医療費控除 申請方法。 医療費控除とは?税金が還付される仕組みと申請方法を解説

医療費控除の準備:令和元年分 確定申告特集

医療費控除 申請方法

医療費控除とは、1年間に医療費を10万円以上支払った場合に受けられる控除です。 家族を扶養している方は、扶養家族の医療費も控除の対象になります。 医療費控除を申請するための専用の申請書はなく、確定申告書と医療費の明細書を作成して税務署に提出することが申請手続きです。 病院の治療費や薬代だけではなく、通院交通費(公共の交通機関が主)や介護に関わるサービスの支払い料金も控除対象です。 給与所得者の方が確定申告で医療費控除を申請すると納めた税金の一部が戻ってくる場合があります。 医療費控除を受けるために、会社員の方も確定申告をしましょう。 2017年分の医療費から確定申告書に医療費の領収書の添付が不要になりました。 代わりに医療費の明細書の作成が必要ですので、税務署で申告書と医療費の明細書を作成する場合は、領収書は持参してください。 そもそも医療費控除とはどのようなしくみなのでしょうか?また、いつどのように手続きをすれば良いのでしょうか?初めての方にはやり方がわからないと思いますので、詳しく解説していきます。 目次 医療費控除の対象になる金額は、支払った医療費から保険金などで補填された額と10万円を引いた額となり、上限が200万円となります。 ただし、総所得が200万円以下の人の場合には、10万円の代わりに総所得の5%を引いた額となります。 保険金で補填される額として差し引くのは、 生命保険の入院給付金のほか、 健康保険で支払われる高額療養費や出産育児一時金などが含まれます。 医療費控除額(上限200万円)=医療費(保険金で補填された額を除く)-10万円(総所得が200万円以下の人は総所得金額の5%) 例: 医療費控除額60万円=手術・入院費用100万円-保険金30万円-10万円 医療費控除額8万円=出産・入院費用60万円-出産一時金42万円-10万円 医療費控除は家族の分もまとめて申告可能 治療を目的とした医療行為に支払った費用は、医療費控除の対象となります。 おもに、以下のものが挙げられます。 <医療費控除の対象となる医療行為>• 病院での診療費/治療費/入院費• 医師の処方箋をもとに購入した医薬品の費用• 治療に必要な松葉杖など、医療器具の購入費用• 通院に必要な交通費• 歯の治療費(保険適用外の費用を含む)• 子供の歯列矯正費用• 治療のためのリハビリ/マッサージ費用• 介護保険の対象となる介護費用 医療機関で支払う診察代や薬代には、保険外診療のものも含まれています。 薬局で購入する風邪薬などの市販の薬も医療費控除の対象となる場合があります。 また、入院費用や入院中の食事代も含まれます。 妊娠・出産では、定期健診や検査代、出産や入院のための費用、不妊治療費用も対象になります。 歯の治療では、保険適用外の高価な材料を使った場合も含まれます。 歯列の矯正では、嚙み合わせを直す目的で子供が施術を受ける場合には適用されます。 医療機関に通院や入院をするための交通費のうち、バスや電車などの公共の交通機関によるものは、医療費控除の対象となります。 タクシーの利用は、急を要しているケースや電車やバスの利用ができない場合のみ認められ、申告の際に領収書の添付が必要となります。 医療費控除の対象にならないもの 病気の予防を目的とした医療費は、医療費控除の対象となりません。 具体的には、以下に挙げるものが対象外となります。 <医療費控除の対象とならない医療行為>• 人間ドックなど健康診断の費用(病気が発見され治療をした場合は対象になる)• 予防注射の費用• 美容整形の治療費用• 漢方薬やビタミン剤の費用• マイカー通院のガソリン代や駐車料金• 里帰り出産のための実家への交通費• 自分の都合で利用した差額ベッド代 例えば、薬局で購入する薬の中でも、ビタミン剤は健康増進が目的とされます。 また、人間ドックを受診して病気が発見されない場合も、医療費控除に含むことはできません。 入院時の差額ベッド代も個人の都合で利用した場合は対象外です。 交通費の中でも、自家用車のガソリン代や駐車料金は医療費控除に含められません。 歯列矯正も、大人の場合は美容目的とされるため、美容整形と同様に対象外となります。 医療費控除を受けるためにどのような手続きが必要? 医療費控除を申請するときは、医療費の明細書を作成したあと、確定申告書の医療費控除の欄に記入します。 引用元: 医療費の明細書は、確定申告書とともに配布されているものか、からダウンロードして印刷すると、手書きで記入できます。 ホームページの確定申告書作成コーナーでは、直接入力して集計を行うことが可能です。 自作のものを利用しても構いません。 医療費の明細書に必要な項目は、「医療を受けた人」「続柄」「病院や薬局などの名称と所在地」「治療内容や医薬品名」「支払った医療費」「保険で補填される額」です。 領収書やレシート、交通費のメモをもとに記入していきます。 確定申告で医療費控除を申請するための方法や具体的な計算の仕方など、さらに詳しい解説は、関連記事を参照してください。 【関連記事】 確定申告を簡単に終わらせる方法.

