セルフバック アフィリエイト デメリット。 自己アフィリエイト(セルフバック)のやり方と稼ぎ方【デメリットも考慮】

【徹底解説】副業で月3万稼ぐ「自己アフィリエイト」とは【デメリット解説】

セルフバック アフィリエイト デメリット

自己アフィリエイト(セルフバック)とは? 自己アフィリエイト(セルフバック)とは、自身で商品やサービス(案件)を自分で購入(利用)して報酬を得ることです。 自己アフィリエイトもセルフバックも意味は同じです。 日本最大級のアフィリエイトサイトの ではセルフバックと呼ばれています。 通常のアフィリエイトではブログに来てくれた人に商品に興味を持ってもらって購入されて初めて私たちに報酬が入りますが、セルフバックは自己完結できるので、 どのような商品が買ってもらえるかわからなくても、ライティングスキルがなくても報酬が手に入るという理由から、副業、アフィリエイト初心者の方におすすめします。 簡単な作業だけで報酬が手に入る• 短い時間で数千円稼げる• 無料で達成できる案件も多数あり 順を追って解説していきます。 簡単な作業で報酬を得られる 自己アフィリエイト(セルフバック)は難しい知識や作業は必要ありません。 案件を選んで登録や商品の購入をするだけです。 ブログ記事の練習がてら、商品の紹介記事を書いて貼ってみてもいいですね。 ブログ運営初心者の方でも簡単に利用できます。 あっという間に数千円の報酬が手に入る 高額なセルフバックがクレジットカードや仮想通貨です。 クレジットカードを制作するだけ、仮想通貨は通貨を買わなくても登録するだけで数千円のセルフバックが入ってきます。 私も でセルフバックで登録しましたが、次の営業日には無事に報酬に反映されていました。 このように費用は0円で高額な報酬も多数あります。 化粧品やスイーツが実質無料で利用できる 先ほど紹介したクレジットカードや仮想通貨は0円で登録して報酬を得る形でしたが、 化粧品やスイーツを購入し、同額が報酬として得られるため実質無料で商品が手に入る自己アフィリエイトもあります。 スキンケアですと 草花木果など、食品ですと 生協や らでぃっしゅぼーやなどメジャーなアフィリエイトもあるので、まずは気になる商品を試してみましょう。 アフィリエイトサイトに登録する• ほしい報酬や商品の案件をさがす• 自己アフィリエイトページで登録、購入する• 収益を得る• 期日に報酬が振り込まれる A8. ネットならブログを運営していなくても自己アフィリエイトできます 自身のブログを持っていなくても、A8. ネットならブログなしで自己アフィリエイトを行えます。 日本最大級の案件数をもつアフィリエイトサイトなので、初心者の方も安心してアフィリエイトを行えます。 私も登録しています。 自己アフィリエイト(セルフバック)を利用して賢く報酬を得よう 自己アフィリエイト(セルフバック)は1案件につき1回のみとなりますが、報酬も得やすいので、気になっている商品やサービスは積極的に利用してみましょう。 使用後、商品やサービスについてを記事にしてブログに遊びに来てくれている人に紹介してみてもいいと思います。

