多摩川競艇 特徴。 多摩川

多摩川競艇場 水面特徴

多摩川競艇 特徴

この記事で紹介する内容• 多摩川競艇の水面の特徴• 多摩川競艇の風の特徴• 多摩川競艇のコースの特徴• 多摩川競艇のコース別入着率• 多摩川競艇のコース別決まり手• 多摩川競艇のコース別入着率• 多摩川競艇の企画レース• 多摩川競艇で予想をする際の注意点• 多摩川競艇で予想をする際の攻略法• 多摩川競艇ライブ中継• 多摩川競艇の特徴まとめ 競艇は6艇で着順を競い合う公営競技です。 競馬や競輪と違い出走数が少ないことから的中しやすい一方で、競艇場のコースや季節、そして気候等の条件の影響を受けやすく、とても奥深い競技でもあります。 そんな奥深い競艇ではありますが、知識をつけていくことで的中率のアップに繋がるのもまた事実です。 当記事を読めば多摩川競艇の特徴がわかるようになります。 基本データ• 公式:• 電話番号:042-369-1811• 住所:東京都府中市是政4丁目11• 支部:東京• モーター交換時期:8月 多摩川競艇は東京都府中市にあります。 以下が多摩川競艇を上空から見た図となります。 名前の通り、多摩川競艇は東京都を流れる多摩川沿いに位置していますが、水源については名前とは裏腹に、多摩川水系ではなく実際は近隣の井戸から引き上げたものとされています。 そのため海水ではなく、川の水でもありません。 しかし川の水ではないにせよ、川と同様に淡水であるのがまず特徴として挙げられます。 さらに図のように土手に囲まれたプール水面であることから、海のようなうねりや潮の干満差がないのが特徴です。 また防風林を設置していることで風の影響も緩和されているのも大きな特徴と言えます。 多摩川競艇では、 これら水面や風の特徴を把握した上で予想をする必要があります。 多摩川競艇場の水面の特徴 多摩川競艇の特徴として、井戸水ではあるものの淡水であることから、淡水であることを踏まえて予想をする必要が出てきます。 淡水と言えば海水と違い、塩分濃度が低いため浮力が弱いのが特徴です。 そのため選手の体重差が出やすく、ヘビー級選手と称される体重の重たい選手には不利な水面とされています。 さらに淡水は水質が硬く、モーターの回転が上がりにくいとされています。 そのためモーターの差が出やすいのが特徴で、機力がレースに大きな影響を与えます。 このことから、多摩川競艇で予想をする際には、 前検タイムや直前情報は欠かさずチェックしておくと良いでしょう。 また先の通り体重差が出やすいとなると、不利なのがヘビー級選手である反面、軽いことがアドバンテージとなっている女子選手に有利に働くと言うことになります。 そのため男女の混合戦の際には、実力もさることながら、 女子には特に有利な水面であることを忘れずに予想をすると良いでしょう。 出典: こちらは多摩川競艇の2階一般席となります。 ガラス奥のバックストレッチ側に緑の林が見えていますが、こちらは 防風林と呼ばれるもので、その名の通り風を防ぐためにあえて設けられた林なのです。 この存在のおかげで、多摩川競艇は年を通して比較的穏やかな風の日が多いことで知られています。 競艇は風の影響を受けやすい競技である中、この多摩川競艇では風の影響が少ないことで選手からも走りやすい水面として認識されているのです。 そのため、多摩川競艇では風による影響をそこまで機にすることなくレースに望めることから、選手本来の実力を発揮しやすい水面であると推察出来ます。 先の通り水面の特徴である体重差やモーターの差が出やすいという事実に加え、 本来の実力も出しやすい水面であることを加えて覚えておくと良いでしょう。 出典: まず最初の特徴として挙げられるのが、その広さについてです。 多摩川競艇は 関東圏に設けられている競艇場の中でも随一の広さがあることで知られています。 水面が狭いと選手にとって窮屈感を与えますが、広いとスピードを乗せたターンがしやすくなるため、道中も見所のあるレースが見受けられます。 また、実は多摩川競艇は日本一狭い戸田以上に、 本番ピットから2マークまでの距離が短いのが特徴です。 戸田競艇は距離が120mありますが多摩川競艇は89m。 日本一狭い競艇場よりさらに30m以上も多摩川競艇は狭いのです。 広さについては日本から3番目の広さであることと、関東一大きな水面であるため、その広さが良くクローズアップされがち。 