ブロンコ ビリー 八千代。 テキサス (TEXAS)

ブロンコ

ブロンコ ビリー 八千代

この項目では、アメリカのテレビドラマについて説明しています。 楽器については「」をご覧ください。 自動車については「」をご覧ください。 オートバイについては「」をご覧ください。 飛行機については「」をご覧ください。 ブロンコ 原案 ウィリアム・T・オア アーサー・W・シルバー 出演者 タイ・ハーディン 国・地域 言語 シーズン数 4 話数 68 各話の長さ 60分 放送 放送チャンネル 1958-1962 放送期間 1958年9月23日 1958-09-23 - 1962年4月30日 1962-4-30 『 ブロンコ』(原題: Bronco)は、 のテレビ西部劇。 タイ・ハーディン主演。 アメリカでは「シャイアン・ショー」の1シリーズとして、1958年秋からで放送され、日本では1961年春から系列で放送された。。 製作は。 概要 [ ] 南北戦争で父を失い、無法者に母を殺されて天涯孤独になった元南軍大尉の若者ブロンコ・レーン タイ・ハーディン が、不屈の勇気で放浪の旅を続けて、牧場の縄張り争い、牛飼いと羊飼いとの対立、先住民との死闘などに遭遇しながら逞しく成長していく物語。 クリント・ウオーカー主演の「シャイアン」とウイル・ハッチンス主演の「シュガーフット」との三部作として、製作されたテレビ西部劇である。 共に主人公は早撃ちのガンマンであるが、大人びたシャイアンとは違って、ブロンコは平凡な悩みや生きる苦しみを持った青年として描かれており、そこが視聴者の共感を得て、特に日本では「シャイアン」よりも人気が高かった。 主演タイ・ハーディンは、このテレビシリーズ後に映画「魚雷艇109」「陽動作戦」「チャップマン報告」「バルジ大作戦」などに出演している。 放送 [ ] アメリカ [ ] もともとは1958年に、前年までで放映されていた「シャイアン」の主演クリント・ウオーカーがワーナーとの契約問題でこじれ、同年秋の新シーズンに製作できなかったので、急遽その代役としてスタートしたのが、この「ブロンコ」であった。 翌1959年秋に「シャイアン」の製作再開で、「シュガーフット」とを合わせて『 The Cheyenne Show シャイアン・ショー 』という1番組の中の1シリーズとなり、翌1961年秋のシーズンでは「シュガーフット」が製作終了となって、「シャイアン」「ブロンコ」の2シリーズで番組が構成され、1962年春に終了した。 9月23日から4月30日までの放送で、第1シーズン20話、第2シーズン20話、第3シーズン10話、第4シーズン18話の通算4シーズン・全68話で終了した。 放送時間帯は月曜日19:30 - 20:30であった。 この同じ番組で違うシリーズを交互に放映する形式は、その翌年春に日本でも同じように行われた。 日本 [ ] 日本では5月8日から1962年2月26日まで、TBS系列で43話が放映された。 放送時間帯は月曜日19:00 - 20:00で先に放映された「シャイアン」の後番組として単独での放送であった。 そして1962年3月5日から装いを新しくして、アメリカと同じように「シャイアン」シリーズと交互に放映する方式で番組名を『 ブロンコ・シャイアン』 に変えて放送され、翌1963年4月8日に全68話の放映を持って、番組は終了した。 番組名を新しく「ブロンコ・シャイアン」にしたその第1回は、「シャイアン」シリーズの1エピソードだが、「ブロンコ」のタイ・ハーディンも「シュガーフット」のウイル・ハッチンスも同じ役で出演して、3人が力を合わせて先住民に武器を密売する悪漢と戦う内容であった。 キャスト [ ]• ブロンコ・レーン:タイ・ハーディン エピソード [ ]• この作品の題名となったブロンコとは主人公の名前であるが、もとの意味は野生の馬のことで、このシリーズの中で、美しい女性からその名前の由来を聞かれて、「父が私が生まれたと聞いて、我が家に戻る時に途中で野生の馬に出っくわしたので、それで生まれた私の名前にした」と語る場面があった。 「ブロンコ」には西部開拓史上に残る実在の人物を多く登場させている。 ビリー・ザ・キッド、ジェシー・ジェームズ、サンダンス・キッド、ワイルド・ビル・ヒコックなどだが、後に大統領となったセオドア・ルーズベルトも登場している。 彼が青年時代に西部を旅してブロンコとも知り合い、そしてブロンコに「シュガーフット」のトム・ブルースター ウイル・ハッチンス も友達だとして、ブロンコともども共通の友人を呼び寄せるエピソードがあった。 