水虫 症状。 水虫の治療法|初期症状での水虫の種類の見分け方は?何科を受診する?

爪水虫の症状と治療法とは?足水虫との違いについて

水虫 症状

[目次]• 爪水虫とは 爪水虫や、足水虫との違いについて詳しく解説していきます。 足の爪が異常をきたす 爪水虫というのは、白癬菌(はくせんきん)が、爪と皮膚の間や爪の表面から感染して、爪の中で増殖してしまう水虫のことをいいます。 自分の足の指を確認して爪が変色していたり、ボロボロになったりしている場合は、爪水虫の可能性があります。 男性に多いと思われがちですが、近年では女性の水虫も増えてきているため、男女問わず気をつける必要があります。 足水虫との違いは 一般的な水虫は、足水虫とも呼ばれており、爪水虫と同じ真菌である白癬菌が原因であるといわれています。 白癬菌が、皮膚に付着したからといって、すぐに水虫になるわけではありません。 付着してから24時間密着状況が続くと、カビの一種である白癬菌が角質の中に入り込み、そこで増殖をすることで水虫を発症します。 そのため、蒸れやすい足の皮膚で発症することが多いのです。 初期症状 水虫というのは、初期症状を感じられにくく「気がついたら足水虫になっていた。 」ということが多いようです。 爪水虫は足水虫よりさらに初期症状に気づきにくく、痛みも痒みもほぼ無いため、症状が進行して始めて気づく場合も多く見られます。 爪水虫の症状 ここでは、爪水虫の詳細な症状についてご紹介します。 爪が変色する 爪水虫になってしまうと、爪が白くなったり、褐色になったりと変色してしまいます。 爪の色の変化は、数パターンあります。 爪の先端から白くなる人や、逆に根元から白くなる、場合によっては爪の中央部から白くなることもあります。 変色する範囲は、横に帯状になる場合や、先端から根本に向かって線状に変色する場合もあります。 爪が分厚くなる また、普通の健康な爪に比べて、分厚くなることもあります。 通常の爪に比べて、ちょっとでも爪が分厚くなっている、もしくは色が変わってしまっていると感じた場合は、爪水虫になっている可能性があります。 爪がボロボロになる 爪水虫になってしまうと、爪が変色してしまうだけでなく爪がボロボロになる可能性があります。 爪切りで爪を切るときに、ボロボロと崩れるようにもろくなっているようであれば、爪水虫の可能性が高いでしょう。 爪周辺に炎症を引き起こす 爪水虫になると、爪が分厚くなったり、爪が変形することがあり、靴を履くときにその爪によって周囲の皮膚が圧迫されて炎症をおこすことがあります。 進行すると巻き爪のときと同じような痛みが続き、場合によってはダメージを受けた皮膚から細菌が入り込み、二次感染を起こしてしまうこともあります。 靴などを履いたときに爪の周りが痛いときには、爪水虫になっている可能性も考えなくてはなりません。 放っておくリスクについて 爪水虫は、放置しておくとどのようなリスクがあるのかをご紹介します。 伝染することも 爪水虫は、かゆみや痛みといった自覚症状が出にくく、放置してしまいがちな病気です。 それにより、周りに伝染してしまう可能性があります。 はじめは1つの指の爪だったのが徐々に爪水虫の症状が伝染して、足の指の爪全てに感染してしまう場合もあります。 爪水虫の治療方法 爪水虫の治療法について詳しく解説します。 通常の足水虫の場合 通常の足水虫の場合、治療薬は塗り薬を使用することがほとんどです。 また、患部を風通しよくするようにして、湿度を下げるようにして白癬菌が増殖しにくい環境を作るように心がけることも重要です。 爪水虫の場合 爪水虫の治療は、内服薬を用いることが一般的です。 テルビナフィン塩酸塩、イトラコナゾールという2種類の薬が使われます。 内服する場合、血液検査で肝機能障害などがないことを確認しながら継続しなくてはならないため、完治までの数か月の間に数回の採血検査を要します。 また、飲み合わせがよくない薬もあるため注意が必要です。 爪水虫には塗り薬を塗っても硬い爪の表面から浸透しづらく効果が弱いとされていましたが、近年、爪水虫用の高濃度の外用剤が新たに処方できるようになりました。 内服治療ができる場合は、確実性は高いのですが、肝障害があったり、その他、さまざまな理由により内服治療ができない方には、この高濃度の爪水虫用外用剤での治療がおすすめです。

