地震 にちゃんねる。 南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

2020終末予言に現れる救世主まとめ!メシアとは一体どんな人物か?

地震 にちゃんねる

南海トラフ地震について 南海トラフ地震は、駿河湾から日向灘沖にかけてのプレート境界を震源域として概ね100~150年間隔で繰り返し発生してきた大規模地震です。 前回の南海トラフ地震(昭和東南海地震(1944年)及び昭和南海地震(1946年))が発生してから70年以上が経過した現在では、次の南海トラフ地震発生の切迫性が高まってきています。 このページでは、平成29年11月1日から運用を開始した「南海トラフ地震に関連する情報」や南海トラフ地震の基礎知識等について解説します。 なお、現在発表している南海トラフ地震に関連する情報とこれまでの発表履歴は、以下のページをご覧ください。 南海トラフ地震について• 南海トラフ地震に関連する情報• 南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会• 南海トラフ周辺の地震活動• 南海トラフ周辺の最近1週間の地震活動を解説しています。 毎週金曜日の午後に発行します。 最新の地震活動の状況です。 地域別に拡大表示できます。 最近約3ヶ月間の日々の地震活動の状況です。 日本や世界の地震・津波に関する観測・解析データや、定期刊行物などの各種資料を掲載しています。 「長期的ゆっくりすべり」、「短期的ゆっくりすべり」、「深部低周波地震(微動)」について解説しています。 南海トラフ地震 地域「防災・減災」シンポジウム• 関連リンク•

次の

北海道胆振東部地震の大停電(ブラックアウト)はなぜ起きた?原因と対策とは

地震 にちゃんねる

南海トラフ地震関連解説情報 ** 見出し ** 第33回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第411回地震防災対策強化地域判定会で、南海トラフ周辺の地殻活動を評価しました。 ** 本文 ** 本日(7月7日)開催した第33回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第411回地震防災対策強化地域判定会で評価した、南海トラフ周辺の地殻活動の調査結果は以下のとおりです。 現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。 (注)南海トラフ沿いの大規模地震(マグニチュード8からマグニチュード9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70から80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態です。 1.地震の観測状況 (顕著な地震活動に関係する現象) 南海トラフ周辺では、特に目立った地震活動はありませんでした。 (ゆっくりすべりに関係する現象) プレート境界付近を震源とする深部低周波地震(微動)のうち、主なものは以下のとおりです。 (1)四国西部:6月4日から6月6日 (2)東海:6月29日から継続中 2.地殻変動の観測状況 (ゆっくりすべりに関係する現象) 上記(1)、(2)の深部低周波地震(微動)とほぼ同期して、周辺に設置されているひずみ計でわずかな地殻変動を観測しました。 周辺の傾斜データでも、わずかな変化が見られています。 GNSS観測によると、2019年春頃から四国中部でそれまでの傾向とは異なる地殻変動が観測されています。 また、2019年春頃から紀伊半島西部・四国東部で観測されていた、それまでの傾向とは異なる地殻変動は、収束したとみられます。 さらに、2019年中頃から志摩半島で観測されているそれまでの傾向とは異なるわずかな地殻変動は、最近は鈍化しているように見えます。 (長期的な地殻変動) GNSS観測等によると、御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺では長期的な沈降傾向が継続しています。 3.地殻活動の評価 (ゆっくりすべりに関係する現象) 上記(1)、(2)の深部低周波地震(微動)と地殻変動は、想定震源域のプレート境界深部において発生した短期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。 2019年春頃からの四国中部の地殻変動、2019年春頃からの紀伊半島西部・四国東部の地殻変動及び2019年中頃からの志摩半島での地殻変動は、それぞれ四国中部周辺、紀伊水道周辺及び志摩半島周辺のプレート境界深部における長期的ゆっくりすべりに起因するものと推定しています。 このうち、紀伊水道周辺の長期的ゆっくりすべりは、すでに停止していると考えられます。 また、志摩半島周辺の長期的ゆっくりすべりは、最近は鈍化しています。 これらの深部低周波地震(微動)、短期的ゆっくりすべり、及び長期的ゆっくりすべりは、それぞれ、従来からも繰り返し観測されてきた現象です。 (長期的な地殻変動) 御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺で見られる長期的な沈降傾向はフィリピン海プレートの沈み込みに伴うもので、その傾向に大きな変化はありません。 上記観測結果を総合的に判断すると、南海トラフ地震の想定震源域ではプレート境界の固着状況に特段の変化を示すようなデータは得られておらず、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。 クリックするとリストが開閉します。

次の

太陽フレアと地震は関連性は本当にないに等しいのですか? にちゃんねるな...