放送当時にブロンコ役のタイ・ハーディンの早撃ちが話題となり、一体0. 何秒で撃っているかということがクイズとして出されたことがあった。 フィルム24コマを順送りにゆっくり回しながら、拳銃ホルダーから抜いて発射までのコンマ何秒かが問題であった。 後に「バージニアン」でジェームス・ドルーリーも早撃ちを見せてあれは何秒だったか、が話題になったが、そのジェームス・ドルーリーはこの「ブロンコ」でも客演している。 「シャイアン」もそうだが、悪役や端役で出演している俳優で後にスターになった者が多い。 、、、、、、などで、特に凶悪なジェシー・ジェームズ役を演じたジェームズ・コバーンは、この「ブロンコ」出演後に映画「荒野の七人」「大脱走」で人気を得て大スターの道を歩む。 当時デビューして全く無名俳優だったジャック・ニコルソンがこの「ブロンコ」に端役で出演している。 製作がワーナーブラザーズだったので、当時のワーナー製作のテレビシリーズの主演俳優も出演し、「サーフサイド6」のトロイ・ドナヒュー、「サンセット77」のエフレム・ジンバリストJRなどがこの「ブロンコ」に出ている。 日本では全く同じ時間帯の放送になった「ボナンザ」からローン・グリーンやパーネル・ロバーツがゲスト出演している。 そしてこの「ボナンザ」は視聴率で及ばなかったのか、1962年10月から土曜日20:00~20:56の時間帯に移行している。 その他 [ ]• タイ・ハーディンは、「ブロンコ」の製作終了後、を離れて、1966年公開の映画「バルジ大作戦」でドイツ軍側のスパイ役を演じ、その後イタリアに行ってイタリア製西部劇に主演している。 その前には後にクリント・イーストウッドの出世作となった「荒野の用心棒」の主役の話もあったらしい 真偽不明 が、次は西ドイツに行って戦争アクション映画の主演もしている。 しかし余り注目されることもなく1970年代以後はTVムービーに出演している。 「ブロンコ」で悪役を演じたリー・ヴァン・クリーフが同じイタリア製西部劇で大ブレークし、ジャック・イーラムも注目されるようになり、「ブロンコ」で同じく悪役だったジェームス・コバーンのその後の活躍を見るにつけ、この1960年代は美男子の二枚目タイプではなく、男臭くクセのある個性の強い男優が映画の世界を生き抜いていることがよく分かる。 「シュガーフット」はアメリカでは「シャイアン・ショー」の1シリーズとして「シャイアン」「ブロンコ」と同じ時間帯で放送されたが、日本では最初にNHKが購入して、「シャイアン」より早く1960年4月から「アリゾナ・トム」の題名で放映された。 そしてわずか3ヵ月で放送中止となり、その後フジテレビ系で1962年4月から放映されて、日本では「シャイアン」「ブロンコ」とは全く別々になった。 ただし「シャイアン」「ブロンコ」のエピソードで同じトム・ブルースター役で出演しているし、日本で「ブロンコ・シャイアン」で放送された時に最初のメインタイトルには「シャイアン」「ブロンコ」のテーマ音楽に「シュガーフット」のテーマ音楽も流れていた。 参考文献 [ ]• 「キネマ旬報」臨時増刊「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~」1997年7月2日発行 キネマ旬報社• 「スクリーン」特別編集版「なつかしの外国TVシリーズ」2006年5月10日発行 近代映画社• 「アメリカ懐かしのテレビ映画史」瀬戸川宗太著 2005年1月発行 集英社新書 脚注 [ ]• 当時アメリカでは「シャイアン」の方が人気が高く、格も上と見られており、「ブロンコ」は添え物のように見られていた。 番組名が「シャイアン・ショー」であることにそれが現れている。 しかし日本では逆に「ブロンコ」の方が人気があり、番組名はその人気順になったと当時見られていた。 「ユダ盆地の決闘~巡り合った3人~」1962年3月5日放送。 原題名「Duel at Judas Basin」• このエピソードでは、スパイの役割でブロンコが密売仲間に潜り込み、皆の見ている前で、シャイアンを挑発して殴られたり、拳銃を交換したいと申し出てシャイアンから奪い取った銃で空に空き缶を投げて弾を撃つシーンがあり、この放り投げた空き缶を撃つ場面はそのまま「ブロンコ・シャイアン」のメインタイトルに使われて毎週放映されている。 「ヤンキーの嵐」 原題名「Yankee Tornado」 外部リンク [ ]• - (英語) 系 月曜19時枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ブロンコ・ビリー : 作品情報

