カロナール 用量。 同じ成分で劇薬と普通薬のあるもの

アセトアミノフェン:カロナール

カロナール 用量

カロナール(アセトアミノフェン)の作用機序:解熱鎮痛剤 風邪によって発熱が起こると、体のだるさによって日常生活が行いにくくなります。 発熱は病原微生物に対抗するために必要な反応であるため、本来は熱を下げるべきではありません。 しかし、中には高温状態の持続によって体力が著しく消耗してしまうことがあります。 このような場合、熱を下げなければいけません。 また、痛みが起こることによっても日々の生活が制限されます。 そこで、鎮痛剤によって痛みを抑え、頭痛や腰痛症、打撲痛などの症状を抑制することがあります。 そこで、熱を下げたり痛みを抑えたりする解熱鎮痛剤として カロナール(一般名:アセトアミノフェン)が使用されます。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の作用機序 解熱鎮痛剤として多用されるカロナールですが、その作用機序は不明であるとされています。 考えられていることとしては、 中枢(脳など)に作用することで熱を下げたり痛みを抑えたりしていると言われています。 体温が上昇するとき、脳が大きく関わっています。 脳には体温中枢が存在します。 風邪などによって体温中枢が反応すると、高温状態に陥ります。 そこで、熱を下げるためには体温中枢に作用すれば良いことが分かります。 カロナールは脳の体温中枢に働きかけ、熱の放散を増大させます。 その結果、高くなってしまった熱を下げることができます。 また、痛みは脳で認知されます。 そのため、脳に作用することによっても痛みを抑えることができます。 カロナールは、鎮痛剤として使用されるアスピリンと同程度の鎮痛効果が知られています。 このように作用機序は詳しく解明されていませんが、脳に働きかけることで解熱鎮痛作用を示す薬がアセトアミノフェン(商品名:カロナール)です。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の特徴 解熱鎮痛剤の中でも、副作用が少なく、比較的安全に使用できる薬がカロナールです。 カロナールと同じ解熱鎮痛剤としては、NSAIDsと呼ばれる種類の薬も使用されます。 しかし、NSAIDsには胃腸障害(胃潰瘍など)の副作用があります。 カロナールは 胃腸障害なく解熱鎮痛作用を示すことが知られています。 また、小児のインフルエンザや水痘(みずぼうそう)などの解熱にNSAIDsを使用すると、脳症を引き起こすリスクが高まることがあります。 そこで、 小児の解熱鎮痛に対しては、これら脳症のリスクがないアセトアミノフェン(商品名:カロナール)が多用されます。 平熱時にはほとんど体温に影響を示さず、発熱時には投与後3時間程度で効果が最大になると考えられています。 抗炎症作用はほとんどありません。 なお、カロナール自体は先発医薬品ではなく、後発医薬品(ジェネリック医薬品)として位置づけられています。 そのため、アセトアミノフェン製剤には先発医薬品が存在しません。 このような特徴により、特に小児に対して使用され、副作用も比較的少ない解熱鎮痛剤がカロナール(一般名:アセトアミノフェン)です。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の効能・効果 カロナールは、痛み止めとして使用されます。 カロナールが用いられる病気や症状には、頭痛・耳の痛み・腰痛・筋肉痛・打撲による痛み・捻挫による痛み・生理痛・出産後の痛み・がんによる痛み・歯の痛み(抜歯後など処置後も含む)・関節痛などがあります。 また風邪症状によって、鼻からのどに炎症が起きているときにもカロナールは用いられます。 なぜならカロナールには炎症を抑えたり、痛みを鎮めたりする作用があるためです。 さらに、カロナールは子どもの熱を下げたり痛みを鎮めたりするときにも用いられます。 カロナールはこれらの症状を抑える、いわゆる 対症療法(たいしょうりょうほう)の薬です。 対症療法とは、病気の原因を根本治療するものではなく、熱や痛みなど発現している症状を和らげる治療のことです。 カロナールなどの対症療法の薬を用いることで痛みや熱などの辛い症状を和らげます。 そうすることで、 人がもとの元気な状態に戻ろうとする「自然治癒力」を助けることができるのです。 たとえば、カロナールは帯状疱疹(たいじょうほうしん:ウイルスが原因となって起こる皮膚の病気で痛みを伴う)に使用されることがあります。 帯状疱疹の人へは、ウイルスをやっつけるファムビル(一般名:ファムシクロビル)などが用いられます。 これに加えて、帯状疱疹の人へは病気によって起こる痛みや炎症を抑えるためにカロナールやロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)が使用されることがあるのです。 