バジルシード。 バジルシードとは?効果や食べ方は?肝臓に危険な理由は?

【バジルシードとチアシードの違いを解説】栄養や効果、効能まとめ

バジルシード

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

バジルシードとは?食べ方や戻し方についても解説【話題のスーパーフード】

バジルシード

栄養価に優れるスーパーフードが注目されている近年、バジルの種であるバジルシードもそのひとつとして存在が広く知られるようになりました。 スプーン1杯分のバジルシードは、まるで天然の栄養サプリメント! さらに、満腹感を持続させてくれるため、日々ダイエットに励む女性の頼もしい味方でもあります。 バジルシードとよく似ている チアシードと比べても、優れている点はたくさんあります。 今回はバジルシードに含まれる栄養素の量やチアシードとの違いを踏まえ、嬉しすぎる効果と食べ方をご紹介していきます。 食べる上での注意点も必読ですよ。 バジルシードの魅力的な効果を知ったら、今すぐにでもバジルシードを買いに走りたくなってしまうかも? この記事の目次• バジルシードを徹底解説!驚きの食物繊維と栄養素の量 バジルシードはインパクトのあるビジュアルで、一見すると人を驚かせることもある正体不明の食材。 「そんな食材に栄養素がたっぷり入っているなんて信じられない……」と思う方も多いはず。 では、バジルシードの正体や、味わい、栄養素などについて徹底解説していきます! 意外と歴史のあるバジルシード バジルシードはその名前の通りバジルの種。 日本で販売されているバジルシードはタイやインド産のスイートバジルの種がほとんどです。 バジル シソ科・メボウキ属の植物。 原産地は主にインドや熱帯アジア。 バジルの葉はハーブとしてイタリア料理などに使われる。 最近では、バジルシードは「スーパーフード」のひとつとして注目されていますが、水を吸うとゼリー状に膨らむバジルシードは江戸時代には既に「目ぼうき」と呼ばれ、目に入ったゴミなどを取り除く薬のように使われていたそう。 また、東南アジアでは昔からデザートとして食べられている、一般的な食材として親しまれています。 やっぱり気になる味と見た目 バジルシードは 基本的に味も香りもしない無味無臭ですが、人によっては土臭さを感じることもあるそう。 その土の香りでさえ。 水に浸してふやかしたり、ほかの食材と合わせたりすることで気にならなくなるくらいわずかなものです。 多くの人が気になるのは、バジルシードの見た目ではないでしょうか。 水でふやかす前のバジルシードは黒ゴマに似た見た目をしています。 バジルシードを水でふやかすと水を吸収したゼリー状のものが種を覆うように現れます。 この半透明のゼリー状に包まれた黒い種の見た目は「カエルの卵」のようだと言われることも。 ゼリー状に膨らむのは、種子を水分で守り成長させようとするため。 バジルの種が生き残るための本能的な仕組みと言えます。 初めて見ると驚いてしまう方も多いかもしれませんが、バジルが生きるために健気に頑張っている証拠だと思うといじらしささえ感じるのではないでしょうか。 「見慣れるとなんともなくなった」という方も多いので、第一印象で苦手だと決めつけてしまうのは少し待ってください。 実際に食べてみると、 ゼリー状の舌触りがつるんとして心地よく、アロエやナタデココのような食感を楽しむことができます。 バジルシードの魅力って? バジルシードの魅力はなんと言っても豊富な栄養素!バジルシードの主成分は食物繊維。 また 水にふやかすと30倍にも膨らむことで、満腹感を与えることがダイエットに効果的だとされています。 実は、水を吸収すると膨らむゼリー状の正体はグルコマンナンという食物繊維の一種。 そのため、たった10gのバジルシードでレタス2個分の食物繊維と同じ量を摂取することができると言われています。 中性脂肪やコレステロール量の調節を助ける働きのある不飽和脂肪酸、その中でもオメガ3に分類されます。 人体では合成することのできない必須脂肪酸。 体内でDHAやEPAになり 動脈硬化予防や血流改善などに効果的。 オメガ3 魚油やエゴマなどの植物油に含まれている 体内で生成されない脂肪酸の総称。 健康のために意識して摂取することが必要。 一般的に脂肪になりにくいとされている。 ダイエット効果、コレステロール値の低下、アレルギー抑制などの効果がある。 チアシードとの違いは? バジルシードと同じスーパーフードとして似ているものにチアシードがあります。 