渋谷 とんかつ。 【渋谷・とんかつ】かつ吉 渋谷店 〜雰囲気ある内装でボリューム満点のとんかつを

とんかつとんQ東急プラザ渋谷店

渋谷 とんかつ

「かつ丼」と聞くと、ほとんどの人は卵でとじられた、あの「かつ丼」を思い浮かべることだろう。 もしくはソースかつ丼か。 まあどちらにしても、一般的にかつ丼とはアツアツな状態で出てくるもので、アツアツで食べたほうがウマいに決まっている。 冷えたかつ丼なんて、普通はノーサンキューだ。 しかし、そんな常識を覆す 『冷やしかつ丼』なる存在のことを、あなたは知っているだろうか? そのかつ丼は冷めている、というより、むしろ キンキンに冷えているのである! そしてこれが、「それ本当においしいの……?」なんていう疑いを彼方までブッ飛ばすほどにウマいのだ。 知らないと損だぞ! ・夏季限定かつ丼 東京に3店舗を構えるとんかつ専門店 「かつ吉」。 その「かつ吉」が夏季限定で発売するのが、本稿の主役『冷やしかつ丼』である。 その歴史は意外にも長く、今年でなんと16周年とのこと。 ほう、思い付きだけの変わり種商品ではなく、ガチンコの自信作というわけだ。 本来なら2017年5月15日から販売開始なのだが、 渋谷店だけは本日8日から先行してスタートとなった。 そこで、渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある「かつ吉 渋谷店」へとやってきた私(あひるねこ)。 非常に雰囲気のある内装で、食べる前から期待が膨らむが腹は減るばかりだ。 ・冷たいかつ丼とは? さっそく本日からの新商品 『冷やしかつ丼(醤油)』を銘柄豚ロースでお願いした。 他にも銘柄豚ひれと、店舗限定の『冷やしカレーかつ丼』があって迷ったが、最初は王道で攻めるのが我が覇道である。 お値段は税込1600円と、かつ丼の割にはそこそこなのだが、こちらのお店はサービスがいい。 料理を注文すると、3種類の漬物と野菜のサラダが運ばれる。 おかわり自由で、かつ丼もご飯大盛り無料。 そうそう、やはりとんかつ屋はチマチマしてちゃいかんよな。 ただ漬物がやけにウマいので、かつ丼の前に食べ過ぎないよう気を付けてくれ。 ・冷たい出汁がたっぷり さて、いよいよお待ちかねの『冷やしかつ丼』が到着、丼~! 最初に驚くのは、思った以上に出汁がなみなみと注がれていること。 かつ丼というか、 すでにお茶漬けの域である。 さらに、その出汁には 氷が浮いているのだ。 キンキンに冷えてやがるぜ、こいつぁ……。 ・異常な相性の良さ 正直、せっかくの揚げたてとんかつが……と、少しもったいない気持ちになったのも事実。 しかし、とんかつと出汁とご飯をレンゲでズズズッと口に運ぶと、もうそんな考えはどこかに消えてしまった。 ウ、ウマァァァァーーーいよこれ! とんかつと出汁の相性良すぎだろ! とんかつ自身もたぶんビビってるだろ!! ・とんかつ無しでもきっとウマい 冷た~い醤油出汁に浸かっているのに、とんかつのサクサク感が消えていないのもまたスゴい。 そこへミョウガ、とろろ、大葉、梅肉、キュウリにオクラという強力なヘルシー布陣が脇を固める。 こんなの絶対ウマいやん? ハッキリ言って、 とんかつがなくてもこれだけでイケるレベルである。 ・暑い日に食べたい 肉厚なのに柔らかいとんかつを、こんな形で流し込むのは気分的にも贅沢だ。 食後にかつ丼の重たさにやられる、なんてこともないので、徐々におっさん化する私にも優しいというもの。 今日みたいな暑い日。 でもガッツリは食べたい。 そんな日にバチ~ッとハマる丼ではないだろうか。 この『冷やしかつ丼』は、渋谷店では本日5月8日から。 その他の店舗では 5月15日から9月30日までの販売となる。 冷たいかつ丼ってどうなの? という大多数の人は、その考えが変わること確実。 ぜひ1度食べてみてほしい。 暑い日を狙って行くのがオススメだぞ。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 かつ吉 渋谷店 住所 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビルB1F 時間 11:00~16:00、17:00~22:30(月~金)、11:00~22:30(土)、11:00~21:30(日・祝) 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の