この他にも、カロナールは大人や子ども・赤ちゃんの中耳炎(ちゅうじえん:耳の奥に細菌が侵入して、耳の痛みが起きたりや耳から膿が出てきたりする病気)の薬に用いられることがあります。 中耳炎は、子どもに起きやすい病気です。 カロナールは、痛みや熱を下げる薬の中で子どもにも使いやすいとされています。 そのため、中耳炎の痛みを和らげる目的で使用されるのです。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の用法・用量 カロナールで痛みを抑えるときは、大人へ1回につき300~1000mgを使用します。 年齢や症状によって、使用するカロナールの量は増減することがあります。 このとき、カロナールを使用したら次の使用まで4~6時間の間隔を空けるようにします。 カロナールで風邪症状を抑えるときは、大人へ1回につき300~500mgを使用します。 年齢や症状によって、使用するカロナールの量は増減することがあります。 風邪に用いる場合には、基本的に1日2回までの使用となります。 それに加えてカロナールは、風邪の発熱時など頓服(とんぷく:症状が出た時に服用すること)で用いることがあります。 一般的に、熱が38. 5度以上のときに使用します。 カロナールは他の熱や痛みを抑える薬と比較して、胃に負担をかけにくいといわれています。 一般的に解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく:熱を下げたり痛みを抑えたりする薬)は副作用として胃潰瘍を生じさせますが、カロナールにはそうした作用は少ないのです。 しかし念のため、カロナールは空腹時を避けて使われることが多いです。 カロナール錠には、割線(かっせん:錠剤の切れ目のこと)があります。 また、カロナール錠は分割して飲むことができます。 カロナールを粉砕することもできます。 ただしカロナールには粉やシロップの商品があるため、錠剤が飲めない人にはカロナールの細粒(粉)やカロナールシロップ、カロナール坐剤などが使用されます。 カロナールの副作用 非常に稀な例ですが、報告されているカロナールの主な副作用には、 食欲不振・吐き気などがあります。 また、カロナールの重大な副作用としては以下のようなものがあります。 ・ライエル症候群やスティーブンズ・ジョンソン症候群 カロナールの重篤な副作用では稀な例ですが、「ライエル症候群」や「スティーブンズ・ジョンソン症候群」という、いわゆる重症化した 薬疹(薬による発疹)を生じることがあります。 全身の皮膚が赤くなって、こするだけで皮膚が剥がれます。 皮膚だけでなく唇や眼にも症状が発現するのが特徴です。 急に症状が発現するケースと、ゆっくりと症状が重くなっていくケースがあります。 早期に治療することが大切ですので、カロナールの服用後にこのような異常が見られたときは使用を中止して適切な処置を受けます。 ・重大な肝機能の障害 カロナールは、一度に大量に飲んだり長い期間飲み続けたりすると肝臓に障害を与えるとされています。 カロナールは肝臓で代謝を受けて排泄されます。 カロナールは不活性化されると、肝臓の細胞に毒となる物質に変化します。 通常のカロナールの量であれば肝臓への障害は生じないとされていますが、長くカロナールを飲む人や一度に多くのカロナールを飲む人には注意が必要です。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の投与禁忌 カロナールには使用できない人(禁忌の人)がいます。 まず、カロナールの成分に過敏症のある人は禁忌です。 その他の禁忌には以下のような人がいます。 ・消化性潰瘍のある人 消化性潰瘍とは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のことです。 胃や十二指腸の粘膜が深く傷ついた状態のことをいいます。 カロナールは、痛みや発熱に関わる プロスタグランジンという物質の生成を抑制します。 この働きによって、カロナールには痛みや発熱を抑える作用があります。 その一方でプロスタグランジンには、胃の粘膜を保護する作用もあります。 そのためカロナールによってプロスタグランジンの生成が抑制されると、胃が荒れてしまうことがあります。 つまり、 カロナールには「消化性潰瘍を悪化させる作用」があるため、カロナールは消化性潰瘍のある人に禁忌となります。 ・アスピリン喘息の人や過去にアスピリン喘息の経験がある人 アスピリン喘息とは、解熱鎮痛薬の使用後に起こる急激な喘息発作や鼻づまりのことです。 ここでいう解熱鎮痛薬とは、アスピリンやロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)などの成分のことです。 アスピリン喘息は、アレルギー反応ではなく解熱鎮痛薬の痛みを抑える仕組みに関連して起こります。 