木下 優樹 菜 姉 タピオカ。 木下優樹菜のタピオカ騒動とは!恫喝DMの経緯は?謝罪までのまとめ

「謝罪は拒否されたそう」タピオカ騒動巡る木下優樹菜・姉の投稿に批判も

木下 優樹 菜 姉 タピオカ

一銭も出資していないのにあたかも木下優樹菜の姉が共同経営者の様に装い木下優樹菜がお店を宣伝。 その事に対して姉にオーナー側が苦情を言う。 (頼んでもいないのに木下優樹菜の姉の店見たいに宣伝されるのは、表向き木下姉妹に御礼を言うなどしても不快だったと思います。 姉を率先力とお店側は考えていたのに、何だかんだ理由を付けて、バイトに余り来なかった。 (人手不足なのに、曖昧な働き方をされてはお店側も困るでしょう。 その内、子供の事を理由に姉がバイトを辞めたいと言い出し辞める。 姉は辞めたのにお店の合鍵を返さず、しかもお店の物が紛失。 オーナーが警察に相談したら、先ず合鍵を持っている人に事情を聞く様に言われる。 その事をオーナーが姉に聞いたら、姉が犯人扱いされたと逆ギレして木下優樹菜に告げ口。 木下優樹菜は、それに対しオーナー側に怒りを感じSNSでお店を攻撃。 姉へのバイト代は、余りお店に出て居なかったと思われ少額で、銀行振込手数料を払いたくなかったのか、姉自身でお店に給料を取りに来る様に促したにも関わらず取りに来ず、仕方ないので銀行振込で給料を振り込んだ様です。 姉がバイトを辞めた時点で給料全額を振込して給料明細を送り、木下姉妹とキッパリ縁を切って置けば、こんな事にならなかったのかなぁと思います。 だからと言って、力のある芸能人が個人のお店を攻撃して潰そうとする事は許されません。

