あざとい。 「あざとい」の意味や使い方を解説!あざとい女子の特徴とは?

あざとい女の意味とは?あざとい女子の特徴は外見と行動に表れる!

あざとい

目次 [開く]• あざといとはどういう意味? 「あざとい」という言葉は、最近よく耳にするようになったものの「正直、どんな意味かわからない」と思っている人も多いのではないでしょうか! あざといは、漢字では「小聡明い」と書きます。 「聡明」という単語には「物事の理解が早く、賢いこと」という意味があり、「小」がつくことで軽んじるような意味に。 またあざといとは、本来であれば「悪知恵が働く・ずる賢い・抜け目がない・貪欲」という意味で使うもの。 最近ネット上で使われている「あざとい」の意味とは少し違いますよね! ネットスラング(インターネット上で使用されている俗語)と化した「あざとい」という言葉は、少々大げさに自らのかわいらしさをアピールし、あからさまに相手の心をくすぐるするような振る舞いをしている状態を表した言葉。 「これをやったらみんながかわいいと思うのを知っているからやる」「小さな口ではむはむ食べたらかわいいと思われるの知ってる」……このように、かわいいと言われるの知ってわざと振舞っている人に対して、「あざとい!」と言うことが多いでしょう。 あざとい女の行動の特徴は? あざとい女は「私はかわいいから」「かわいいと男性に言われたい」という気持ちが行動や表情、言動ににじみ出ています。 あざとい女のあざとい行動にコロっとだまされる男性もいれば、あざといことを見抜いて白い目で見る男性もいるのです。 ここからは、男性に「俺のこと好きなのかな……」と思わせる女性の、あざとい行動の特徴をご紹介していきます! あざとい女子の行動特徴1. 自分がかわいいと思っている 自分がかわいいと思って生きているあざとい女子。 自分のことを「かわいい」と思っているその精神は、行動や表情から染み出しています。 男性に話しかけるときは、必ず「この表情をしていたらかわいいと思うでしょ」という顔を作っているのです。 上目遣いをしがちだったり、少しあひる口にしていたりするのは、典型的な「私ってかわいいでしょ」という表情ですよ。 さらに、特定の男性に対して「私がこんな表情をするのは、あなたの前だけだよ」というように、特別感を醸し出していることも。 サービス精神が旺盛なのかもしれませんね! 男性も、「この子は自分の前でしか見せてくれない表情を持っている」と思い、胸キュンしてしまうのです。 あざとい女子は、かわいいと思われる表情を作るのが上手 また、男性を相手にするときでだけはなく、女友達と自撮りをするときに、必ず決まった角度や表情をしている場合。 「私が最もかわいく見えるのは、この角度だから」という気持ちの表れでもあります。 自分の見た目に対して自信があるあざとい女子は、かわいいと思われる表情を作るのがとても上手なのです。 その結果、少し芝居がかった顔の動かし方や話し方をしていることもあります。 あざとい女子の行動特徴2. 男性に媚びがち 男性に媚びがちなあざとい女子は、男性なら誰もが「かわいい」と思う仕草や行動をしています。 特定の男性ではなく、すべての男性にモテたいので「あざとさ」を振りまいています。 男性をやけに褒めるのも、あざとい女の行動の特徴。 しかし、「八方美人」「ぶりっ子」などとマイナスの評価を受けることも多々あるでしょう。 異性との関わりの中で受けたマイナス評価は、なかなか元には戻らないもの。 わざとらしい行動には要注意ですよ! あざとい女子の行動特徴3. 天然ぶる 天然ぶることも多いあざとい女。 しかし、本当に天然ではない人が天然ぶったところで、それは養殖になってしまいます。 天然ぶっていることも、周りから見ればバレバレなのです。 まず、本当に天然な人は「私って天然だから~」「よく天然って言われるんです」と自己申告はしません。 自分のことを「天然」と言い出した時点で、もう天然ではないのです。 また、天然の人は周囲が驚くことをしてくるもの。 大事な約束の日を一週間間違えたり、言い間違いや勘違いが激しかったり。 予想がつかないのはもちろん、自分が損をしたり怒られてしまったりするようなことも繰り出します。 自分が怒られないよう計算をして、うっかりミスができる女子は、天然ぶっているあざとい女と言えるでしょう。 