千 と 千尋 ハク 名前。 神隠しにあった千尋が契約書に名前を書き間違えた理由考察まとめ!

神隠しにあった千尋が契約書に名前を書き間違えた理由考察まとめ!

千 と 千尋 ハク 名前

この記事で分かること• ハクは湯婆婆の弟子だけど「ウザい」存在? まず、 千と千尋の神隠しで通説となっている彼の設定について見ていきましょう。 「千と千尋の神隠し」の設定上、ハクは温泉施設「油屋」の主人かつ、経営者である 湯婆婆の弟子ということになっています。 千尋と同じく、ひょんなきっかけから湯婆婆たちの世界にあらわれ、強力な魔法使いでもある 湯婆婆の弟子入りを果たしました。 この決断に周囲は反対しますが、それとは裏腹に湯婆婆の下についた彼。 その結果、湯婆婆の手先のような存在として油屋に所属することになった。 というのが、映画上での大まかな設定ですね。 湯婆婆の側近とも言える存在だったことから、油屋の従業員の中では比較的上の立場にいるようです。 ただ皆から尊敬されながらも、態度は冷たく冷淡。 千尋の姉貴分であるリンからは「 ハクみたいな奴が2人もいたら、たまったものではない」と愚痴を言われる始末… ハクは「川の神様」だったが、その正体をなかなか思い出せなかった 「千と千尋の神隠し」の世界にやってきた人間は、 自分が誰なのか正体をしっかり覚えておかないと元の世界に帰れなくなってしまうと千尋はハクから忠告されます。 そのハクも自分はどこからやってきたのか、その正体がもう思い出せず苦労しているとも言っていましたよね。 Sponsored Link しかし物語の終盤になって、ようやくハクは 自身の正体を自覚するのです。 そう、彼の正体とは「 川の神様」。 ハクは千尋が住む家の近くにあった「琥珀川」 コハクガワ の神様で、「 ニギハヤミコハクヌシ」という名前を持っていたと、作品の最後の方でやっとハッキリしますよね。 それなのに、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだことで名前を湯婆婆に取られることに。 そして「ハク」という名前だけ残されて、この世界で生き続けていたということになります。 それが絶体絶命の時期を千尋に助けられたことにより、ハクはようやく 自分の名前と正体を悟ったのです。 不思議なことに千尋が物語の世界に入ってきた時、ハクは彼女のことを覚えていた反面、彼女はハクに全く心当たりがありませんでした。 しかしストーリーの後半では、ようやく千尋もハクのことを思い出し彼の正体について口を開くのです。 と言うのも、千尋はハクが神様となっている 川に落ちた経験があったからです。 それに気づいた川の神・ハクが千尋を救い出し、無事に両親の元まで送り届けたということになっています。 日本には800万もの神様が存在するとされ、木や川など至るところに神様がいると信じられています。 要するに、ハクの正体は「 日本に存在する川の神様だった」ということ。 千と千尋の神隠しでは、ハクは常に千尋の味方となって助け役でしたが、終盤になって彼女に助けられる…こんなストーリーだったら、大抵の人は感動しちゃいますよね。 ハクのもう一つの正体…それは「白竜」 そうかと思えば、ハクは「 白い竜」に姿を変えることも出来ます。 この姿は千と千尋の神隠しの中盤から確認することができ、物語の中でも大事な部分を担っていますね。 実はこの白い竜も、 ハクの正体だったという見方があるのです。 千と千尋の神隠しの中で、ハクとは別に川の神様が登場するシーンを思い出してみてください。 最初はゴミや泥にまみれた汚い姿で油屋をパニックに陥れますが、汚れを落としたあとは神様らしく神々しい姿になってご機嫌よろしく油屋を後にします。 ハクもこの神と同様、川の神様ですよね。 つまり度々登場する白竜とは、神様が時空を超えて移動するときに「 その存在を世に示すための姿」と考えることが出来るそう。 だとすれば「 白竜=ハクの正体」と捉えて良いのかもしれません。 ただ「千と千尋の神隠し」を観ていると、彼は自分の正体を知る前ですら白竜の姿で銭婆の魔法の契約印を盗まされたり、それによって銭婆から制裁を受けたりと… 神様ながらも不遜な扱いを受けていてかわいそうですよね。 普段は少年の姿をしつつも、様々な側面が垣間見えるハク。 もう二度と元の世界に戻れないと思いきや、無事に正体を思い出せて何よりでしょう。 彼の正体を知った上で「千と千尋の神隠し」を視聴すれば、また違った楽しみが味わえそうです。