解熱鎮痛薬は、痛みや発熱に関わるプロスタグランジンという物質が作られるのを抑制します。 アスピリンなどの解熱鎮痛薬は、プロスタグランジンの生成を抑制することで、痛みや発熱を抑えているのです。 ただ、解熱鎮痛薬を服用することで、同時にロイコトリエンという物質が多く作られるようになる人がいます。 このロイコトリエンによって起こる急激な喘息発作や鼻づまりが、アスピリン喘息です。 つまり、 解熱鎮痛薬を投与すると喘息発作や鼻づまりを生じさせる物質(ロイコトリエン)の量が多くなり、結果として喘息用症状が起こるというわけです。 カロナールに含まれる解熱鎮痛の成分はアセトアミノフェンです。 アセトアミノフェンは他の解熱鎮痛薬の成分と比べて、アスピリン喘息を引き起こす作用は弱いといわれています。 しかし、過去や現在にアスピリン喘息を起こしている人にはリスクとなるため、このような人にはカロナールは禁忌です。 カロナールと併用注意(飲み合わせ) ・多量のアルコール ビールなど、多量のお酒を飲む人にはカロナールを慎重に投与します。 カロナールに含まれるアセトアミノフェンがアルコールによって「肝臓に毒となる物質」へ代謝されやすくなる報告があります。 そのため、カロナールを使用するときは飲酒を控えるようにしましょう。 ・抗生物質(抗菌薬) 原因は分かっていませんが、カロナールと抗菌薬を併用したときに過度に体温が下がった報告があります。 そのため、カロナールと以下のような抗菌薬を併用するときは十分注意して慎重に使用します。 フロモックス(一般名:セフカペン)、メイアクト(一般名:セフジトレン)、バナン(一般名:セフポドキシム)、クラリス(一般名:クラリスロマイシン)、クラビット(一般名:レボフロキサシン)、グレースビット(一般名:シタフロキサシン)、ユナシン(一般名:スルタミシリン)、サワシリン・ワイドシリン・パセトシン(一般名:アモキシシリン) ・ワーファリン(一般名:ワルファリン) ワーファリンは「血の塊(血栓)ができて血管がつまること」を予防する薬です。 つまり、血液をサラサラにする働きがあります。 ワーファリンとカロナールを併用すると、ワーファリンの作用が強まることがあります。 ワーファリンの作用が強まると、出血の副作用が出やすくなるため注意が必要です。 薬は「血漿タンパクと呼ばれるたんぱく質に結合したもの」と「結合していないもの」で存在しています。 このうち、薬として働くのは「たんぱく質と結合していない薬の成分」です。 ワーファリンはたんぱく質と結合しやすい薬なのですが、カロナールと併用するとたんぱく質の取り合いを起こします。 その結果、たんぱく質と結合していないワーファリンが増えます。 「たんぱく質と結合していない成分」が薬として働くので、カロナールと併用するとワーファリンの作用が増強されるのです。 これらの理由で、ワーファリンはカロナールと慎重に投与します。 カロナールと一緒に飲める薬 以上に挙げた薬は禁忌だったり、併用注意だったりします。 それに対して、以下の薬はカロナールと一緒に飲むことができます。 ただし高齢者では副作用が現れやすいため、少ない量から始めるなど慎重に使用されます。 副作用の発現に注意しながら、カロナールの使用を必要最小限にとどめるようにします。 カロナールの小児(子供)への使用 子どもに対して、カロナールを使用することがあります。 カロナールには粉の薬(カロナール細粒)やカロナールシロップ、カロナールの坐薬などがあります。 子どもの体重に合わせて、使用するカロナールの量が決定されます。 ・カロナール細粒 カロナール細粒には20%(カロナール細粒1gあたりアセトアミノフェンを200mg含むもの)と50%(1gあたりアセトアミノフェンを500mg含むもの)があります。 カロナール細粒は、子どもの 体重1kgあたり1回アセトアミノフェン10~15mgを使用します。 2(20%)=500mg(0. 5g)」となります。 なお、年齢や症状によって量が増減されることがあります。 また、1度使用したら次の使用まで6時間以上の間を空けるようにします。 大人と同様に空腹時の使用を避けます。 ・カロナールシロップ カロナールシロップ2%は、1mlあたりアセトアミノフェンを20mg含みます。 カロナールは体重1kgあたり1回アセトアミノフェン10~15mgを使用します。 たとえば体重10kgの子どもにカロナールシロップを用いる場合、細粒と同様にアセトアミノフェンの目安の量は100~150mgとなります。 これをカロナールシロップ2%の量にすると5~7. 5mlとなります。 カロナールシロップも投与感覚は6時間以上空けるようにして、空腹時に飲むのは避けるようにします。 ・カロナール坐剤 カロナールには座薬があります。 嘔吐・下痢があるなど、口からカロナールを飲むことができないときにカロナール坐剤が使用されます。 カロナール細粒やシロップと同様に、使用される量は子どもの体重1kgあたり10~15mgです。 