ですが、 多摩川競艇の特徴を最も表現しているのが、その広さにも関わらず、2マーク側に限ってはかなり狭いことであると考えられます。 ピットから2マークまでが狭いと、枠なり進入となりやすくなります。 逆に無理に前付けしてしてしまうことで深イン(進入が深くなり、助走距離が短くなること)となりやすく、荒れる要因となりやすくなるのです。 それだけではありません。 多摩川競艇が広いと言われている中、実は 1マークとスタンドまでの距離 41m は24競艇場の中でも7番目の狭さなのです。 1マークが狭い中でスタートが揃うと艇全体が1マーク付近でも横並びになることとなり窮屈な状態が生まれます。 そうなるとスロットルを握って思い切り旋回しようとする3,5コースに有利となることが多いのが特徴です。 一方窮屈な状態となると差しコースである2,4コースは握ってターンをする艇の引き波にはめられやすく、不利とも言われています。 多摩川競艇の特徴として、その広さはもちろんですが、実は狭い部分もあることを覚えておくと良いでしょう。 コース 1着率 2着率 3着率 4着率 5着率 6着率 1 54. 3 17. 7 7. 7 6. 9 6. 9 6. 2 2 10. 4 24. 5 19. 4 18. 4 14. 0 12. 9 3 13. 9 21. 6 18. 4 18. 6 17. 7 9. 5 4 14. 3 16. 0 17. 9 17. 2 18. 3 16. 0 5 5. 4 14. 7 20. 4 18. 5 22. 3 18. 5 6 2. 1 6. 3 17. 1 21. 3 21. 1 31. 9 集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日 全国的にみてもイン逃げ率は平均値に近い値を示していると考えて良いでしょう。 実は多摩川競艇のコース別入着率を確認すると、近年では過去と比較しても 多摩川競艇の逃げ率は上昇傾向にあります。 これはおそらく防風林が設置されて以降、林の木々が成長し、さらなる防風の役目を果たしてくれたおかげで、風の影響がさらに低くなっているためだと推察されます。 例えば日本一広い浜名湖競艇と比較してみると、浜名湖競艇は1. また、日本で2番目に広い蒲郡競艇は3コースと比べて2コースの方が0. なぜ多摩川競艇は広いのにも関わらず2コースの1着率が低く出ているのか、理由として考えられるのは、多摩川競艇はその広さとは裏腹に1マークとスタンドの距離が両者の競艇場よりも短く、差しが不利なな状況が生まれているのではと考えられます。 このことから、多摩川競艇の特徴として、 2コースよりも3コースの方が有利ということを覚えておくといいでしょう。 さらに浜名湖と蒲郡両者との競艇場との違いとして、その 3コースよりも4コースの方が0. このことについては、多摩川が風の影響の少ないきっての静水面であることで握りやすいことに加え、1マークとスタンドの狭さが差しに不利な状況であることから、4コース差しではなく、4カド捲りを狙う選手が増えた結果と推察出来ます。 このことも多摩川競艇の大きな特徴と言えるでしょう。 コース 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 97. 3 0. 0 0. 0 0. 0 2. 6 0. 0 2 0. 0 28. 0 62. 0 0. 0 8. 0 2. 0 3 0. 0 39. 3 15. 1 34. 8 10. 6 0. 0 4 0. 0 44. 1 11. 7 35. 2 8. 8 0. 0 5 0. 0 11. 5 7. 6 65. 3 11. 5 3. 8 6 0. 0 30. 0 10. 0 60. 0 0. 0 0. 0 集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日 多摩川競艇の特徴として、まず第一に3コースの捲り率の高さが挙げられます。 日本一広いとされる浜名湖競艇は、3コースの捲り率が31. つまり 多摩川競艇と浜名湖競艇では逆転現象が発生しているのです。 このことから多摩川競艇は、3コースが本命と判断された際には、捲り差しではなく捲りの可能性が高いということとなり、インや2コースが残しづらくなる状況が発生します。 