部活 エロ 体験 談。 【体験談】部活で一番巨乳の後輩と、合宿でエッチ : 超えっちな体験談

部活の大会前に

部活 エロ 体験 談

中学2年のとき、部活が一緒だった佐藤先輩と私は仲がよかった。 好きな人の相談などもしたりする関係で、本当に友達同士だった。 先輩はモテていたが童貞だということは聞いていた。 卒業後の春休み、私立に進学した先輩は入学前の宿題が難しいから手伝って欲しいと、多少英語の得意だった私を家に呼んだ。 私たちは机にならんで勉強していたが、先輩は疲れたと言ってベットに寝ころんだ。 わたしはふざけてふとんにもぐり先輩の股間を刺激した。 それは本当にジョークだった。 先輩「なんだよっ!ヘンタイ!」 私「ぎゃははっ」 先輩「あぁ~、勃った!」 私「え!?うそ!そんなに簡単にするもんなの?」 先輩「するよ~ホラ」 そう言うと、私の手をティムポに持っていって触らせた。 私「え~!硬い!こんなに硬いの!?」 先輩「そうだよ~。 みたいの?」 私「え?じゃあ脱ぎな(ワラ」 そう冗談半分で煽ってみると、先輩は布団の中で服を脱いだ。 私は戸惑った。 先輩「脱いだよ・・」 私「え~っ!アハハ・・」 先輩「ねぇ、舐めてみてよ」 私「ヤダァ!ヤダヤダ」 私は拒否をしたが、先輩は布団を私の頭にかぶせた。 そこには初めて見るティムポがあった。 自然と手が伸びて、先輩のティムポを握りくわえて、舐めた。 今まで思っていたほどグロテスクなものではなく、無臭だった。 どうすれば気持ちいいかなんて知識も無く、とりあえずナメ続けた。 しばらくして、私は疲れて、布団から出ると先輩は横に寝るように言った。 となりに寝ると、先輩はキスをした。 お互いファーストキスだった。 先輩は私のブラのホックをはずそうとしたが、なかなかうまくいかなかった。 先輩「なにこれ、どうなってんの?」 私「ほら、学ランのホックと同じ・・」 先輩「あ~。 ナルホドね!」 そう言うと、先輩はすんなりホックをはずし、胸に手を当てた。 先輩「もんでみてもいい?」 私「うん、いいよ」 先輩は胸をもみ、乳首をすった。 私「くすぐったい・・」 先輩「きもちいいの?」 私「う~ん」 先輩の手は下にも伸びてきたが 私「下は駄目!」 先輩「そうだよね、ごめんね」 といって、また胸を刺激した。 それに飽きるとまたキスをして、首にキスマークの付けあいなどをずっと続けていた。 二人の首はキスマークだらけになった。 そうこうしているうちに、母親がパートから帰ってくる時間になり、私は服を来て、家に帰った。 家につくと、ポケベルに 先輩「マタシヨウネ!!サトウ」 私「ウンイイヨ」 先輩「アシタモウチクル?」 私「イイヨ!マタアシタネ」 私は次の日も先輩の家に行った。 昨日の残りの宿題をやっていたが、先輩はわざとらしくベットのほうへいった。 暗黙の了解のように私も先輩の隣に寝た。 先輩「キスマーク消えないね。 」 私「うん、お母さんに見つからないようにすんの大変だったよ」 そして何度もキスをしたり、抱き合ったりを繰り返した。 先輩は私のTシャツをめくり、ホックをはずした。 胸にやさしく触り、お腹のほうまで舐めた。 先輩「ねぇ、下もいい?」 私「えっ!ヤダよ」 先輩「なんで?」 私「恥ずかしいから!」 先輩「俺だって脱いだじゃん。 お願いお願い」 しつこくせがまれ、私は布団の中で下着をとった。 私はすでにかなり濡れているようだった。 先輩は割れ目をなぞり、指を動かしていた。 先輩「すっっごい、こんなに濡れるなんて思ってなかった」 私「わたしも・・・」 先輩「え~、なんかゼリーかき回してるみたい」 しばらく先輩はいろんな所をさわっていた。 先輩も服をぬぎ、さわりっこのようなことをした。 気持ちいいとはおもわなかったが、 私「上手だね。 」 先輩「君もね。 」 私「本当に?じゃあまた舐める~」 私は少々積極的になり、また先輩のモノをくわえた。 その時、ティムポは上下に動くんだということに気づき、 それに従って動いた。 先輩「それちょっときもちいいかも・・。 」 私は何も言わずその動きを続けた。 先輩「ねぇ、アソコに入れてみたい・・・」 私「え~っだって痛いんでしょ?ヤダァ」 先輩「そっか・・。 でもちょっとだけ」 私「ん・・。 」 そう言って、私はベットに寝たが、恥ずかしかった。 先輩は割れ目にティムポをあてたが、何かこまっているようだった。 私は先輩のティムポを握り、膣であろう場所に押し当てた。 先輩は全体重をかけて 挿入しようとしたが、どうしようもないくらい痛かった。 私「痛い!すごい痛い痛い」 しかし、先のほうだけうまく入ったようだった。 それ以上は痛くてどうしようもなかったので、自分でティムポを抜いた。 私「ごめん、痛いからヤダ」 先輩「そっか・・。 じゃぁやめる?」 私「うん、ごめんね」 そして、また母親が帰ってくる時間になり私も帰った。 途中で後味悪く断ったことが非常に後ろめたく、申し訳ないという気持ちがあった。 先輩は夜たまに自転車で私の家まできて、キスをたくさんしたがそれ以上の関係にはならなかった。