次の

自己アフィリエイト(セルフバック)のやり方と稼ぎ方【デメリットも考慮】

セルフバック アフィリエイト デメリット

これはあくまでも僕の理念です。 ビジネスは価値を提供して、その対価としてお金を頂く事が基本原則です。 ですが、自己アフィリエイトは何の価値も提供しないまま、お金を受け取ることができてしまいますので、ビジネスをしている側から見れば、結局は仕掛けられています。 アフィリエイターは消費者になってはいけません。 消費者の立場になることは大事ですが、消費者のままではビジネスをおこなう事はできませんよね。 この区別がつかないと、アフィリエイトで稼ぐ事は難しいから、 あえて『危険』という強烈なキーワードを使わさせて頂きました。 ・・・僕から言わせて頂くと 『稼いでいないよ?』と、言いたいんですよ。 メールアドレスを変えて、何度も同じ案件を自己アフィリエイトしていたら、ASPから通知が来てアカウント停止になった事例もあります。 自己アフィリエイトで稼ぎたいなら、計画的におこなうようにしましょう。 報酬額が1万円とかになりますので、費用対効果は抜群です。 ただ、FX口座開設の案件には 『入金の条件が付いてくる』のを忘れてはいけません。 ご存知の方も多いですが、FXは素人が手を出してはいけないビジネスですし、下手したら、報酬どころかマイナスになってしまう可能性も無きにしも非ずです。 FX口座開設の自己アフィリエイトを行う際は注意しましょう。 中には10枚以上のクレジットカードを開設して報酬15万円以上を受け取っていた猛者もいるくらいですからね。 ただ、クレジットカードを何枚も申し込むと、ブラックリスト入りになってしまい、信用が失われる可能性がある事を理解しておきましょう。 クレジットカード会社にとっても不利益ですからね。 では順番に開設していきますね。 簡単に言うと、その商品のレビュー記事ですよね。 近年のGoogleはSEO以外にSXO(検索体験の最適化)というアルゴリズムを重要視しているのをご存知でしょうか? SXOの定義は、検索エンジンで上位表示を狙うことが目的ではありません。 簡単に言いますと 『ユーザーの体験・ユーザーの期待に応えることを目的としたコンテンツ』という事です。 1ページしか見ずに帰っていった60%の人たちが、どんな気持ちでページを去ったのだろう?と、考えることがSXO。 参照元: このように、体験価値を提供こそ今のGoogleが重要視している事になります。 なので、自分で商品を購入し、実際に使ってみた体験を提供する事はかなり重要です。 自分以外の体験価値がサイトに反映されると、SEO(検索エンジン最適化)はもちろんですが、SXO(検索体験の最適化)も狙えます。 サイトに来てくれたユーザーが満足するような記事にする事ができるということ。

次の

自己アフィリエイト(セルフバック)で稼ぐ!おすすめのやり方とは?