とりかつ チキン(渋谷,神泉/とんかつ,定食食堂)

渋谷 とんかつ

渋谷にある学食。 カレー掛けのインパクトの強い「さくら亭」 渋谷で所用を済ませ、トンカツモードということもあり物色していたところ「さくら亭」を発見。 すぐさま訪問してみることにした。 平日の12:30頃に訪問。 お店に到着すると渋谷でありながら一軒家の佇まい。 建物にデカデカと書かれた「とんかつ さくら亭」の文字が目を引きます。 入り口の黄色いメニュー看板にはペタペタと価格改定の文字が貼られています。 店内に入るとカウンターが目の前にあり、左へ進むと4人掛けのテーブルが2つほどありました。 まずはカウンターに座り大将から「何にする?トンカツがおすすめだよ!大盛り?カレーかける?、、、」なんて聞かれたもんで、システムも分からずに「あっ、じゃあそれで、、、」ということでお願いした。 そして「はい!650円!」の声が。 このお店、前金制のようでした。 大将はゴム手袋をしており、洗い物という訳でもなく、そのまま料理を作っていたのはあまり感心しませんでした。 メニューを見るとトンカツ定食は通常750円だが、今だけ価格なのか650円になっていた。 ご飯大盛りもカレーかけも無料。 渋谷で650円のトンカツ定食、、、大丈夫だろうか、、、 待っている間に発見したのだが、カウンター席は1席ごとにビニールテープでラインが引かれていて、自分と隣の人とのエリアが分けられているようでした。 そして待つこと10分位で味噌汁がでてきました。 器の淵にワカメが垂れ下がっています。 味は煮詰まった感じです。 その後カレーが提供されました。 トンカツ定食なのでご飯茶碗にちょいがけカレーかと思っていたのですが、大きな丼に盛られたフツーのカレーが出てきました。 こちらも器の淵からカレーがこぼれております。 味はバーモントカレー甘口のようなカレーで、屋外キャンプなどで大鍋で作ったような甘〜いカレーです。 ご飯の量はハンパなく多いです。 その後トンカツが登場です。 若干揚げ過ぎ感があり、4つに切られています。 厚みは1cm位で脂身は少なく学食のトンカツぽい味です。 横にはキャベツが盛られていて、脇にはお弁当用の袋入りケンコーマヨネネーズと辛子が添えられています。 トンカツ定食だったがメインのトンカツの印象が薄く、むしろカレーの方が大盛り具合が予想以上で印象が強かったです。 完食したあとにお店の中の張り紙を見ていると「一考。 とんかつの両はしを味噌汁の中に、、、とん汁です。 」の文字が、、、。 いても経ってもいられなくなり質問すると「トンカツの真ん中だけを食べて、両端を残す人がいるのでシャレで書いたんですよ〜」とのこと。 シャレの意味が分かりませんでした。。。 渋谷で学生街の食堂のノリでリーズナブルに定食であればイイかもしれません。 店名:さくら亭 住所:東京都渋谷区桜丘町3-20 最寄駅:渋谷駅から170m 営業時間:11:30〜21:00 L. 20:45 定休日:日祝日.