カロナール坐剤には100mgと200mgがあるので、体重によって使い分けられます。 カロナールの妊婦・授乳婦への使用 ・妊婦への使用 妊娠中または妊娠している可能性のある人は、 カロナールを飲むことができます。 胎児への影響も過去の研究において報告されていません。 ・授乳婦への使用 授乳中の人は、カロナールを飲むことができます。 「カロナールが乳汁へ移行される量」は、「赤ちゃんに対してカロナールを使用する量」と比較して大変少ないとされています。 そのため、カロナールを授乳中の人に用いるのも問題ないと考えられています。 これらが理由となってカロナールは、妊娠中や授乳中の人が親知らずの抜歯後に、痛み止めとして使用されることがあります。 他の痛み止めと比較して、 カロナールは痛みを抑える効果は大きくないといわれていますが、赤ちゃんやお母さんの安全を考えて用いられるのです。 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)の効果発現時間 カロナール(一般名:アセトアミノフェン)は、薬を服用して20~40分で効果が大きく現れます。 そして、2時間半弱で効果が落ちていきます。 このようにカロナールは効き始めるのが早く、効果が終わるのも早い薬といえます。 カロナールの類似薬 カロナールは他の「炎症や痛みを抑える薬(解熱鎮痛薬)」と併用を避けることが望ましいです。 そのような薬には以下のような薬が該当します。 ロキソニン(一般名:ロキソプロフェン)、ボルタレン(一般名:ジクロフェナク)、モービック(一般名:メロキシカム)、セレコックス(一般名:セレコキシブ)、ソレトン(一般名:ザルトプロフェン)、ブルフェン(一般名:イブプロフェン)、ポンタール(一般名:メフェナム酸)、二フラン(一般名:プラノプロフェン) カロナールの重要な使用上の注意 ・長期にわたって使用するときの注意 カロナールを長く飲み続けることによって、重い肝臓の障害が現れる恐れのあることに注意します。 そのため、1日に1500mgを超える量で長く飲み続ける場合には特に注意が必要です。 定期的に肝臓の機能を検査で確認するなど慎重にカロナールを用います。 ・市販薬を含む他の風邪薬との併用 カロナールとアセトアミノフェン(カロナールの有効成分)を含む他の薬剤を併用すると、重い肝臓の障害を起こす恐れがあります。 そのためカロナールを使用しているとき、 他の痛み止めや風邪薬を使う場合はアセトアミノフェンが含まれていないか確認するようにします。 もし飲んでいる市販薬にアセトアミノフェンが含まれていた場合にはカロナールとの併用は避けます。 ドラッグストアに売ってある痛み止めや風邪薬には、カロナールの成分であるアセトアミノフェンが含まれていることが多くあります。 ・ピリン系薬剤とカロナール 一部の解熱鎮痛薬が身体に合わない「ピリンアレルギー」という人がいます。 ピリンアレルギーとは、アスピリンが身体に合わない人のことではありません。 解熱鎮痛薬のうち「ピラゾロン骨格」という構造をもつ薬に合わない人が「ピリンアレルギー」です。 カロナールは、そのような構造をもたない「非ピリン系」の薬です。 したがってピリンアレルギーの人にも用いられることがあります。 ・解熱剤使用の注意点 細菌やウイルスによる発熱は、人間の身体から細菌やウイルスを駆除するための自然な防御反応です。 この症状を無理に薬で抑えれば、病気の治りを遅らせてしまうことがあります。 熱に対して解熱剤で全て対処すれば良いわけではなく、病気の原因となっている細菌やウイルスへの治療が必要な場合もあります。 例えばインフルエンザによる発熱の場合には、インフルエンザウイルスに対する治療が大切になってきます。 ・片頭痛へのカロナールの使用 片頭痛(へんずつう)の発生メカニズムはハッキリと分かっていませんが、頭痛の一種で脈打つような痛みが特徴です。 頭痛には種類があり、カロナールやロキソニンといった「解熱鎮痛薬が効きやすい頭痛」と「効きにくい頭痛」があります。 片頭痛の場合は、「解熱鎮痛薬が効きにくい頭痛」です。 ただし、片頭痛は「解熱鎮痛薬が効きやすい頭痛」と一緒に出現することがあります。 このような場合は解熱鎮痛薬を用いることで痛みを軽減させることが期待できます。 カロナールは子どもや妊娠中・授乳中の人に使用しやすい薬ですので、これらの頭痛の人に用いられることがあります。 ・食事によるカロナールへの影響 カロナールをお茶や牛乳と飲んで効果が変化することはありません。 ただし牛乳と薬が混ざることで味が変わることで、赤ちゃんの場合は牛乳嫌いになってしまうことがあります。 そのため、赤ちゃんへ牛乳とカロナールを混ぜて使用することは避けましょう。 このように子どもから大人まで、熱を下げたり痛みを抑えたりする薬として多用されているのがカロナール(一般名:アセトアミノフェン)です。

次の

カロナール錠200mgは何錠まで?妊婦・授乳中は?

