赤い迷路。 松田優作と山口百恵が共演!「赤い迷路」のあらすじは?

赤い迷路……

赤い迷路

小学生向けのプログラミング教室などでも使われることが多い スクラッチですが、 難しくて出来ないと感じてしまう子も少なくありません。 スクラッチは初心者向けのツールではあるのですが、機能(できること)が多すぎて、 プログラミング初心者にとっては混乱してしまうこともあるからです。 スクラッチがができなかったからと言ってプログラミングに向いていないというわけではありません。 別のプログラミングソフト(コード・スタジオ)を使ってみることオススメします。 自宅で小学生ひとりでもプログラミングの勉強ができるコード・スタジオ インターネットにつながるパソコンさえあれば、すぐに使えるのがコード・スタジオです。 小学生であれば、コース2(6歳以上)から始めるのがオススメです。 アカウント作成について 画面に「アカウントを作る」というボタンがありますが、作らなくても使用できます。 途中で終わらせて、前回の続きから始める場合にアカウントの作成が必要となります。 コース2の内容 コース2を選んで、次の画面で「いますぐためす」をクリックすると、プログラミング画面になります。 最初のプログラミング画面 赤いキャラクター(鳥)を動かして、緑のキャラクター(ブタ)をつかまえるのが目的です。 鳥を動かすために、「ブロックたち」のところにある命令を「実行した」ときの下に並べます。 プログラミング例 ブロックたちの下にある部品「前に進む」「左にまがる」などをクリックして、「実行したとき」の下に持っていきます(ココに並べるのがプログラミングです)。 プログラミングが完成したら、「実行(じっこう)」をクリック。 プログラミングした通りに、鳥(赤いキャラクター)が動きます。 鳥(赤いキャラクター)がブタ(緑のキャラクター)のところに行けば成功です。 成功したときの画面 「次へ」をクリックすると、次の画面になります。 次の画面 クリアするごとに迷路はどんどん難しくなっていきます。 9番目の画面 10番目以降の画面は現時点では日本語対応されていません。 9番目までクリアしたら、別のステージに進むことをオススメします。 別のステージへの進め方 画面上部にある「ステージ3:迷路:シーケンス」をクリックすることで、ステージ選択画面が表示されます。 ステージ選択画面 番号を選択することで、画面が変わります。 4.アーティスト:シーケンスの「1」を選択 これは迷路ではなく、線を書くプログラミングになります。 プログラミングのやり方は同じ(ブロックを実行したときの下に並べる)です。 ステージごとの内容 ステージによりプログラミングする内容が変わります。 ステージ6:ループ処理を使った迷路のプログラミング ステージ8:ミツバチ キャラクター(ミツバチ)を進めるだけではなく、「花のミツをとる」「ハチミツをつくる」という動作もプログラミングします。 いずれもプログラミングの基本が勉強できる内容になっているので、挑戦してみてください。 学べるのはプログラミングスキルだけじゃない!.