そのため3コース捲りが敢行されると、買い目にも影響しますので注意が必要です。 第二に、4コースについては浜名湖競艇の捲り率が38. 多摩川競艇と比較し、捲り率が低い分、差し率にそのまま加算されている状況となります。 つまり多摩川競艇場の4コースは、差し率が低く捲り率が高いと言えるのです。 これらのことから、 多摩川競艇のセンター勢は捲り差しや差しよりも、捲りの選択がされる傾向にあることに注意しておくと良いでしょう。 要約まとめ• センター勢は捲り差しや差しより、捲りが選択される傾向にある 多摩川競艇場のコース別入着率の特徴 以下が多摩川競艇の特徴である、季節毎のコース別入着率 1着〜3着率 です。 春季のコース別入着率 3月~5月 コース 1着率 2着率 3着率 1 51. 6 20. 1 8. 5 2 13. 6 24. 2 16. 5 3 13. 3 20. 1 21. 7 4 12. 8 18. 3 20. 9 5 7. 8 12. 7 18. 7 6 1. 9 5. 5 14. 8 集計期間:2019年03月01日~2019年05月31日 多摩川競艇の春季は年を通して最もイン逃げ率が下がることが特徴です。 しかしその分、他季と比較し、最もインの2着率が上昇しています。 加えて、4・5コースの1着率が最も高くなっていることから、 春季は4,5コースの捲り差しが最も高くなる時期と言えるのです。 要因としては気温の上昇に伴い、水温も上昇していることが考えられます。 競艇のモーターは水温が低い方が回転が良くなるように作られています。 そのため、水温が高くなる時期はモーターの回転が上がりにくくなります。 モーターの回転が上がりづらくなると、スロー勢のモーターの回転がスタートの時点で上がりきらず、スピードをつけてきたダッシュ勢を受け止めきれずに捲られてしまうレースが多くなっていることが考えられるのです。 しかしそれだけでは夏季の方が暑いはずですので、夏季は余計に逃げ率が低くなりダッシュ勢の活躍が目立つのではとも思えてしまいます。 それにも関わらず夏季の方が逃げ率がわずかに高いのは、選手も気温の変化に対応してモーターの調整をしているので、夏季は全体的に水温が高いことからそれなりの調整をして選手もレースに臨むことでしょう。 しかし春季は季節の変わり目です。 日や気候、時間帯によって容易に水温も変化することが予測されます。 この変化に対応しきることが出来ず、ダッシュ勢の活躍が夏季と比べてさらに目立ったのではと考えられるのです。 これらのことから、 春季は気温と展示タイムに注意しながらレースを予想することをオススメします。 要約まとめ• 春季は最もイン逃げ率が下がるが、インの2着率は上昇する• 春季は4,5コースの捲り差しが最も高くなる時期 夏季のコース別入着率 6月~8月 コース 1着率 2着率 3着率 1 51. 8 16. 0 9. 5 2 14. 0 22. 4 18. 7 3 13. 7 23. 3 19. 7 4 12. 5 17. 7 21. 2 5 6. 5 14. 8 19. 0 6 2. 2 6. 7 12. 9 集計期間:2019年06月01日~2019年08月31日 夏季は春季に続いて イン逃げ率が下がることが特徴です。 これは春季同様にモーターの回転率による影響が考えられます。 しかも夏季は年で最も暑いことに加え、多摩川競艇の特徴であるプール水面であることと、防風林により風が少ないことから水温が上昇しやすく、選手の調整が及ばないほどの高温がデータに現れているのではと推察出来ます。 しかし、回転が回るように選手もモーターの調整をしたり、時間帯や日を問わず水温が上昇していることで、春季よりも変化が少ないことから逃げ率については春季よりもわずかに上がる結果となった可能性があります。 一方、インの3連対率をトータルでみると、逃げはともかく春季以上にインが絡みにくい時期であるとも言えます。 これは捲り差しではなくインが捲られて引き波に乗り、大きな着順となる率が上がっているのではと考えられます。 このことから、 夏季はインが最も受難に遭いやすい時期として覚えておくと良いでしょう。 要約まとめ• 春季の次のイン逃げ率が下がる時期• 3連対率の場合春季以上にインが絡みにくい特徴• 夏季はインが最も受難 秋季のコース別入着率 9月~11月 コース 1着率 2着率 3着率 1 57. 