次の

木下 優樹 菜 タピオカ オーナー

木下 優樹 菜 姉 タピオカ

木下優樹菜が活動自粛 木下優樹菜さんが、活動自粛するとの発表をしました。 【木下優樹菜が活動自粛を発表】 タレントの木下優樹菜が、所属事務所を通じて活動自粛を発表した。 実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのDM送付が判明、ネットを中心に炎上していた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics タレントの木下優樹菜(31)が18日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動自粛を発表した。 木下においては、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。 10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、この日、改めて「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告した。 書面を通じて所属事務所は「一部報道にございます、弊社所属タレント・木下優樹菜の不適切な言動に関しまして、多大なるご迷惑をおかけしている全ての関係者の皆様に、所属事務所として深くお詫び申し上げます」と謝罪。 「木下優樹菜本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆様、及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを深く反省をしており、引き続き相手の方に対して、誠心誠意対応していく所存でございます」と伝え「また、弊社としましても、木下優樹菜の所属プロダクションとしての社会的責任を真摯に受け止め、木下優樹菜本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下優樹菜の芸能活動を自粛することといたしました」と報告した。 木下もコメントを発表し「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と詫び「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告。 「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。 誠に申し訳ございませんでした」とした。 なお、同社は「タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります」と誓い「この時期に自粛を決定いたしました経緯については、本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果、このタイミングに至った所存です」と説明。 最後は「改めまして、この度は、皆様にご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。 謹んでお詫び申し上げます」と、重ねて謝罪した。 出典元:Yahoo!ニュース 木下優樹菜さんは、実の姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明。 ネットを中心に炎上し、インスタで謝罪をしましたがおさまりませんでした。 18日、改めて謝罪をし活動自粛を発表しました。 木下優樹菜の姉がタピオカ屋ALLRIGHTをオープン 木下優樹菜さんの姉、 さやかさんがタピオカ屋『ALLRIGHT』をオープンさせました。 開店したのは先月、2019年7月20日で、まだ開店してから間もないです。 木下優樹菜さんの姉、さやかさんがお店をオープンさせたわけではなく、 オープニングスタッフのようです。 優樹菜さん自身のインスタでお姉さんのお店のオープンをお祝いされています。 木下優樹菜さんは7月17日、自身のインスタグラムに、 〈ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね〉 と投稿して、姉が都内に「#ALLRIGHT」というタピオカドリンク店を開店したことをちゃっかり宣伝。 出典元:Yahoo! ニュース — 2019年 7月月4日午後7時13分PDT ポッピングボバとは、海藻由来の膜でジュースを包んだ、タピオカ状の粒のこと。 噛むとプチッと弾けて、フルーツの甘みがお口いっぱいにじゅわ~っと広がることから「ポッピング」という名が付いたようです。 タピオカとはまた違った触感で、噛むと中からフルーツのあまーいジュースが出てきます。 味も豊富で、イチゴ、マンゴー、ライチなど種類があって見た目だけでなく味も楽しむことが出来ます。 タピオカもいいですが、ポッピングボバもとっても美味しいですよ。 ポッピングボバ自体が甘いので炭酸水などにいれて一緒に飲むだけで美味しくなります。 タピオカよりお手軽に楽しむことが出来るのではないでしょうか。 タピオカだけではない タピオカ専門店かと思っていたのですが、タピオカドリンクだけではなさそうです。 『ALLRIGHT』オリジナルのTシャツが2,500円で販売されています。 麻バックも販売されているようで、今後種類も増えるかもしれませんね。 なかなか人気のようで入荷待ちの場合もあるようです。 家族も応援してくれているようで、父親は 「次女は結婚して3人の子どもがいるんだけど、ずっと専業主婦だったんですよ。 子育ても落ち着いてきてタピオカの店をやるんだ、と聞かされました。 大丈夫かと心配したのですが、店名がそういう意味だと知って、やる以上は頑張ってほしいなと。 家族全員でお店を盛り上げていきたいですね」 と話しています。 2019年8月のデイリー新潮などで上記のようにコメントされています。 これを見る限りでは、木下さんの姉であるさやかさんが名前を考えたり、 お店をオープンさせたように受け取れますが、 さやかさんはオープニングスッタフだったようです。 木下優樹菜の投稿が物議を醸している【追記】 木下優樹菜さんが、10月6日が自身のインスタグラムを更新し物議を醸しています。 「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、 中略 給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました」 「また行きますねって言ってくれたみなさん、、、ごめんなさぃ」 「もうお店には行かなくて大丈夫です」 「でも、給料と給料明細を、出すのは、当たり前だよね?」 「タイムカードとかも適当っぽいし、、なんか残念だよね」 と姉がオーナーとトラブルになっていることを報告。 オーナー側にメールを送ったものの返事はないと書いていました。 木下さんは、短時間で削除してしまいましたが、 インスタグラムには同情の声が殺到、 タピオカ店の公式インスタグラムには罵詈雑言の書き込みがされる事態に。 木下優樹菜のDMが流出! しかし、木下優樹菜さんが送ったと思われるDMの画像が流出してしまい批判の声が。 木下さんが 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」 「あと逆に週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー」 「覚悟決めて認めなちゃい おばたん」 などと記されていました。 これを見た人からは「恫喝じゃん…」「タピオカ店と自分の事務所はなんの関係もないでしょ」 などの声が上がっています。 木下さんは9日、インスタを更新し謝罪をしました。 家族の事なので心配だったりするのかもしれませんが、 あまりにも幼稚な言葉使いだったり、酷い文章です。 もう少し、自分の立場をしっかり考えて行動するか、 できないならSNSに投稿するのを止めた方がいいかもしれません。 【追記】営業妨害で法的措置も 【ユッキーナDM騒動 店側怒り】 タレントの木下優樹菜が、実姉が勤務しトラブルになっている店関係者に対し、恫喝(どうかつ)めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明。 店側の関係者は営業妨害で法的措置も検討しているという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics A店関係者X氏を直撃すると まず、前提となるのがY氏とX氏が幼稚園のママ友ということだ。 「Yさんが家庭の事情で悩んでいたので、気晴らしに7月20日にオープンするタピオカ店を手伝う?とお誘いしたわけです。 あくまでスタッフという位置づけでした」 しかし、木下姉妹は出資も何もしていないのに、なぜか共同経営者と錯覚してしまう。 また、一連の対立には次のように反論する。 まずは給料とその明細について。 「7月分はお支払いしました。 『8月と9月の分をお支払いするのでお店に来てほしい』と伝えたのですが、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだのです。 明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送しました」 Y氏が「犯人」にされたとする経緯はこうだ。 「『食品衛生責任者』のプレートがなくなったんです。 それを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、Yさんに聞くと『犯人扱いされた』と」 すると、恫喝DMが木下から来たからX氏は仰天。 「ビックリしました。 ひどい。 あんな文面に返信するはずがない」 お店には写真を勝手に撮る者が現れ、ネット上には「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みであふれた。 そのためA店をしばらく閉めたという。 X氏は体調を崩してしまった。 「完全な営業妨害です。 いくら削除済みとはいえ、被害は大きい。 お店をオープンするのは大変だったのに…。 木下さんから謝罪のDMが来たが、その内容も『第三者にしゃべるな』などあまりに一方的。 だいたい、DM1本で終わる話なのか。 私は、法的措置も考えていますよ」 出典元:東スポWeb 木下優樹菜さんが宣伝したり、父親の発言などから 木下さんの姉のさやかさんがお店をオープンさせたような感じを受けたのですが、 木下さんの姉はスタッフの一人だったのですね。 そして自分のファンにはお店側に酷いことをされたと同情を買うようなコメントをしていましたが、 お店側には酷い言葉で、脅したりしていて、裏表が違いすぎて怖いです。

次の

【DM】木下優樹菜が姉のタピオカ店:ALLRIGHTの経営者をインスタで恫喝

木下 優樹 菜 姉 タピオカ

引用元:Twitter 喜んだ木下優樹菜さんは、「姉がお店をオープンしました」とファンに報告し、 インスタで宣伝。 お店にはオープン初日からファンらが殺到しました。 木下優樹菜さんもお店にお花を贈ったり、実際にタピオカ店に足を運んだりしていたそうです。 真相を知った店長からの注意を受けて、姉はタピオカ店を 退職しました。 姉は木下優樹菜さんに店長から注意を受けたことを報告し、木下優樹菜さんがインスタで ネガキャン(ネガティブキャンペーン)。 引用元:Twitter 続いては、木下優樹菜さんが恫喝DMを送ったあと、謝罪するまでの流れをまとめました。 木下優樹菜さんが恫喝DMをタピオカ店の店長に送ったことがなぜ分かったかと言うと、ある店側の人物がTwitterでDMを公開したからです。 Twitterは拡散され、多くの人に知られることになります。 こちら実際のツイート。 【拡散希望】 木下優樹菜さんがインスタで個人で経営する店を叩いていたので、私の知っていることを記します。 影響力のある人の行動としては軽率であると思います。 皆さんの誤解を解いておきたいです。 — わをん I7o8rNo7kOJKuyq このTwitterでのDM公開を受け、木下優樹菜さんは 2019年10月9日にインスタで謝罪。 タピオカ騒動および恫喝DMが事実だったことを認めました。

次の