ブロンコ ビリー 八千代

スポンサードリンク 今、名古屋発の外食チェーンは勢いがある!• コメダ珈琲• Coco壱番屋• 木曽路• ブロンコビリー 上の4つの外食チェーンで共通しているものは何でしょうか? サブタイトルでネタバレしてしまっておりますが 名古屋 です。 今、名古屋発の外食チェーンはスゴク勢いがあるのです! 名古屋に本社を置くブロンコビリーも業績絶好調! 関東店舗がどんどん増加しております。 2014年度には、創業以来初めて、 日本の飲食業界で最高水準の売上高経常利益率(15. 炭火焼されたステーキーとハンバーグの香ばしい匂いで、いやがおうにも食欲は旺盛に! ブロンコビリーの名前の由来は? アメリカ西部時代の 暴れ馬ブロンコと、 ならず者のビリーの名前を合わせたものが ブロンコビリー! アメリカ映画にも、同名タイトルの映画がありますね。 とにかくブロンコビリーは アメリカを意識しているレストラン。 店内BGMには1950~60年代流行ったご機嫌な オールディーズ音楽がかかっております。 メインのハンバーグを食べる前、あなたの胃袋はある程度、満たされている状態になっているはずです。 なぜなら… その3:メインの前にお腹いっぱい?新鮮サラダバー ブロンコに来たなら、サラダバーをつけなきゃ始まらない! ブロンコビリーのサラダバーは極めてクオリティが高く、ついついたくさん食べてしまうため、メインディッシュの前にかなり胃袋が満たされてしまうのです。 お肉ではなく、このサラダバー目当てにブロンコビリーに通う人も多いとか! まあ、それだけここのサラダバーは素晴らしい。 ( 最近はジェラートも!) 定番は、自家製生クリームで食べる コーヒーゼリー! この自家製生クリームが絶品で、ついついかけ過ぎちゃうんです。 他にもパイナップルやオレンジ、グレープフルーツなどの果物も充実! その5:ご飯がとにかくおいしい パンか ライスのどちらかを選択しますが、ブロンコの場合「 ライス」が絶対おススメ!。 ご飯が 大盛り無料( おかわりは有料)で、なんと通常の業務用米の2倍の値がする 新潟県津南町産のコシヒカリは使っているのです。 ふっかふかの魚沼産コシヒカリご飯の上に、肉汁したたるアツアツのハンバーグをのせ、口に放りこむと… もー、タマラナイです!! その6:子供が大喜び 小さいお子さんがいるご家庭であればブロンコはなおさらおススメ。 クリスマスなどのイベントにもハガキが届き、 素敵なデザートが無料で食べれたりします。 下の写真は今年のクリスマスデザートです。 どうです、クオリティ高いでしょ? 無料ですよ、これ。 尚、 2歳以下のお子様はサラダバー・ドリンクバーが無料になっております。 その7:毎回、お得なクーポンがもらえる 会計後、次回に使えるクーポンが毎回貰えます。 スクラッチカードになっており何が当たるかわからないので、コインで削りながら宝くじ気分でワクワクどきどきっ! 1等はなんと3000円! 1等: 3000円 2等: 2000円 3等: 1000円 4等: 500円 5等: シフォンケーキ券 6等: 300円 7等: 200円 8等: ドリンクバー or シャーベット券 自分の場合、最高は 4等の500円で、通算で2枚当たっております。 通常はやはり7, 8等が多いのですが、それでも ドリンクバーが毎回無料になるので助かりますね! クーポンには使用期限があるため、またついついブロンコに足を運ぶことになってしまいます。 お店側の戦略にまんまとハマっているのですが、それもこのお得すぎるクーポンの力がなせる業!• 東京: 7店舗(鹿浜店、北綾瀬店、多摩ニュータウン通り店、東久留米店、昭島昭和の森店、町田多摩境店、八王子大和田店)• 埼玉: 10店舗(上尾店、小手指店、川越店、大宮南中野店、春日部店、新座野火止店、草加松原店、南浦和円正寺店、戸田駅前店、大宮三橋店)• 神奈川:8店舗(港北みなも店、瀬谷店、高津久末店、戸塚原宿店、相模原中央店、小田原店、相模原上鶴間店、青葉台店)• 千葉: 12店舗(流山前ヶ崎店 9月12日(月)オープン、八千代店、四街道店、南増尾店、武石インター店、成田店、柏の葉店、津田沼店、鎌取インター店、西船橋店、東松戸店、東千葉店) 参考URL: 去年の時点では関東エリアは14店舗しかなかったのですが、1年経たないうちに37店舗に増殖しております!! 今後もさらに店舗数は増えてくるでしょう。 だって美味しいし、サービスいいですから! ただ基本的に 郊外型の店舗なので、都心にはなかなか出店されないかもしれませんね。 (区内では現時点では足立区の1店舗のみ) いちファンとしては、あまりメジャーになり過ぎてしまうのも少し複雑な気がしますが、まだ行ったことがない方は是非一度、足を運んでみてください! あ、ちなみにディナーになると価格が少し上がってしまうため、 ランチタイム内に来店することをおススメいたします。 通常、 ランチタイムは11:00~16:00となっております。