次の

中学校の先輩と初めての・・・

部活 エロ 体験 談

高3の夏、剣道部の合宿で館山に行きました。 10日の合宿の間、普段は午前2時間半、午後4時間の練習で泳ぐどころじゃなかったけど。 最終日だけは午後の練習が無く、みんなで泳ぎにいきました。 練習でくたびれ果て、しかもミニ国体の候補選手ということで、3年でただ一人引退せず部に残った僕には一緒に遊ぶ仲間もおらず、砂浜に寝ころがって海をぼんやり眺めていましたしかし、それも1時間もするとあまりに暑くなり、ボートを借りて沖に出てみる事に。 冷えたビールを買ってこぎ出すと、1年生の女子部員の一人が「せんぱ~い、乗せてください」 と泳いで寄ってきた。 入部したときから意識してしまっていたかわいい子だったので、もちろん僕はまんざらでもない。 「おう!」 と答えて後輩の両手をつかみ、ボートに引き上げようと思い切り引き上げた瞬間、水がうまい具合に谷間に溜まってしまったたらしく、真っ白なおっぱいが両方ポロリ。 ボートに飛び乗った後輩は一瞬気づかず、反対に凍結してしまった僕に驚いていましたが、1秒半ほどすると悲鳴を上げてしゃがみんでしまいました。 僕はとにかく後ろを向き「いいから早く戻せ」 と、訳が分からないまま諭して、取り急ぎ頭の中を整理しました。 『落ち着け』『先輩らしくしないと』と必死で心の中で繰り返す一方、頭に浮かんでくるのは『でかいな!(笑)』の一言。 当時、僕には彼女がいましたが、その後輩の胸の膨らみというか体積というかボリュームというかは、少なくとも高3の彼女の倍はありました。 身長はどちらも165位で同じだけど、体の線はずっと後輩の方が細いのに。 普段は道衣と胴に守られていて分からなかったけれど、かなりの巨乳だったことにびっくり。 彼女は肉まん位のDカップでしたが、後輩のはグレープフルーツかプリンスメロン位は余裕である。 10秒ほどして、「もういいですよ」 と声が掛かり振り向くと、豊かな乳房を水着の中に戻した後輩は僕と向かい合わせに座り「見ちゃいました?」 だって。 「あ、ほとんどみえなかった」 とか答えたものの、かなりしっかり見てしまっていた僕は顔が燃えるように熱くてかないません。 そこで僕が救われたのは、後輩があまり気にする様子もなく「別にいいですよ~。 見られても」 って笑ってくれたこと。 しばらくすると、気まずい雰囲気はすっかり飛んでいきました。 しかし、僕は相変わらず辛い。 オールを漕いでいると、どうしても目線は水着に包まれた豊かな膨らみが気になって仕方なく、おまけに合宿中はほとんどオナっていなかったためアソコはどんどん膨張。 ビールを開けて乾杯すると、後輩は調子に乗ったのか「祥子先輩(僕の彼女)のよりはあるでしょ?」 と得意げに自分の乳房を手のひらで持ち上げてみたりして。 もう、僕はこらえきれず「確かに、祥子のよりはかなりすごい」 とか言って胸にタッチ。 と同時に、後輩を押し倒してしまいました。 海岸はもう遙か彼方だし、みんな遊んでるし。 最初「ちょっ、まっ、先輩、あたしそういうつもりじゃ。 」 と体をこわばらせた後輩も、慣れないお酒のせいかキスした後は無抵抗。 トミーガールの赤い水着をはがすと、再び大きな乳房が目の前に広がりました。 優しく揉みながら「すごいねこれ、サイズは?」 と聞くと「Fでちょっときついぐらい。 部では一番大きいよ」 と、また得意げに答える。 そりゃそうだ。 この子が入ってくるまでは自分の彼女の胸が一番大きかったのだから。 もちろん、同じ大きいといっても、DとFでは「格」 の違いがある。 それに、張りが全然違う。 大きいのに、彼女のよりずっと綺麗に上を向いている。 もみしだく手を押し戻そうとする力で、皮膚がはち切れそうだ。 Hにそこそこ慣れていた僕は、20分ほどで一通り前儀を終え、いざ挿入しようとする。 当然、後輩は処女。 一度目と二度目は痛がる彼女の中で、少しおいて3度目はお互い快感の絶頂の中で果てました。 彼女のあそこと血まみれのボートの中を海水で洗って、何事も無かったように帰りました。 その後輩が、今高3の受験生となった僕の彼女です。