次の

医療費控除の必要書類、提出方法、期限、注意点 まとめ

医療費控除 申請方法

医療費控除とは? 医療費控除とは、 1年間(1月1日から12月31日)に支払った医療費が10万円を超えた場合、すでに支払った所得税から還付されたり住民税が減税される制度のことです(ただし控除額の上限は200万円)。 この医療費10万円は同居している家族はもちろん、単身赴任のお父さんや仕送りで生活する子どもなど、生計を共にする家族であれば合算することができます。 医療費控除の手続きは年末調整ではおこなわれないんだって。 だから確定申告をする必要があるんだ。 対象になる医療費とならない医療費 一口に医療費といっても、対象となるものとそうでないものがあります。 対象になる医療費 主に治療目的でかかった費用が認められるようです。 ・医師に支払った診療費や治療費 ・医師の指示による入院時の差額ベッド代 ・入院時に提供される食事代 ・妊娠中の定期検診、出産費用 ・出産で入院する際に利用したタクシー代 ・通院や入院のための交通費 ・レーシック手術やオルソケラトロジー治療の費用 ・緑内障や白内障の治療用メガネの購入費用 ・治療のためのマッサージや鍼灸などの費用 ・治療のための松葉杖や義足の購入費用 ・虫歯の治療費や治療としての歯列矯正 ・治療に必要な医薬品の購入費用 対象にならない医療費 予防や美容目的でかかった費用は認められません。 ・医師等に対する謝礼金 ・健康診断の費用 ・ビタミン剤や健康ドリンクの購入代金 ・近視や遠視、乱視用のメガネやコンタクトレンズの購入費用 ・疲れを癒したり体調を整えるためのマッサージや鍼灸などの費用 ・自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金 ・出産で実家に帰省するための交通費 ・妊娠検査薬の購入費用 ・美容目的の歯列矯正や歯垢除去、ホワイトニングの費用 ・美容目的の整形手術の費用 ・予防接種や健康診断、人間ドックの費用 ・個人の都合による差額ベッド代 そうそう。 たとえば風邪をひいたとき、風邪薬は治療目的だからOKだけど、うがい薬は予防目的だからダメなんだ。 まぎらわしいものは管轄の税務署で確認しよう。 どれくらい還付されるの? 医療費控除による還付金を算出するために、まずは源泉徴収票を用意しましょう。 医療費控除額の計算方法 医療費控除の対象となる金額は以下の計算式で算出できます。 「保険金などの補てん金」とあるように保険金などが支給された場合、医療費から差し引かなくてはいけません。 具体的には以下のようなものがあります。 ・生命保険契約などで支給される入院給付金 ・健康保険などで支給される高額療養費、家族療養費、出産育児一時金など では実際にどれくらい還付されるのか計算してみましょう。 (正確な控除額は状況によって異なりますので、あくまでも目安として考えてください。 以前は、e-taxの申請にはICカードリーダライタを用意する必要がありましたが、 ICカードリーダライタの代わりに、マイナンバーカード対応のスマートフォンも利用できるようになりました。 また、マイナンバーカード対応のスマホがなくても、 事前に税務署で「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行してもらう(運転免許証などの本人確認書類が必要)ことで、お手持ちのスマホだけで確定申告の手続きが完結できます。 心配症の人は、郵便局の特定記録で送るといいかも。 基本料金+160円と若干割高だけど、ネットで配達状況を確認できるんだ。 また、確定申告書を郵送で送る場合、通信日付印に表示された日が提出日とみなされます(それ以外の場合は税務署に到達した日が提出日となる)。 