次の

子供・赤ちゃんも水虫になる?:原因・症状・水虫に効く市販薬を解説

水虫 症状

足(足白癬) かかとや指の間のほか、足底から足のフチにかけて広範囲で見られます。 ジュクジュクした浸潤タイプと、皮膚がむけて赤くなる乾燥タイプとがあります。 爪(爪白癬) 爪水虫のこと。 足の親指の爪によく見られます。 足の水虫が原因で起こることが多く、爪の先が白くにごって爪の付け根にも広がるタイプや、爪の真ん中にできた傷から感染して広がるタイプ、爪の付け根から広がるタイプがあります。 爪がもろくボロボロになったり、分厚くなって通常の爪切りでは切れなくなったりすることもあります。 手(手白癬) 多くは、足の水虫に併発します。 足白癬のような角質増殖型や小水疱型の割合が高く、片手のみに現れることも少なくありません。 ハイハイをする赤ちゃんの手にうつることもあります。 清潔を保つ 室内で靴を脱ぐ習慣のある日本では、裸足で歩く機会が少なくありません。 不特定多数の人が出入りする場所だと、感染のリスクも高まります。 そうした場所を完全に避けるのはなかなか難しいもの。 大切なのは、その後のケアです。 スポーツジムなどでトレーニング後にシャワーを浴びていても、脱衣所の白癬菌が付着する可能性は十分にあります。 帰宅後にもう一度足を洗うことで、感染を防ぎましょう。 足の指の間もしっかり開いて、やさしくていねいに洗うのがポイントです。 蒸れた状態を避ける 長時間靴を履き続けたり、分厚い靴下を履いたりして蒸れた状態が続くと、水虫を発症しやすくなります。 通気性のよい靴下を着用するほか、意識して靴を脱ぐ時間をつくるといいですね。 また、足だけでなく、靴をよく乾かすことも大切です。 夏場のサンダルも汗がたまりやすいので、こまめなケアで清潔を保ちましょう。 水虫の予防・対処する 薬の選び方 かゆみが出たり皮がむけたりと、なかなか厄介な水虫。 治療法として内服薬が加わったことで、治癒が可能になってきています。 水虫ができたら、基本的には外用薬を塗って治療します。 ただし、難治性の場合は内服薬が処方されます。 例えば、爪水虫が進行すると外用薬だけでは治りにくいため、内服薬が有効とされています。 外用薬と一口にいっても、いろいろなタイプがあります。 最もよく用いられるのが、クリーム状の外用薬です。 指の間などの細かい部分にも、適切な量を塗ることができます。 軟膏も同じように使い勝手はよいものの、べたつきが気になる人もいるようです。 液体の外用薬は、浸透性もよく速乾性が特徴ですが、ふやけたりただれたりしている場所に用いると刺激を感じることもあります。 スプレータイプの外用薬は、手を汚さず手軽に使えるのがメリットです。 水虫は子どもにもできる? 水虫になっている子どもは少ないのですが、それは大人のように靴や靴下を履きっぱなしの状態が比較的少ないため。 年齢や性別を問わず、水虫は誰にでもうつる可能性があります。 感染のリスクを高める大きな要因は、環境です。 足が蒸れた状態が続くと、どうしても症状を発症しやすくなってしまうので注意しましょう。 水虫は酢で治る? 酢を用いるなどの民間療法により、かえって皮膚トラブルを起こしてしまうことも考えられるため、控えたほうがよいでしょう。 水虫はどれくらいで改善(治癒)する? 適切に薬を塗れば、2週間くらいで症状がおさまります。 ただし、白癬菌はまだ残っているため、そこで治療をやめてしまうと再発する可能性があります。 とくに高温多湿の時期を過ぎると、自覚症状は少なくなりがちです。 症状がおさまっても、最低1か月は薬の塗布を続けましょう。 また、患部だけでなくその周辺や足裏全体にも薬を塗って、新たな発症をおさえることも大切です。 水虫の感染ルートにはどんなものがある? 裸足になって皮膚が直接触れる機会が多くなると、白癬菌に感染するリスクが高まります。 具体的には、水虫になっている人とスリッパやバスマットを共用したり、温泉やジムなど不特定多数の人が裸足で出入りする場所に長時間いたりするなどのケースが考えられます。

