渋谷 氷川 神社 御朱印。 幡ヶ谷氷川神社(渋谷区)の御朱印と見どころ

簸川神社

渋谷 氷川 神社 御朱印

幡ヶ谷氷川神社• 幡ヶ谷にある「氷川神社」へ 渋谷区の幡ヶ谷にあるパワースポット、幡ヶ谷氷川神社に行って参りました。 読み方は「 はたがやひかわじんじゃ」です。 この日は嫁と二人で中野区の神社巡りをしていました。 中野区でも南の方の中野です。 路線で言うと丸ノ内線の南側ですね。 中野の神社巡りではありますが、今回訪れた幡ヶ谷氷川神社は、住所は渋谷区です。 僕は今までちゃんと認識していなかったのですが、中野区と渋谷区って隣接してるんですね。 地図上ですと中野区の南側が渋谷区なんです。 知らなかったです…。 ちなみに中野区は、東が新宿区、西が杉並区に挟まれ、北は練馬区、南が渋谷区に挟まれています。 元々この日は、中野区にある「神明氷川神社」に行くことを思い立ち、せっかくなのでその周辺の神社巡りもしてみると言う流れでした。 そして事前に地図で調べたところ、けっこうたくさん周辺に神社があったんですよ。 しかも「氷川神社」と言う社名の神社が多かったです。 丸ノ内線に乗り、方南町駅で降り、まず最初に「多田神社」に参拝しました。 続いては、そこから十数分歩いたところにある「神明氷川神社」に参拝。 そしてこの日三ヶ所目の神社が、この「 幡ヶ谷氷川神社」になります。 幡ヶ谷氷川神社は、地図で見ますとちょうど丸ノ内線と京王線の間くらいに位置しています。 どちらの駅からも若干距離がある神社です。 電車と徒歩ですと行きづらい場所ではりますね。 笑 地図を頼りに、神明氷川神社から幡ヶ谷氷川神社に向かい歩きます。 電柱の住所が中野区から渋谷区へと変わり、幡ヶ谷氷川神社に無事到着しました。 ご由緒 ご祭神は、日本神話の神様である 素盞鳴命(すさのおのみこと)です。 須佐之男命とも表記されます。 また、相殿には、日本神話の女神である 奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と、豊受大神とも称される 豊受比売命(とようけびめのみこと)が祀られています。 総本社は埼玉県さいたま市の大宮にある氷川神社です。 大宮氷川神社とも称されている神社で、東京や埼玉近辺に約200社ある氷川神社の総本社です。 幡ヶ谷氷川神社の創建の年代は不明です。 詳しいご由緒などもわかっていません。 戦国時代である永禄の時代には、既に文書にその名が記載されていたとのことですので、戦国時代以前の創建であることは間違いないようです。 幡ヶ谷の住民により、大宮の氷川神社から分祀された創建されたと推測されていますが、詳細はわかりません。 第二次大戦の戦災により、社殿は一度焼失していますが、昭和31年に再建され現在に至ります。 境内案内 幡ヶ谷氷川神社は、住宅街の中、細い路地の途中にあります。 一礼して鳥居をくぐり、石段を上ります。 石段を上って左手に手水舎。 こちらでお清めをします。 境内はけっこう広いですね。 大きな木が何本も茂っています。 拝殿に向かいます。 とても雰囲気のある拝殿です。 こちらは拝殿に向かって左の狛犬さん。 かなり古いものに見えます。 こちらは右の狛犬さん。 どちらの狛犬さんにも子供がいます。 狛犬さんの先にはもう一つ小さな鳥居。 そちらも一礼してくぐります。 無になって参拝。 