申告期限の2020年4月16日(木)に必ず間に合うよう、余裕をもって送りましょう。 医療費控除の注意点 最後に注意点をまとめておきます。 申請期間は1か月 令和元年の確定申告書の提出期限は、 2020年2月17日(月)~ 3月16日(月) 4月16日(木)までです。 時間に余裕をもって申告しましょう。 しかし収入のある家族が何人かいる場合、 所得が多い人(所得税率が高い人)が申請したほうが還付金額が大きくなります。 過去の5年間分申請できる 医療費控除の申請は 過去5年間さかのぼることができます。 我が家も今回5年前の分とあわせて申請しましたよ。 領収書やレシートがない! 医療費控除の申請には 医療費を証明する書類(領収書やレシート)が必須です。 万が一、紛失してしまった場合は利用した施設に問い合わせて再発行してもらいましょう。 領収書がなくても家計簿をつけていれば代用できると書いてあるサイトもありましたが、領収書の再発行が難しいなどの特殊なケース以外は認められないようです。 ただし通院や入院のための交通費など領収書の発行が難しいものは、家計簿などに記録するなど実際にかかった費用を明確に説明できるようにしておけばいいそうです。 今はアプリでカンタンに家計簿をつけられるので、この機会に習慣づけておくといいですよ。 健康保険組合から送られてくる 「医療費のお知らせ」が医療費控除の申告手続きに使用可能となり、添付書類として利用することができるようになりました。 これにより、医療費のお知らせに記載されている医療費については、領収書を保存する必要がなくなります。 ただし、医療費のお知らせに記載されていない医療費は、従来通りとなります。 還付金はいつもらえるの? 還付金は申請から1か月半から2か月後に振り込まれるようです。 書面どおりの額が返ってくるの? 還付金は申請後の審査で決まります。 なにか不明点やおかしな点があれば連絡がくるそうです。 郵送の注意 医療費控除の申告書は「信書」に当たるため、税務署に送る場合は「郵便物」として送らなければいけません。 ゆうパックなどの宅配便では信書を送付することはできないので注意してください。 セルフメディケーション税制の注意点 従来の医療費控除制度と同時に利用することはできない セルフメディケーション税制は、 従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。 10万円を超えた医療費の所得控除を受けるか、セルフメディケーション税制で所得控除を受けるか、どちらかを選択することになります。 確定申告が必要 セルフメディケーション税制は年末調整で処理されるわけではなく、 確定申告が必要になります。 領収書やレシートは保管しておく 薬局やドラッグストアのレシートや領収書は必ず保管しておきましょう。 もあわせてチェックしておいてくださいね。 まとめ 医療費とは病院に支払った費用だけでなく、通院にかかった交通費や治療のための市販薬も含まれます。 領収書が発行されていない交通費は家計簿などに詳細をメモしておき、薬を購入したときの領収書はしっかりと保管しておきましょう。 医療費控除の申請は払い過ぎたお金が返ってきたり住民税が安くなるわけですが、自分で確定申告の手続きをしなければお金は返ってきません。 領収書を保管して少しの入力作業をするだけでお金が返ってくるのならやらない手はありません。 なにもしなければ0円です。 急に収入を増やすのは大変ですが、こういう小さなことをコツコツとやるだけでお金って貯まるもんなんですよね。 医療費をたくさん使っても誰かが「あなたは10万円を超えたから申告しなさい」と教えてくれるわけではありません。 せっかく節税情報を手に入れたのですから是非試してみてくださいね。

次の

確定申告の医療費控除で必要な書類と申請方法。提出や郵送方法とは?