次の

赤い迷路

赤い迷路

昭和49年10月 山口百恵のドラマ出演第2作目となる「赤い迷路」が開始される。 これが、あの大ヒットシリーズとなった「赤いシリーズ」の第1作目なのだ。 このシリーズでは定番と言っていいが、宇津井健が百恵の父親役として出演している。 だが、この「赤い迷路」における山口百恵の存在感、そして歌手・山口百恵の人気から、赤いシリーズ第2作目である「赤い疑惑」から山口百恵が主役という立場となっていくのだ。 Sponsored Link では、この「赤い迷路」のあらすじを簡単に紹介しよう。 山口百恵が演じる15歳の少女「明子」 明子は精神分析医である結城正人(宇津井健)とその妻妙子(小山明子)の娘であるが、実は二人とは血は繋がっていない。 明子(山口百恵)には出生の秘密は絶対に話さないという約束で、物心つかない幼き明子が二人の下へもらわれていったのだ。 そして事件は明子が15歳の時に起きる。 赴任先であるアメリカから結城正人(宇津井健)が帰国した直後、正人の妻である妙子(小山明子)がモーテルで死体となって発見された。 何者かに殺害されたのだ。 容疑者として都築潤(松田優作)が逮捕された。 だが、この潤の姉である桜井由紀子(長山藍子)は明子(山口百恵)の実の母親だった。 やがて、潤(松田優作)への容疑は解かれた。 次の容疑者として浮かび上がったのが江上勝(西沢利明)。 しかし、この江上こそが、明子(山口百恵)の実の父親だったのだ。 ここから先の話は実際にドラマを見ていただきたい。 迷路のように入りくんだ殺人事件、そして育ての父親と実の父親の子供を巡る葛藤、そして数奇な運命に翻弄される娘明子の苦悩が見事に描かれている名作だ。 また、山口百恵と松田優作が共演している(この作品のみ)と言う点でも、貴重な作品である。 「 」 関連ページ 山口百恵の15歳のバースデー・パーティーは3回も開かれた。 家族に祝ってもらう本体の誕生日に加え、新人歌手を売り込むための商業的なパーティーが、宇津井健、森昌子、桜田淳子、石川さゆりらを招いて開かれたのだ。 百恵はもう普通の中学生の女の子ではなくなっていた。 そっくりで仲良しだった中学時代の山口百恵と桜田淳子。 二人は篠山紀信の撮影のためにハワイに行った。 二人は同部屋に泊まった。 すると百恵と淳子がとりだしたパジャマがなんと・・・ 「青い果実」で人気歌手となった山口百恵の生い立ち、父との関係を芸能週刊誌が暴いた。 山口百恵に対してますます世間の好奇の目が向けられるようになった。 しかし、山口百恵は歌手として女優として一層強く成長していったのだ。 中学3年生で国民的人気歌手となった山口百恵は多忙な仕事の合間に受験勉強に励み、高校に進学した。 そんな彼女らは普通の女子高生のように部活をしたり友達と遊ぶ暇はなかった。 山口百恵が生涯の伴侶となる三浦友和と出会ったのは16歳の時。 グリコのコマーシャルで百恵のボーイフレンド役として友和が選ばれ、その撮影で二人は顔を合わせた。 これがきっかけで百恵・友和のゴールデン・カップルが誕生したのだ。 「ひと夏の経験」の大ヒットで山口百恵はさらに衆目にさらされることになった。 その時、山口百恵は・・・ 山口百恵が入学した高校に百恵をタレントとして扱う教師がいた。 百恵はその先生の授業を全てボイコットしたという。 百恵は学校では普通の女子高生として過ごしたかったのだ。 だから百恵は、自分を特別扱いしない友達を心から大切にした。 山口百恵ファンクラブの名前は「ぞう」。 百恵の一番好きな動物「象」が由来だ。 ファンクラブ誌「ぞう」は定期的に百恵のスケジュール等の情報を会員向けに発信していた。 引退後も会員は「永遠会員」としてファンクラブ自体は解消していない。 昭和40年代後半の若者は山口百恵と桜田淳子の2大アイドルに熱狂した。 とくに東大と早稲田の学生の間での百恵VS淳子争いは壮絶だった。 現代のAKB48推しメン争いの様な現象がすでに昭和の時代に存在したのだ。 吉永小百合などを輩出した「伊豆の踊子」の主演女優に新人歌手の山口百恵が抜擢された。 百恵の初主演映画でもあった。 相手役にはCM共演で人気が出ていた三浦友和。 この映画で百恵・友和のゴールデンコンビが誕生したのだ。 山口百恵の初主演映画「伊豆の踊子」の相手役は三浦友和。 人気歌手山口百恵の主演ということで映画は大ヒットした。 映画公開にあわせて百恵と友和は「夜のヒットスタジオ」に出演した。 世間はまだこの二人を「ゴールデンコンビ」とは呼んでいなかった。

次の

赤い迷路

赤い迷路

大学精神科の教授・結城(宇津井健)は、新設された犯罪心理学研究所の所長に迎えられることに。 ある日帰りの遅い娘・明子(山口百恵)を迎えに行くと、そこで由紀子(長山藍子)と出会う。 結城と由紀子は、15年前にある約束をしたはずだったが、結城は由紀子にその約束を守れていないと責める。 しかし、その約束が原因で由紀子は精神的な抑制から強度のノイローゼにかかっていることから、弟・潤(松田優作)は結城に激しい憎しみの炎を燃やしていた。 研究所の開設パーティーに結城は妻・妙子(小山明子)と出席するが、妙子に電話が入りそのまま姿を消してしまう。 その後、妙子が遺体となって発見される。 妻の殺人事件を中心に明子は自分の出生の秘密、潤は結城家に起った事件に自らの運命を狂わせていく…。 【以上、TBS広報資料より引用】本作のあと、「赤いシリーズ」として連作されていくこととなる。 判明している各回のサブタイトルは以下のとおり。 第2回「容疑」。 協力:ミサワホーム 21 、浅草・仲満 21。 ある日帰りの遅い娘・明子(山口百恵)を迎えに行くと、そこで由紀子(長山藍子)と出会う。 結城と由紀子は、15年前... 出典:テレビドラマデータベース.

次の