カロナール 用量

アスピリン喘息 NSAIDsに対する過敏症で、喘息や鼻症状を呈する。 成人で発症した喘息患者の1割に見られ、鼻茸がある患者に多い。 アスピリン喘息の既往がある患者がどうしてもNSAIDsを使用しなければならない場合には、以下のいずれかを用いる。 ・COX-1阻害作用の小さいCOX-2選択的阻害薬 ・アセトアミノフェン低用量(500mg以下) NSAIDsの類薬であるためどちらも添付文書上では禁忌になっており、そのままだと疑義が来るので 処方箋備考欄にコメントを入れておく。 国家試験問題で理解度をチェック! 第102回薬剤師国家試験 問208より引用 22歳女性。 体重45 kg。 アセトアミノフェンを含有するOTC医薬品を大量に服用し、救急搬送されてきた。 服用後約4時間が経過しており、アセトアミノフェンの摂取量から、解毒薬としてアセチルシステイン内服液17. 6%の投与が必要と判断された。 」と記載されている。 投与されるアセチルシステイン内用液17. 6%の総量(mL)として最も近いのはどれか。 1つ選べ。 1 34 2 170 3 340 4 1,700 5 3,400.

次の

アセトアミノフェン:カロナール

カロナール 用量

カロナールとロキソニン、どちらも1度はその名前を聞いたことがあると思いますが、これらは熱を抑えたり、痛み止めとしてその効能を発揮する 解熱鎮痛剤です。 カロナールとロキソニンは現在でも広く用いられている解熱鎮痛剤ですが、このカロナールとロキソニンには、その効能において違いがあったり、小児の子供や妊娠中の妊婦では使用を控えた方が良いなど注意点も多々あります。 また、この2つの薬には副作用においても違いがありますので、飲む前にそれぞれの副作用について把握しておくことは大切です。 スポンサードリンク 今回、なぜカロナールとロキソニンという2つの薬を引き合いに出したかというと、このカロナールとロキソニンは同じ解熱鎮痛剤ですが、 実はその分類が異なるのです。 具体的には、ロキソニンは 非ステロイド抗炎症剤【NSAIDs(エヌセイズ)】というものに分類されるのですが、カロナールはこれには分類されません。 ちなみに、市販で販売されているロキソニン、バファリン、ボルタレン、アスピリンなどの解熱鎮痛剤は、ほとんどのものがこのNSAIDsに分類されます。 そして、ロキソニンに代表されるこのNSAIDsは、 時に喘息を悪化させ、鼻水、鼻づまりの症状に加えて重度の発作を誘発することがあり、この症状は アスピリン喘息と呼ばれています。 (アスピリンは解熱鎮痛剤の中で最も歴史のある薬です。 )アスピリン喘息という名称で一般的に呼ばれていますが、この症状はアスピリン以外のNSAIDsによっても引き起こされるため、 NSAIDs過敏性喘息とも呼ばれたりします。 このアスピリン喘息は大人の気管支喘息患者の約10%に見られる症状であり、解熱鎮痛剤を服用すると発作が起きると聞くと、これは解熱鎮痛剤に対するアレルギー反応のように聞こえますが、 そのメカニズムはアレルギー反応とは全く異なります。 また、このアスピリン喘息の症状は子供には少なく、大人になってから後天的に発症する病気であると考えられているため、ある日突然ロキソニンなどの鎮痛剤に過敏な体質になってしまうことも考えられますから、このように身近な薬によって発作が引き起こされることもあるということを知っておくことは非常に大切です。 今回の記事では、このアスピリン喘息についてその仕組みや症状について詳しくまとめていきたいと思います。 また、今回の記事では、カロナールとロキソニン、それぞれの薬の効能の違いや副作用、1度に服用して良い用量や、服用の際の時間の間隔など、様々な情報についてわかりやすくまとめていきたいと思います。 カロナールとは?用量や間隔、副作用などについて解説します。 それではまず、カロナールという薬がどんな薬なのか詳しくまとめていきたいと思います。 カロナールは現在、 カロナール200、 カロナール300、 カロナール500などの薬があります。 この200、300、500という数字は1錠に含まれている解熱鎮痛成分の含有量を意味しており、カロナール200の場合は、1錠に有効成分が200mg含まれていますということを意味しています。 そして、このカロナールという薬に含まれている有効成分は アセトアミノフェンと呼ばれるものであり、このアセトアミノフェンは1893年に初めて医薬品として使用が開始されてから、現在まで長く用いられている非常に歴史のある成分です。 なぜこのアセトアミノフェンは熱や痛みを鎮めることが出来るのかということは、のちにロキソニンと合わせて詳しく説明したいと思います。 また、カロナールはアセトアミノフェンの含有量の違いによって200、300、500と分かれているのですが、このように分けられている理由としては、アセトアミノフェンは、服用する人の年齢や体重などによってその用量が変わってくるからということが挙げられます。 また、どのような症状を改善したいのか、という点においても使用の際の用量が変わってきます。 