名前も見た目も似ているので、同じもののように思われることもあるスーパーフードですが、その成分は全く違います。 バジルシードとチアシードの 100g当たりに含まれる成分をまとめた表を見ると、その違いが分かります。 栄養成分 バジルシード チアシード カロリー 307kcal 452kcal 食物繊維 40. 5g 30. 4g オメガ3 1500mg 20000mg ビタミンA 3094. 2mg 1. 6mg ビタミンE 7. 5mg 0. 5mg ビタミンB6 2. 3mg 0. 0mg 8mg マグネシウム 422mg 360mg カリウム 3433mg 160mg バジルシード、チアシードは成長環境によって微妙に栄養素が違ってきます。 製品によって栄養素の含有量が微妙に異なります。 あくまでも目安として参考にしてください。 オメガ3脂肪酸を除いて、ビタミンやミネラルの主な成分はバジルシードのほうに多く含まれている ことが分かります。 さらに、水に浸したときに チアシードは約10倍ほど膨らむのに対し、バジルシードは約30倍も膨らむのも大きな違いです。 バジルシード1日分の栄養摂取量 バジルシードは1日9g摂るのが理想的とされています。 これは小さなスプーン1杯ほどの量。 では、1日に9gのバジルシードからどのくらいの栄養が摂取できるのでしょうか。 まずは、カロリー、食物繊維、オメガ3の1日の摂取目安量と比べてみましょう。 バジルシード(9g) 1日の目安量 カロリー 27. 63kcal 1650~2300kcal 食物繊維 3. 6g 18g オメガ3 135mg 1600mg 27. 6kcalで3. 6gの食物繊維が含まれているのが特徴。 8g程度の食物繊維であることを考えるとバジルシードの食物繊維量の多さが分かりますね。 チアシードに比べると少ないオメガ3ですが、主に青魚などを意識して食べる必要のある必須脂肪酸の不足分をバジルシードで補うことができるのは大きなメリットです。 次にビタミン類を見ていきましょう。 バジルシード(9g) 1日の目安量 ビタミンA 278. 5mg 85mg ビタミンE 0. 67mg 6. 0mg ビタミンB6 0. 2mg 1. 0mg 葉酸 24. なんとたった 9gのバジルシードで1日に必要なビタミンAの半量を摂取することができます。 そのほかのビタミンも、豊富なことが分かります。 一見少なく見えるビタミンC・Eでも、9gのバジルシードは レモン果汁10gとほぼ同量のビタミンC、モロヘイヤ10gとほぼ同量のビタミンEが含まれています。 最後に、忘れてはいけないミネラルの含有量にも注目してみましょう。 バジルシード(9g) 1日の目安量 カルシウム 190mg 550mg 鉄分 3. 78mg 5. 0~5. 5mg マグネシウム 37. 9mg 230~240mg カリウム 308. 9mg 2000mg 特に多く含まれているのは鉄分。 カルシウムも多く、牛乳の約19倍も含まれていることが分かります。 ビタミンA・C・B6、葉酸、カルシウム、鉄分、マグネシウムは1日の平均必要量を表示しています。 こんなにあった!バジルシードの嬉しい効果とその理由 バジルシードの正体と含まれる栄養素について分かったところで、次に気になるのは具体的な効果ですよね。 バジルシードのすごいところは、あらゆる栄養がバランス良く含まれているところ。 そのおかげで、たくさんの効果を期待することができます。 では、バジルシードがどのように私たちの体に嬉しい効果をもたらしてくれるのか詳しく見ていきましょう。 約30倍に膨らんで満腹感が持続 ご紹介したようにバジルシードは• 水に浸すと30倍にも膨らむ性質• 食物繊維をたっぷり含んでいる のが大きな特徴です。 水に浸して膨らんだバジルシードはお腹に溜まるだけでなく、 グルコマンナンと呼ばれる消化の難しい食物繊維が豊富に含まれているため、 お腹にとどまり、満腹感が持続します。 シミやしわ、皮膚のたるみなど老化は年齢を重ねるにつれ体表面に現れるものですが、やはり女性はいくつになって美しくいたいもの。 バジルシードにはアンチエイジングに効果的な栄養素がたくさん含まれています。 「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンEと、 ビタミンEの働きを助けるビタミンC。 さらにバジルシードの最大の魅力である 食物繊維もアンチエイジングには欠かせない存在です。 老化は主に、 酸化と 糖化の2つが原因。 