あざとい女子は計算高い!? また、天然ぶっている女子は、計算高い女とも言えます。 周囲の人がどんな反応をするかまでをしっかりと考えて、天然だと思われそうな発言をして「本当に君は天然だね〜」と言われたいのです。 あざとい女子は、天然な人が周囲から愛されて、笑ってもらって、モテモテだと思っています。 だから天然な人に憧れて、天然になる努力をしているんですよ! あざとい女子の行動特徴4. イケメンを狙う あざとい女子の眼中には、ブサイクな男性はいません。 もしブサイクな男性に話しかけたり媚を売ったり、思わせぶりな態度を取ったりしている場合、欲しいものがあるか、男性にちやほやされたいかでしょう。 あざとい女子が本当に狙っているのはイケメンです。 イケメンを自分の隣に置いて「美男美女カップル」「お似合いの二人」と言われたい願望があります。 あざとい女子は、ただのイケメン好きではなく、イケメンの隣にいる自分が大好きなのです。 また、とても人気でどうしても欲しい新作コスメなど、数量限定のものが発売されるときに、自分が手に入れるためにウソの発売日を教えることもあるかもしれません。 普段関わっているだけであれば「少しあざといけど、まあ普通かな」くらいに思うかもしれませんが、いざというときや男が絡んだときは、容赦なく裏切ろうとする特徴があるのです。 あざとい女子の行動特徴6. リアクションが大きい あざとい女子は、男性が話すことに対して「わあ! すごーい!」「なんでそんなこと知ってるんですか?」「頭がいいんですね!」など、大きなリアクションをしています。 そして、男性を気持ちよくさせるのです。 男性は、自分がした行動や言動に対して反応が薄い女性よりも、オーバーリアクションでもしっかり反応をしてくれる女性に好意を持つ傾向があります。 その傾向をしっかりとわかった上でオーバーリアクションをしているので、リアクションが大きい女性はあざとい女と言えるでしょう。 あざとい女子の外見の特徴は? あざとい女子は、自分の顔がかわいいことをしっかりと自覚をしています。 自分がかわいいと自覚をした上で、さらにモテたくてかわいいと言われたいがために「男ウケに特化した外見」を目指しているのです! ここからは、男ウケ重視の外見に特化した、あざとい女子の見た目の特徴をご紹介していきます。 「あざとい女子はこんなファッションをするのか」と、あざとい女を見抜く判断材料にしてみてはいかがでしょうか! あざとい女子の外見特徴1. 髪型 あざとい女子の基本的なヘアスタイルは、ミディアムからロング。 ゆるふわカールや低めのツインテール、ポニーテール、ハーフアップなど、ヘアアレンジができる長さであることが多いでしょう! 前髪は、道端アンジェリカさんのように、伸ばして流すスタイルではありません。 ぱっつん気味で軽く巻いていたり、少し短めで軽く流したりできるくらいの長さの場合が多いのです。 典型的な女の子っぽさがかわいいと言われるのを知っているあざとい女子は、徹底的に女子っぽいヘアアレンジをすることでしょう。 編み込んでリボンを付けたり、レースを付けたり。 薄い茶色の髪色で、胸上くらいの髪の毛をゆるく巻いて、マフラーに髪の毛をわざと巻き込ませます。 男性の多くが、冬にしか見られない「マフラー巻き込み髪」が好きなことを知って、あえて巻き込むのです。 夏でも秋でも冬でも、一年中男ウケする髪型の研究を重ねて、その時々で最高にかわいい姿を見せようと頑張るのがあざとい女です! あざとい女子の外見特徴2. 服装 あざとい女が服装を考えるときは、「いかに男にかわいいと思ってもらえるか」が一番大切! 秋冬の場合、男性がつい触りたくなってしまうふわふわ素材のニットを、萌えそでにするのもあざといファッションテクニックの一つ。 また、花柄のワンピースなどの典型的な「女の子らしさ」で攻めるのも、あざとい女は大得意です。 ピンクで女の子っぽさを演出する女の子もいますが、シンプルなファッションで「男ウケなんて狙ってません」という顔をして、実はバチバチに男ウケを狙うタイプのあざとい女も。 シンプルなあざとい女子は、全体をモノトーンでまとめておきながら、男性人気が高いオフショルダーを着こなす芸当に出るのです。 さらに、シンプルすぎないようにアクセサリーで女性らしさを見せてくるのもテクニックとしてカウントできます。 