次の

爪水虫(爪白癬)の初期症状から完治まで!治療方法に注意

水虫 症状

白癬は、白癬菌という真菌(カビ)に感染することによって発症する皮膚疾患で、一般的にはと呼ばれています。 白癬(水虫)は足に起こると考えられがちですが、白癬菌は足だけでなく、手や頭、爪など全身に感染し、感染部位に様々な症状を起こします。 白癬(水虫)の症状は、皮膚に赤みや痒みが出たり、水疱ができたり、皮膚がカサカサしたりと、原因となる白癬菌の種類や、感染部位によって異なります。 他の皮膚疾患で白癬(水虫)の症状に似た症状が現れることも多いため、鑑別には注意が必要です。 白癬(水虫)の種類と詳しい症状について、帝京大学医学部附属溝口病院 皮膚科科長 清 佳浩先生にお話しを伺いました。 白癬(水虫)とは? 誰でもかかる可能性のある身近な病気 白癬(水虫)は白癬菌という真菌(カビ)によって引き起こされる 白癬()は白癬菌という真菌(カビ)が、皮膚の角質に感染することで起こる皮膚感染症です。 『水虫』と聞くと、足の皮膚疾患の印象が強いですが、白癬菌による病変は、髪の毛や爪を含む全身に起こります。 白癬(水虫)の原因となる白癬菌の感染経路とは? 白癬(水虫)の原因となる白癬菌のほとんどは人間の角質層に住みついており、感染者から剥がれ落ちた角質(垢やフケなど)を介して、人から人へと感染していきます。 つまり人間の垢やフケなどが多数存在している、温泉やスポーツジム、プールなど、様々な場所に白癬菌は潜んでいるのです。 家庭内に白癬(水虫)の感染者がいる場合は、絨毯やバスマット、トイレのスリッパなどに白癬菌がみられることが多く、これらの家財道具を共有することで家族間での感染が起こるケースもあります。 白癬(水虫)になりやすい人とは? 条件がそろえば誰でも白癬(水虫)にかかる可能性がある 白癬(水虫)は、性別や年齢関係なく、条件が揃えば誰でもかかる可能性がある疾患です。 前項でも述べたように、白癬菌は私たちの身近なところに存在しているからです。 しかし、白癬菌に触れてもすぐに白癬(水虫)にかかるわけではなく、一定の条件を満たしてはじめて感染します。 白癬菌に感染しやすくなる条件として、皮膚に白癬菌が24時間接触していることが挙げられます。 これは白癬菌が人間の角質に入り込むのに24時間かかるといわれているためで、こまめに体を洗い流すことを意識すれば感染の確率を下げることができます。 また、白癬菌は高温多湿なところで繁殖するという特徴があり、必然的に夏頃に白癬(水虫)にかかりやすくなります。 ですから、白癬菌の繁殖を防ぐためには乾燥を保つ工夫が大切です。 たとえば足白癬(足水虫)の場合、指の間をきちんと洗って清潔にし、乾燥を保つだけで、白癬菌の多い環境下でも感染を予防することができます。 足以外にも現れる白癬(水虫)の症状を画像で解説 一般的に『』といえば、足に感染した足白癬(足水虫)のことを指すことが多いのですが、感染部位によってそれぞれ別の名前がついています。 また、白癬(水虫)の症状は、原因となる白癬菌の種類や感染部位によって異なります。 足白癬(足水虫)の種類と画像 足白癬(足水虫)は白癬(水虫)のなかでも圧倒的に多いタイプです。 足白癬(足水虫)は主に、趾間(しかん)型、小水疱型、角質増殖型に分けられます。 ・趾間(しかん)型.

次の