医療費控除 申請方法

(1)医療費控除とは 出典: 医療費が多額になった場合に、お金を還付してもらえる制度 大きな事故や重い病気などによって長い期間入院を余儀なくされると、治療が長引くことで医療費が高額になることがあります。 そのような人に配慮して、 納めた所得税から支払った医療費に応じた額の税金を還付するという仕組みがあります。 それが「医療費控除」です。 医療費控除について知っておくことで、経済的な負担を軽減することができます。 本記事では、そんな医療費控除に関して、利用条件や算定対象サービス、申請方法などについて説明していきます。 (2)医療費控除が受けられる条件 医療費控除を受けられる条件は、1年間 1月1日から12月31日 にかかった医療費において、「自費で支払った金額」が所定の金額以上になっていることです。 自費で支払った金額とは? ここでいう自費で支払った金額とは、支払った総医療費のうち、保険金でカバーされない分や医療費控除対象外の費用などの「自分で実際に支払った額」から10万円を差し引いた額を指します。 医療費控除の基準は? 医療費控除が受けられる所定の金額の上限は、200万円となります。 すなわち、上で説明した「自費で支払った金額」が200万円に達した場合、それ以上の負担を還付してもらえる、ということです。 ただし、総所得が200万円以下の方の場合は、10万円のかわりに総所得の5%を引いた額となります。 医療費の自費分は生計を共にしていれば配偶者や子、祖父母の分も併せることができます。 また別居の場合でも生活費や学費などを送金しているなどしていれば「生計を共にしている」ということができ、医療費を併せることができます。 (3)医療費控除額の算出方法 医療費控除が適用される基準は先述したとおり自費で支払った医療費から10万円を差引いた金額になります。 また、医療費控除の上限額は200万円となります。 つまり、「1年間に支払った医療費」-「保険から給付された金額」-「10万円」の式から算出された金額が医療費控除額になります。 逆に、10万円以上を支払っていないと、医療費控除がありません。 入院時期によっては退院が年度をまたぐことがあります。 確定申告は当該年度に行わなければならないため、保険からの給付金を受け取っていない場合は、給付見込額を算出しその金額に基づいて控除対象額を割り出します。 確定申告後、実際の給付額が計算した額と違っていた場合は、医療費控除額の訂正を申請します。 (4)医療費控除の還付金とは 出典: 医療費控除の還付金は課税所得額から医療費控除額を差引いた金額に税率を掛けて算出されます。 例えば、課税所得250万円の人の所得税率は10%のため、所得税額は25万円になります 復興特別所得税は考慮していません。 その人が医療費として45万円を支払い保険から15万円の給付金を受け取った場合、医療費控除額は20万円 45万円-15万円-10万円 です。 そこで、確定申告をすると、25万円-23万円=2万円が還付されます。 実は、もっと簡単に計算することができ、医療費控除額に所得税率を掛けることでも還付金を算出できます。 (5)医療費控除の対象となるもの 医療費控除の対象となるものは「治療を目的とした医療行為に支払った費用」が該当します。 医療費控除の対象となる医療行為は以下の通りです。 病院での診療費・治療費・入院費• 医師の処方箋をもとにし、購入した医薬品の費用• 治療に必要な医療器具の購入費用• 通院に必要な交通費• 歯の治療費(保険適用外の費用を含む)• 子供の歯列矯正費用• 治療のためのリハビリやマッサージ費用• 介護保険の対象となる介護費用 このように、どの医療行為が対象となるか明確に提示されていますが、その中でも医療費控除の対象の可否で誤解されやすい費用もあります。 それは次のようなものになります。 付添を親戚に依頼した場合の謝礼 例えば、入院した子供の付添を親戚に頼んだとしても医療上の世話の対価にはならないため、医療費控除の対象にはなりません。 ビタミン剤・マッサージの費用 ビタミン剤はあくまでも、病気の予防、健康増進のためのものであり、医療とは認められません。 また、あん摩・マーサージ・指圧は治療のための施術であれば医療費控除を受けられますが、癒しや体調保持のためであれば、対象外です。 交通費 基本的に治療を受けるための通院費 バス・電車 は控除の対象になります。 なお、タクシーに関しては基本的には不可ですが、妥当性があれば認められます。 入院雑費 たとえば、アメニティ用品の料金入院した場合にパジャマや洗面具などを新調することがありますが、これらはすべて認められません。 また、専門付添人の費用は療養上の世話の対価なので、控除の対象になります。 差額ベッド代は医師の判断ではなく、本人や家族の都合で個室に移った場合の差額ベッド代 室料差額 は控除の対象にはなりません。 (6)医療費控除の対象とならないもの 出典: 医療費控除の対象になる費用はあくまでも、治療・療養にかかる費用、またはそれに付随する役務への対価 医師などに対する謝礼は対象外 、及び治療を受けるために必要となる費用です。 従って、人間ドックや美容整形などは医療ではないため、医療費控除が受けられません。 このように医療費控除の対象とならないものは「病気の予防を目的とした医療費」になります。 なお、同じ施術でも控除を受けられるケースと受けられないケースがあります。 例えば、子供の歯の成長を阻害させないための歯科矯正は医療ですが、大人が行う見た目を良くするための歯科矯正は美容であり、対象外です。 (7)医療費10万以下でも受けれる場合がある 課税所得が200万円未満の場合が該当する 医療費として10万円を支払っていなくても、医療費控除を受けられる場合があります。 それは、医療費控除の適用基準として10万円を差引く他に、「所得金額の5%」という規定があり、どちらか低い方の額を差引くことになっています。 該当うるものは医療費の支払いが10万円以下であっても医療費控除を受けられます。 仮に、支払った医療費が9万円だとすると、9万円-7万円=2万円が還付額になります。 この枠は、所得の少ない人に対する医療費の負担を減らすためといった目的で設けられました。 (8)医療費控除を受けるための手続き方法と申請期間 手続き方法 医療費控除を受ける場合は、サラリーマンであっても年末調整ではなく、確定申告をする必要があります。 医療費控除の確定申告の流れを簡単に示すと以下のようになります。 病院、薬局などの領収書を集め、小計をだす• 医療費の明細書を作成• 源泉徴収をもとに確定申告書A式様を作成• 税務署に提出• 還付金を受け取る 1.病院、薬局などの領収書を集め、小計をだす 病院、薬局名ごとに小計をすると明細書に転記する際ラクになります。 2.医療費の明細書を作成 小計を医療費控除の明細書に転記します。 ここではとりあえず、「何らかの書類に転記する必要があるのだな」、という理解で構いません。 ) 3.源泉徴収をもとに確定申告書A式様を作成 確定申告書A式様には自分の年収や所得控除などを記入します。 これらの情報は勤務先から配られる源泉徴収票に書いてあるので見ながら記入することをおすすめします。 ) 4.税務署に提出 税務署のほかに郵送、e-Taxという国が運営しているオンラインサービスからも提出できます。 税務署に行く時間がない人はこういった提出方法を活用するとよいでしょう。 5.還付金を受け取る 申告の書類を提出して約1か月から1か月半ほどで還付金を受け取ることができます。 医療費の明細転記が楽になる「医療費集計フォーム」とは 医療費の明細を転記するといっても、年齢や健康状態によっては、その情報量もかなり多くなり、管理が非常に困難である、というケースも考えられます。 そんな際に非常に有用なのが、国税庁のホームページにて公開されている「医療費集計フォーム」というものです。 料金さえ打ち込めばあとは自動で計算などを行ってくれるため、非常に便利です。 医療費控除の明細書・確定申告書A式様 次に、(8)でも少し触れた、医療費控除の明細書・確定申告書A式様を入手する方法について説明します。 以下の3パターンがあります。 税務署に行く 税務署から郵送で取り寄せる 国税庁のWEBサイトからダウンロードまたは確定申告作成コーナーで作成する(参考:国税庁 『確定申告作成コーナー』) 提出する場合と同じように、その時々の状況に併せて、手間のかからないパターンを選びましょう。 (10)医療費控除を上手に利用しよう 出典: 医療費控除の還付金は確定申告をすれば確実に戻ってくるお金なので、申告すれば自分にとってプラスとなります。 また、医療費控除の申告をすることで住民税も安くなるため、活用して損をすることはないといえるでしょう。 なお、2018年から医療費控除の確定申告のやり方が簡易になったので対象となる場合は活用することをおすすめします。 介護・医療に特化した情報を提供するWebメディアです。 介護について正しい情報を発信し、介護にかかわるすべての人の疑問や悩みを解決していきます。 難しい制度やストレッチ方法など文章ではわかりづらいものは、動画や図でわかりやすく解説! 厚生年金の支払額などむずかしい計算は、シミュレーターを設置!自分でカンタンに計算ができます。 介護に関するニュースや日ごろから使えるテクニック、各資格の取得方法など新しい情報も更新中! これから介護職に勤める方、現在介護施設などで働いている方、ご家族の介護をされている方、自分の将来について考えている方など、たくさんの方々に読まれています。 ~介護に関わるすべての人を応援します~ このコンセプトをもとに情報をお届けしていきます!.

次の