次の

千と千尋の神隠しハクに関する都市伝説!八つ裂き映像の噂とは | マジマジ情報局

千 と 千尋 ハク 名前

金曜ロードショーで放送されていました。 歳を重ねてから見るとまた違う印象でした・・・。 『千と千尋の神隠し』 2001年に公開されたスタジオジブリ制作による日本の長編アニメーション映画。 監督は宮崎駿さんで、日本における歴代興行収入1位となっている作品です。 声の出演として柊瑠美さん、入野自由さん、夏木マリさん、神木隆之介さんなどが参加しています。 音楽は久石譲さんで、木村弓さんによる『いつも何度でも』が主題歌となっています。 世界でも多くの国で公開され、第75回の米国アカデミー賞では、アカデミー長編アニメ映画賞を受賞しています。 あらすじ 10歳の少女である千尋は、両親とともに引越し先の新しい街へ向かっていた。 途中で森の中にある不思議なトンネルを見つけ、中へ入るとそこは古いテーマパークのような無人の街だった。 小腹の空いていた両親は、店に並べられていた料理を食べ始めるが、どこか気味の悪さを感じた千尋は両親から離れ、町の中を歩いていく。 少し歩いた先には橋があり、その先には大きな建物があった。 千尋はそこで一人の少年と出会う。 人間が来てはいけない。 ハクと名乗るその少年は千尋を建物から遠ざけようとする。 そこは神々が客として訪れる湯屋であった。 両親のところへ戻った千尋だったが、神々の食べ物に手をつけてしまった両親は魔法で豚へと変えられてしまっていた。 混乱する千尋の元に再びハクが現れ、この世界で生きていくには働かなければならないことを聞く。 そして、千尋は湯婆婆の元へ向かうこととなり・・・。 大人になってから見ると 『千と千尋の神隠し』は2001年の映画です。 もう20年近く前の映画かと思うと驚きです・・・。 当時、小学生だった僕はカオナシが怖くて、確か映画館では観れませんでした。 DVDが発売されてからようやく観たような気がします。 今回、結構な時間が経過してから改めて観てみて、また違った印象を受けるとともに、なぜここまでの大ヒットとなったのか分かったような気がしました。 『千と千尋の神隠し』は千尋という少女がトンネルから不思議な世界に迷い込み、そこでの神秘的な体験を経て成長するという物語です。 神々が疲れを癒しに来るという湯屋で、仕事を探すところから始まり、様々な登場人物たちと出会いながら、両親を助け、元の世界へと戻ります。 話と、音楽と、映像と、どれもなぜか切なく、なぜか心に響いてくるような映画です。 そして、最後に流れる『いつも何度でも』も絶妙な曲です・・・。 名前を奪われるとは 湯屋を支配している魔法使いである湯婆婆は、働くこと許す代わりに千尋から名前を奪います。 千尋は『千』と名乗ることとされ、湯屋で働くこととなるのです。 映画のタイトルにもなっている『千と千尋』という名前。 これは映画の中でも大切な意味を持っているような気がします。 ハクという少年は千尋の名を知っています。 昔どこかで会ったことがあるというのです。 ハクは劇中では決して千尋のことを千とは呼びません。 名を奪われ、千となる前の名前を知っているのです。 そしてハクも湯婆婆に名前を奪われていて、最後には自分の名前を千尋によって思い出すというシーンがあります。 この『名前を奪われる』ということの意味。 人は、誰しも働くとなった時に、何かの一員として働くとなった時、名前を奪われるということとなります。 『個』としての個人ではなく、組織の一員として、ある種別の人格を持ち行動しなければなりません。 これは日本的な『就職』の場においてはとても強く感じられる部分です。 