酸化 体内で生成された酸化作用を持つ活性酸素が過剰に作られることによって 健康な細胞まで酸化させてしまう現象。 「体が錆びる」と表現される。 糖化 体内の余分な糖がタンパク質と結びつくことで 老化物質(AGEs)を作る反応。 体の老化を促進し、体調不良、生活習慣病の原因になる。 「体が焦げる」とも表現される。 酸化と糖化を防ぐには、• 血糖値を急上昇させない• 食べ過ぎない• 抗酸化物質(ビタミンCやE)の摂取 ことが重要。 バジルシードのビタミンC・Eで酸化を防ぎ、食前にバジルシードを摂取することで、 食物繊維の働きで血糖値の上昇と食べ過ぎを予防することで糖化予防にも効果を発揮します。 豊富な栄養素の美肌効果 ハリのある健康な肌に必要な栄養素には、• ビタミンA• ビタミンB群• ビタミンC• ビタミンE• マグネシウム などが挙げられます。 どれもバジルシードに含まれている栄養素で、それぞれが美しい肌を作るための働きを担っています。 ビタミンA 肌を潤わせ健康で丈夫な状態を保つ。 ビタミンB6 タンパク質の代謝を助け、健康な皮膚を作る。 ビタミンC 肌の保湿や美白に働き、コラーゲン生成に必要不可欠。 ビタミンE 活性酸素の働きを抑えシミやしわを防ぎ、血流改善し肌の新陳代謝を活発にさせる。 マグネシウム 皮膚細胞の代謝を促し、古い細胞を分解、新しいタンパク質を合成するのに必要。 オメガ3は必須脂肪酸という体内では生成されない脂質。 必須脂肪酸が不足してしまうと肌のターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が正常に行われなくなってしまいます。 バジルシードだけで1日の必要量は補えませんが、補助として摂取すれば不足しているオメガ3を補い、健康な体と心作りに役立つことは間違いありません。 ここが重要!バジルシードの効果的な食べ方のポイント ダイエットに便秘解消、アンチエイジングに美肌効果などなどバジルシードの万能な効果を知るとすぐにでも食べ始めたくなったのではないでしょうか? しかし、本当に重要なのはここからです!バジルシードは正しく食べることでその効果を思う存分発揮してくれます。 効果的なバジルシードの食べ方をしっかり確認していきましょう。 1日9gまで!摂取量は厳守 バジルシードに含まれるさまざまな効果を発揮してくれるグルコマンナンですが、 グルコマンナンの1日の上限摂取量は4~5gとされています。 これを踏まえて 1日に摂取してもいいバジルシードの量を計算すると9gとなります。 ジュースなどの色々な成分が入った液体で戻すと、バジルシードの水分を吸収する力が発揮しきれないという意見もあるので、水やお湯で戻すのがおすすめです。 水に浸したバジルシードの食感に飽きた方、見た目に抵抗のある方はスイーツやパン作り、おかずなどにアクセントとして加えても大丈夫です。 バジルシード入りのスイーツなどを食べる場合は、水などの水分をいつもより多く意識して飲むようにしましょう。 食べるタイミングを意識して バジルシードを効果的に食べるには、• 間食 のタイミングがおすすめです。 食事の30~60分ほど前に食べるとお腹にバジルシードが溜まり、食べ過ぎの予防になります。 1日の中で最も食べる量が多くなりがちな夕食前に食べるとダイエットに効果的です。 食事の30分から60分以上前に摂取する理由は、満腹中枢が反応するまで時間がかかるためです。 食事をする直前や食事中に食べるよりも食べ過ぎ防止の効果が望めます。 朝は忙しくて 朝食を適当なもので済ませている場合は、バジルシード入りのスムージーやヨーグルトを食べるのもおすすめ。 バジルシードをプラスすることでバランスの良い豊富な栄養を摂取できます。 間食にバジルシードを取り入れると、少量で空腹が満たされるので、おやつなどを食べるより健康的にカロリーオフすることもできます。 意外なところに落とし穴!? 副作用と知っておくべき注意点 大切なのは正しい摂取量と食べ方だけではありません。 気になる副作用についてもきちんと学んでおきましょう。 バジルシードの保存方法や消費期限、どんなバジルシードを選べばいいかなど今から役に立つ情報もまとめました。 いざバジルシードを購入してから困ったことにならないように、見落としがちな注意点を今のうちにチェックしておきましょう。 保存方法と消費期限は要チェック バジルシードには製品によって消費期限が記載されています。 消費期限をしっかりとチェックして期限以内に食べきるようにしましょう。