4 17. 3 6. 7 2 16. 0 22. 6 13. 9 3 9. 2 23. 0 17. 0 4 11. 2 15. 7 23. 1 5 5. 6 12. 2 21. 7 6 2. 1 10. 2 18. 6 集計期間:2019年09月01日~2019年11月30日 秋季は年を通して 冬季に続いてイン逃げ率が上がる時期です。 注目すべきは春夏と比較して、秋季に入って一気にイン逃げ率が上昇しています。 つまり秋季に入って水温が下がりつつあり、スロー勢の受難が減ったと考えられるのです。 ただし秋季も春季同様に季節の変わり目です。 日により気温の上下はありますし、台風の季節でもあることから少なからず風の影響も考えられます。 それでも最もイン逃げ率が上がる冬季と比較しても有意差は感じられず、連対率を見てもさほど変わりありません。 そのため、 秋季は荒れる要素も含んではいますが、全体的には逃げを含めたインが連に絡みやすい時期と覚えておいて頂けると良いでしょう。 要約まとめ• 季節の中で2番目にイン逃げ率が高くなる時期• 予想する際はイン絡みを視野に 冬季のコース別入着率 12月~2月 コース 1着率 2着率 3着率 1 57. 5 16. 0 8. 1 2 12. 6 24. 7 19. 2 3 13. 3 20. 8 20. 7 4 10. 7 18. 7 18. 7 5 5. 4 12. 5 20. 4 6 1. 5 8. 3 13. 9 集計期間:2019年12月01日~2020年2月29日 冬季は最もイン逃げ率が上昇する時期です。 その分、4,5,6コースのいずれもが年を通して1着率が低下する傾向にあります。 先の通り、寒くなるとモーターの回転が上がりやすくなります。 これによりスロースタートで助走距離が短くてもスタートラインまで届きやすく、結果的に内側有利となる体勢が出来上がることとなります。 このことから、 冬季は最も逃げやすい時期であることと、ダッシュ勢の勢いが低下する時期として考えてよいでしょう。 ターゲット9 9レース目に開催。 原則A級の選手が1名で1号艇に配置。 その他をB級選手の5名で構成される。 多摩川競艇は全部で1レースと9レースの計2レースが存在します。 いずれのレースもA級選手をインやカドに配置するレースではあるものの、あくまでA級とされているのみであり、A1級とは言われていません。 特にまつりだoneに関しては、インとカドという一騎打ちを感じさせるような番組構成でもあることから、企画レースといっても的中させやすいレースではないように思えます。 このことから、多摩川競艇の企画レースは他の競艇場によくみられがちな、インに強い選手を配置してイン逃げを促し、予想をしやすくするような企画ではなく、 荒れる要素もたくさん感じられる企画であると捉えておいたほうが賢明です。 多摩川競艇場で予想する際の攻略法 多摩川競艇で予想する際は、以下の点を踏まえて予想をすると攻略しやすいでしょう。 静水面で淡水 静水面であることから選手にとっては乗りやすく実力を発揮しやすい一方、淡水であることから浮力が得られくい水面です。 このことから、 体重の軽い選手で尚且つ実力の高い選手を軸に考えると良いでしょう。 特に混合戦での女子レーサーは票が集まりにくくなることが多いため、思わぬ穴舟券が飛び出す可能性も考えられます。 今一度予想時には体重チェックしてみると良いでしょう。 また、混合戦での不人気の女子選手がさらに機力も十分だった場合には、容易に舟券対象から外す前に今一度考察してみると良いでしょう。 多摩川競艇でインから購入するなら秋冬がおススメ 気温の下がる寒い時期に突入すると、水温が下がりモーターの回転が上がりやすくスタートラインまで届きやすくなり、スタート遅れが減ります。 このことからスロー有利な展開が増えるため、インから購入するならより秋冬の季節の方がより安心できるでしょう。 多摩川競艇で穴を狙うなら夏季の4・5コース 夏季には水温の上昇により、モーターの回転が上がらずスロー勢のスタートが遅れる可能性が高くなります。 むしろ、多摩川競艇ほど季節によるイン逃げ率の違いが露骨に出ている場所も珍しいのではと推察されます。 穴党にはダッシュ勢が頭を獲りやすい夏季での舟券購入をオススメします。 