地震 にちゃんねる

北海道胆振東部地震で起きた大停電(ブラックアウト)とは 「ブラックアウト」とは、大手電力会社の管轄する地域のすべて、また非常に規模の大きな範囲で停電が起こる現象(全域停電)のことを指します。 大きな自然災害にともなう大規模停電が発生することは過去にもありましたが、北海道胆振東部地震では、北海道全域で停電が発生したのです。 この地震により、 最大約295万戸が停電しました。 これだけの広範囲・エリア全域に及ぶ大規模停電は日本で初めての出来事となりました。 地震後のブラックアウトは、被災者にとってさらに苦しい生活を余儀なくされたのです。 ブラックアウトは道内全域で 地震発生後から約11時間続いたため、非常用持ち出し袋や防災用具の備蓄として懐中電灯がない場合は、夜間の行動はスマートフォンのライトを頼りに行動しなければなりません。 安否確認の連絡や災害情報の収集などもスマートフォンで行えますが、充電ができないために情報収集もままならない状態になってしまいます。 さらに水道も最大約6. 8万戸が断水となり、トイレや飲料水の心配をする人も多くいました。 地震によるブラックアウトは、問題を99%解消するまでに約50時間を費やしました。 電気は、電気を作る量(供給)と電気の消費量(需要)が常に一致していないと、 電気の品質(周波数)が乱れます。 供給が需要を上回る場合は周波数が上がり、その逆の場合は周波数が下がります。 この周波数が少しでもぶれてしまうと、 電気の供給を正常に行うことができなくなり、安全装置の発動によって発電所が停止、場合によっては大停電に陥ってしまうのです。 ここで押さえておきたいポイントが、 需要と供給は『常に』一致していなくてはならないという点です。 北海道においても、通常は50hz(ヘルツ)という周波数の水準が維持されていました。 しかし、大地震の後に需要に対する供給がバランスを崩し、電気が足りなくなって周波数が下がったことから、大停電が実際に起きてしまったのです。 北海道胆振東部地震の大停電は、地震発生から17分後に発生しています。 この17分の間に 北海道で一番大きな発電所である「苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)」が停止。 震源に近いことから機器の一部が壊れたことが原因でした。 その後、立て続けに「風力発電所の停止」「水力発電所の停止」「苫東厚真火力発電所(1号機)の停止」が重なったのです。 このように 電力供給を行う施設が立て続けに停止したことで、供給力が失われ、最後にはブラックアウトが発生しました。 まず大型火力発電所を起動するには、給水ポンプやファンなど 所内電力が必要です。 そのため、単独で自力起動が掛けられるブラックスタート電源(水力等)を予め用意しておき、それを火種として復旧を開始する必要がありました。 このブラックスタートを利用した復旧は、一部の発電機から、 少しづつ周囲の発電機を起動させるというものです。 しかし、電力復旧は需要と供給のバランスを保つ必要があるため、ブラックスタートで少しづつ復旧させながら供給力と送電する負荷を少しづつ慎重に併入する操作をしなければなりません。 復旧は早い段階で行えたものの、復旧から需要を安定化させるまでに様々な手を打ちました。 9月8日(土)、電力の復旧はしたものの、地震前日の電力の最大需要(383万kW)と比較すると、 約1割の供給が不足している状態。 平日は工場が稼働するため、休日よりも大きな需要が発生することが考えられ、平日に再び需要と供給のバランスが崩れ、大規模な停電つながる危険性がありました。 そこで、北海道全域の家庭・業務・産業の各部門に対して、需要が増加する平日8:30〜20:30の間(節電タイム)に、 約2割の節電を呼びかけたのです。 この協力によって、節電目標は達成し、9月19日(水)には苫東厚真火力発電所1号機という大規模な火力発電所が復旧。 北海道の電気需要を安定化させることができたのです。 これは、 災害に強い電力の供給体制を構築するための課題や対策について、工学・法律・防災分野などの識者が集い、議論するための会議です。 10月25日に開催された第2回では今回の中間報告が紹介されましたが、ワーキンググループでの議論でも、北海道電力の設備形成や発災当時の対応などについて、 適切ではなかった点は見当たらなかったという見解が出されました。 北海道胆振東部地震によって発生したブラックアウトを今後未然に防ぐため、政府は各電力会社に火力発電所などの インフラ設備の安全性を確認するために総点検の実施を指示。 また、これから実施すべき対策についてはその報告を踏まえて検討すると発表しています。 このような取り組みを通じて、日本の電力インフラの安全性を高め、より災害に強い電力の供給体制を構築していくことが求められます。 いざというときに電気がないと、様々な行動が制限されます。 日頃から地震発生に伴う二次災害から身を守るために、乾電池式や手回し充電式のラジオなどを常備しておくと良いでしょう。

次の