次の

部活の大会前に

部活 エロ 体験 談

去年の8月に別れた恵美との話しなんだが、恵美は23歳でアパレル関係の会社に勤めてた ショップの店員。 そんで、出会いは女友達の紹介で合コンではないけど男女数人で食事した時。 その女友達から 「巨乳の小林恵美連れてくよ!! 」とか言う訳解らん謳い文句に釣られて行ったら、謳い文句そのまんまの巨乳の小林恵美似の子で、テンション上ったのを今でも覚えてる。 食事の席上で女友達が 「この子はHカップあるんだよ…」とか言ってて2度ビックリした。 恵美は巨乳でもデブでは無くて、身長は160ーくらいでスタイルは良かった。 恵美の服装は今流行りのお姉系ってやつで大人っぽい感じ。 まぁ俺には縁のない子だなぁと思っていたんだけど友人の仲介で携番交換してから上手く事が進んで付き合うことに。 付き合ってみたらまぁ気の強いこと...見事に尻に敷かれました。 でもHの時だけ人が変わるんだよね。 急に甘えん坊になるし、凄いエロい子で潮はすぐ吹くわ自分で腰振るわで、挙句には俺が「もう逝く」とか言うと 「まだ嫌だぁ…」って言って、正常位の状態でカニばさみして抜かれないようにするんだよね。 胸もさすがHカップあるだけあってデカかったし乳輪も小さめで良かった。 恵美は昔からモテたらしいが恋愛に関しては真面目で一途、今までの彼氏も交際期間が最短で1年で男遊びやら浮気経験は無いらしく。 恵美の周りの誰に聞いても皆口を揃えて言ってたから、それは本当みたいだ。 当時、恵美は同じ高校の女友達とルームシェアしていてトータルで3回くらいしか家に行ったことがなかった。 で、ルームシェアしてる子とは3人で食事行ったり飲みに行ったりして仲良くなって、恵美公認で連絡取り合う仲になった。 その子を仮に有紀ちゃんとして、有紀ちゃんとは色々と趣味がかぶってたせいかすごく気が合って、お互い相談事したり、俺が男友達を紹介したりと良い友達になれたし今では大切な親友。 そんで、恵美と付き合って3ヶ月くらい経った頃だったか、有紀ちゃんと電話してる時、恵美の話しになると有紀ちゃんはその話を避けてる様に感じたんだよね。 その時は、女二人で一緒に生活してれば仲の悪くなる時もあるだろうって位にしか考えてなくて、関係が修復するまで極力恵美の話しはしないでおこうってしてた。 恵美はそんな素振りは一切無かったから恵美が有紀ちゃんに嫌われたのかなと思ったから余計に気を使った。 それから1か月位経っても相変わらずだったから、思い切って有紀ちゃんに恵美との事を聞いてみた。 そしたら口籠ってはっきり言わなかったから、俺の奢りで飲みに行って、酔った勢いで聞いてみた。 俺「あいつと何かあったの?」 有紀「うぅん、特に二人の間で何か有ったわけじゃないんだけど...」 俺「けど...?」 有紀「私、今は週の半分位しかあの家に帰ってないんだ。 」 俺「えっ!! どうして?」 有紀「その理由なんだけど...」 俺「何?」 有紀「カズ 俺 のこと信用して言うから、これから私が言うことを聞いても勝手に行動しないって約束できる?」 俺「分かった。 約束する」 有紀「驚くと思うけど、覚悟してね?」 