四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳。 史記:項王の最期『四面楚歌』問題1

項王の最期(2)原文・書き下し文・現代語訳

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

是 ここ に 於 お いて 、 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 馬 うま に 上 の りて 騎 き す。 こうして。 そこで、項王は馬にまたがった。 麾下 ノ壮士、騎 シテ従 フ者百余人 ナリ。 麾 き 下 か の 壮 そう 士 し 、 騎 き して 従 したが ふ 者 もの 八 はっ 百 ぴゃく 余 よ 人 にん なり。 直属の部下の兵士で、馬に乗って(項王に)従う者は八百人余りであった。 直 チニ夜潰 レ ヤシ囲 ミヲ、南 ニ出 デテ馳走 ス。 直 ただ ちに 夜 よる 囲 かこ みを 潰 つい やし、 南 みなみ に 出 い でて 馳 ち 走 そう す。 (項王は)すぐにその夜、敵の囲みを破り、南に出て馬を走らせた。 平明、漢軍乃 チ覚 レ リ之 ヲ、 令 し 下 ム 騎将灌嬰 ヲシテ以 二 ヰテ五千騎 一 ヲ追 上レ ハ之 ヲ。 平 へい 明 めい 、 漢 かん 軍 ぐん 乃 すなわ ち 之 これ を 覚 さと り、 騎 き 将 しょう 灌 かん 嬰 えい をして 五 ご 千 せん 騎 き を 以 ひき ゐて 之 これ を 追 お はしむ。 項王渡 レ ル淮 ヲ。 騎 ノ能 ク属 スル者、百余人 耳 のみ。 項 こう 王 おう 淮 わい を 渡 わた る。 騎 き の 能 よ く 属 ぞく する 者 もの 、 百 ひゃく 余 よ 人 にん のみ。 騎兵の中でついて来ることができた者は、百人余りだけであった。 項王至 二 リ陰陵 一 ニ、迷 ヒテ失 レ フ道 ヲ。 問 二 フ一田父 一 ニ。 項 こう 王 おう 陰 いん 陵 りょう に 至 いた り、 迷 まよ ひて 道 みち を 失 うしな ふ。 一 いち 田 でん 父 ぷ に 問 と ふ。 項王は陰陵にまでやって来たところで、迷って道がわからなくなった。 (そこで、)一人の農夫に道を尋ねた。 田父紿 キテ曰 ハク、「左 セヨト。 」 田 でん 父 ぷ 紿 あざむ きて 曰 い はく、「 左 ひだり せよ。 農夫は嘘をついて、「左に行きなさい。 」と言った。 左 ス。 乃 チ陥 二 ル大沢中 一 ニ。 左 ひだり す。 乃 すなわ ち 大 だい 沢 たく 中 ちゅう に 陥 おちい る。 (項王は)左へ進んだ。 そこでなんと広い湿地帯の中に入り込んでしまった。 以 レ テ故 ヲ漢追 ヒテ及 レ ブ之 ニ。 故 ゆえ を 以 もっ て 漢 かん 追 お ひて 之 これ に 及 およ ぶ。 そういう理由で漢軍は項王の軍に追いついた。 項王乃 チ復 タ引 レ キテ兵 ヲ而東 シ、至 二 ル東城 一 ニ。 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 復 ま た 兵 へい を 引 ひ きて 東 ひがし し、 東 とう 城 じょう に 至 いた る。 乃 チ有 二 リ二十八騎 一。 漢騎 ノ追 フ者数千人 ナリ。 乃 すなわ ち 二 に 十 じゅう 八 はっ 騎 き 有 あ り。 漢 かん 騎 き の 追 お ふ 者 もの 数 すう 千 せん 人 にん なり。 そこで(残った項王の軍)は二十八騎だった。 漢軍の騎兵で追ってくる者は数千人であった。 続きはこちら「項王自ら脱することを得ざるを度り、其の騎に謂ひて曰はく、~」 -.