誰かに仕えて働くということは、ある意味、名前を奪われるということに他なりません。 しかし、千尋とハクはそうなる前にすでに出会っていて、だからこそお互いのことが特別な存在となっています。 それは名前を失う前だからこその関係なのかもしれません。 カオナシとは そして、この映画において大きな存在感を持っているのがカオナシという存在です。 カオナシは実は物語の序盤から登場しています。 そして、随所で千尋と関わろうとするのですが、最終的に彼 ? どこから来た、何者なのかは明確には示されることはありません。 千尋の親切心で湯屋に入り込んだカオナシは、千尋のために何かをしてあげようとするのですが、次第にその思いは暴走し始め、湯屋全体を巻き込む騒動へと発展します。 そして、最後には千尋とともに銭婆のもとを訪れ、そこに残ることとなるのです。 彼はこの物語における悪役のように見えるかもしれません。 (小さい頃の僕が怖くて見れないほどに・・・) 確かに暴走してしまった彼の姿はとても醜く、気持ちの悪いものとなってしまいます。 しかし、彼は不器用で、本質的には弱い人物なのかもしれません。 彼は物や、金で人々の注目を集め、千尋のことを手に入れようとします。 しかし、千尋はそんなものに目もくれずハクの元へ向かおうとします。 カオナシの欲しかった千尋は決して物や金では手に入らないのです。 そのことに怒り狂うのですが、その後彼は千尋とともに銭婆の元へ向かいます。 そして、そこで自分を必要としてくれる場所を見つけるのです。 彼がその後どうなったのかは描かれておらず、誰にも分かりませんが、きっと彼はそこでその後も暮らすこととなったのでしょう。 カオナシのしていることは、行き過ぎている部分もあるかもしれませんが、誰しもが多かれ少なかれ持っている部分のようにも思えます。 お金や物を求める資本主義的な考え方。 お金も物も必要であることは間違いありません。 しかし、お金や物を求め、それを手にしたとしても『本当に手にすべきものはそんなんものではない』ということをこの映画は伝えたいのかもしれません。 幸福は物質的・経済的な豊かさでは決して測れない。 口で言うことは簡単かもしれませんが、物語の形にしてそのことを伝えるには簡単ではないと思います。 なぜ大ヒットしたか この映画がなぜ大ヒットしたのか。 成長してからこの映画を見てみて、その理由がなんとなく分かったような気がしました。 10歳前後のことを思い出してみて・・・。 誰しも千尋のような不思議な体験をしたような記憶があるのではないでしょうか。 自分でもうまく説明できないし、なんでそうなったのかも分からない。 もしかしたら全てが夢だったのかもしれないようなそんな体験。 そして、気がつけば普通の生活へと戻っているような体験が僕にもあるような気がします。 新しい街へ引っ越す千尋は最初不安を抱えていました。 しかし、見終えてみると『新しい街でも大丈夫だ』と千尋は思っているだろう。 ということが映画を見ていれば分かります。 千尋は別のどこかへ行っても大丈夫であろう強さを手にしているように見えるからです。 もしかするとあの全てが、千尋が不安を乗り越えるための幻想だったのかもしれないという見方もできるかもしれません。 ファンタジー的な要素もあり、少女の成長譚でもあり、ラブストーリーでもあり、現代の拝金主義的な思想の限界を示すような部分もある。 そして、日本人であればどこか懐かしさを感じるだろうし、海外の人が見ても日本という国をする手がかりにもなる。 そう考えると、なんという隙のない映画なんでしょうか・・・。 宮崎駿監督恐るべしです・・・。

