生理 痛 原因。 『医師が監修』生理痛の原因は?|おしえて生理痛

生理じゃないのに子宮が痛い!生理痛がひどい…原因は?【婦人科医監修】

生理 痛 原因

月経困難症には、 機能性月経困難症と、 器質性月経困難症の2つのタイプがあります。 機能性月経困難症は、病気が原因ではなく、子宮の入り口が狭いことや、子宮内膜で作られるプロスタグランジンという物質の分泌が増えて、子宮や血管、腸管が過剰に収縮することによって、痛みなどの症状が引き起こされるタイプです。 生理痛が起きるのは主に生理期間の1日目から2日目で、多くの場合、けいれん性の痛みで周期性があります。 また10代後半から20代前半に多く、一般的に身体の成熟とともに症状は治まるとされていますが、生活に支障があれば治療が必要です。 器質性月経困難症は、子宮や卵巣の病気が原因で起こり、20代後半以降に多く、加齢とともに増加します。 生理痛が持続性で、月経期間中に痛みがずっとあることも多くみられます。 器質性月経困難症の原因で多いとされている病気は、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫です。 自然治癒することはなく、治療しないで我慢していると、原因となっている病気が進行してしまうため、原因に合った治療が必要になります。 器質性月経困難症の場合は、 子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気が原因で症状が起こっているため、治療しないでいると、原因となっている病気が進行してしまいます。 そのため、 原因となっている病気に合った治療を行うことが必要です。 まず、背景の病気の種類に関係なく、鎮痛薬や漢方薬などで、痛みなどの症状をやわらげます。 症状が十分に改善されない場合は、低用量経口避妊薬(EP配合剤)や黄体ホルモン製剤を使います。 より重症でこれらの薬が効かない場合は、生理を止める働きがあるGnRHアゴニストを使うことを検討する場合もあります。 これらの薬自体が、原因となっている病気の進行を抑える治療にもなります。 進行具合によっては、それぞれの病気に合った手術を検討することもあります。 手術を検討する場合は、将来の妊娠や出産を考慮し、慎重に選択する必要があります。

次の

生理痛の原因は2つ。習慣と食生活で対策!【女性のお悩み朝レシピ vol.4】

生理 痛 原因

まず、卵巣内で卵胞(卵子を包む袋)を育てる卵胞ホルモン(エストロゲン)が働き、排卵の準備を整えます。 排卵して、卵巣から押し出された卵子が卵管を通り子宮に運ばれると、今度は黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、子宮内膜全体を厚くして妊娠の準備を整えます。 この厚くなった子宮内膜へ受精卵が着床するとそのまま妊娠しますが、着床しなかった場合には子宮内膜が役目を終えてはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。 このとき、プロスタグランジン(痛みのもと)という物質が分泌され、子宮の収縮を促します。 プロスタグランジンの分泌が増えすぎると収縮が強くなり、子宮の周囲の充血やうっ血に伴って痛みを感じます。 学校や会社に行けないほど痛みが強く、下腹部痛のほかに腰痛や頭痛、吐き気、下痢やめまいなどの全身症状を伴う場合は「月経困難症」と呼ばれます。 機能性月経困難症 特に背景に病的な異常がない場合は「機能性月経困難症」といいます。 出産前で子宮頸管が非常に細かったり、体質的にプロスタグランジンの分泌が多い人などが痛みを強く感じやすいようです。 若い人の強い月経痛はほとんどこれにあてはまります。 一般的に出産すると月経痛は軽くなります。 器質性月経困難症 何らかの疾患が原因となっている場合は「器質性月経困難症」といいます。 出産後の女性で、以前より月経痛や血量が増したり、塊が出たり、月経前から痛みがある場合などは、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因と考えられます。

次の

ひどい生理痛(激痛、下痢、吐き気)の原因、月経困難症とは

生理 痛 原因

すべての女子選手たちへ届ける「THE ANSWER」の連載「女性アスリートのカラダの学校」。 小学生からオリンピアンまで指導する須永美歌子先生が、体やコンディショニングに関する疑問や悩みに答えます。 第5回は「生理の悩みで断トツに多い生理痛」について。 中学・高校生を対象とした調査によると、「勉強・運動に影響を与える生理の症状があるか」という質問に対し、「ない」と答えた人はわずか2割。 8割の人が何らかの症状を抱え、そのうち約7割の人が具体的な症状として「生理痛」を挙げました(NPO法人日本子宮内膜症啓発会議 平成28年度スポーツ庁委託事業「子供の体力向上課題対策プロジェクト」における女子生徒計608人のアンケート調査結果より)。 また、私が体育大学の女子学生1711人を対象に実施したアンケートでも、「生理痛がある」と回答した割合は78%にものぼります。 生理痛は「腰が重い」「腹部に膨満感がある」「下腹部が締め付けられるように痛い」というものから、「頭痛」「吐き気」など腹部とはまったく関係ないようなところに、症状が出る人もいます。 また、痛みや不調の程度も人によって異なり、ほとんど気にならない人もいれば、「学校に行くのもツラい」「布団から起き上がれない」ほど、激しい痛みを抱える人もいます。 後者のように日常生活もままならないほどの激しい生理痛。 これを、「月経困難症」といいます。 月経困難症には2種類あります。 一つは「機能性月経困難症」といって、子宮の強い収縮が痛みの主な原因です。 生理中は子宮の内側を覆う「子宮内膜」が剥がれ落ち、子宮の収縮によって血液とともに「経血」として体の外に排出されます。 ところが子宮の収縮が強くなりすぎると痛みが発生。 特に10代のうちは子宮口が狭くて固いため、経血を押し出す際、子宮の収縮が強くなることがあります。 ほか、子宮や卵巣が未成熟である、冷えやストレスが強い、なども痛みの原因に。 下腹部の強い痛みが特徴で、月経開始から1、2日目に痛みのピークが訪れます。

次の