次の

飲●ドウシシャ/バジルシードドリンク ヨーグルトフレーバー

バジルシード

大人女子力アップへの近道(もくじ)• ダイエット食品の1つ・バジルシードとは? バジルシードという食品をご存知でしょうか? バジルシードとは、あのイタリア料理でしょっちゅう使われているバジルの種の事。 バジルシードは食品でチアシードと同じスーパーフードであり、水を灌ぐと30倍にまで膨れ上がります。 東南アジアでは人気の高い食品とされているみたいです。 チアシードよりももっと膨れ上がります。 さらに バジルシードは食物繊維が豊富で、この食物繊維がお腹にたまり腹持ちが良くなるとされているようです。 ですが少し前に、 バジルシードに発がん性物質が含まれていると話題になりました。 バジルシードには発がん性物質は入っていませんが、タイから輸入されたバジルシードからアフラトキシンという発がん性物質が検出されました。 健康と美容に効果を持つバジルシードなのに、一体どういうことなのでしょうか? そこで今回は、発がん性を持つと言われているバジルシードについて情報をまとめました。 参照: バジルシードに発がん性があるって本当なの? 発がん性の真実とは。 アフラトキシンとは、熱帯低気圧に生息するカビ毒の一種です。 毒性はかなり高く、肝細胞がんを引き起こす物質です。 カビ毒は、マイコトキシンという、食料に付着して有害物質を作るカビのことです。 カビですが、もともと熱帯・亜熱帯地域に生息し カビが段階を踏んで食品に付着することで、有害物質を作ります。 日本では、発がん性物質の規制値があり、その規制値を超えてはいけないと定められています。 他のカビ毒にも言えますが、毒カビに変化するカビは食品に付着することにより有害なカビに変化しますので家庭でも注意が必要です。 きちんとした品質ならば心配は無用ですが、こういった話題に加えてバジルシードは土のようなニオイがかすかにするため日本人の舌に合いにくかったり、水を吸ったらぱっと見カエルの卵のようで食欲がでなくなるという意見もあるため、あまり表には出なかったような印象を持ちます。 知る人ぞ知る! という食品だというべきなのかもしれません。 ですがバジルシードはダイエットに加え、美容や健康にとって嬉しい栄養素が多い食品でもありますから、是非ともでもあるようです。 ダイエットの食事で一番大切! スーパーフードダイエットの注意点 バジルシードにはカビ毒(アフラトキシン)はありませんがどのように安全に購入するかが問題です。 カビ毒は目に見えませんので、判別することは出来ません。 安全に購入するには「アフラトキシン検疫済み」と記載されているものを購入すればよいのです。 独自で検査をしているバジルシードの製造会社もありますので、 信頼できる会社から購入する方法が一番安全です。 バジルシードの中にはアフラトキシンが出なかったから販売しているという「検査済み」のものも売られています。 そのため、 「検査済み」のものを買うようにすれば安全だと思われます。 安いからという理由で購入をすれば健康や美容のために購入したというのに、それが原因でを及ぼします。 さらに、検査済みの高いバジルシードを購入しても、お家での保存状態が悪ければカビが生えてしまいます。 保存状態をよくするためには、家で冷蔵庫に入れ早めに食べるようにした方がいいかと思われます。 そして カビ臭さを感じたら食べるのは止めた方がいいかと思われます。 食べ物を粗末にするみたいで申し訳なく感じるかもしれませんが、どんなにすごい効果を持ったスーパーフードでも、安全と品質が約束されていないものであれば健康になにかしらの害を与えてしまいます。 バジルシードを購入する際は記載を必ず確認する• バジルシードに発がん性はないけど、生えたカビから発がん性が検出された。 信頼できる会社から購入したり、保存方法をしっかり守ることで品質を守る。 「アフラトキシン検疫済み」と記載されているのを購入することで健康を守る。 食べ物を粗末にするみたいで申し訳なく感じても、危険と思ったものは食べない。 「アフラトキシン検疫済み」と記載しているかしっかり確認し購入しましょう。 ダイエットに効果的なスーパーフードは、他にもチアシードやココナッツオイル・アサイーなど種類が様々。 ダイエットだけではなく大人女子の健康と美容も促進してくれます。

次の