少し境内を散策してみます。 こちらは拝殿側から見た入口です。 境内は広く、緑も多くて素敵です。 拝殿の左側に回ってみます。 社殿が木に隠れてる感じが良いですね。 その先には、小さな祠があり、お狐さんもたくさんいました。 こちらにもお参り。 左奥をさらに進むと、合祀されている神社が四つ。 手前から 稲荷神社、 厳島神社、 榛名神社、 大鳥神社です。 四つとも参拝しましたが、鈴の音がとても心地良かったです。 合祀されていた四つの神社前に、狸さんがいました。 狸さんの前には小さな一対の狛犬さんも。 どのような狸さんなのかわからなかったのですが…お参りしました。 こちらは社殿を左から撮影。 本殿も見えますね。 再び拝殿前に戻ります。 拝殿に向かって右手には、能楽殿があります。 拝殿に向かい左側に、もう一つ参道がありました。 せっかくなので、もう一つの参道からも外に出てみます。 こちらからも幡ヶ谷氷川神社には入ることができます。 一通り境内を散策し、最後に拝殿に向かい右手にある社務所へ。 こちらで御朱印を頂き、幡ヶ谷氷川神社を後にしました。 参拝を終えて 幡ヶ谷氷川神社は、住宅街の中にあり、とても静かな場所でした。 緑も多く気持ち良い空間でした。 初めて訪れる神社で、地図を頼りに向かったわけですが、細い路地の中にあり若干わかりづらい場所ではあります。 しかし遠くからでも緑が茂っている場所を目指すと、だいたいそこには神社がありますよね。 今回もそんな感じで無事に辿り着くことができました。 境内はけっこう広かったのですが、この時参拝していたのは僕と嫁の二人だけです。 のんびりと時間を掛けて散策させて頂きました。 社殿の造りなどは、直前に訪れた神明氷川神社に少し似ていた感じがします。 大きな木に社殿が埋もれていると言うか、守られている感じがしました。 とても素敵な社殿です。 そして、社殿の奥には合祀されている神社が四つあったのですが、そちらの鈴の音がとても心地よかったですね。 それらの前には狸さんが祀られていて、狸さんの前には小さな狛犬さんが一対いました。 こちらも他ではあまり見たことがないもので、印象に残りました。 社務所に誰もいませんでしたので、御朱印は頂けないのかな~と思いながら呼び鈴を押したところ、御朱印の対応もして頂けました。 うっかり小銭を切らしていましたので、近くにあった自販機まで走ることになりましたが。 笑 参拝できて良かったです。 無事参拝を終え、この後は歩いて10分ほどの距離にある、藤神稲荷神社へと向かいました。 御朱印 こちらが 幡ヶ谷氷川神社で頂いた御朱印です。 御朱印の受付時間 御朱印と御守りを頂ける時間は、 9時半から17時までです。 ) アクセス 住所は 東京都渋谷区本町5-16-2です。 丸ノ内線と京王線のちょうど中間くらいにありますので、どの駅からでも多少歩きます。 歩くのがきつい場合には、JR新宿駅西口より京王バスで「中野車庫行」または「永福町行」に乗り、「弥生町三丁目」のバス停で降りますと、そこから徒歩3分ほどで行けるようです。 駐車場 数台分ですが、境内に駐車できるスペースがあります。 特別な日でなければ問題なく停められると思います。 近くにコインパーキングもあります。 幡ヶ谷氷川神社の公式HPはありません。 周辺のパワースポット 渋谷区の神社一覧 僕が参拝した渋谷区の神社一覧です。