俺「う、うん。 」 有紀「実は...最近、恵美ちゃんが友達を家に連れて来るようになって、私の居場所が無いっていうか...」 俺「あぁ、職場の子達かぁ」 有紀「いや、それが職場の子じゃないんだよね...」 俺「あいつの地元の子?」 有紀「それも違う。 」 俺「じゃ、誰なん?」 有紀「最近知り合った人だと思う。 」 俺「へぇ…、聞いたことないなぁ。 」 有紀「それが...男の人なんだよね。 」 俺「えっ???」 有紀「驚くよね...」 俺「まさか、浮気って事?」 有紀「...うん。 」 俺「????、あいつがそう言ってたん?」 有紀「はっきり言ったわけじゃ無いけど間違いなくそう。 」 有紀「恵美ちゃんはカズに休みは週一って言ってない?」 俺「うん、違うの?」 有紀「最初は確かに週一だったけど今は週二だよ。 で、その日に男が来てる。 」 俺「まじで?ってことはやっちゃってるってこと?」 有紀「たぶん...」 後々、この時点ではまだ体の関係が無かったことがわかるんだが、有紀ちゃんによると、水曜休みが今は水・金曜日休みで有給休暇もある。 木…金曜日に男が来てて休みの日以外も来るようになってたらしい。 有紀ちゃんは俺との仲もあるし、家での気まずさもあって男が来る日は実家に帰っていた。 有紀ちゃん家は金持ちで、シェアしてた家自体が有紀ちゃん家の持ち家で実家が近くにあったので帰っていたみたい。 で、飲みながら話しているうちに俺がいまいち信じられないから、有紀ちゃんが実家に帰ってる時に有紀ちゃんの部屋で待機して浮気の現場を確認させてくれと頼んだら、 「恵美にばれないこと・その場で現場に踏み込まない事・有紀ちゃんが協力してる事をばらさない。 」 以上を条件に快く了承してくれた。 それから後日、有紀ちゃんから家の合鍵と有紀ちゃんの部屋の合鍵を受け取り実行することになった。 今まで通り水曜日は一緒に過ごして金曜日は会社に休み貰って、木曜日の夕方に仕事が終わったら食糧やら飲み物やら買い込んで恵美の家に直行して有紀ちゃんの部屋で待機。 ちなみに、その家は1LDカズでリビングと部屋が戸一枚で区切られているタイプでリビングに恵美が住んで隣の部屋が有紀ちゃんの部屋。 で、有紀ちゃんの部屋のドアの上には木製のサッシ?みたいな物があってそこからリビングが覗ける。 少し高さがあるので脚立を持って行ってその上に座って覗いてた。 そうこうしている内に9時過ぎ頃に恵美が帰宅、一気に緊張してきた。 恵美は帰ってきて直ぐにシャワーを浴びにいった。 2…30分位で出てきて髪を乾かし下着を物色してテカテカした水色の紐パンとブラを装着。 ちなみに、それは俺がお気に入りって言ってたやつです。 で、キャミソールとミニスカ穿いて何故かまたメイクし始めた。 自分の女がほかの男に抱かれるために真剣に準備している姿を眺める彼氏... ほんと惨めだわなんて思いつつ、ドキドキしている俺は何なんだ...って思った。 それから、少しして玄関のチャイムが鳴る。 なんか楽しそうに喋りながら男とリビングに戻ってきた。 で、男を見た瞬間俺はなるほどねっと思った。 それは、恵美のタイプど真ん中の男だったから。 