多摩川競艇場で予想する際の注意点 多摩川競艇のレースで予想する際は、以下の点に注意して舟券を購入すると良いでしょう。 多摩川競艇の企画レースではインの信頼度に注意 企画レースの中でも、特にまつりだoneについては、主にインとカドにA級、他をB級という構成です。 インとカドだから1-4 4-1と安易に考えてしまうと、思わぬ目が出る事もあります。 それだけインとカドにバランスが偏っているレースは危険なのです。 カド受けである3コースの選手にもプライドがあるでしょうし、簡単に捲られたくはないでしょう。 5コースの選手はカドの動向をチェックし捲りにいけば付いていこうとしたり、時には2段捲りを敢行しようと画策していることだって考えられます。 これらのことから、企画レースといっても、特にまつりだoneについては注意して予想しましょう。 春季は捲り差し。 夏季は捲り。 春季はイン逃げ率が最も低下するものの、捲りばかりではありません。 インの逃げ率は低い一方、 2 着率は最も高いという特徴から、捲りよりも差しや捲り差し傾向にあると言えるのです。 また夏季は イン逃げ率は春季より若干上昇するだけで、 4,5コースの入着率が最も上昇し、なおかつ 2 着率春季よりも下回ることから、捲り差しではなく、捲りによる決着が増加すると言えます。 多摩川競艇は季節によって決まり手も変わってくる傾向にあり、その結果買い目にも影響が出てくることが考えられますので注意しておくと良いでしょう。 多摩川競艇場ライブ 無料でを視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

次の

多摩川競艇の特徴から導き出した予想のコツを大公開

多摩川競艇 特徴

多摩川競艇の予想の仕方・ポイント・コツを紹介 今回は競艇開催場の1つである【 多摩川競艇場】について紹介する。 まず初めに多摩川競艇は「クセが強く」ちょっと競艇に詳しいくらいじゃ攻略できない。 「 勝つことが難しい競艇場」として有名だ。 競艇場は全国で24箇所存在するが、それぞれで特徴が大きく異なるので知っているだけで予想のしやすさにも関係してくる。 コース毎の勝率・水面・風など様々な条件が違う競艇場のポイント、特徴を把握しているかどうかで的中率や勝率は天と地の差なので、多摩川競艇で勝負するなら絶対に覚えておいてほしい。 多摩川競艇の特徴について 多摩川競艇場の主な特徴は・・・。 インコースの勝率が高い• アウトコースの一発があり得る まずは「インコースの勝率が高い」ことについて。 多摩川競艇の水質は淡水。 硬い水面は非常にクセが強く淡水を嫌う選手も多いのだが、同じ淡水の江戸川競艇や唐津競艇に比べて乗りやすいとの声もある。 そこでコレをみてほしい。 コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 1コース 2208 50. 9% 67. 8% 78. 1% 2コース 2200 15. 9% 40. 1% 57. 1% 3コース 2201 12. 4% 31. 7% 52. 1% 4コース 2202 13. 1% 31. 9% 51. 3% 5コース 2197 5. 6% 20. 0% 39. 1% 6コース 2177 2. 2% 9. 0% 23. 3% 上記は2018年01月01日〜2018年12月31日までの1年間の戦績で、インコースの勝率をみると非常に安定しており、江戸川競艇や唐津競艇のインコースの勝率と比べても、多摩川競艇の「インコースの勝率が高い」ことがわかる。 しかし、1コースの勝率だけで考えると唐津競艇の方が上回るので、コレは競艇場の特徴というよりも選手の個人差が影響している可能性の方が高そうだ。 「江戸川は好きだけど唐津はダメ」 「唐津は走りやすいけど多摩川は難しい」 と、 選手の好き嫌いを知ることが多摩川競艇の鍵になるかもしれない。 多摩川競艇で勝負するなら唐津競艇と江戸川競艇のクセや特徴も忘れないように。 続いては水面図を見ていこう。 多摩川競艇場はホーム、バック側とも24場の中で上位の広さを持っている。 静水面と水面の広さから走りやすく、スピード戦になりやすくどのコースからでも全速で攻め込むことができる。 体重のある選手だと不利だったり、モーターの性能が悪ければ伸び足が悪くストレートで負けてしまうこともあるが、基本的には有利な状況で走れるインコースが有利。 