福岡 ひびき 信用 金庫。 福岡しんきん

福岡しんきん

福岡 ひびき 信用 金庫

2020. 01 キャンペーン 2020. 01 重要なお知らせ 2020. 01 キャンペーン 2020. 19 重要なお知らせ 2020. 30 重要なお知らせ 2020. 27 キャンペーン 2020. 14 重要なお知らせ 2020. 10 お知らせ 2020. 01 キャンペーン 2020. 01 キャンペーン 2020. 16 重要なお知らせ 2020. 02 重要なお知らせ 2020. 02 重要なお知らせ 2020. 25 重要なお知らせ 2020. 20 お知らせ 福岡信用金庫の公式サイトがリニューアルしました! 2020. 03 キャンペーン 2020. 08 重要なお知らせ 2020. 08 重要なお知らせ 2020. 06 重要なお知らせ 2019. 05 重要なお知らせ 2019. 02 お知らせ 2019. 21 重要なお知らせ 2019. 13 重要なお知らせ 2019. 02 重要なお知らせ 2019. 30 重要なお知らせ 2019. 19 重要なお知らせ 2019. 13 重要なお知らせ 2019. 09 重要なお知らせ 2019. 26 お知らせ 2019. 10 重要なお知らせ 2019. 01 重要なお知らせ 2019. 22 重要なお知らせ 2019. 02 重要なお知らせ 2018. 20 重要なお知らせ 2018. 09 重要なお知らせ 2018. 06 重要なお知らせ 2018. 21 重要なお知らせ 2018. 12 重要なお知らせ 2018. 04 重要なお知らせ 2017. 29 重要なお知らせ 2017. 29 重要なお知らせ 2017. 18 重要なお知らせ 2015. 30 重要なお知らせ 2015. 12 重要なお知らせ 2013. 24 重要なお知らせ 2013. 24 重要なお知らせ 2013. 07 重要なお知らせ 2012. 01 重要なお知らせ 2012. 01 重要なお知らせ 2012. 06 重要なお知らせ 2012. 11 重要なお知らせ 2010. 29 重要なお知らせ 2007. 01 重要なお知らせ.

次の

福岡しんきん

福岡 ひびき 信用 金庫

2020. 2020. 15 重要なお知らせ 2020. 03 重要なお知らせ 2019. 21 重要なお知らせ 2019. 05 重要なお知らせ 2016. 01 重要なお知らせ 2015. 11 重要なお知らせ 2013. 01 お知らせ 2012. 18 お知らせ しんきん法人インターネットバンキングのサイトをリニューアルしました。 2012. 18 お知らせ 新システムへの移行に伴い、電子証明書をご利用のお客様は信頼済みサイトへの登録をお願い致します。 (登録をしてない場合はログオンが出来ない場合があります。

次の

福岡ひびき信用金庫

福岡 ひびき 信用 金庫

概要 [ ] 当時九州の信用金庫で預金量第1位であった 北九州八幡信用金庫(本店・北九州市八幡東区)と 若松信用金庫(本店・北九州市)が、(13年)に対等合併して発足。 旧八幡信金本店を本店としている。 (15年)に地域の信金再編も目的とし、 新北九州信用金庫(本店・北九州市)・ 門司信用金庫(本店・北九州市)・ 直方信用金庫(本店・)・ 築上信用金庫(本店・)と再度合併し、にはに福岡支店を開設した。 炭鉱の閉鎖や製鉄所の縮小など、苦しい時代の地域を支えてきた金融機関である。 には、庫内に「企業コンサルティング部」を新設し、中小企業の相談を受け、ビジネスマッチングや事業再生などの改善計画作りに取り組むとしているほか 、に竣工した岸の浦2丁目の黒崎文化ホールのを取得して「黒崎ひびしんホール」の名称をつけ 、さらにには県下全8信用金庫と共同で融資商品を発売するなど 、が設立され競合の激化する北九州地区おいて、存在感を示すため注力している。 現在、・北九州銀行とともに、北九州市のを受託する。 翌年4月から同市における指定金融機関の見直しによって、4年間は西日本シティ銀行・北九州銀行の2行がの輪番に加わるため、当庫のみが指定代理金融機関となる。 前の本店(旧北九州八幡信用金庫本店)は完成で、による設計である。 では、による入出金とのカードによる出金の手数料は自信金扱いとなる。 沿革 [ ]• (13年) 有限責任信用組合八幡庶民金庫を設立。 (大正15年) 有限責任八幡信用組合を設立。 (18年) 信用組合八幡庶民金庫と八幡信用組合を合併し、八幡庶民信用組合となる。 (昭和20年) 八幡市信用組合と改称する。 (昭和26年) に基づき、八幡市信用金庫となる。 (昭和38年) ほか5市が合併して北九州市となったことに伴い、北九州八幡信用金庫(略称:はっしん)と改称。 (13年) 若松信用金庫と合併、同時に商号を「福岡ひびき信用金庫」と改称。 (平成14年)• 直方信用金庫との合併基本協定書に調印。 新北九州、門司、築上、直方信用金庫との合併基本協定書に調印。 (平成15年)• 事務センター発足(所在地・新北九州信金本店)。 新北九州、門司、築上、直方信用金庫と合併。 同時に通谷支店を中間支店、若松営業部を若松支店と改称。 (平成18年)11月 合併3周年を記念して金利3倍定期預金を発売。 (平成26年)2月 創立90周年・5金庫合併10周年記念式典を開催。 店舗網再編 [ ] 業務効率化の為、店舗網再編が行われている。 2003年(平成15年)• 栄盛川町支店を若松営業部のサテライト店化• (平成16年)• 2004年(平成16年)• 荒生田支店が新築開業。 (平成17年)• 2005年(平成17年)• 昭和町支店・大蔵支店を荒生田支店のサテライト店化• 近衛橋支店を苅田支店のサテライト店化• 八屋支店を豊前支店のサテライト店化• 2005年(平成17年)• 2005年(平成17年)• 2006年(平成18年)• 2006年(平成18年)• 大里支店移転• 2006年(平成18年)• 2006年(平成18年)• (平成19年)• 福岡支店開設(福岡市の沿い)• 2007年(平成19年)• (平成20年)• (平成21年)•

次の