次の

史記『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説 : 古文教室

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

項羽本紀第七 本文 項王軍壁垓下。 兵少食尽。 漢軍及諸侯兵囲之数重。 夜聞漢軍四面皆楚歌、 項王乃大驚曰、 「漢皆已得楚乎。 是何楚人之多也。 」 項王則夜起飲帳中。 有美人、名虞。 常幸従。 駿馬、名騅。 常騎之。 於是項王乃悲歌忼慨、 自為詩曰、 力抜山兮気蓋世 時不利兮騅不逝 騅不逝兮可奈何 虞兮虞兮奈若何 歌数闋、美人和之。 項王泣数行下。 左右皆泣、莫能仰視。 書き下し文 項王の軍垓下に壁す。 兵少なく食尽く。 漢軍及び諸侯の兵之を囲むこと数重。 夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、 項王乃ち大いに驚きて曰はく、 「漢皆已に楚を得たるか。 是れ何ぞ楚人の多きや。 項王則ち夜起ちて帳中に飲む。 美人有り、名は虞。 常に幸せられて従ふ。 駿馬あり、名は騅。 常に之に騎す。 是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、 自ら詩を為りて曰はく、 「力山を抜き気世を蓋ふ 時利あらず騅逝かず 騅の逝かざる奈何すべき 虞や虞や若を奈何せん。 歌ふこと数闋、美人之に和す。 項王泣数行下る。 左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。 日本語訳 項王の軍は垓下に籠城していた。 兵は少なく、食料は底を尽いていた。 漢軍及び諸侯の兵は、項王の軍を幾重にか包囲していた。 夜、漢軍が、四面、皆楚の歌を歌っているのを聞き、項王は驚愕して言った。 「漢は、すでに楚の全土を制圧したのだろうか。 なんと楚人の多いことか。 」 そこで、項王は夜起きて幕営の中で酒を飲んだ。 虞という名の美人がいた。 いつも項王に寵愛され、付き従っていた。 また、騅という名の駿馬がいた 項王はいつもこの馬に騎乗していた。 ここに至り、項王は悲しげに歌って嘆き憤り、自らこのような詩を作った。 力は山を抜き 気は世を覆った 時に利無く 騅は進もうとしない 騅が進もうとしないのを どうすればよいのか いやどうしようもない 虞よ虞よお前をどうすればよいのか いやどうしようもない 数回歌い、美人もこの詩に応じた。 項王は幾筋かの涙を流した。 側近たちも皆泣き、仰ぎ見ることのできるものはいなかった。 身長八尺余り、力は鼎を持ち上げるほど強く、才気は人に抜きんでていた。 秦の始皇帝によって初めて統一された中国の国土も、始皇帝の死後には、各地で反乱が起こるようになった。 項羽も、二十四歳のときその反乱に加わった。 やがて項羽は、叔父項梁のあとを受けて、反乱軍の総司令官となる。 項羽の率いる軍は連戦連勝、無敵の力をもって進撃し、秦の都咸陽を制圧。 秦は滅んだ。 しかし、国は安定せず、項羽の率いる楚と、項羽とともに秦の討伐を進めた劉邦の率いる漢との抗争が激しくなった。 楚軍は強く、漢軍はたびたび敗走するが、楚軍の参謀であった范増が項羽の下を去るや、形勢は逆転。 項羽は漢軍に追い詰められる。 敗北を感じ取った項羽は、酒宴を催す。 最愛の虞という女性、騅という駿馬も共にあった。 項羽は、嘆きの詩を作って歌う。 その場面を、「史記」の文章で読んでみよう。 項王 泣数行下る。 左右皆泣き、 能く仰ぎ視るもの莫し。 我が力は動かぬ山を抜き、我が気力はこの世を圧倒する。 しかし時は我に利あらず、駿馬騅も進もうとしない。 騅が進まないのはどうしたらいいだろう。 (どうすることもできない。 ) 虞よ、虞よ、最愛のそなたをどうしよう。 (どうすることもできない。 ) と歌うこと数回、虞美人もこれに合わせて歌った。 項王ははらはらと涙を流した。 側近たちも皆泣き、 だれ一人として顔を上げて項王を見る者はなかった。 項羽は、漢軍の囲みを突破。 「(今こうなったのは)天の我を亡ぼすにして、戦いの罪にあらざるなり。 」と言って、追いかけてくる兵を相手に、最後の力を振り絞って戦う。 項羽は烏江まで逃れるが、そこでついに自ら首をはねて死ぬ。 三十一歳であった。