余程の力差やモーターの調子が悪くなければ「インコースの勝率が高い」事は揺るがないだろう。 スピード優先となるので周回展示はしっかりチェック。 少しでも怪しいと思ったらインコースをぶった切る気持ちも必要になりそうだが・・・ では、どのような状況で勝負すれば多摩川競艇の勝率が安定するのか。 これまでの事を頭に入れた上で更に詳しく過去のデータを見ていこう。 多摩川競艇のコース別成績で予想してみた 各グレードと天候が悪い時の2パターンでレース結果を確認してみた。 ・コース別成績(SG・G1・G2) コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 1コース 72 66. 6% 79. 1% 83. 3% 2コース 72 8. 3% 47. 2% 47. 2% 3コース 71 9. 8% 22. 5% 49. 3% 4コース 71 8. 4% 25. 3% 43. 6% 5コース 72 4. 1% 20. 8% 34. 7% 6コース 70 2. 8% 5. 7% 27. 1% ・コース別成績(雨・雪) コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 1コース 226 54. 8% 72. 1% 80. 9% 2コース 226 12. 8% 39. 8% 57. 0% 3コース 223 13. 4% 30. 4% 54. 2% 4コース 225 11. 5% 31. 5% 51. 1% 5コース 224 4. 9% 18. 3% 35. 7% 6コース 219 2. 7% 8. 6% 23. グレードの高いレースになるほど1コースの勝率は安定するものの、1コース以外のインコースの勝率は異常なまでに下がった。 一般戦や予選など、普段はインコースが有利な競艇だが、力差がハッキリしないレースになればなるほどアウトコースから全力で狙ってくる。 コレが多摩川競艇の非常に難しいところ。 「アウトコースの一発があり得る」に繋がっている訳だ。 これだけのデータが揃っていれば多摩川競艇で稼ぐのは造作もないはずだ。 ぜひ参考にしてもらえたらと思う。 多摩川競艇の当たる予想方法を大公開 ここからは、多摩川競艇の特徴を基に予想をしても中々いい結果を得られない方の為に、もっと簡単に稼ぐコツを公開していこうと思う。 既に稼げている・自身で予想をしたいという方にはあまり意味をなさないので、今後も独自の予想でいい競艇予想ライフを送ってくれれば幸いだ。 それでは簡単に稼ぐコツを紹介していこう。 まずはじめに、競艇場のコツを抑えたとしても、普通に予想をしているだけでは当たることはあまりない。 その理由は簡単なのだが・・・そもそも特徴は自然的要因で簡単に変わってしまう。 具体的に言えば、強風の影響を受ける競争水面や潮の干満差など。 こういった自然的要因で発生する障害は、普通の人では読み切ることなどできない。 管理人も然り。 私が個人的に予想した時の多摩川競艇の戦績は驚くほどに安定していない。 では、どんな手を使えば多摩川競艇の勝率を安定させることができるのか。 管理人もいろいろと試行錯誤を繰り返したが、最も簡単に稼ぐ方法は・・。 多摩川競艇を得意とする 競艇予想サイトを使うのが1番。 多摩川競艇の予想において、私がもっとも信頼をおくのは・・・ だ。 まずはブルーオーシャンの成績を確認しよう。 2020年03月23日• 多摩川08R• 三連単 1-5-3• 舟券代:6,000円• 払戻金:34,200円• 回収率:570 %• 2019年10月28日• 多摩川10R• 三連単 1-2-5• 舟券代:2,000円• 払戻金:6,200円• 回収率:310 %• 2019年09月20日• 多摩川12R• 三連単 1-2-3• 舟券代:3,000円• 払戻金:6,800円• 回収率:226. 6 %• 2019年07月04日• 多摩川11R• 三連単 1-2-4• 舟券代:6,000円• 払戻金:7,100円• 回収率:118. 3 %• 2019年06月03日• 多摩川11R• 三連単 1-2-4• 舟券代:6,000円• 払戻金:8,600円• 回収率:143. 