次の

口コミ一覧 : ブロンコ ビリー 西船橋店 (BRONCO BILLY)

ブロンコ ビリー 八千代

製作総指揮はロバート・デイリー、製作はデニス・ハッキンとニール・ドブロフスキー、製作協力はフリッツ・マーネイズ、監督は「ガントレット」のクリント・イーストウッド、脚本はデニス・ハッキン、撮影はデイヴィッド・ワース、音楽はスティーヴ・ドーフが各々担当。 出演はクリント・イーストウッド、ソンドラ・ロック、ジョフリー・ルイス、スキャットマン・クロザース、シェラ・ペシャー、ダン・バディス、サム・ボトムス、ビル・マッキニーなど。 日本語版監修は高瀬鎮夫。 デラックスカラー、バナビジョン。 1980年作品。 これは、西部男たちの向う見ずの荒っぽさを活劇ショーに仕立てて披露する旅まわりのショーだ。 花形スターの彼の他には、司会役のドック・リンチ(スキャットマン・クロザース)、インディアン混血の中年美人ロレーン(シェラ・ペシャー)、彼女の夫でインディアン・ダンスや曲芸をこなすチーフ・ビック・イーグル(ダン・バディス)、投げ縄の名人レオナード(サム・ボトムス)、左きき2丁拳銃のル・バウ(ビル・マッキニー)、それに愛馬バスターなどがメンバーのメインだ。 彼らはアメリカの中南部を巡業し、時には慈善公演もかって出るが、経済的にはいつも苦しかった。 一座の移動は車で行なわれ、その日もカンサス州のジャンクション・シティに意気盛んに乗り込むと、ビリーは早速興業の許可をもらうために市の役所に出かけた。 窓口で、ビリーはジョン・アーリントン(ジョフリー・ルイス)とリリー(ソンドラ・ロック)という金持ちのカップルを見かけた。 彼らは結婚許可書をもらいに来ていたのだが、遺産相続のためにいやいやジョンと結婚するリリーは、欲ばりの母親をうらみつつも、はるばるニューヨークからカンサスに結婚式をあげる為に来ていたのだ。 結婚式を済ませて、あるモーテルで初夜を迎えることになったリリーは、しかしどうしてもジョンに抱かれる気になれず、拒み通した。 怒ったジョンは、リリーの持ちもの全てを奪い、町から姿を消してしまった。 翌朝目ざめて、仰天したリリーはニューヨークの母親に連絡するために隣りのガソリン・スタンドにとびこむが、1セントのお金もない。 困っているところに出くわしたのがビリーだ。 彼に10セントを借りることにしたリリーは、その金を返すために、ビリーの一座に加わり危険なナイフ投げの的などの役をひきうけるはめになる。 一方、ニューヨークでは、行方知れずになったリリーに、アイリンは大あわて。 殺されたのかも知れないと思った彼女は、弁護士に相談した。 それから間もなくジョンは警官につかまりニューヨークヘ護送されてきた。 弁護士は、ジョンのところへやってきて、ある相談をもちかけた。 ジョンがリリーを殺したことにすれば、アイリンに入り込んでくる遺産のうち、50万ドルは分け前としてジョンにあげるというものだった。 弁護士の甘い言葉に乗ったジョンはすぐにその計画に賛成した。 一方、リリーは、生れも育ちも違うビリーと何かにつけて衝突していた。 しかし、時がたつうちにビリーのみんなに対するやさしさや、子供達から英雄視されている姿に少しずつ惹かれるものを感じるようになっていった。 