次の

【渋谷・とんかつ】かつ吉 渋谷店 〜雰囲気ある内装でボリューム満点のとんかつを

渋谷 とんかつ

「かつ丼」と聞くと、ほとんどの人は卵でとじられた、あの「かつ丼」を思い浮かべることだろう。 もしくはソースかつ丼か。 まあどちらにしても、一般的にかつ丼とはアツアツな状態で出てくるもので、アツアツで食べたほうがウマいに決まっている。 冷えたかつ丼なんて、普通はノーサンキューだ。 しかし、そんな常識を覆す 『冷やしかつ丼』なる存在のことを、あなたは知っているだろうか? そのかつ丼は冷めている、というより、むしろ キンキンに冷えているのである! そしてこれが、「それ本当においしいの……?」なんていう疑いを彼方までブッ飛ばすほどにウマいのだ。 知らないと損だぞ! ・夏季限定かつ丼 東京に3店舗を構えるとんかつ専門店 「かつ吉」。 その「かつ吉」が夏季限定で発売するのが、本稿の主役『冷やしかつ丼』である。 その歴史は意外にも長く、今年でなんと16周年とのこと。 ほう、思い付きだけの変わり種商品ではなく、ガチンコの自信作というわけだ。 本来なら2017年5月15日から販売開始なのだが、 渋谷店だけは本日8日から先行してスタートとなった。 そこで、渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある「かつ吉 渋谷店」へとやってきた私(あひるねこ)。 非常に雰囲気のある内装で、食べる前から期待が膨らむが腹は減るばかりだ。 ・冷たいかつ丼とは? さっそく本日からの新商品 『冷やしかつ丼(醤油)』を銘柄豚ロースでお願いした。 他にも銘柄豚ひれと、店舗限定の『冷やしカレーかつ丼』があって迷ったが、最初は王道で攻めるのが我が覇道である。 お値段は税込1600円と、かつ丼の割にはそこそこなのだが、こちらのお店はサービスがいい。 料理を注文すると、3種類の漬物と野菜のサラダが運ばれる。 おかわり自由で、かつ丼もご飯大盛り無料。 そうそう、やはりとんかつ屋はチマチマしてちゃいかんよな。 ただ漬物がやけにウマいので、かつ丼の前に食べ過ぎないよう気を付けてくれ。 ・冷たい出汁がたっぷり さて、いよいよお待ちかねの『冷やしかつ丼』が到着、丼~! 最初に驚くのは、思った以上に出汁がなみなみと注がれていること。 かつ丼というか、 すでにお茶漬けの域である。 さらに、その出汁には 氷が浮いているのだ。 キンキンに冷えてやがるぜ、こいつぁ……。 ・異常な相性の良さ 正直、せっかくの揚げたてとんかつが……と、少しもったいない気持ちになったのも事実。 しかし、とんかつと出汁とご飯をレンゲでズズズッと口に運ぶと、もうそんな考えはどこかに消えてしまった。 ウ、ウマァァァァーーーいよこれ! とんかつと出汁の相性良すぎだろ! とんかつ自身もたぶんビビってるだろ!! ・とんかつ無しでもきっとウマい 冷た~い醤油出汁に浸かっているのに、とんかつのサクサク感が消えていないのもまたスゴい。 そこへミョウガ、とろろ、大葉、梅肉、キュウリにオクラという強力なヘルシー布陣が脇を固める。 こんなの絶対ウマいやん? ハッキリ言って、 とんかつがなくてもこれだけでイケるレベルである。 ・暑い日に食べたい 肉厚なのに柔らかいとんかつを、こんな形で流し込むのは気分的にも贅沢だ。 食後にかつ丼の重たさにやられる、なんてこともないので、徐々におっさん化する私にも優しいというもの。 今日みたいな暑い日。 でもガッツリは食べたい。 そんな日にバチ~ッとハマる丼ではないだろうか。 この『冷やしかつ丼』は、渋谷店では本日5月8日から。 その他の店舗では 5月15日から9月30日までの販売となる。 冷たいかつ丼ってどうなの? という大多数の人は、その考えが変わること確実。 ぜひ1度食べてみてほしい。 暑い日を狙って行くのがオススメだぞ。 ・今回ご紹介した飲食店の詳細データ 店名 かつ吉 渋谷店 住所 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビルB1F 時間 11:00~16:00、17:00~22:30(月~金)、11:00~22:30(土)、11:00~21:30(日・祝) 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24.

次の