恵美はテレビやら雑誌見てても「この人かっこいぃ…」とか言わない女だったが、唯一目の色が変わるのがタッキー&翼の翼の方。 翼の顔・声・体系すべてがタイプらしい。 で、浮気相手も瓜二つとは言わないまでも似ていた。 見た感じ遊んでそうな感じで、恵美が嫌いそうなタイプだが見た目にやられたんだろう。 二人でベッドに腰かけて男が買ってきたであろう酒で乾杯して飲み始めた。 ちょうど俺が覗いている方を向いて座っているから二人の行動はよく分かる。 二人は隣同士くっついて座って楽しそうにその日の出来事やらを話してた。 恵美は俺と居る時の気の強い感じとは違い、おしとやかというか、はにかんでる感じだった。 そんな恵美の態度が余計に「この男に惚れてるんだろうな。 」と思わせた。 憧れの人を前に少し緊張している様なそんな態度。 浮気相手はナルシストと言うか完璧に恵美の気持ちを見抜いていてすかした態度。 そうとう女慣れしてる感じに見受けられた。 男は恵美がトイレやらコップやらを取りに席を立つ度にヤラシイ目つきで恵美の後ろ姿を眺めてる。 しかも、恵美はキャミ姿だから自慢の胸も強調されまくり。 たぶん、谷間も見放題だったと思う。 俺は緊張を抑えながらも(頼むっ!! 単なる飲み会で終わってくれ!! )と、必死で心の中で呟いてた。 それと同時にこの場に来てしまったことに少し後悔してた。 どのくらいの時間が経ったのだろうか、恐らく1時間程度しか経っていなかったろうけど凄く時間が長く感じた。 脚立に座ってたせいか尻は痛いし、座り直そうにも少しの物音も出せない様な状況だった。 (ヤバイ!! ヤバイ!! やられるっ)俺は慌てて携帯をポケットから取り出して恵美に適当なメールを送信。 少ししてテーブルの上の恵美の携帯のバイブが鳴り出す。 ブゥィ…ン ブゥィ…ン ブゥィ…ン。 一瞬二人は止まるが恵美は首を横に振って「大丈夫」とか言って俺のメール無視www (マジかよ…。 )俺の小さな抵抗も無駄に終わった... それから二人はまた見つめ合い、男が恵美に何か小声で囁いている。 そして二人の顔が近付いて行った。 俺は「わーっわーっわーっ!! 」って心の中で叫んでた(涙) 恵美は眼を瞑って男の唇を受け入れた。 二人の頭がゆっくりと動き出す。 舌を絡め始めたのだろう。 シ………ンッと静まり返った部屋に響く声と音。 チュパッ チュパッ チュパッ。 「うっうっ...」 小声で恵美がうめく。 ジュルッ ジュルッ ジュルッ。 音がだんだんと激しくなっていき、同時に恵美の両足がもぞもぞしだした。 そして、男の手が恵美の胸に急接近する恵美の胸を下から持ち上げる様に服の上から揉みだした。 恵美のHカップの胸が上下に波打ってた。 男は顔を放し恵美を見つめ、反応を確かめるかのように胸を揉んでいた。 恵美は恥ずかしそうに上目遣いで男を見つめる。 その後、男の手が恵美のキャミの胸元に入っていった。 一瞬、恵美の体がビクッとしてから強張る。 男の手がキャミの中でモゾモゾ動いていた。 男は薄ら笑いを浮かべながら恵美の胸をもてあそんでいる。 男はしばらく恵美の胸を揉み、キスをした後に恵美のキャミを下から捲り上げた。 