揺れるイヤリングやピアスで女性らしさをアピールしたり、ピンクゴールドの腕時計で腕の華奢さをアピールしたり、服装はシンプルでも小物で女を出してくるあざとい女子もいるんですよ! あざとい女子の外見特徴3. メイク 少し前までは、困り眉やピンクのチークでかわいらしさをアピールしていたあざとい女子。 オシャレでフェロモンが出る女性に見せるためのメイクを「おフェロメイク」と呼んでいます。 あざとい女子が好む「おフェロメイク」は、素肌美人に見せるため、透明感が命! ファンデーションは薄づきです。 チークも血色がよく見えるように塗っています。 ネイル あざとい女子がするネイルは、薄ピンクや薄イエローなど、パステルでシンプルなもの。 飾りが付いていても、小さなハートやパールなど、男性が「控えめでかわいい」と思うものしかつけていません! また、ネイルをしない派のあざとい女子も多くいます。 爪をきれいに整えて手にハンドクリームを塗って、「手や爪に気を使っているんですよ」というアピールをするのです。 本当におしゃれが好きな女性は、男にどう思われるかなんて気にせず、好きな色のネイルをして好きな飾りをつけてファッションを楽しんでいます。 「本当は派手なのが好きだけどモテたいから」と我慢して、男ウケするネイルをしている女性もいるでしょう。 あざとい女子の外見特徴5. 香り あざとい女は、香水をしないことが多いでしょう。 なぜなら、男性は人工物の香りよりも石鹸やシャンプー、柔軟剤といった「自然ないい香り」が好きなことを知っているからです。 キツい香りを感じさせないけど、すれ違ったときにふわっといい香りをさせる……このようなシャンプーや柔軟剤の情報を、たくさん知っています。 また、ボディミストやコロンなど、キツくないけれどいい匂いをさせるものを使うことも。 「フローラルシャボンの香りといえば私」というように、香りと人物を一致させて、男性に印象付けさせようとすることもあるのです。 あざとい女子は男性からモテる? あざとい女子が好きな男性は、意外とたくさんいます。 「こんな自分に話しかけてくれる」と喜ぶ男性もいれば、話しかけてくれた言動の中に「自分への好意」が感じ取って女性を好きになってしまう男性も。 自分を含めた何人かと一緒に話しているときに、あざとい行動をしているのを見るだけなら、「かわいい」と思うかもしれません。 しかし、ロックオンされてあざとい行動の標的になってしまったら、男性は少し困惑してしまうかもしれませんね。 彼女がいる男性がその場にいて、彼女持ちの男性に向けてあざとい行動をしていたら……。 他の男性から「この女は二人の関係を壊すかもしれない」「近づかない方がいい」と危険人物扱いされてしまうかも!? あざとい手段が有効だからと言って、やりすぎるのはNG! ちょっとしたあざとさなら「かわいいな」と思う男性もいますが、やり過ぎてしまうと途端に「やりすぎ」「気持ち悪い」と思う男性もいるので注意してくださいね。 男性の前であざとい女であり続けるということは、女に嫌われる女で居続けるということでもあるのです。 女の友情を捨ててまで男にモテようとする姿勢は、立派なものかもしれません。 しかし、あざとくて思わせぶりな行動にだまされる男性も現れることでしょう。 逆恨みをされて危険な目に遭ってしまうかもしれません。 そんなとき、もしかしたら「自業自得だ」と言われてしまうかも。 あなたはいくつ当てはまりましたか? それともあなたのまわりのお友達に当てはまってたりして……? 編集後記では、あざとい女性の性格や内面に迫っていきましょう! あざとい女性の性格と内面1. 八方美人 あざと女子の特徴として、八方美人な人が多い傾向があります。 相手に対して不快なイメージを与えないよう、自分を好印象に見せようと八方美人になりがちかも……。 あざとい女性の性格と内面2. 人によって態度を変える 性別に関わらず、人によってころころ態度を変えることができるのもあざとい女子の特徴。 相手のペースに上手に合わせることができるので、自分を好印象に見せることができるのです。 あざとい女性の性格と内面3. 気配りができる あざと女子は自分がどう見られているか、を人並み以上に意識しています。 だからこそ、まわりをよく見れる子が多く気配り上手。