セルフバック アフィリエイト デメリット

ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)を使ったセルフバック(自己アフィリエイト)はアフィリエイターの登竜門やちょっとしたおこづかい稼ぎの定番ですよね。 しかし手を出すまでは「簡単に儲かるなんて何か裏があるんじゃないか?」「怪しいんじゃないか?」と不安もあるかと思います。 なので日常的にセルフバックを利用し、ブログでも多くの案件を紹介している僕が本記事でセルフバックのデメリットについて解説します。 結論から申し上げるとセルフバックは仕組み上、 大きなデメリットはありません。 実際に1年間以上利用し十数万円のセルフバック報酬を得ていますが特に困ったことは起きていません。 ASPを経由して申込や購入を行うだけでアフィリエイト報酬をもらえるわけなので 普通に商品を購入・申込するよりもお得です。 ですが、そんなセルフバックにもある程度は気を付けなければならないことがあるので本記事にて解説します。 そもそもなぜセルフバックという仕組みがあるのか? 基礎知識として解説します。 そんなのもう知ってるよ!という方は読み飛ばしてOK。 セルフバックで得られるお金というのはアフィリエイト報酬です。 アフィリエイトはブロガーなどが商品を紹介し、読者が購入した報酬がその紹介者へ支払われます。 結局のところ報酬は広告費の一環なので、広告主企業としては 商品を購入してくれるのは読者でもブロガーでもいいわけですね。 更にブロガーなどに商品を購入してもらえば、実際に商品を利用したレビュー記事などを書いてもらえて更なる宣伝ができるという思惑があります。 広告主企業からすると報酬率100%の商品などは紹介記事を書いてもらえるなら商品1つを無料で渡したとしても価値があるということですね。 この仕組みを理解するとデメリットとなるようなことを発生させるメリットが広告主側にはないという事がわかるかと思います。 セルフバックのデメリット あくまで一時的な収入である この記事の冒頭で「1年間で十数万円の報酬を得た」とお伝えしました。 ですが今後も毎年十数万円の収入となるのか?というとそういうわけではありません。 多くのセルフバック案件は1回限りです。 クレジットカード、FX口座開設なんかは報酬が高額で人気がありますが、何枚もカードを作ったり口座開設はできませんよね? 今後の副業、副収入とする予定の方は諦めてください。 あくまで一時的なおこづかい稼ぎにすぎません。 継続的に収入を得たい場合は申し込んだサービスに誘致するような記事を書くのがいいでしょう。 お金を受け取るまでに時間がかかる 今日明日にお金が欲しい!といった場合にはセルフバックは向いていません。 申込後に広告主企業からの承認が下りて初めて報酬が確定します。 この承認には 数日から1か月くらいかかります。 さらに、承認後の口座への振り込み時期は以下の通りです。 ほとんどのASPで翌々月• 業界最速ので翌月• が断然早いのですが、あくまで広告主企業の承認が降りてからの支払いとなるのである程度は待たなければなりません。 クレジットカード申込のデメリット 1枚あたり数千円~2万円くらいという高額な報酬なためたくさん作りたくなるのがクレジットカードのセルフバックですが作りすぎは注意です。 クレジットカードの審査は信用情報機関(CIC)の情報を基にして行われます。 セルフバック報酬のために短期間に大量に申し込みを行うとその履歴がCICへ残ってしまいます。 そうすると審査の際に「短期間にたくさん申し込んでいる=怪しい」と捉えられてしまい落されてしまうんですね。 これを申込ブラックと言います。 一般的に1か月に3枚以上とか、半年に3枚以上カードを作ると申込ブラックになると言われていますが、信用情報を見て審査を通すかどうかを判断するのは審査をするカード会社なので確実なことは言えません。 申込情報は半年間残るのでその期間は 新たにカードを作れなくなるので注意が必要です。 ちなみに僕はそんなことを知らずに申込ブラックになったことがあります。 その後、カードや割賦審査を受けることはなかったので困りはしなかったですけど、場合によってはすごく困る事態になった可能性もありますね。 作りすぎには注意しましょう! 年会費がかかるカードには注意 セルフバック報酬が高額だから作ったけれど、まったく使わなかったというケースもあることでしょう。 年会費無料のカードの多くが 「年に1回以上の利用」や「年に〇円以上の利用」などの条件がついています。 使わないと年会費がかかってしまうんですね。 せっかくセルフバック報酬をもらっても年会費を払い続けてマイナスになってしまったらもったいないですよ。 FX口座開設のデメリット こちらはクレジットカードと違って申込ブラックなどは無く、かつ報酬が高額な超おすすめ案件です。 ですが、カード類のように口座を作ればそれでいいというものではありません。 ほぼすべての案件は 規定量の取引を行うことが条件となっています。 知識や経験があればリスクはかなり低いとわかるかと思いますが、全く触ったことが方は注意が必要です。 一言でFX取引と言っても多くの通貨ペアがあるのでどれがいいか迷うことでしょう。 ほかにも初心者ありがちなのは 負けを取り戻そうとして熱くなり、さらに傷口を広げることですね。 多少の損失が出たとしてもその損失を圧倒的に上回る報酬があるのですから淡々と既定の取引量をこなすことだけを考えましょう。 セルフバックのためにFXに挑戦したいという方向けに図解入りの記事も用意してあるので参考にしてください。 この記事の通りに取引を行えば大きな損失は出ないはずです。 セルフバックのデメリット• 継続的に得ることができない• お金を受け取るまでにある程度の時間がかかる• クレジットカードは作れる枚数に上限がある• 年会費などの支払いが発生する場合がある• FXの取引で損失が出る可能性がある• 資料請求などを行うと報酬確定まで営業電話に付き合わなければならない 簡単に数万円の報酬を得られるセルフバックですが以上のようなデメリットもあります。 クレカ、FX、資料請求は案件が高額で人気なので申し込む方は多いかと思いますが、これらのデメリットに気をつけてください。 逆にきちんとした知識を持っていれば大きな失敗なくお得に利用ができます。 きちんとセルフバックを活かせればカードや口座を直接企業のサイトから申し込むのがバカらしく感じますよ。 最近は何かほしい物や利用したいサービスがあれば真っ先にセルフバックができるかを確認しています。 せっかくのお得な制度なので正しい知識を持って有効活用していきましょう。

次の