具体的に、カロナールを服用する際の用量や期待される効能は添付文書によると次のように定められています。 期待される効能並びにそれに対する用量、投与間隔【1】(成人の場合) 頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症などの痛みを鎮痛したい場合、成人にはアセトアミノフェンとして、 1回300~1000mgを経口投与し、 投与間隔は4~6時間以上とする。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、 1日総量として4000mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 期待される効能並びにそれに対する用量、投与間隔【2】(成人の場合) 急性上気道炎(いわゆる風邪)の解熱、鎮痛を期待する場合、成人には、アセトアミノフェンとして、 1回300~500mgを、頓用(症状に合わせて服用)する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として 1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 小児科領域における解熱、鎮痛を目的とした場合の用量、投与間隔 通常、幼児及び小児には、アセトアミノフェンとして、 体重1kgあたり、1回10~15mgを経口投与し、投与間隔は4~6時間以上とする。 ただし、成人の用量を超えない。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 ( つまり、体重が10kgの子供は1回の服用で100~150mgまで、1日最大600mgまで服用が可能ということです。 ) 以上がカロナールの添付文書に記載されている用法、用量に関する情報ですが、このカロナールは、 妊娠中の妊婦や、授乳中の方にも処方されることがあります。 しかし、これは 治療における有益性が危険性を上回ると判断された場合のみであり、基本的には妊娠中の妊婦の方や、授乳中の方は、赤ちゃんへの影響を防ぐために解熱鎮痛剤は服用しないのが基本的な考えです。 (カロナールを服用すると赤ちゃんに必ずしも影響を与えるわけではなく、安全性が確率されていないため添付文書には 下線で示したものが記載されています。 ) しかし、このカロナールは解熱鎮痛剤の中でも特に安全性の高い薬であるといわれており、妊娠中の妊婦の方で、片頭痛などの症状があり、医師に鎮痛剤の使用について相談した場合は、第一にこのカロナールを処方されることが多いそうです。 妊娠中の妊婦の方でカロナールを処方された場合、 200mgを1回1錠、1日三回まで(計600mg)というように指示されることが多いようですが、もし違ったとしても、医師に妊娠中であるということを伝えたのなら、その医師の指示通りに使用すればそれほど心配する必要はありません。 しかし、カロナールにも副作用があり、主な副作用としては、 肝障害が挙げられています。 特に、 1日1500mg以上の投与を長期にわたって行う場合は、定期的に肝機能を確認するのが望ましいと添付文書に記載されています。 その他、悪心(吐き気)、嘔吐、食欲不振などの副作用が起こることもあるそうなので、もしカロナールを使用した後にこのような副作用の症状が表れた場合は、使用をやめて医師に相談した方が良いでしょう。 このほかにも、添付文書にはアナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症などの重篤な副作用の記載がありますが、これらの副作用が表れる頻度は不明で、非常に稀な副作用であることから、それほど心配する必要はありません。 以上がカロナールに関する基本的な情報になります。 では、次にロキソニンはどのような薬なのか詳しくまとめていきたいと思います。 ロキソニンとは? ロキソニンは解熱鎮痛剤の中でも特に認知度の高い薬ですね。 頭痛や生理痛の症状を抑えるために普段からロキソニンを持ち歩いているという方も多いと思います。 ロキソニンは、ロキソプロフェンという成分を主成分とする薬であり、このロキソプロフェンは優れた抗炎症作用、鎮痛作用を示すことから、炎症が関係する病気の治療などに広く用いられています。 具体的にロキソニンに期待される効能や、用量、投与において必要とされる間隔などに関する情報は、添付文書によると次のようになっています。 