恵美の胸の上までキャミを上げるとブラも上へずらし胸が丸出し状態に。 やっぱりデカイ(涙)。 それに恵美の色白の肌がやけにまぶしく感じた。 男は恵美の胸に吸いついた。 チュパッ チュパッ 恵美「ぁぁ…ん..」 思わず恵美が声を出してた。 俺はその時すごい胸が苦しいのに興奮しているという不思議な感覚。 男は恵美の胸を吸いながら片手を恵美のフトモモに這わせていった。 すると恵美の股は自然と開いて、男の手は恵美のアソコに。 パンツの上からアソコを弄くりその手は今度はパンツの中へ。 男が直にアソコを弄くりだすと恵美の声のボリュームも自然とでかくなった。 恵美はもともと非常に濡れやすい体質なんでピチャピチャ音が響いている・・・ 恵美は男にパンツを横にずらした状態で激しく手マンされて潮を吹きまくってた。 男は「すげー吹いてるww」とか言って楽しんでた。 恵美は何度か潮を吹かされた後、男に「フェラしてよ」と言われ、ベッドに横になった男の股間に言われるがまま顔を埋めてた。 男のパンツを脱がせて、異常に勃起した男のチンコを咥えだした。 男は恵美の頭を手で押さえつける様にして、 男「やべぇ、すげぇ気持ちいい!! 」「上手いじゃん!! 」 言われた恵美は一生懸命ズビズビ音出してフェラしてた。 男は「そのままお尻こっちに向けてよ」と69をしようとしだした。 恵美「えっ! ー恥ずかしい...」 男「いいから」 男に促されて男の顔をまたぐようにアソコを男に突き出した。 男にアソコを舐められて気持ち良いのを我慢しながら恵美はフェラしてたけど、段々と力が抜けていって男のチンコを握ったまま グッタリしてアンアン言い出してた。 男「そろそろ入れるよ」 恵美はコクリと頷く。 恵美は着衣のまま仰向けに寝そべり股を開いた。 男「外に出すから」 と言い終わるか否かの内に、生で挿入。 恵美は正常位で突かれながら、無意識に男の手を握ってアンアン言ってた。 部屋中に恵美の喘ぎ声とパンパンと音が響く。 順序はうろ覚えだが、恵美は騎乗位でグイグイ腰振って、バックの時は男は途中わざと腰の動きを止めて、恵美が腰を動かしてるのを楽しんでいるみたいだった。 最後は正常位で腹の上に出されて終わってた。 その後しばらく二人はベッドでイチャイチャした後、男がコンビニに行こうと言い出し、出掛けた隙に俺は家から脱出した。 管理人の住む田舎町でも当日~翌日に会えています。 本当です。 素人女性の集客力でここ以上のサイトはありません。 (iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです) おすすめNo. かなり使えるアプリです。 最近、書き込みが多くなっており、 おすすめNo. 1になるかも知れません。 (iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです) おすすめNo. PCMAXやハッピーメールで十分間に合っているので、まだ完全に評価できていないですが、 100%本気の人妻の書き込みがあります。 (iphoneにて動作検証済, 18禁サイトです).

次の