次の

四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

四面楚歌 時 利 あら ず 現代 語 訳

是 ここ に 於 お いて 、 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 馬 うま に 上 の りて 騎 き す。 こうして。 そこで、項王は馬にまたがった。 麾下 ノ壮士、騎 シテ従 フ者百余人 ナリ。 麾 き 下 か の 壮 そう 士 し 、 騎 き して 従 したが ふ 者 もの 八 はっ 百 ぴゃく 余 よ 人 にん なり。 直属の部下の兵士で、馬に乗って(項王に)従う者は八百人余りであった。 直 チニ夜潰 レ ヤシ囲 ミヲ、南 ニ出 デテ馳走 ス。 直 ただ ちに 夜 よる 囲 かこ みを 潰 つい やし、 南 みなみ に 出 い でて 馳 ち 走 そう す。 (項王は)すぐにその夜、敵の囲みを破り、南に出て馬を走らせた。 平明、漢軍乃 チ覚 レ リ之 ヲ、 令 し 下 ム 騎将灌嬰 ヲシテ以 二 ヰテ五千騎 一 ヲ追 上レ ハ之 ヲ。 平 へい 明 めい 、 漢 かん 軍 ぐん 乃 すなわ ち 之 これ を 覚 さと り、 騎 き 将 しょう 灌 かん 嬰 えい をして 五 ご 千 せん 騎 き を 以 ひき ゐて 之 これ を 追 お はしむ。 項王渡 レ ル淮 ヲ。 騎 ノ能 ク属 スル者、百余人 耳 のみ。 項 こう 王 おう 淮 わい を 渡 わた る。 騎 き の 能 よ く 属 ぞく する 者 もの 、 百 ひゃく 余 よ 人 にん のみ。 騎兵の中でついて来ることができた者は、百人余りだけであった。 項王至 二 リ陰陵 一 ニ、迷 ヒテ失 レ フ道 ヲ。 問 二 フ一田父 一 ニ。 項 こう 王 おう 陰 いん 陵 りょう に 至 いた り、 迷 まよ ひて 道 みち を 失 うしな ふ。 一 いち 田 でん 父 ぷ に 問 と ふ。 項王は陰陵にまでやって来たところで、迷って道がわからなくなった。 (そこで、)一人の農夫に道を尋ねた。 田父紿 キテ曰 ハク、「左 セヨト。 」 田 でん 父 ぷ 紿 あざむ きて 曰 い はく、「 左 ひだり せよ。 農夫は嘘をついて、「左に行きなさい。 」と言った。 左 ス。 乃 チ陥 二 ル大沢中 一 ニ。 左 ひだり す。 乃 すなわ ち 大 だい 沢 たく 中 ちゅう に 陥 おちい る。 (項王は)左へ進んだ。 そこでなんと広い湿地帯の中に入り込んでしまった。 以 レ テ故 ヲ漢追 ヒテ及 レ ブ之 ニ。 故 ゆえ を 以 もっ て 漢 かん 追 お ひて 之 これ に 及 およ ぶ。 そういう理由で漢軍は項王の軍に追いついた。 項王乃 チ復 タ引 レ キテ兵 ヲ而東 シ、至 二 ル東城 一 ニ。 項 こう 王 おう 乃 すなわ ち 復 ま た 兵 へい を 引 ひ きて 東 ひがし し、 東 とう 城 じょう に 至 いた る。 乃 チ有 二 リ二十八騎 一。 漢騎 ノ追 フ者数千人 ナリ。 乃 すなわ ち 二 に 十 じゅう 八 はっ 騎 き 有 あ り。 漢 かん 騎 き の 追 お ふ 者 もの 数 すう 千 せん 人 にん なり。 そこで(残った項王の軍)は二十八騎だった。 漢軍の騎兵で追ってくる者は数千人であった。 続きはこちら「項王自ら脱することを得ざるを度り、其の騎に謂ひて曰はく、~」 -.

次の