次の

千と千尋の神隠しのキャラクター一覧!名前は?神様、ハク、ねずみなどを調査

千 と 千尋 ハク 名前

Contents• ハクの正体とは? おかっぱ頭に涼し気な目元。 中性的な少年の姿で描かれているハク。 千尋がハクと出会ったのは油屋へ続く橋の上。 それからいつも千尋の事を気にかけ 異世界で生きる方法を教えてくれたり 母親と父親に会わせてくれたり おにぎりをくれたり と助けてくれていました。 しかしハクの評判はイマイチ。 リンはハクの事を湯婆婆の手先とまで言っていました。 千尋に対してもやさしい時もあれば、びっくりするくらい冷たい目をしていることもありましたよね。 そのハクについて釜爺は ある日千尋のように突然現れ魔法使いになりたい という思いから釜爺の制止も聞かず、湯婆婆の弟子になったようです。 その後は湯婆婆いいように使われていたとのこと。 そのハクの正体が物語終盤で明らかになります。 なんとその正体は・・・ コハク川と言う小さな川を司る神様 でした。 そして千尋はハクとこれまでに会ったことがあるような気がしていました。 その理由も明らかになります。 千尋は幼い頃に川に落ちたことがありました。 その時に千尋を浅瀬に運んだのがハクでした。 すでにハクは千尋を助けたことがありました。 しかしそんなハクも千尋に助けられていました。 湯婆婆はハクを思い通りに操ることができる虫を忍ばせていました。 傷ついたハクに千尋がニガダンゴを食べさせた時にこの虫がハクの中から出てきて、千尋が踏み潰します。 これによってハクは湯婆婆の呪いから逃れることができました。 ハクの本名 ハクは千尋にコハク川のことを聞き本名を思い出しました。 ハクの本名はというと ニギハヤミコハクヌシ 本当の名前を思い出した瞬間、ハクは千尋に自分の本当の名前を告げます。 千尋は涙を流しながら 「すごい。 神様みたい」 と言っていました。 正しい漢字表記は不明ですが、おそらくコハクは琥珀となると思います、 さらに日本神話に 「饒速日 にぎはやひ 」という名前の神様が出てくることから、それを元にしたとされる説があるようです。 最後は千尋と別れたハク 銭婆の元から帰ってきたあと、両親を当てるよう言われた千尋。 「この中に両親はいない」 と答え、見事課題をクリアした千尋はハクと出口に向かって走り出します。 私はこの先には行けない。 トンネルを出るまで振り向いてはいけないよ Sponsored Links と言うハクに対して 「ハクはどうするの?」 と不安げな千尋。 そんな千尋にハクは優しく答えます。 湯婆婆の弟子を辞めること 元の世界に私も戻ること これらを千尋に伝えて、再会を約束し、離れる二人の手。 こうして千尋は元の世界へ帰ることができましたが、残念なことにハクのその後について描写がありません。 千尋が元の世界へ帰る段階で、ハクの契約はまだ残っているため一緒に帰ることはできませんでした。 ではこの後ハクはどうなるのか? 次でご紹介したいと思います。 ハクはその後八つ裂きにされる? ハクは千尋が帰った後 湯婆婆に八つ裂きにされた・・・ という話聞いたことありませんか? 千尋と別れた時のハクはどう考えても何か訳ありでしたし。 もしかしたら本当に・・・ ただ実はこれ考察や都市伝説の域を出ないもの。 なぜこのような話が出てきたかと言うと、千尋がハクを助けるため銭婆の元へ向かっている最中、ハクが正気を取り戻して湯婆婆に直談判をしに行くシーンが元になっています。 湯婆婆に 坊を取り戻す代わりに、千とその両親を元の世界へ返して欲しい と言うハクに対して、湯婆婆は 「それでお前はどうなるんだい?その後あたしに八つ裂きにされてもいいんかい?」 と脅します。 その後のハクの答えは描写されていませんが 物語の展開上ここで ハクは「はい」と答えただろう =八つ裂きにされてしまう と言う話になったようです。 また 「全てのことはルールに従わなければならない」 という千と千尋の神隠しの世界観から、この時の八つ裂きは受け入れなければならないと見解があるようです。 この他にも宮崎監督が 二人の手が離れるのは永遠の別れを表している と語ったとされる、など様々な憶測があります。 ただこの宮崎監督の話を始め、真相は明らかになっておらず都市伝説のままになっています。 結局のところ、はっきりとは分かっていないのが事実ですが、千尋との別れ際ハクが言った 「元の世界に私も戻るよ」 というこの言葉に深い意味がないことを祈りたいですね。 ハクの声優 そんなハクに命を吹き込んでいる声優さんもご紹介しましょう。 本名:入野自由(いりのみゆ) 生年月日 1988年2月19日(28歳) 出身:東京都 身長:170cm 血液型:AB型 千と千尋の神隠しが公開された当時の年齢は13歳。 当時は声優としてのキャリアはほぼありませんでしたが、ハク役を見事にこなしていましたね。 近年声優として出演している作品は あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない:宿海仁太役 おそ松さん:トド松 聲の形:石田将也 ハイキュー!! :菅原孝支 などが代表作として上げられているようです。 アニメだけではなく、ゲームでも数多くの作品で声優をしているので、今ではお馴染みの声優さんかもしれませんね。 まとめ 千と千尋の神隠しのハクはジブリ作品の中でも非常に人気のあるキャラクターです。 千尋とハクはその後出会えることはあるのでしょうか? もちろんその後のストーリーも続編の可能性もありませんが、ラストで二人で交わした約束 またどこか出会える ことを期待したいですね。

次の