期待される効能並びにそれに対する用量、投与間隔(成人の場合)【1】 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛の改善や、手術後、外傷並びに抜歯後の鎮痛、消炎などを目的とするにあたり通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として) 1回60mg、1日3回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 期待される効能並びにそれに対する用量、投与間隔(成人の場合)【2】 急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)の症状を鎮めるにあたっては、通常、成人にロキソプロフェンナトリウム(無水物として) 1回60mgを頓服する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、 原則として1日2回までとし、1日最大180mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 以上が添付文書に記載されている効能、及び用量に関する情報になりますが、添付文書には、投与における間隔の記載はありません。 もし、ロキソニンを処方される場合は医師から指示を受けると思いますが、ロキソニンも間隔としては 少なくとも4時間以上、そして可能なら8時間以上の間隔をあけることが望ましいそうです。 ロキソニンの主な副作用としては、消化器症状(胃部不快感、腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振)の他、浮腫、むくみ、発疹、蕁麻疹等、眠気などが報告されているそうです。 そして、このロキソニンは小児や幼児の子供に対する安全性が確認されていないため、もし小児の子供が熱を出してしまったり、痛み止めが必要な時にロキソニンが処方されることは基本的にはありません。 もし小児や幼児で解熱鎮痛剤が必要になった場合は、先ほど説明したカロナールが処方されるのが一般的なようです。 また、妊娠中の妊婦の方も基本的にはロキソニンの服用は避けた方が良いのですが、添付文書によると、治療の有益性が危険性を上回ると判断された場合にのみ投与すること、との記載があります。 しかし、妊娠末期の場合、 ロキソニンの投与によって分娩の遅延が起きるという副作用が報告されていることから、妊娠末期の患者には投与してはいけないといわれています。 また、授乳中の婦人に関しては、ロキソニンを使用した場合は授乳を中止することと添付文書に記載されています。 これは、 ラットの実験においてロキソニンの有効成分が乳汁に含まれることが確認されたためです。 このように、ロキソニンは非常に強い作用があることから、妊娠中の妊婦や、授乳中の方、そして小児や幼児への投与はできるだけ避けた方が良いでしょう。 ロキソニンは成人の方に定められている用法、用量を守れば非常に高い効果を発揮する薬です。 是非、その方の体調や、年齢、症状に合わせて、正しい選択をすることに気を付け、不安なことがある方は医師に相談のうえで鎮痛剤を使用するようにしましょう。 スポンサードリンク カロナールとロキソニンの分類の違いとは?また、解熱鎮痛剤の服用によって発作が起きるアスピリン喘息に関する情報についてまとめます。 ここまでに、カロナールやロキソニンに関する情報についてまとめてきましたが、ここで、カロナールとロキソニンの分類上の違いや、解熱鎮痛剤を服用すると発作が起きる アスピリン喘息についてわかりやすく説明していきたいと思います。 まず、最初にも書きましたように、一般的にバファリンやロキソニン、アスピリンといった アスピリン喘息の症状を引き起こす解熱鎮痛剤の多くは、 NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)に分類されるのですが、カロナールはこれに分類されません。 また、アスピリン喘息はこのNSAIDsに分類される解熱鎮痛剤によって引き起こされるため、 NSAIDs過敏喘息とも呼ばれます。 ちなみに、このNSAIDsとは Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs の略称であり、日本語にすると非ステロイド抗炎症薬、となります。 そして、そもそも ステロイドとは何かといいますと、ステロイドという名前自体は聞いたことがあると思いますが、このステロイドは抗炎症作用を示すため、特に炎症が根本的な原因で起こる 気管支喘息の治療においてはステロイドの吸入薬を第一選択で使用します。 そして、ステロイドとロキソニンは同じ抗炎症作用を示す薬なのですが、ステロイドとその他ロキソニン、ボルタレン、アスピリン等では 炎症を抑えるメカニズムが異なるため、ステロイドとそれ以外、という意味でNSAIDsという分類があるのです。 先ほど、カロナールはロキソニンに代表されるNSAIDsに分類されないといったのですが、実はNSAIDsもカロナールも、解熱鎮痛効果を得るためのメカニズムは同じで、熱が発生する原因となる プロスタグランジンと呼ばれる成分の生成阻害作用によってその効能を発揮します。 ただ、NSAIDsに分類されるロキソニンなどの解熱鎮痛剤に比べ、カロナールは非常にその作用が弱く、抗炎症作用はほとんど示さないため、NSAIDsとは異なるものとして扱われることが多いようです。 では、解熱鎮痛剤はどのようにして炎症を抑え、痛み止めとしてその効能を発揮するのか、また、アスピリン喘息の症状はなぜ引き起こされてしまうのか、詳しくまとめて行きたいと思います。 