次の

幡ヶ谷氷川神社(渋谷区)の御朱印と見どころ

渋谷 氷川 神社 御朱印

八幡太郎義家が奥州下向の折に参籠 一定期間昼夜籠って神仏に祈願する事 したとされる。 当初は小石川植物園内の御殿坂辺にあった貝塚の古墳上に鎮座していたが、中世において社地社殿は荒廃し、伝通院 文京区小石川3-14-6 を開山した了誉上人が再興、江戸七氷川の一つに数えられるようになり、江戸名所図会にも描かれる等している。 この地が小石川白山御殿造営の用地となったため、1652 承応元 年8月、旧小石川原町 現白山4丁目20番付近 に遷座し、更に1699 元禄12 年に景勝地といわれた現社地へ再遷座している。 江戸時代においては社号を氷川大明神と称し、明治に入り氷川神社と改称したが、大正時代に出雲国簸川に由来するという研究結果から、簸川神社へ改号している。 社殿は1945 昭和20 年5月の大空襲により焼失し、1958 昭和33 年再建されている。 関東大震災、空襲と焼失を繰り返した社殿は戦後の再建時、当時としては珍しい火災に強いコンクリート造を採用した。 茗荷谷駅から目の前の春日通りを横断し、筑波大キャンパスの横を北に向かう。 さらにその先、千川通りを横断すると、小石川植物園の裏門に至る。 その左手前方に参道がある。 大きめの社号標から参道を進むと、奥に一の鳥居、そして合格階段と名づけられた50段の石段に続く。 参道には1931 昭和6 年造の筋肉質な狛犬たち。 その後方にある青面金剛・庚申像は空襲の影響もあってか、かなり劣化が進んでいる。 一方で現代的意匠の神楽殿、手水舎はセンサー式。 1958 昭和33 年造の社殿は拝殿・幣殿・本殿は神明造。 境内社は手水舎脇に白宝稲荷神社と水神社、二の鳥居そばに五社神社。 五社神社の狛犬は江戸末期の1799 寛政11 年奉納。 簸川神社 御朱印。 初穂料300円。 拝殿向かって左手に社務所があり、そちらで受けられる。

次の

幡ヶ谷氷川神社(渋谷区)の御朱印と見どころ

渋谷 氷川 神社 御朱印

御祭神:素盞鳴尊、稲田姫命、大己貴尊、天照皇大神• ご利益:厄除け、縁結び• 例大祭:9月16日 創始は非常に古く、慶長十年に記された「氷川大明神豊泉寺縁起」によると景行天皇の御代の皇子日本武尊東征の時、当地に素盞鳴尊を勧請したとある。 境内には江戸郊外三大相撲の一つ金王相撲の相撲場の跡がある。 渋谷氷川神社の御朱印 渋谷氷川神社では月毎にデザインが変わる月替わり御朱印があります。 そのデザインが毎回とても可愛らしいので御朱印ガールの間では大変な人気を誇っています。 管理人が訪れたのは7月だったので、朝顔をモチーフとしたデザインの御朱印をいただけました。 初穂料は500円で、手書きの御朱印をいただけます。 2019年7月 文月 の月詣り御朱印 また、夏詣限定の御朱印を頂く事もできました。 2019年の渋谷氷川神社夏詣限定御朱印 渋谷氷川神社では毎月15日に『縁結び』をモチーフにした限定御朱印を頂く事ができます。 こちらも御朱印ガールの間ではとても人気が高いので、SNSでよく見かけた方もいるかと思いますが、ピンク色を基調とした大変可愛らしいデザインの御朱印となっています。 私は、まだ頂いていないため画像がありませんが、今年中には15日にお詣りする事ができたらなと思っております! 渋谷氷川神社の御朱印帳 渋谷氷川神社の御朱印帳は2種類あり、緑色とピンク色で二つ並べると模様が浮かび上がるペアをイメージした御朱印帳が有名です。 こちらの御朱印帳は初穂料各1500円。 限定御朱印情報など 毎月15日に縁結び限定御朱印 渋谷氷川神社の魅力 渋谷氷川神社は渋谷駅と恵比寿駅のちょうど中間地点に存在する、渋谷最古の神社で境内の敷地面積は約4000坪と、とても広く緑に覆われた神社なので渋谷とは思えない空気を味わう事ができます。 こちらの大きな鳥居とその周辺を見たらお分かりのように、自然豊かな渋谷とは思えない空間が広がります。 京都の嵐山!?と一瞬思ってしまう竹林…。 渋谷ですよねここは? 緑を楽しみながら階段をのぼると手水舎と社殿が見えてきます。 こちらの社殿は昭和13年 1938年 に改築されています。 とても豪華で重厚感のある造りです。 境内社 社殿の向かいに境内社がありました。 画像の右が稲荷神社、左は厳島神社となります。 社の周囲に沢山の狐の像があり、独特な雰囲気が漂っています。 綺麗な狐や苔むした狐など様々です。 渋谷氷川神社は、敷地の面積の広さと自然豊かな環境が渋谷にいる事を忘れさせてくれる独特な神社でした。

次の