そして、ビリーが、かつて浮気をした妻を殺して投獄された過去を持っていること、それでも今は過去を忘れて、団員を家族のように愛していることをメンバーから聞き、深い感動を覚えた。 ある夜、リリーは地元のカウボーイたちにつかまり暴行されそうになるが、そこへ現われたビリーやレナートに助けられる。 しかし、レナートが保安官につかまり、その釈放のために、ビリーはせっかくためた貯金を悪徳保安官の前にさし出した。 さらに突然の火事で残りの貯金や道具を失ったビリーは、やけになり列車強盗を計画するが、それも惨めな結果に終った。 ある鉱泉サナトリュームで何とか幕をあけることが可能になった頃、リリー殺しの罪を引き受けて精神病院送りになっていたジョンがそのサナトリュームに来ていた。 彼の口からアイリンらの陰謀の全てを知ったリリーは、事実を明白にするためニューヨークヘ帰っていった。 リリーを失ったビリーの芸は精彩に欠け、一座のメンバーたちを心配させた。 そんなある夜、アビリーンの町でショーの幕を開いたビリーは演技者入場口で衣裳をまとい艶然と微笑むリリーの姿を目にするのだった。 (ワーナー・ブラサース映画配給*1時間56分) 総合60点 ( ストーリー:65点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 ) 西部劇の人気がなくなっていった時代にイーストウッドが作ったのは、カントリーの流れる時代遅れな西部劇風の見世物一座の物語。 その見世物の水準が寒いし盛り上がらないし登場人物たちは貧乏だしで、観ているこちらもかなり盛り下がった。 金持ちだが家庭がひどくて不幸で性格がねじまがった女が加入した紆余曲折の後での前向きな彼らは、同じことをやっていてもずいぶんと雰囲気が変わって、生きることの喜びも将来の希望も見いだせていた。 不幸を共有している彼らは幸せも作り出して共有していけるはずだ。 イーストウッドは西部劇でその成功への第一歩を踏み出した。 その後は西部劇はどんどんと下火になって製作本数を減少していくが、この作品を観ていると彼の西部劇や西部開拓民への思い入れ、アメリカを作った人々の歴史への愛情が感じられた。 「星条旗よ永遠なれ」が流れて全てアメリカ国旗で出来たテントの下での演目は、時代が変わっても西部開拓魂は死なないと宣言しているようだ。 売れない貧乏旅芸人の生活を観ていると辛そうで自分も気が重くなるので個人的にあまり好きな主題ではないのだが、イーストウッドの愛情や思い入れが伝わってきた。 ネタバレ! クリックして本文を読む 80年の映画なのにイーストウッドがもうかなりおじいちゃんぽかったので、この人は人生の大半をおじいちゃんで過ごしているのかと思った。 そんなイーストウッドがサーカス団のような見世物組織のリーダーで、団員はみな刑務所の仲間しかもみんな経歴を偽っているというのがとても面白かった。 またお金や何かと引き換えに、魂の自由を謳歌している感じがとてもよかった。 イーストウッドのショーは女を円盤に貼り付けてグルグル回して、目隠しをして銃を撃って、女の周りの風船を割るというものだった。 銃で風船を割った後は、ナイフで股間の風船を割っていた。 果たしてトリックなのか、本当に凄腕なのか分からず、そのうち失敗して殺してしまうのではないかとハラハラした。 全体的に風通しのいい雰囲気がとてもよかった。

次の