まず、私たちが熱を出したり、体のどこかに痛みがあるとき、私たちの体内では先ほども挙げましたプロスタグランジンと呼ばれる成分が合成されています。 このプロスタグランジンは、 体温調節枢に作用して体温を挙げたり、痛みの原因となる炎症を生じさせる働きがあるといわれており、 解熱鎮痛剤の多くは、このプロスタグランジンの生成を抑えることによってその効能を発揮するのです。 これが、ロキソニンなどのNSAIDsに期待される通常の作用になります。 しかし、アスピリン喘息の患者ではこの際ある問題が生じます。 このロイコトリエンとは、アレルギー反応が起きた際に肥満細胞から放出されるアレルギーの原因物質としても知られており、 強い気管支の収縮作用があります。 そして、もともと気管支喘息の患者というのは、気管支に生じた炎症によって気管支が敏感になっており、収縮しやすい状態となっているため、このようにロイコトリエンが大量に作られてしまうと急激に気管支が収縮し、呼吸が出来なくなって発作が出てしまうと考えられているのです。 ( 気管支喘息とは、何らかの原因によって気管支に慢性的に炎症が生じてしまうようになる病気のことを言います。 このように炎症が起きると気管支がむくみ、さまざまな刺激に対して反応して気管支の収縮が起こりやすくなるのです。 ) つまり、このアスピリン喘息とはアレルギー反応ではないが、結果的にアレルギーのような症状を引き起こしてしまう病気なのです。 なぜ、アスピリン喘息の患者だけロキソニンなどを服用するとこのような症状が起きてしまうのかということは未だにわかっていません( ちなみにアレルギー反応とは、本来体に害のないものを体が異物として認識してそれに対する抗体を作り出してしまい、その抗体が異物と結合することによって、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質が放出され、気管支の収縮や、鼻水、鼻づまりのような鼻炎の症状が起きるものを言います。 ) 以上がアスピリン喘息の症状に関する説明ですが、NSAIDsに分類されないカロナールはプロスタグランジンの生成阻害作用が非常に弱いため、アスピリン喘息の患者でも用量を守れば比較的安全に使用が可能であるといわれています。 具体的には、 1回の服用を300mgとして、間隔を6時間以上あければアスピリン喘息の症状を誘発する可能性はほとんどないそうです。 添付文書にはカロナール、ロキソニンともにアスピリン喘息の患者への投与は禁忌と書かれているのですが、アスピリン喘息の患者でも、用量を守って何年もカロナールを使用している方もいます。 そのためカロナールのアスピリン喘息の誘発性は極めて低いと言えるでしょう。 もし、アスピリン喘息の患者で、解熱鎮痛剤がほしい方はカロナールの使用について一度医師に相談をしてみてはいかがでしょうか? このカロナールは他の鎮痛剤に比べると作用が弱いという話はここまでに何度も申し上げていますが、今でもこのカロナールが広く用いられているのは、 この作用の弱さがかえってメリットにもなっているからということもその理由の1つとして挙げられるでしょう。 そして、このカロナールのメリットは、今回話題に挙げている アスピリン喘息を誘発しにくいということだけではありません。 例えば、カロナールは、この優しい作用によって、 NSAIDsの重篤な副作用とされている消化性潰瘍や消化管出血、抗血小板作用によっておこる出血の危険性などはほとんどないそうです。 また、カロナールはNSAIDsに比べて 腎障害の患者にも安全に使うことが出来るといわれています。 また、カロナールは インフルエンザ脳症を起こす危険性も低いため、インフルエンザの治療の際にも用いられます。 インフルエンザ脳症とは死亡率が30%とも言われるインフルエンザの合併症として知られており、NSAIDsに分類されるような解熱鎮痛剤を使用することで悪化する場合があるといわれているのです。 このようにカロナールには様々なメリットがあり、日本だけではなく、海外の医療の現場でも広く用いられているそうです。 単純な鎮痛作用はロキソニンなどのNSAIDsに比べると劣りますが、様々な観点からNSAIDsにも負けない非常に優れた薬であるといえます。 まとめ 今回の記事では、アスピリン喘息の患者や妊婦、小児の子供でも比較的安全に服用できる カロナールに関する情報や、カロナールとロキソニンとの比較に関する情報についてまとめました。 カロナールはその解熱鎮痛作用こそ弱いですが、 子供や妊婦でも服用できる様々なメリットがあるお薬なんですね。 しかし、単純な解熱鎮痛作用はロキソニンの方が高いため、その副作用や症状の程度などを考慮して使い分けることが大切です。 アスピリン喘息の患者ももちろん風邪をひきますし、けがをすることもありますので、もしこういったときに解熱鎮痛剤が必要になった場合は、医師にカロナールを処方してもらえるかどうか相談してみてはいかがでしょうか? 今回の記事は以上になります。

次の