3 %• 2019年04月09日• 多摩川12R• 三連単 1-3-2• 舟券代:6,000円• 払戻金:15,600円• 回収率:260 % コース 参加回数 勝敗 的中率 回収金額 無料予想 6回 6勝0敗 100% 49,500円 舟券代を差し引いても、約50,000円のプラス収支となっている。 しかもこの結果は無料予想のみでの収支。 また、更に度肝を抜かれたのは・・・ 4月15日に多摩川競艇で開催されたウェイキーカップ5日目。 多摩川7Rだ。 出走表はこちら。 ウェイキーカップはG1なので、出走するのはA1級選手。 実力が口渇している以上、予想が難しいのは言うまでもないだろう。 ただ、インが有利な競艇では1号艇を軸に予想するのがセオリー。 多摩川では更に勝率が高い点を踏まえれば、石渡選手を軸にするのが普通だろう。 まあ考えることはみんな同じなようで、1号艇を軸にした買い目にオッズが集中している。 だが、この時ブルーオーシャンが提供したのは・・・ 2号艇杉山選手を軸にした3通りと、6号艇山下選手を軸にした3通りの計6点。 あまりに現実離れした予想に驚きを隠せなかったにのだが・・・ 結果がこちら。 3連単は224. 9倍の配当がついたのだが、1点1,000円で購入した私は20万円超えの配当を獲得できた。 ここまで見れば、ブルーオーシャンが多摩川競艇に強いのは言うまでも無いだろう。 とはいえ、絶対がない競艇予想において不的中になるのは否めない。 参加の有無を決めるのはユーザー自身なので、私が言えるのはここまで。 試してみたいと思う方はぜひ一度無料予想に参加してみて欲しい。 加えて、私が過去に行ったブルーオーシャンのレビューもまとめてあるので一度目を通してもらえると有り難い。

次の

【ライブ情報あり】多摩川競艇場の今日のレース予想と特徴!ボートレース前に要チェック

多摩川競艇 特徴

周囲が防風林に囲まれているのが特徴的で、風の影響を受けません。 水質は淡水で、広さも十分にあり、スピードレースの展開が予想されます。 日本一の静水面となっている為、全力で攻める全速ターンを楽しみにしていきましょう。 四季別データ 3~5月は、スタートが決めやすくスリット横並びでの展開でターンを楽しみましょう。 イン逃げや本命からの流しが決まりやすいのも特徴です。 モーターが更新されるのもこの時期なので、注意しながら見ていきましょう。 スタート力で頭出せる選手に注目して予想すると良し。 スピード勝負となるので、 逃げか まくりを楽しみましょう。 この時期は最もイン勝率が高い。 風の吹き出すタイミングにより、レース展開が大きく変わる為、ギリギリまで舟券購入を待つのも良い。 17 2 コース 16. 18 3 コース 13. 17 4 コース 13. 16 5 コース 5. 17 6 コース 2. 18 1コースが約50%と、全国で見ても中間でしょうか。 234コースを3着までに組んで予想するか形が最も堅いか。 過去高配当ランキング 高配当の形としては、 6コース絡みのセンター終結が多いですね。 インを外して高配当狙いで予想を組むのも時期によっては面白いか。 競艇で勝つのは簡単でしょうか?という質問をよく頂くのですが、その答えは当然『簡単ではありません。 』とお返事します。 当たり前ですが、どんなことでも簡単ということはありません。 それなのにどうして競艇で勝つのは簡単だという言葉があるのでしょう? その答えは、艇が6艇しかないからです。 すべての艇のパターンを買っても120通りなのです。 さらに1号艇の勝つ確率が圧倒的に高いのです。 この2点から見ても競艇で勝つのは簡単だと考えられます。 では、競艇をしている人は、全員勝てているのでしょうか? 答えは【NO】です。 どうして勝てる人と負ける人が出てくるのでしょう? それは・・・競艇には素人が知らないコツがあるからです。 そのコツを知っているのと、知らないのとでは天と地ほどの差があります。 最強の競艇投資をご覧ください。 6艇の着順を当てる。 3連単でも全通りで120点という確率の有利性を活かし、さらに各競艇場の分析を独自で行い、その独自データに基づいた予想で完全的中無料サイトはこちら 関連する記事• 2018. boatrace-tsu. 四季別レースデータ[…]• 2018. marugame-kyotei. 四季別レ[…]• 2018. kiryu-kyotei. 四季別レー[…].

次の