状況とサービス期間を確認 シリアル番号を控えたら、以下に沿って保証状況とサービス期間を確認してほしい。 ブラウザから「iPhone 保証状況」と検索• Appleサポートによる「製品の保証状況」とサービス期間を確認する」のページが見つかるので、アクセスする• シリアル番号を入力• 暗号認証コードを入力 この操作により、自分のデバイスの無償電話サポート期限や修理サービス保証期間が確認できる。 Appleのサポートページにてバッテリー交換の依頼もできるので、場合によってはそのまま交換を申し込もう。 iPhoneのバッテリー交換サービス料金 もし無償交換の時期が終わってしまっていても、有償交換を受けることはできる。 ・iPhone SE• ・iPhone 6• ・iPhone 6 Plus• ・iPhone 6s• ・iPhone 6s Plus• ・iPhone 7• ・iPhone 7 Plus• ・iPhone 8• ・iPhone 8 Plus• ・iPhone X 上記の機種であれば、2018年12月31日まで iPhone 1台につき 3,200円(2台目以降は通常料金の8,800円)でバッテリーを交換してもらえるようだ。 その他の機種は1台につき8,800円となる。 有償交換希望についても、Appleサポートから問い合わせよう。 携帯キャリアでバッテリー交換を依頼する アップルのサポートセンターでなく、契約中のキャリアにてバッテリーを交換することもできる。 キャリアごとに内容が異なる上、Appleの交換費用と異なることもあるので注意が必要だ。 修理対応店舗も限られているので、事前に調べることをオススメする。 iPhoneに寿命を感じたら買い替えよう もしもバッテリー交換でなく機種変更をする予定なら、不要になったデバイスをぜひ売却してみてはいかがだろうか。 万が一充電不良を起こしてしまっていても、売却できるサービスがあるので安心して欲しい。 iPhoneはスマホ業界の中で常に需要が高いため、 中古でも高値で買い取ってもらえる可能性が高いのだ。 店頭買取の他、自宅から送るだけでOKの宅配買取にも対応しているのでチェックしよう。 申し込み前に、 WEBから無料の事前査定も利用できるので、実際に買取に出す前の参考にしよう。 せっかく購入したiPhone。 できれば長く大事に使いたいと考えるのは当然だ。 今回紹介した方法で充電すればかなり 電池の消耗は抑えられるので、しっかり意識しながら使い続けよう。 そして、バッテリーに寿命がきた際には、交換や売却などをうまく使ってお得に機種変更していただきたい。

次の

スマートフォン「電源オフ時に電池残量が減る」

スマホ 充電 電源切るべきか

もくじ• スマホのバッテリーにはリチウムイオン技術が使われている 2020年現在では、ほとんどのスマホでリチウムイオンバッテリーが使われています。 まずはリチウムイオンバッテリーについて、詳しく調べてみます。 リチウムイオンバッテリーのメーカーで確認してみる リチウムイオンバッテリーのメーカーであるによると、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーに劣化をもたらすことが明記されています。 基本的にはスマホの充電は100%にまでしてもOKですが、満充電状態が長く続くとバッテリーが劣化してしまう可能性があるようです。 特に温度が高い状態で、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーは大きく劣化してしまいます。 夏場の暑い時期などに、ケース等に入れたまま充電するなどの行為は避けたほうがよさそうです。 リチウムイオンバッテリーの経年劣化にも注意 リチウムイオンバッテリーのメーカーであるを詳しく見てみると、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーが劣化すること以外にも、経年劣化をリチウムイオンバッテリー劣化の原因に挙げています。 毎日、充電を繰り返していくと、リチウムイオンバッテリーも消耗品である以上、少しずつ劣化していくことは避けられません。 スマホのメーカー側によるバッテリー対策 旧世代のバッテリー技術と比べて大きく進歩したリチウムイオンバッテリーですが、満充電の状態が長く続くと劣化してしまうという弱点があります。 この点について、スマホのメーカー側はどういった対策を取っているのかについても詳しく調べてみます。 iPhoneのバッテリー対策 によると、iPhoneでは充電の際に80%までは高速充電を行い、その後は低速のトリクル充電に切り替わることが明記されています。 80%を超えると低速のトリクル充電に切り替えることで、満充電状態の時間をなるべく減らすように設計されています。 寝る前にiPhoneを充電しておき、翌朝起きてからiPhoneの充電を終了するという人などには便利な機能です。 Androidスマホのバッテリー対策 Androidスマホの有力メーカーであるによると、スマホが充電の習慣(充電器に長く接続している時間帯)を学習して充電速度を調節し、バッテリーの性能をよりよい状態に保つ「いたわり充電」という機能が備わっていることが明記されています。 ソニーモバイルの「いたわり充電」機能はiPhoneよりもやや進んでおり、充電する時間帯を学習して満充電状態の時間を減らすようになっています。 ソニーモバイルのAndroidスマホであれば、寝る前にAndroidスマホを充電しておき、翌朝起きてからAndroidスマホの充電を終了するという人などは、ほとんど満充電状態の心配はありません。 などでは、機種ごとの充電時間の目安が公開されており、Androidスマホの温度が高くなってしまった場合には充電が自動的に停止する機能が備わっていることが明記されています。 Androidスマホについては、製造メーカーごとにバッテリー対策に違いがあるようです。 このあたりについては、スマホを購入する際にきちんと確認しておくといいかと思います。 まとめ スマホの充電については100%まで充電しても大丈夫ですが、満充電の状態が長く続くとバッテリー劣化の原因となってしまいます。 この点には注意してください。 ただし、最近のiPhoneやAndroidスマホでは、満充電状態が長く続かないようにうまく対策されており、極端に神経質になる必要はなさそうです。 スマホを充電していて100%、もしくは100%近くになっていたら、充電を終了するよう心掛ける程度で十分かと思います。 注意したいのが、充電を繰り返し使っていくことで起こる経年劣化です。 バッテリーは消耗品なので、どんなに大切に使ったとしても時間とともに劣化していきます。 2年程度使ったスマホについては、バッテリーの寿命等を考慮して、買い替えることをおすすめします。 スマホの買い替えについては、長時間待たされる心配のない公式オンラインショップを利用すると便利です。 関連記事•

