スウェーデン の コロナ 感染 者 数。 封鎖なし「スウェーデン」異色の緩い対策のワケ

【必読】スウェーデンの新型コロナウィルス(随時更新中)

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

首都ストックホルムを歩く人々。 2020年4月4日。 スウェーデンのコロナウイルス対策責任者は最新のインタビューで、同国の死者数が多いのは「大きな驚き」で、「とても憂慮している」と述べた。 疫学者のアンダース・テグネル氏は「 」で、スウェーデンの戦略は多くの点で成功していると述べている。 ロックダウンなしの戦略は、より多くの死者を出すための決定ではなく、もちろんこの大きな代償は予想していなかったという。 スウェーデンでは、死者の約半分が老人ホームでの発生しているが、施設の訪問は禁止されいた。 テグネル氏によると、保健当局は、この病気を高齢者から遠ざけるのは簡単だと考えていた。 スウェーデンでコロナウイルス対策を主導する人物は、同国の死者数の増加は「本当に驚いた」と語った。 スウェーデンの疫学者であるアンデルス・テグネル(Anders Tegnell)氏は5月6日に、に登場し、議論を呼んでいる同国の取り組みについて述べた。 「もちろん、死亡者数が多くなるとは考えていなかった」と、彼は語っている。 「多くの人々が病気にかかるだろうとは予想したが、死亡者数は本当に驚きだった」 6日の時点で、スウェーデンは2万3000人以上の感染者、2700人以上の死者が報告されている。 この死者数は、近隣の北欧諸国や封鎖された他の多くの国々よりもはるかに多い。 テグネル氏(左)と番組司会者のトレバー・ノア。 しかし同時に「私は我々が他と異なる方法を取ることで成功したと言っているのではない。 つまり、我が国の死亡者数は、我々がとても憂慮していることだ」と認めた。 同氏は、スウェーデンではにもかかわらず、多くの欧州諸国と同様に、老人ホームでの死亡者数が非常に多いことを指摘した。 「彼らを病気から遠ざけることは非常に難しい。 我々がいくら最善を尽くしていても、それは明らかに十分ではない」と彼は言った。 「もちろん、誰かの命を他の誰かの命よりも優先させているわけではない。 それは我々のやり方ではない」 テグネル氏は4月下旬に、アメリカの死者の少なくとも半分は老人ホームにおけるものだったと。 「老人ホームにいる人たちをこの病気から隔離しておくことは、我々のほうがずっと上手だと思っていた」と彼は言った。 テグネル氏は以前、封鎖していれば死者をもっと少なくできたかどうかを知ることは「非常に難しい」と述べていた。 多くの人が(訪問を禁止されている)老人ホームで亡くなっているからだ。 テグネル氏の出演した番組は以下のリンクから視聴できる。

次の

コロナウイルス(COVID

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

本日のスウェーデン感染者状況 本日におけるスウェーデンの感染者総数は18,177人、死亡者2,192人、100万人あたりで感染者は1,800人、死亡者は217人にもなっています。 日本の感染者数が12,829人、死亡者345人、100万人あたりで感染者は101人、死亡者は3人です。 スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は 72倍以上も日本より高いことになります。 北欧諸国と比較して桁違いに多い、死者数が爆発増加のスウェーデン スウェーデンは世界でも唯一というほどコロナ対策や規制を行わない国です。 そのため回復者、死者数による 死者率では本日で79. 64%にもなっているのです。 4月17日のイギリスの新聞インデペンデント紙には、スウェーデンの死者数が規制を行う他の北欧諸国と比べても桁違いに高いことが記されています。 アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学によると、人口が1,000万人ほどしかいないスウェーデンにおいて、コロナ感染者数は4月17日において13,216人のコロナ感染者が確認されており、1,400人もの死亡者数となっている。 近隣の北欧諸国の死亡者数合計さえも上回っていると報じています。 デンマーク(321人)、ノルウェー(152人)、フィンランド(75人)(4月17日時点) こうした統計データがあるにもかかわらず、イエテボリ大学の数学統計学のオレハグストロム教授は、 「スウェーデンのコロナ戦略に危惧することはわかるが、 その戦略が長期的に間違っていることは誰にもわからない。 スウェーデン当局は社会に厳しい規制をすると、長期的に規制が不可能だからだ。 たとえば マラソンを考えてみてくれ」と語っているのです。 またカロリンスカ研究所の疫学者カリーナキング教授もスウェーデンの戦略は 「文化的規範」に由来しており、 スウェーデン人は勧告に従い当局を信頼するためだと話しています。 ただこれは本当でしょうか? 4月19日の新聞アフトンブロデットによれば、多くの人たちが ストックホルムへ夜中にパーティをしにくり出していると報道されています。 さらに 携帯通信会社テリアの個人携帯追跡から、 ストックホルムへ出かける人たちが、2週間前より数万人以上増加していると報じられています。 これが当局の指示をよくきくスウェーデン人なのでしょうか? 新聞アフトンブロデット4月19日ストックホルムの夜 オックスフォード大学科学オンライン出版紙アワー・ワールド・イン・データの最新統計データによれば、 スウェーデンでの死者数がよりいっそう他の北欧諸国を引き離し増大していることがわかります。 イエテボリ大学の数学統計学のオレハグストロム教授はこのコロナ危機をマラソンに例えてました。 しかしこうした統計データをみても、死者数が毎日のように急増していく スウェーデンは、その長期的なマラソンから 「リタイヤ」してしまう可能性を考えなくてよいのでしょうか? Our World In Data 北欧の死者数比較(4月25日時点) さらにこのハグストロム教授は、 「スウェーデンにとってこのコロナ戦略が良いのかわからないが、 スウェーデンが各国が違った戦略 をとることで各国が 比較する機会 があることは、 世界にとって良い こと だ」と、 スウェーデンの独特なコロナ対応が、他国が比較して勉強する機会を与えているとさえ語っているのです。 信じられない開き直りようです。 この言葉をコロナで亡くなった親族の前で発言できるのでしょうか? スウェーデンの学者の中にはイエテボリー大学疫学のボ・ルンドバック教授などは、 スウェーデンのコロナ戦略に怒りを表し、当局は感染が国に広がると信じておらず 「愚か」だとスウェーデン当局を非難しています。 スウェーデンは公平で皆の意見を平等にきく国だとよく言われます。 しかし実際のスウェーデンでは、 建前上は平等であるため話を聞きますが、 実際はトップダウンの縦社会です。 そのため話し合いをする前に、ほとんどのことが 事前に決定されていることが多々あります。 そのためこうした非難する学者の声は政府に届くことはなく、正当な理論や根拠もなくコロナ規制を行わないため、毎日のように死者を爆発的に増加させているのです。 globaljourney.