次の

あざとい女の特徴・男心のツボを知っている

あざとい

「 あ ざ と い な さ す が 代 永 あ ざ と い 」 とは、言葉の通りの意味である。 ちなみに最近では他番組でもそのあざとさを発揮する機会が増えてきている。。 「キャピ」においては第10回より、番組においてあざとさを発揮することが慣例化しており、 「」V. 2に「『キャピ』シメ」として収録されることとなった。 こちらは連続でが流れるため、視聴の際には覚悟を持って臨まなければ いろいろと持っていかれる。 番組であるももちろん彼に対し「」と漏らす。。 ちなみに「キャピ」第回からは拓ちゃんによるシメで終了している。 あTHEとい。 とにかくまずは関連の視聴を推奨する。 その更に.

次の

弘中綾香アナ、あざとすぎるダンス動画に反響「途中のウィンクずるい」「キュン死しました」

あざとい

一方で、こちらにまったく興味を持っていない男性に対し、「あざとい」と思われる行動をしてしまうと、「うっとうしい」と思われることに……。 ここでは男性が不快に感じる女性のあざとい行動をご紹介します。 「うわ、あざとい!」と男性に思われてしまう行動は? 1: ボディタッチが多い あまり恋愛経験がなく、女性からボディタッチされるのに慣れていない男性は、ボディタッチされるとドキドキして、「あざといな」と感じるまでには至らない可能性があります。 むしろうれしくなることも。 一方で、ある程度の恋愛経験があって、ボディタッチされることにも慣れている男性にとっては、ボディタッチが妙に多い女性は「あざとい」以外の何物でもありません。 過去の経験をもって、これは計算してやっているな、意図的に触っているな、と判断するのです。 ベタベタと触りすぎるのは考えもの。 適切なタイミングに適量を心がけて。 ここぞというときにだけ繰り出すのが吉です。 言葉では褒めていても、態度にどこか「私のほうが上」という自信がにじみ出ているからです。 「ウソつけ」「そんなこと思っていないくせに」「女って怖い」などと思われてしまうのです。 さらに、「この子、あざといな」だけでなく「性格が悪いのでは?」と思われる可能性も。 見え透いたお世辞を言うのは避けたほうが良いでしょう。 本当に思ったことしか言わないのがベストです。 3: 距離が近い 「ちょっと、近くない……?」とびっくりしてしまうくらい、物理的距離を縮めてくる女性に対して、男性は「あざとい」と感じます。 他人に近づかれると不快に感じる「パーソナルスペース」の広さには、人によって個人差があります。 近づいてくる相手によっても、パーソナルスペースは異なります。 たとえば、恋人だと超至近距離にいても違和感がない一方、他人が同じ距離にいると「近すぎる……」と感じるように。 このパーソナルスペースを考えることなく、距離を詰めてくるのは不自然に感じられ、「あざとい女性」印象を形成してしまうことに。

次の