次の

スマホに電源切ることのメリットはある?充電や長持ちへの影響は?

スマホ 充電 電源切るべきか

もくじ• スマホのバッテリーにはリチウムイオン技術が使われている 2020年現在では、ほとんどのスマホでリチウムイオンバッテリーが使われています。 まずはリチウムイオンバッテリーについて、詳しく調べてみます。 リチウムイオンバッテリーのメーカーで確認してみる リチウムイオンバッテリーのメーカーであるによると、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーに劣化をもたらすことが明記されています。 基本的にはスマホの充電は100%にまでしてもOKですが、満充電状態が長く続くとバッテリーが劣化してしまう可能性があるようです。 特に温度が高い状態で、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーは大きく劣化してしまいます。 夏場の暑い時期などに、ケース等に入れたまま充電するなどの行為は避けたほうがよさそうです。 リチウムイオンバッテリーの経年劣化にも注意 リチウムイオンバッテリーのメーカーであるを詳しく見てみると、満充電状態が長く続くとリチウムイオンバッテリーが劣化すること以外にも、経年劣化をリチウムイオンバッテリー劣化の原因に挙げています。 毎日、充電を繰り返していくと、リチウムイオンバッテリーも消耗品である以上、少しずつ劣化していくことは避けられません。 スマホのメーカー側によるバッテリー対策 旧世代のバッテリー技術と比べて大きく進歩したリチウムイオンバッテリーですが、満充電の状態が長く続くと劣化してしまうという弱点があります。 この点について、スマホのメーカー側はどういった対策を取っているのかについても詳しく調べてみます。 iPhoneのバッテリー対策 によると、iPhoneでは充電の際に80%までは高速充電を行い、その後は低速のトリクル充電に切り替わることが明記されています。 80%を超えると低速のトリクル充電に切り替えることで、満充電状態の時間をなるべく減らすように設計されています。 寝る前にiPhoneを充電しておき、翌朝起きてからiPhoneの充電を終了するという人などには便利な機能です。 Androidスマホのバッテリー対策 Androidスマホの有力メーカーであるによると、スマホが充電の習慣(充電器に長く接続している時間帯)を学習して充電速度を調節し、バッテリーの性能をよりよい状態に保つ「いたわり充電」という機能が備わっていることが明記されています。 ソニーモバイルの「いたわり充電」機能はiPhoneよりもやや進んでおり、充電する時間帯を学習して満充電状態の時間を減らすようになっています。 ソニーモバイルのAndroidスマホであれば、寝る前にAndroidスマホを充電しておき、翌朝起きてからAndroidスマホの充電を終了するという人などは、ほとんど満充電状態の心配はありません。 などでは、機種ごとの充電時間の目安が公開されており、Androidスマホの温度が高くなってしまった場合には充電が自動的に停止する機能が備わっていることが明記されています。 Androidスマホについては、製造メーカーごとにバッテリー対策に違いがあるようです。 このあたりについては、スマホを購入する際にきちんと確認しておくといいかと思います。 まとめ スマホの充電については100%まで充電しても大丈夫ですが、満充電の状態が長く続くとバッテリー劣化の原因となってしまいます。 この点には注意してください。 ただし、最近のiPhoneやAndroidスマホでは、満充電状態が長く続かないようにうまく対策されており、極端に神経質になる必要はなさそうです。 スマホを充電していて100%、もしくは100%近くになっていたら、充電を終了するよう心掛ける程度で十分かと思います。 注意したいのが、充電を繰り返し使っていくことで起こる経年劣化です。 バッテリーは消耗品なので、どんなに大切に使ったとしても時間とともに劣化していきます。 2年程度使ったスマホについては、バッテリーの寿命等を考慮して、買い替えることをおすすめします。 スマホの買い替えについては、長時間待たされる心配のない公式オンラインショップを利用すると便利です。 関連記事•

次の