次の

人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移【国別】

スウェーデン の コロナ 感染 者 数

スウェーデンの首都ストックホルムでは、人々がアイスクリームを買うために並んでいた(2020年4月19日)。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、いまだロックダウン(都市封鎖)に踏み切っていないスウェーデンでは、4月20日現在、感染者数が1万4000人を超え、1580人が死亡している。 スウェーデンの死亡者数は、他の北欧諸国の10倍近い。 ノルウェーでは、7100人以上が感染、181人が死亡。 フィンランドでは、3800人以上が感染、94人が死亡している。 が発表したチャートは、ノルウェーの感染拡大カーブが下がってきている一方、スウェーデンのカーブはまだ平坦化していないことを示している。 スウェーデンの賛否両論の新型コロナウイルス対策は、他の北欧諸国の10倍の死亡者数をもたらしている。 これは封鎖の解除を求めるアメリカの一部市民への反論材料にもなりそうだ。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、によると、スウェーデンはいまだロックダウンに踏み切っていない。 政府は50人以上の集会を禁止し、市民に自主隔離を求めているが、学校、レストラン、ジムは開いたままで、生活はほとんど変化していないように見える。 スウェーデンのこうした対応はヨーロッパの他の国々とは一線を画すもので、感染者数はまだ減っていない。 人口1023万人のスウェーデンでは4月20日現在、新型コロナウイルスの感染者数が1万4000人を超え、1580人が死亡している。 隣国ノルウェーとフィンランドはウイルスに対し、スウェーデンとは異なるアプローチを取っていて、それが死亡者数の差につながっている可能性がある。 ノルウェーは、学校やレストラン、文化イベント、ジム、観光地を閉鎖した。 外国人旅行者の入国も禁止した。 フィンランドはとして、国境の往来を制限し、10人以上の集会を禁止し、学校を休校にした。 4月20日現在、人口536万人のノルウェーでは、新型コロナウイルスの感染者数は7100人を超え、181人が死亡。 人口550万人のフィンランドでは感染者数が3800人を超え、94人が死亡している。 によると、スウェーデンの疫学者で、国の"緩やかな"新型コロナウイルス対応計画を作ったアンダース・テグネル(Anders Tegnell)氏は、その死亡率はウイルスの感染拡大が「頭打ち」になり始めていることを示していると、現地メディアに語った。 しかし、が発表したチャートは、テグネル氏の見方とは一致しない。 スウェーデンの感染者数は増え続けていて、ノルウェーの感染者数はすでに減り始めているようだ。 左がスウェーデン、右がノルウェーの感染拡大カーブ。 「当局および政府は愚かにも、この疫病がスウェーデンまでやってくるとは全く考えていなかった」とルンドバック氏は指摘した。 によると、約2300人の学者たちは3月、スウェーデンに対し、ウイルスへのアプローチを考え直すよう呼びかける公開書簡に署名している。 この書簡に署名したカロリンスカ研究所の教授セシリア・セーデルベリ・ナウクレル(Cecilia Soderberg-Naucler)氏は、「わたしたちは状況をコントロールしなければならないし、全くのカオスに向かうわけにはいかない。 誰もこのルートを試していないのに、どうしてスウェーデンでインフォームド・コンセントなしに、わたしたちが初めて試さなければならないのか? 」とFox Newsに語った。 ブルームバーグによると、スウェーデンの人々は今のところ旅行を控えているといい、アン・リンデ外務大臣は政府の決定が「社会全体に影響している」とラジオ・スウェーデンのインタビューで語ったと。 スウェーデンの首都ストックホルムで、外食を楽しむ人々(2020年4月20日)。 企業が営業を続けていられたからだという。 「ロックダウンはしないというスウェーデンの戦略が結果的に無謀だったと判断されるかもしれないが、感染カーブがすぐに平坦化すれば、その経済は(他国に比べて)より回復しやすいかもしれない」.

次の